韓流研究室

ARTICLE PAGE

熊本・大分「現在ボランティア活動の受け入れや活動募集は行っていません。」

★災害ボランティア情報
 平成28年熊本地震について(第4報)

 熊本県社会福祉協議会
 最終更新日 [2016年4月17日 8時47分]
 
http://www.fukushi-kumamoto.or.jp/kinkyu/pub/default.asp?c_id=23
■■■■4/17(日)現在は
「人命救助」の作業が優先されます
■■■■
ボランティアが入れる状況になったら、
こちらでお知らせします。


(中略)
熊本県内でのボランティア活動について

熊本県内の被災地では、
本日16日(土)の未明に発生した
震度6強の地震、それ以降の余震により、
被害拡大や倒壊家屋等の
二次被害が起こる可能性が指摘されています。

 現在、被災地では倒壊した家屋に
取り残された住民の人命救助が行われており、
緊急支援車両の道路確保が重要となっています。
このような状況から、
県内社協ではボランティア活動の受け入れや
活動募集は行っていません


(引用ここまで)



ボランティアの二次災害や現場の混乱を防ぐため
募集は行っていないのだが・・・


柿沢議員、
安易に煽ってはいけません。

ちゃんと現地情報を把握してください。




昨日、商店街で募金活動をしていた
市内のNPO法人のボランティア団体の
会長さんとお話をしました。

14日の地震の後で、現地入りしてしまった
ボランティアの人の中には
15日未明の地震で、”二次被災”して
現地の避難所に寝泊まりしている人もいるとか。
会長さんは
「まだ、大きな余震が続いていて
 ボランティアの2次被害も報告されている。
 避難所に入れない地元の人を差し置いて
 我々が避難所の世話になるなんてことは
 現地に迷惑を掛けてしまう。
 今は現地に行くことは控えていて
 募金活動に集中している。
 受け入れ態勢が整ったら、
 即、現地に向かうけど
 今は、出来ることを
 コツコツやっていくしかない」

と仰っていました。




陸路での救援物資配送が困難な所に
米軍が航空輸送の支援をしてくれるそうです。
素人には不可能な事もあるのです!

自力で救援物資を届けられて、
安全かつ確実に帰宅できる近隣の方の
ご支援は有効ですが
県外から、やみくもに駆けつけられない。



★銀座の熊本アンテナショップに
 なが~い列! 
 「買って応援」広がる 
 「みんなできること探してるんだな…」

 withnews 4月16日(土)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160416-00000003-withnews-l13


今日も、「銀座熊本館」には
長い行列が出来ているそうです。
もどかしいけれど、何かできることはないかと
「買って応援」し、レジで募金!
先程のNHKニュースでは、小学生のお子さんが
「僕は、
 熊本の人を応援する為に
 これとこれを買いました。
 『がんばれ~!』って言いたいです!」


小学校低学年の男の子の方が
ずっと大人ですね。





それから、
個人で現地に救援物資を届けようという
動きもあります。
但し、宅配業者は現地の道路の被災から
救援物資の配達をお断りするかもしれません。
断られた人が
「人の善意を無にするのか!」と
業者に怒鳴る人もいるそうですので
是非、冷静になってください。

5年前の東日本大震災でも、
道路整備が整ってから宅配を開始しています。
ちゃんとメディアでも開始を報道しています。
荷物を持ち込む前に、
宅配可能かどうかを問い合わせたり
お断りされても「宅配再開してから頼もう!」と
冷静に対応してください。

もどかしいだろうけれど、
きっと、その時期はきます。
皆さん頑張っているのです。
 


★被災者5000人受け入れ可能
 熊本県内の旅館・ホテル―国交省

 時事通信 4月16日(土)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160416-00000148-jij-pol


★防衛省
 屋内の避難場所確保できない
 住民の輸送検討

 NHK 4月16日 17時57分
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160416/k10010483831000.html 
防衛省は被災地で雨が予想されているため、
熊本県南阿蘇村など特に被害が大きい
地域の住民のうち屋内の避難場所を
確保できない人たちについて、
本人の同意があれば、陸上自衛隊の車両で
屋内の避難場所がある別の地域まで
輸送することも検討しています。

(引用ここまで)


★即応予備自衛官を招集、
 被災地派遣へ 
 東日本大震災以来

 朝日新聞 2016年4月17日13時31分
 http://www.asahi.com/articles/ASJ4K4F1PJ4KUTIL015.html












このような情報を、被災地に届けるのも
離れた場所に住む私達に出来る事!


★「熊本地震」でメガネに
 お困りの方へのお知らせ

 パリ・ミキ眼鏡の三城
 http://www.paris-miki.co.jp/message/
この度、「熊本地震」で避難の際にメ
ガネを破損されたり、自宅から持ち出し
出来なかった方のために、
近視・老眼で応急的(左右同度数)に
ご使用いただける支援用メガネを
ご用意しております。
避難生活においてメガネでお困りの方は、
熊本本店にて支援用メガネを是非ご利用ください。


・熊本本店  
 熊本市東区下南部3丁目1-43  
 TEL:096-385-1711






反原発の人達が、
九州電力に電凸を煽っているようですが・・・


★震災対応(電力安定供給と
 ライフライン復旧)に追われる
 電力会社に凸電する人々
 #迷惑行為 #業務妨害

 http://togetter.com/li/963235






このような情報を、被災地に届けるのも
離れた場所に住む私達に出来る事!

★自然災害に便乗した
 悪質商法にご注意ください

 国民生活センター
 http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/s_saigai.html
■平成28年熊本地震発生に関連する注意喚起
大規模な震災発生後には、
災害に便乗した点検商法やかたり商法などの
悪質な勧誘トラブルが発生しています。

その手口はさまざまであり、被災地だけでなく
周辺の地域でも発生します。
手口を知り、備えることが重要です。

(続きはリンク先で)



マスコミも、よく考えて取材して!



>一部報道にライフラインが途絶したとの
 報道がございましたが、
 そのような事実はございません。




実家が檀家になっているお寺では、
5年経った今でも、東日本大震災の
義捐金活動をしている。
地元の仏教会が宗派の壁を越えて
倒壊したお寺や、先祖代々の墓を再建できない
人達への支援をする為だ。
私もお寺に伺う度に募金を続けている。

大震災後の支援は、長期戦。
今、可能なことを、精一杯しよう。
個人が直接支援できる時まで、
出来ることをしよう。




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

弓取り

時と場所を得る

進行形の大災害には、訓練されたプロでないとできないことがあると。頭数だけでは、できないことも多いわけですね。邪魔にさえなりかねない。
学習しました。

2016-04-17 (Sun) 20:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply