韓流研究室

ARTICLE PAGE

野党共闘、被災地の心配より選挙が大切!熊本より北海道5区

品川の党集会で、被災地募金と共に党勢拡大資金と
北海道5区勝利活動費を集めて顰蹙を買った
日本共産党。
やはり、被災地の心配よりも
北海道5区補選での勝利の方が最優先!







★「私の顔をみてほしい。
  暴力革命の党に見える?」
 共産・小池晃書記局長が主張

 産経新聞 2016.4.21
 
http://www.sankei.com/politics/news/160421/plt1604210030-n1.html
共産党の小池晃書記局長は21日、
同党について
「警察庁としては現在においても
 『暴力革命の方針』に変更はないもの
 と認識している」
とする答弁書を
閣議決定した安倍晋三政権に対し、

「共産党は
 一度も暴力革命という方針を
 決めたことはない」

と主張した。
北海道北広島市で行った衆院北海道5区
補欠選挙の応援演説で語った。

「だいたい、
 志位(和夫)委員長とか、
 私の顔を見てほしい。
 暴力革命の党に見えますか? 
 極めて平和的な人間だ」とも訴え、
根拠のないデマを打ち返していこう

と声を張り上げた。

(引用ここまで)

  



えええええ???
共産党は一度も
暴力革命という方針を決めたことはないだって?
小池晃書記局長は共産党党史を忘れたの?



●内側からみた
 日共’50年代武装闘争

 http://www2s.biglobe.ne.jp/~mike/yuihasegawa.htm


●占領下の共産党軍事委員長
 http://www2s.biglobe.ne.jp/~mike/okubo.htm


●朝鮮戦争と
 日本共産党武装闘争の位置づけ(1)

 朝鮮戦争に参戦した
 統一回復日本共産党

 http://www2s.biglobe.ne.jp/~mike/busotoso1.htm


●労働と学習
 奥多摩山村工作隊

 http://www004.upp.so-net.ne.jp/imaginenosekai/sannsonn-kousakutai.html


●私の山村工作隊体験
 http://www2s.biglobe.ne.jp/~mike/sanson2.htm


●中核自衛隊
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%A0%B8%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A


  kyousan6d36e23cad75ba10879f000134569848.jpg
 1951年2月ガリ版のパンフレット
 『球根栽培法』第31号に
 「われわれは武装の準備と行動を
 開始しなければならない」と掲載。

 kyousan51tH6wx-lPL__SX352_BO1,204,203,200_
 http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%AD%A6%E8%A3%85%E9%97%98%E4%BA%89%E6%95%99%E6%9C%AC%E8%B3%87%E6%96%99%E9%9B%86%E6%88%90%E3%80%80%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%B7%BB%E3%80%80%E7%90%83%E6%A0%B9%E6%A0%BD%E5%9F%B9%E6%B3%95-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A%E8%87%A8%E6%99%82%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E6%8C%87%E5%B0%8E%E9%83%A8%EF%BC%88%E6%89%80%E6%84%9F%E6%B4%BE%EF%BC%89-ebook/dp/B00L88GIEU/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1461345166&sr=1-1&keywords=%E7%90%83%E6%A0%B9%E6%A0%BD%E5%9F%B9%E6%B3%95
本巻収録の「球根栽培法」は、1
950年代武装共産党時代の政治文書。
「山村工作隊」や「中核自衛隊」などの
当時の日本共産党の非公然組織における
武装方針について示した秘密出版物として
刊行された。


 kyousanDSCF6198-thumbnail2.jpg

 kyousanDSCF6205-thumbnail2.jpg

 kyousanDSCF6207-thumbnail2.jpg


●日本共産党が暴力革命を
 言わなくなったわけは
 インドネシアにある?

 日本共産党・民青同盟悪魔の辞典
 http://kinpy.livedoor.biz/archives/52161504.html



>共産党は
 一度も暴力革命という方針を
 決めたことはない


小池さんは大嘘吐きだ・・・
日本に
「過去の侵略戦争の歴史を反省して謝罪しろ!」
と言い続けている日本共産党が
自党の過去の「暴力革命を目指した武力闘争」
という歴史を認めようとしない。

きちんと、自分達の歴史を認めるべきだ。


一般人よりも、
共産党を離れて行った人々の批判が多い。


★小池晃の顔は暴力革命顔ではないが、
 嘘つきではある。

 日本共産党・民青同盟悪魔の辞典
 2016年04月23日
 http://kinpy.livedoor.biz/archives/52161609.html


★嘘つき顕治の真っ青な真実
 宮本顕治が五全協共産党で
 中央レベルの活動をした証拠
 現在の共産党は武装闘争に関係・
 責任もないと真っ赤な嘘

 http://www2s.biglobe.ne.jp/~mike/miyamotouso.htm


★戦後日本共産党史の見直しを:
 武装闘争路線の過去を
 抹消するために沈黙、
 あまりにも深い闇‥

 http://www.asyura2.com/16/senkyo202/msg/415.html


★日本共産党・
 志位和夫委員長の「汚れた手」

 http://k1662.blog.jp/archives/22078424.html


★志位.河邑の大活躍と大抜擢
 http://www.marino.ne.jp/~rendaico/toshi/nihonkiyosanto_nokenkiyu_toshi_47.htm


志位さんの大出世のきっかけになった
「東大大学院支部伊里一智事件」
連座して党から除籍処分を受けた、
米原万里さん(有田芳生の親戚)の証言


●米原万里
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E5%8E%9F%E4%B8%87%E9%87%8C
後年(2002年5月13日)、
逮捕直前の佐藤優に米原は
「私は共産党に査問されたことがある。
 あのときは殺されるんじゃないかと
 ほんとうに怖かったわ。

 共産党も外務省も組織は一緒よ」

 と語っている。






>「頑張っている自衛隊員を
  戦争に駆り出すのか」 小池氏


小池さん、
自衛隊を心配するフリは止めて欲しい!


★ 共産党 小池晃「自衛隊は解散」
 →何かあったら?
 →自衛隊が戦う
 →一同ポカーン #takajin

 2013年10月06日
 http://matome.naver.jp/odai/2138103888678469501




★「たかじん委員会」共産党SPで
 触れられなかった事実…
 共産党はかつて改憲を目指していた

 ぼやきくっくり  2013.10.07
 http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1452.html
(引用開始)


(中略)
筆坂秀世さんは最近、メディアで
この事実をたびたび指摘しています。

(略)
衆院選で野党第二党に躍進した1970年代以降、
他党との連立政権樹立を念頭に

「憲法違反の自衛隊は解散させるが、
 国民の合意があれば憲法を改正し、
 最小限の自衛措置は取る(軍隊を持つ)」

という方針を打ち出した時期もある。

(略)
また筆坂さんは、「正論」2013年10月号に
掲載された元公明党委員長の矢野絢也さん
との対談
【憲法を改正するなら前文と九条からだ】では、
このような発言をしています。

「問題は、わが国が集団的自衛権を
 どの範囲まで行使するかということなんです。
 そこをはっきりさせないで、嘘に嘘を重ねてきた。
 護憲派も改憲派も世界ではまったく通用しない
 議論を延々と続けてきた。
 特に共産党はもともと、
 憲法九条は民族の存立を
 危うくする条文であり、
 変えるべきだと
 主張していたんですよ。

 それが今では憲法九条は世界の宝と言っている。
 憲法は一字一句変わっていないのに、
 共産党は主張を百八十度変えてしまった


(中略)
1946(昭和21)年8月24日、
日本共産党の野坂参三議員が衆院本会議の
憲法改正案審議で、
「憲法9条案は平和主義を弄する空文だ」
と反対演説をしています。
歴史を学ばない日共党員は知らないでしょうが!!

(引用ここまで)


結局、この党は
火炎瓶を、ペンや六法全書やチョークに変えて
世論工作の”大嘘”革命をしているだけじゃないか・・・







野党統一候補の池田まきさん。
存命中の父親を、DV男に仕立てて不幸自慢。
「自民党候補は苦労知らずの商社マンだけど、
 私は不幸な生い立ちに生まれた可哀想な女」作戦?


池田候補の
経歴詐称疑惑が話題になっています。







あらら・・・




>其にしても
 このSEALDs奥田だの 古賀だの…
 旅費や その他経費は
 一体何処から出てるんでしょうか?



ところで・・・
「選挙に行こう」とスタンディングという人
「許すな!憲法改悪 市民連絡会」の
八王子市在住で和光中学時代から政治活動をしている
プロ活動家・菱山南帆子さん
( 『安保法制違憲訴訟 』原告の一人)
池田まき候補のイメージカラーのピンクの幟。
これは明らかに池田まき選挙応援活動・・・
これは「公職選挙法」で許されるの???


>池田まきカラーはピンクです!


イケマキ電話作戦3万本

SEALDsのどっきょという人は
ずっと北海道に張り付いて選挙”応援”活動中。
池田まきに投票を呼び掛ける
ボランティア募集の動画製作と配信・・・




候補者の支持者が、
電話で相手に投票を依頼することは、
法律上制限されていませんが
候補者のシンボルカラーと自覚した幟を持って
投票を呼び掛けたり、
候補者への投票を電話で呼びかける
ボランティア募集の映像制作

選挙運動として法律上どうなのか???
まあ、9条教の憲法学者や共産・社民系弁護士が
バックに付いているから大丈夫なんでしょうねぇ・・・




コチラは京都補選の選挙活動。
特定の立候補者を支援する政治団体が、
「選挙へ行こう」という印刷物を配布する行為

グレーゾーンを狙った
野党統一候補の選挙活動
ですね。

SEALDsは政治団体になったのですから
選挙管理委員会の投票啓蒙活動とは違い
これは如何なものかと・・・






北海道に
なりふり構わぬサヨク部隊が集結し
口先だけで「日本を守りたい」と叫ぶ中・・・

熊本では、こんな人達が市民を守る
頑張れ!




特別機動捜査部隊!!!!



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply