韓流研究室

ARTICLE PAGE

高校教職員組合の教員が生徒に安保法反対署名活動

★高校教職員組合の教員が
 生徒に安保法反対署名活動

 苫小牧民報 5月7日(土)23時2分配信
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160507-00010001-tomamin-hok
北海道苫小牧西高校の校門前で4月下旬、
道高校教職員組合(高教組)の
苫小牧西高校分会に所属する
同校勤務の教員
が、
生徒たちに対し安全保障法反対のビラ配布と
署名活動を行い、

これを問題視した学校側がビラを回収、
署名活動も中止させたことが分かった。
学校側は
「極めて政治色の強いもので、
 配慮に欠けた不適切な行為」
と判断し、
保護者にも文書で今回のいきさつを説明し謝罪。
一方、同分会は
「正当な組合活動の範囲」と反論している。

 同分会が配布したビラは、
『安全保障法=戦争法に反対する
 署名にご協力ください!』
と見出しを付け、
『安保法は戦争に巻き込まれる恐れの強い法律。
 廃止するため、今日放課後に校門前で
 戦争法に反対する署名活動をしますので、
 ぜひ協力してください』
などと記している。

 同分会所属の複数の教員
4月26日午前8時ごろから校門前に立ち、
登校の生徒にビラを配布。
約30分間に約200人に手渡した。
さらに同日午後3時15分ごろ、同じ校門前で、
下校の生徒から署名を集める活動を始めた。

 教員は休暇を取得して
ビラ配布や署名活動に当たっていたが、
ビラの内容を知った丸山由之校長が
「極めて政治色が強く、
 生徒や保護者、地域住民に
 誤解を与えかねない不適切な行為」
と判断、
各クラスの担任教員に生徒からビラを回収
するよう指示。
校門前で既に始まっていた署名活動の中止
を求めたという。

 学校側は27日朝にもビラを回収。
28日朝には、丸山校長が生徒に対し、
全校放送で署名活動の中止やビラ回収に関する
経緯を説明。保護者に対しても同日、説明と
謝罪の意を記した文書を出した。

 丸山校長は
教職員の組合活動に理解を示しながらも、
学校敷地外とはいえ、
 活動場所が校門のすぐ前であったことや、
 政治に関する一方からの見方だけを
 生徒に示したことから、
 学校の政治的中立性が保たれていない
 と生徒や地域住民から誤解を受ける
 恐れがあり、不適切な行為と判断した

と説明する。

 道教委高校教育課も
「生徒にとって
 自分の学校の教員が行うことは、
 敷地外、職務時間外だからといったことは
 関係ない。
 教員の言動は生徒の人格形成に
 大きな影響を与える。
 特定の意見のみを伝えていたのであれば、
 誤解を招きかねないので、
 校長の対処は妥当」
と話す。

 一方、同分会は
「正当な組合活動の範囲内で計画したこと」
と主張。同分会は、
全国の高教組が一斉に進めている
安保法反対署名運動の一環として
今回の活動を計画。


「生徒が自分の将来を決められるよう、
 安保法についてしっかりと考えてもらう
 きっかけになれば」との思いも込め、
ビラを作成したという。
学校側の要請でビラ回収や署名活動中止に
応じたことに関しては
「不本意ではあるが、
 組合活動によって立場上、
 困る人が出てしまうのも本意ではないので
 受け入れた」と話す。

 道高校教職員組合連合会は
「学習塾や予備校などの営業活動も
 校門前で生徒に対して行われているのに、
 今回の件のみ問題になるのはおかしい」
と学校の対応を疑問視する。


 生徒の反応はさまざまだ。
「ビラ配布は何も問題がないのでは」
と話す生徒がいる一方、
「先生に言われたら、
 よく分からないまま署名をしてしまう
 生徒もいるかもしれないので、
 少し疑問に感じた」

先生という立場だったら、
 いろんな意見を出した上で
 私たちに考えさせる
 ようなことをしてほしい
との声も。

 学校教育に詳しい、
北海道教育大学大学院の玉井康之教授
(高度教職実践専攻)は
「教員が一方に偏った考えを示すことは、
 場合によっては生徒が教員に不信感を
 抱く恐れもある。
 誤解を受けない方法や問題提起の仕方などを
 工夫した組合活動も必要なのでは」
と話している。

(引用ここまで)





★児童に“反安保”プリント 誤配布、
 校長ら厳重注意へ 松戸の公立小

 千葉日報オンライン 5月7日(土)10時0分配信
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160507-00010000-chibatopi-l12
松戸市の市立小学校が新入生に対し、
安全保障関連法に反対する署名を求める
プリントを配っていたことが6日分かった。

女性団体が配布を求めてきたもの
確認不足で誤って配ったとして、
学校は保護者に書面で謝罪した。
市教委は校長、教頭を近く厳重注意する方針。

 プリントは
市内に支部がある女性団体が作ったチラシ2枚。
団体の活動や就学援助制度の紹介などとともに、
「戦争法の廃止を求める
 2000万人統一署名に取り組んでいます」
と、安保関連法への反対署名や
団体への加入を求める内容

が記載されていた。

市教委によると、
プリントは入学式翌日の先月13日に、
学校から保護者への手紙などと一緒に
1年生児童94人に配られた。

同月上旬に団体が学校へ配布を要請し、
1回は断ったが2回目に教頭が受け取り
内容や団体を詳しく確認せずに
校長の許可を得て1年生の各クラスに渡した。
他にも市内の約10校に同様の要請があり、
配布を断ったものの、2校では校門の前で
直接配布が確認されたという。

 市教委は校長と教頭から事情を聴き、
5月2日の校長会と6日の教頭会で経緯を報告した。
県教委には6日に報告。
保護者にも同日
特定の政治的意図はなかったが、
 誤解を与え申し訳ない

と謝罪する手紙を配布した。

公立小学校の政治的中立性に関わる問題で、
市教委は「児童に配布する文書については、
今後管理職が厳しくチェックするよう指導するとともに、
マニュアル化を進めて
再発防止に努めたい」としている。

(引用ここまで)



関連記事

★生徒名簿使い署名活動 
 在職中、無断持ち出し 
 成田北高、60代元教諭

 千葉日報 2016年04月19日
 http://www.chibanippo.co.jp/news/national/318356
成田市玉造の千葉県立成田北高校
(土屋俊一校長、生徒888人)の
60代の元男性教諭が、
学校から無断で持ち出した生徒名簿データを使い、
卒業生約300人に安保法への反対署名を求める
手紙を送っていた
ことが18日、
同校への取材で分かった。
元教諭は昨年3月に同校を定年退職しており、
在職中は実質的に名簿を管理

同校は持ち出したデータを全て削除させ、
県教委が処分を検討している。

 同校によると元教諭はことし3月、
担任や授業を担当した同校の2014~15年度
卒業生のうち約300人の自宅に、
安保法や戦争への反対署名を求める手紙を送付。
元教諭は在職中、校内のパソコンから
両年度の卒業生約600人以上の名簿を
自分のUSBメモリーにコピーし、
無断で持ち帰っていた。

名簿には住所や電話番号、保護者名が
記載されているという。

 手紙を受け取った卒業生の母親が
同校に連絡し発覚。
先月25日、同校が元教諭に確認したところ、
持ち出しや送付を認めたという。
同校はデータを全て削除させた上で、
県教委に報告。元教諭は
「(持ち出しは)手紙送付のためではなかった」
と説明し、反省の態度を示しているという。


 同校では、
名簿は校内サーバーにパスワードをかけて管理。
教諭が自由に閲覧できるものではないが、
元教諭はパスワードを把握しており、
事実上の名簿担当者だったという。

同校の桜井佳成教頭は
「在職中に知り得た情報を利用しており
 大変遺憾。
 教職員に対し、生徒の個人情報の取り扱いを
 徹底する」とコメントした。

(引用ここまで)




>道高校教職員組合連合会は
 「学習塾や予備校などの営業活動も
  校門前で生徒に対して行われているのに

  今回の件のみ問題になるのはおかしい」


北海道高校教職員組合連合会の
自称「教育労働者」達は、
自分達は塾や予備校の営業マン
同等と考えているのか・・・
児童生徒への教育は、
単なる「教育労働」であり、教育労働者は
その対価を得るためだけに働く労働者か・・・。

卒業式で
【仰げば尊し】が歌われなくなったのは
この国には、
自称「教育労働者」が思想運動に没頭し
『わが師』と呼べる教師が減少したから
なのでしょうね・・・
彼らは教職員であって、教師ではない・・・
そんなお仕事、哀しくないですか?
そんなズルまでして集めた署名に
何の意味があるというのでしょう。





私が小学5年生の時、
担任の先生は黒板に
与謝野晶子の【君死にたまふことなかれ】
全文を書き、こう言ったのでした。
「あなた達は、今、
 色々な事を吸収し覚える力が有ります。
 だからこそ、
 この歌を覚えていて欲しいのです。
 この歌が発表された時代背景と
 与謝野晶子の勇気と、
 この歌の力を・・・覚えておいてください」
と。

 あゝおとうとよ、君を泣く
 君死にたまふことなかれ
 末に生まれし君なれば
 親のなさけはまさりしも
 親は刃をにぎらせて
 人を殺せとをしへしや
 人を殺して死ねよとて
 二十四までをそだてしや

 堺の街のあきびとの
 旧家をほこるあるじにて
 親の名を継ぐ君なれば
 君死にたまふことなかれ
 旅順の城はほろぶとも
  ほろびずとても何事ぞ
 君は知らじな、あきびとの
 家のおきてに無かりけり

 君死にたまふことなかれ
 すめらみことは戦ひに
 おほみずから出でまさね
 かたみに人の血を流し
 獣の道で死ねよとは
 死ぬるを人のほまれとは
 おほみこころのふかければ
 もとよりいかで思されむ

 あゝおとうとよ戦ひに
 君死にたまふことなかれ
 すぎにし秋を父ぎみに
 おくれたまへる母ぎみは
 なげきの中にいたましく
 わが子を召され、家を守り
 安しときける大御代も
 母のしら髪はまさりぬる

 暖簾のかげに伏して泣く
 あえかにわかき新妻を
 君わするるや、思へるや
 十月も添はで 別れたる
 少女ごころを思ひみよ
 この世ひとりの君ならで
 ああまた誰をたのむべき
 君死にたまふことなかれ


何度か、クラス全員で復唱しました。
そして、静かに・・・
「今は、この意味が解らなくても
 今日、この歌を声に出して詠んだ事を
 どうか心の片隅に覚えておいてください。」


それだけです。
声高にではなく、静かに・・・
私は今でも、諳んずる事が出来ます。

世界のどこかで
戦争や自爆テロのニュースが流れる度に
あの日の、黒板の文字が思い出されます。
大人になって、
あの日、口には出さぬとも
先生が私達に何を言いたかったのか
思い起こすのです。

親になって初めて
徴兵された我が子を送り出す歳の
「万歳」と叫ぶ両親・妻・兄弟・親族・知人・・・
彼らの口にはしない哀しみが解ります。

戦争の映画やドラマで
下手な俳優の陳腐な演出のシーンを見るよりも
ずっしりと重く響きます。

言葉には魂が宿ります。

ただシュプレヒコールを繰り返すような
軽々な言葉は、心には残りません。

 kyouiku21082007.jpg

 aozoraPN2009092501000063_-_-_CI0003.jpg

終戦直後の焼け野原で、
子供達に学ぶことの大切さを教えた
教師の姿・・・

★子供達の戦後
 教室も教科書も十分にないけど、
 学校がはじまった。

 http://www.pcf.city.hiroshima.jp/kids/KPSH_J/hiroshima/sadako/subcontents/12kidssengo_1.html
  kyouiku12k_1.jpg




今は、物が溢れ情報も溢れ・・・
でも、哀しいかな、が有りません。
今更、
教育労働者に聖職なんぞ求めませんが
教育のプロフェッショナルとしての自覚が
全く無いのならばお辞め頂きたい。
有給を取ってまで思想運動に没頭して、
児童・生徒を置き去りにすることを
「労働者の権利」という。
その権利のために
休んだ分を埋め合わせしている他の教員や
自習プリントを押し付けられる生徒達の
「教育を受ける権利」は疎かにされて良いのか?


教育労働者は生徒の声を聞きなさい。


先生という立場だったら、
 いろんな意見を出した上で
 私たちに考えさせる
 ようなことをしてほしい



★大村はまの世界
 「聖職」と
  呼ばれる人になってください」
 http://www.iinan-net.jp/~tosyokan/komento/0019/200803.htm





政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

やたらめったら手紙送りつけたり、ビラ配布とかどこかの市民団体みたい。風船飛ばしやっているとこ。

2016-05-09 (Mon) 15:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply