韓流研究室

ARTICLE PAGE

国連見解「沖縄の人々は先住民族」に自民議員が猛反発「民族分断工作だ」

★国連見解「沖縄の人々は先住民族」に
 自民議員が猛反発「民族分断工作だ」 
 政府も「撤回働きかける」

 産経新聞 2016.4.27 22:50
 
http://www.sankei.com/politics/news/160427/plt1604270021-n1.html
国連の人種差別撤廃委員会が2014年9月に
沖縄の住民を「先住民族」と承認するよう
日本政府に検討を求めた
見解に対し、
木原誠二外務副大臣は27日の衆院内閣委員会で
「事実上の撤回、修正をするよう働きかけたい」
と述べ、政府として対応する考えを示した。
自民党の宮崎政久氏(比例九州)の質問に答えた。

 国連では人種差別撤廃委や自由権規約委が
08年から4回にわたって沖縄に関する見解を表明し、
「琉球・沖縄の人々を先住民族として
 承認しない立場を遺憾に思う」
などとしてきた。
外務省の飯島俊郎参事官は27日の内閣委で
「政府が先住民族と認識している人々は
 アイヌ以外に存在しない。
 これらの(国連の)委員会による最終見解や
 勧告などは法的な拘束力を有するものではない」

と強調した。

 沖縄県を地盤とする宮崎氏は質問で
「(日本人に)沖縄県民が先住民族だと
 思っている人はいない。
 誠に失礼な話だ。
 民族分断工作と言ってもよい。
 放置しないでほしい」
と、
政府に毅(き)然(ぜん)と対応するよう求めた。

 また、自由権規約委は14年8月、
「コミュニティーの伝統的な土地や
 天然資源に対する権利を十分保障するための
 さらなる措置をとるべきだ」
などと
日本政府に法改正まで求めている。
この見解についても、宮崎氏は
尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む
 沖縄の土地や天然資源が、
 どこに帰属するのかを問題にされかねない。
 沖縄は尖閣諸島を含めて日本の国土だ

と批判した。

(引用ここまで)




●現代沖縄人DNAの遺伝系統
 「日本本土に近い」

 琉球新報 2014年9月17日 10:19
 http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-231707.html
 okinawa183dafb6-s.jpg

 okinawaimg5418e15c969a0.jpg

琉球大学大学院医学研究科の佐藤丈寛博士研究員、
木村亮介准教授、北里大学、統計数理研究所の
共同研究チームが、現在の琉球列島に住む人々の
核ゲノムDNAを解析した結果、
遺伝的に琉球列島の人々は
台湾や大陸の人々とつながりがなく
日本本土により近いという研究成果を発表した。

琉球大学が16日、発表した。

また、
沖縄本島から宮古、八重山諸島へ人々が
移住した時期をコンピューターで計算した結果、
古くても1万年前以降と推定。

宮古のピンザアブ洞穴人(2万6千年前)や
石垣の白保竿根田原(さおねたばる)洞穴人
(2万年前)は、現代の宮古、八重山の人々の
主要な祖先ではないと結論付けた。

 これまで、骨や一部DNAの分析から、
琉球列島の人々は中国や台湾より日本本土の
人々と近いとする研究成果が発表されてきたが、
今回、初めて全ゲノムを網羅した解析によって
同様の結果が導かれた。
今後の琉球列島の人々の起源を探る研究の
一助として注目されそうだ。

 研究チームは、
現在の沖縄、宮古、八重山諸島出身者数百人から
DNAを採取し、ヒトゲノム全域に分布する60万個の
単一塩基多型(SNP)を解析した。

その結果、琉球列島の人々と台湾先住民は
別系統の集団で、
地理的に近接する八重山諸島の人々も
台湾先住民との間に直接の遺伝的つながりがない
と結論付けた。

 港川人についても同チームは
「琉球列島の人々と漢族が分岐した年代が
 縄文時代以降であると推定されたことから、
 沖縄諸島の人々の主要な祖先ではない
 可能性が高いと思われる」
と推測し、
今後さらなる精査が必要としている。

(引用ここまで)

okinwa21039a03-s.jpg

過去の研究論文
★人あたり約14万個所の
 DNA塩基多型を用いて
 日本人の集団構造を解明

 独立行政法人 理化学研究所
 2008年9月26日
 http://www.riken.jp/~/media/riken/pr/press/2008/20080926_1/20080926_1.pdf


●アイヌと琉球は縄文型 
 日本人の遺伝系統、
 ゲノム解析で裏付け

 2012.11.1
 http://www.sankei.com/politics/news/160427/plt1604270021-n1.html


●DNAで見る日本人 遺伝子の情報
 http://tokyox.matrix.jp/wordpress/dna%e3%81%a7%e8%a6%8b%e3%82%8b%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba-%e9%81%ba%e4%bc%9d%e5%ad%90%e3%81%ae%e6%83%85%e5%a0%b1/
 dna20140730-141514-51314032.jpg


●「Y染色体ハプロタイプ(父系)」からも
 「ミトコンドリアDNA(母系)」からも、
 日本人は「縄文人」と「弥生人」との
 ほぼ半々の比率の混血民族である。

 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n264140




歌手のUAさん(長谷川 歌織(旧姓:嶋))が
奄美大島出身のお母様のために書いた
奄美大島方言の『トュリ』の歌詞です。


 きゅうや(今日) わんな(私は)
 とゅりなてぃ(鳥となって)
 てぃてぃぬ(一つの) むぃし(目で)
 くぬゆ(世界を) みち(見る)

 ゆるや(夜は) くんゆぬ(世界の)
 なはなん(真ん中に)  むぇぇとゅん(生えている)
 くぃぬ(木の) とゅろはち(所へと)
  もどりゅん(戻る)

 わぬが(私の)  しぐとゅや(仕事は)
  いむぃば(夢を) みりゅんくとゅ(見ること)
 うんむぃぬ(その夢の) たねば(種を)
 まっかいじ(蒔くこと)

 いむぃぬ(夢の) たねはら(種から)
 むぃぬ(芽が) いじて(出て)
 みどりぬ(緑に) ふぁーなてぃ(なって) 
 はなぬ(花が) ハレて(咲いて)

 かぜぬ(風が) ふち(吹いて)  
 はなや(花が) ゆりてぃ(揺れて)
 いむぃぬ(夢の) くぁぁば(子供を) 
 かぜぬ(風が) はこでぃ(運ぶ)


全く違う言語ではない事が解る

●奄美方言
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%84%E7%BE%8E%E6%96%B9%E8%A8%80




UAさんの『トュリ』を初めて聞いた時
私は、以前TV番組で
【平安時代の日本人は
 どのような言葉で話したか】
という音声を
思い出した。ソックリだ!と・・・

●「たけしの教科書に載らない
 日本人の謎2012」日本語特集

 http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1126.html
 nihongo120109-08chou.jpg
パパうえつぁま、ほらディェップディェップんが、
 ちょんでうぃまつぅぃよ

(母上様、ほら、蝶々が飛んでいますよ」
 
ほんちゃうでぃぇつぅね、ぴらぴらちょんで
 くわいらつぃい

(本当ですね、ぴらぴら飛んで可愛らしい)


(全文はリンク先で)




言語においては、
今の標準語でなく各地の方言に違いがあるように
統一言語と方言を比較しても「先住民族」説は
疑問が残る。
英語という言語の成り立ちだって似たようなモノ。
http://www.asahi-net.or.jp/~aw2t-itu/enghist/oe.htm

例えば、
静岡県の方言も伊豆から浜松まで
結構違う。
http://tao.tbo.jp/yondego/yondego.html

西部には、亡命した大量の新羅人
大和朝廷によって各地に移住させられ
820年に、遠江国と駿河国の新羅人が
「新羅の反乱」を起こした際には、
大和朝廷は関東に移住した高句麗人の兵に、
新羅人の討伐を命じている。

「我々の祖先は高句麗人だ!」
高句麗から移住してきた歴史を持つ地域が
韓国人に「同胞だ」と利用されまくっているが、
その韓国人とDNAを比較してみると良い。
多分、違っているでしょうよwww

お年寄りの方言を聞くと、
キャーアル(蛙)、カツォー(鰹)とリエゾンする。
静岡県の方言を研究している方の本には
江戸時代には、東海道の宿場の発達によって、
各地の言語が流入し江戸弁などの影響も見られる。
八丈島では、江戸に魚介類を売りに行く男性は
江戸弁を話す事が出来たそうだ。

それ以外の老人や女性・子供は地元の方言を使う。
言語は、民族流入の歴史や交流によって
影響され変遷する。


●日本語なのに理解不能…
 『上代日本語』の不思議な発音

 http://matome.naver.jp/odai/2142014174408381101


●琉球語ができた歴史的背景  
 沖縄タイムス(掲載2007.4.26)
 http://www.haisai.co.jp/karajisi_rekisihaikei.htm


●沖縄方言は日本語か
 http://www.okinawa100.info/100/post-1.html


●日本祖語はけっこう新しい
 http://blog.goo.ne.jp/oz3_va_kenz_03/e/aa7e452678cf813c5e9acdcf08c1a9d8
(引用開始)
上の研究班の記述どおり、(7)の人々の出自は
中国というのが有力なわけだし、
日本祖語を携えた人々が移住する前にいた
地域にあったと思われる「日本語族」の他の言語は、
その地がどこであるにせよ、そこでは他の言語に
駆逐されてもう消滅している
(だから姉妹語が見つからない)、というのが
ほぼ確実だろうと思うのですが、
「東大教授「日本語のルーツは
 韓国語にあり」」とは、なんと強引な。。。

(追記、この論文の第一著者は院生のSean Leeさんで、
 実際の仕事も彼主導だったと推測しますが、
 朝鮮日報の記事は長谷川先生が筆頭。
 「東大教授のお墨付き!」というのが重要ということも
 あろうと思いますが、よろしくないと思います)

(引用ここまで)




「日本人」のルーツを考えると
その基層から現代に至るまで、
実に様々な民族との混血で成り立っている。

しかし、
全ゲノムを網羅したDNA解析によって
現在の中国大陸人や台湾人とはつながらず
現韓国人よりも、
沖縄の人々はより日本本土の人々と近い。
そもそも、
韓国南部の一部地域は、その他の朝鮮半島とは
異なったクラスタ構成を持っているから
現韓国人は本土日本人と沖縄、アイヌとも
遺伝子が違っている。


DNAは正直だ。


★日本人のルーツ Part I 常識への挑戦
 日本人のルーツ( I )私たちが聞かされてきたこと
 http://owlowlowl.net/SLLQYcorner/soliloquy11.html


★日本人のルーツ Part I 常識への挑戦
 日本人のルーツ( V )グレートジャーニー
 http://owlowlowl.net/SLLQYcorner/soliloquy11.html




アイヌ民族の祖先のDNAも、
本土日本人のDNAの中に流れている。
アイヌの人も、沖縄の人も
固有の文化や言語を守ることは大切。
各地方で長い年月を経て生まれた文化も
同様に守り伝えていくべきだ。

沖縄諸島と本土日本が全く違う文化かというと
以前、葬送の風習である「浜下り」についての
沖縄諸島との共通点を記載した事がある。
母方の祖母は静岡県東部の山間地の出身で、
子供の頃、祖母から聞いた話では
海まで遠いので、近くの川で【浜下り】をしたそうだ
代々、川で行った風習なのに「川下り(かわおり)」ではなく
【浜下り】と呼ばれてきた。
海に先祖の魂を返すという心が大切なのだと思う。


★野辺送りと浜下り
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1134.html
(引用開始)
浜下りという行事は、沖縄地方に残っていて
沖縄諸島では「サングヮチサンニチー」「ハマウリ(浜下り)」、
奄美大島では「ハマウレィ」、
宮古では「サニツィ」「シャニツ」、
八重山では「サニズ」「サニジ」「サンガチャー」、と言うらしい。
(中略)
なるほど、
「ハマウリ」「ハマウレィ」は”浜下り”
「サングヮチサンニチー」や「サニツィ」「シャニツ」、
「サニズ」「サニジ」「サンガチャー」は、
3月3日の事なんだ!

そういえば、わが故郷の方言と共通の方言が
対馬地方にも残っている事を、
伯父から教わった記憶があります。

(続きはリンク先で)



日本のサヨクの訴えしか通らず
中国が懐に手を突っ込んでいる
国連の人種差別撤廃委員会

「沖縄の人々は先住民族」にしたい理由は、

中国政府主導のデモと

okinawa1_20160428025416fc8.jpg

琉球独立を唱えるサヨク
okinawawinkokkai830-3.jpg

両者の姿を見ればよく解る。
民族分断をさせて、
米軍基地も自衛隊も撤去させて
沖縄を独立させ、中国の経済圏に取り込んで
沖縄の地を我が物にすれば
尖閣周辺の海洋資源も、地下資源も
自由に中国のものになる
という海洋侵略に
国連が手を貸しているとしか思えない。

野党共闘の【国民連合政府】樹立の怖さは
菅直人のようなサヨク市民出身の政治家の
言動によく表れている。
平気で日本を分裂させて売り渡す根性が酷い!


★菅直人は「国家分裂主義者」だったのか?
 http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20100616/1276672755


★菅直人の「沖縄独立論」で
 大喜びする中国・・・。
 菅直人よ、東シナ海の石油・ガス利権、
 シーレーン・・・はどうなるのかね?

 http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20100617/1276744511


★社民・照屋議員
 「沖縄は独立した方がいい」
 中国紙に同調、県民からは危惧の声

 産経新聞 2013.5.15
 http://www.sankei.com/politics/news/130515/plt1305150024-n1.html




沖縄を狙う中国、
対馬を狙う韓国、
その手助けをするサヨク・・・怖いわ!

ウチナンチュは、
チベットやウイグルの人達のような
運命でもいいの?




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

ぺろ

100歩ゆずって先住民だったとして、だから?という態度でいいんじゃないでしょうか。先住民は独立しなければいけないなんて理屈はないでしょうし。
現在の沖縄の一部の人たちやその他のサヨク達は琉球民族という意識やアイデンティティーなんかないくせに政治の道具にしているだけだと思います。
ドイツとオーストリアイギリスとオーストラリアのように同じ民族でも違う国もあれば、南北アメリカ諸国みたいに違う民族が集まって一つの国をつくっているところもあります。

2016-04-28 (Thu) 14:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply