東京・杉並区 保育所建設に住民が反発、説明会が5時間半紛糾

★東京・杉並区 保育所建設に
 住民が反発、
 説明会が5時間半紛糾

 TBS 2016年5月30日
 
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2785090.html


待機児童が増え続けている東京・杉並区で
29日、新たな保育所の建設に向けた説明会を
開いたところ住民から反対意見が相次ぎ、
5時間半にわたって紛糾しました。
その主な原因は、保育所の建設予定地でした。

「(子どもたちから)取り上げるのは
 とてもむごいこと」(女性)
「全員が反対という意見」(男性)


 29日、東京・杉並区で開かれた住民説明会。
区が保育所の建設計画を説明したところ、
住民から反対の声が相次ぎ、
説明会が紛糾したのです。

t7834d105.png
「2750名の(反対)署名が集まった。
 杉並区は重く受け止めてほしい」(反対派)
「不明なことが多いので、
 決める前にちゃんと調査をされたのかどうか、
 それをお答えいただきたい」(反対派)
「他の土地を探して認可保育園を建てるべき」(反対派)


平成29年4月に(来年に)間に合わせるために、
 我々はこうした計画を立てて説明をし、
 取り組んでいる
」(杉並区)


激しい住民とのやりとり。
住民は、なぜ保育所の建設に反対している
のでしょうか。
杉並区の計画は、来年4月までに
26か所以上の保育所を建設・整備する
というもの。
問題となったのが保育所の建設予定地でした。

t167e63df.png

「杉並区が打ち出した対策の目玉。
 それは区立の公園に保育所を建てることです」
(記者)

 候補地の1つ、区立久我山東原公園
たくさんの子どもたちが遊んでいて、
なかにはサッカーをしている子どももいます。
区の計画では、公園のおよそ3分の1にあたる
スペースが保育所の建設予定地
となっていますが、
これでは公園の中にサッカーができる
平坦なスペースがなくなってしまうといいます。

「遠い公園に行かないとサッカーができなくなる」(子ども)
「(別の公園まで)歩いて行くと30分以上かかる」(子ども)

 さらに、近隣住民も・・・

「引っ越してきたとき上の子が4歳、
 下の子が1歳で。あの公園は、
 ここに決めた一つの理由であるくらい大事」

(近くに住む人)

 今年2月、「保育園に落ちた」というブログ
きっかけに、
国会でも取り上げられた待機児童問題。
杉並区の出生数はこの10年右肩上がりで、
待機児童の数は去年4月に42人だったのが
今年は136人、来年はさらに増え560人を超える
予測です。

 杉並区では、これまでも保育所の選考に
漏れた母親たちがベビーカーで抗議デモ
するなど、保育所の整備を求める声が
高まっていました。

「来年4月から(保育所に)入れたい。
 ここにあったら、かなり便利」
(賛成派 7か月の女の子の母)
「待機児童で困っている人の現実、
 知ってもらいたい。
 皆さんが納得できる場所に
 保育園建てられれば一番いい」(賛成派)

t14e0dec0.png

td684baf8.png

ta5074f1b.png
ちょと可哀想すぎる・・・

 「趣旨が違う」
 「趣旨が違うよ」


 住民同士でも意見が割れた説明会。
反対派の住民からは、計画の進め方にも
不満の声があがりました。

「有識者等を交えて、
 逐一検討しなければいけないのではないか。
 久我山東原公園の中に保育所つくることを
 あらかじめ決定事項にしている。
 これは近隣住民の意向を無視していると思う」(反対派)

 これに対して杉並区は・・・

「杉並区の土地の状況考えると、
 短期間で土地確保して整備するのは
 なかなか難しい。
 区民が使っている施設を転用するのは
 断腸の思いだが、区民と調整しながら
 丁寧に進めていきたい」

(杉並区保健福祉部 中村充明課長)

 待機児童の問題をめぐっては、先月、
千葉県市川市で地域住民の反対を受けて
開園を断念するケースも起きています。
5時間半にわたった杉並区の説明会。
待機児童が増えるなか、保育所の建設が
簡単には進まない現実が浮き彫りとなりました。

(引用ここまで)


★東京都杉並区・増える待機児童に
 行政が”奇策”「公園を保育所に…」
 杉並区vs住民・紛糾の”5時間半”説明会

 https://jcc.jp/sp/jiken/94424/


★なぜ公園を潰して
 保育園にしようとするのでしょうか

 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14159907219





前々回の都知事選で
日弁連出身の社民党候補・宇都宮けんじ氏は
「待機児童ゼロ」を公約にしていたのだが・・・


その公約が、
如何に困難で実現不可能という事が
解りますね。



★【都知事選】「保育園一揆」から1年、
 待機児童問題の現状
 「保育園ふやし隊@杉並」を立ち上げた
 曽山恵理子さんに聞く「首都の争点」

 2014年02月07日
 http://www.huffingtonpost.jp/2014/02/03/tochiji-taikijidou_n_4720496.html
(引用開始)
■日本で最も待機児童が多い東京都

2013年春、
東京都では保育園に入れない子供が
8117人にのぼった。
全国で待機児童は2万2741人だったが、
その中で最多。
日本の待機児童問題は、
東京都の待機児童問題であるといっても
過言ではない。
(中略)
「今年も杉並区では子育て世代が
 増えているように思います」
と曽山さん。
杉並区は子育てしやすい区という
イメージがあった。
保育園一揆が起こる以前の2012年、
杉並区の待機児童数は52人。
隣接する世田谷区が786人、練馬区が523人
という中で、この数字は極端に少なく見える。
さらに杉並区には子育て応援券などもある。
子育てしやすい自治体だと考えられ、
子育て世代の人気がもともと高かったという。

しかし、この数字にはからくりがあった。
待機児童の数え方は共通の基準がなく、
自治体任せになっているのだ。

■待機児童問題は東京都全体の問題

「数字だけ見て、世田谷区の待機児童数が
多かったので杉並区に転入してきたら
保育園に入れなかった
というケースがありました。

(続きはリンク先で)



★久我山東原公園
 http://waradutoya.blog.so-net.ne.jp/2013-05-02-1


  kugayamaimg_20160601162055.gif
 http://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/kouen/02/kugayama/1007173.html

  
航空写真で見ると
kugayama6639341.jpg

ご近所には
★久我山東児童遊園
 http://waradutoya.blog.so-net.ne.jp/2013-05-03-1


ちょっと離れた場所には
★杉並区立久我山小学校
 http://www.suginami-school.ed.jp/kugayamashou/


★久我山運動場
 http://blog.goo.ne.jp/kugayamasanpo/e/8d20f336f95da27fec534d198d9cf511




このエリアの保育環境は
●杉並区立久我山保育園
 https://www.ennavi.jp/kinder/map/9637


●杉並区立久我山東保育園
 http://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/kosodate/kuritsu/1006610.html


●Picoナーサリ久我山
 http://www.kazenomori.or.jp/kugayama/sub/nurserykugayama.html


●Picoナーサリ久我山駅前保育園
 http://www.kazenomori.or.jp/kugayama/sub/nurserykugayama2.html


●あい保育園久我山
 https://www.hoikushisupport.com/detail.html&id=2105


もうちょっと離れると
●杉並区立高井戸西子供園
 https://www.suginami-school.ed.jp/takaidonishikodo/index.html




そりゃあ、急速に待機児童が3倍に増えたら
これだけ有っても、足りないわね・・・
いざ市の所有地に造ろうとすると住民から反対される。

全国の待機児童の内
圧倒的に東京都が多いのは
地方に比べて親との同居率が少ないから?

地方だと、
夫の両親と同居して舅姑に子供を預けたり
自分の両親に預けたり。
お爺ちゃんが孫を連れて散歩する光景は
日常茶飯事。
0歳児から保育園に預ける人が少ないからか
保育園が少ないから預けないのか・・・
幼稚園に入園させてから働くママが多いので
近所の幼稚園は5時半まで預かってくれるし
幼稚園バスの送迎を、祖父母がやっていたりする。

ご近所の60代の奥様は、
息子夫婦の孫2人と娘夫婦の孫2人を押し付けられ
夕食は双方の夫婦も加わり10人分の支度をしてる。
土日には各自家庭で過ごすから、ほっとするらしい。
息子も娘も、食費は月に1万円しか寄こさず大赤字。
「私の人生って、何だったんだろう・・・」
ゴミ出しの度に愚痴っているけどね。
だから、
TVで巣鴨で遊ぶ高齢者やランチに行く中高年を見ると
「東京の人って、
 お孫さんの世話をしなくていいから
 楽チンで、羨ましいわぁ~~~!」

と、よく愚痴っている・・・・

以前、
フジ TVの番組で「保育園問題」を扱っていた時
乳幼児のいるタレントママさんが
(自身の親は遠くに住んでいて)
「ダンナのお母さんに子供を見て貰うなんて
 絶対に嫌だ!死んでも嫌だ!ゼッタイ嫌!」

と言っていたけど・・・
うちの兄夫婦も、義姉は
「同居は絶対に嫌です!」と啖呵を切ったけれど
子供だけは預けに来ていたけどねwwwwww

最近、NHKの朝の番組で
子供を産まない自由について特集していて
教師をしている女性が、重要なポストについて
仕事に集中したいから
「ここで妊娠したら、敗北だと思った」
子供が欲しい夫と離婚した体験談を語っていた。
(子供は要らないという人と再婚したそうな)

保育園が出来ると騒音が~とか
何だかなぁ・・・
堂々巡りの保育園問題。




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

身勝手な大人の増殖

昔は保育園が近くにできても、子供の声が「騒音」などと言われることは滅多になかったのではないかと思います。

「騒音問題」が発生するとすれば、工事現場が近くにあったり、夜間に大音量でギターなどを演奏したり、爆音を轟かせる暴走族や、大量の花火や爆竹の使用などが主な原因で、少なくとも昼間に「騒音」などというケースは滅多に聞きませんでした。

子供が元気に外で遊び回り、その際に叫ぶ様子は、多少うるさくても「子供だから、元気に遊び回る方がよろしい。」と、多少の我慢は受け入れていた人の方が多かったと思います。

しかし、戦後世代が徐々に高齢化する中で、どうも「身勝手な大人」が増殖してきたように思います。

待機児童の問題が発生している一方で、そういった「身勝手な大人」達が、保育園の建設に強硬に反対する為に、問題の解決が滞っているのではないかと思います。

保育園の建設に住民の合意が必要なのは分かりますが、一方で、「身勝手な大人」が強硬な、声の大きい「主張」をする為に、そういった問題の解決が難しくなっているのではないかと思います。

間に誰か入って丸く収まればいいんだけど… 必要なものだからな~

住宅密集が子供を追い出す?

職・住・育児のバランスをどうとるのか、なんでしょうね。
都市計画や生活文化のあり方から見直す必要があるのかも知れません。
プロフィール

あや

  • Author:あや
  • 韓流に嵌った母と義母の為に
    韓国情報を調べていたら・・・
    韓流ブームに仕掛けられた
    怪しい罠に気付いてしまった。
    韓流の闇と、利権や陰謀
    仕掛け人を徹底研究!
ランキング
ランキングに参加しています!
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索