韓流研究室

ARTICLE PAGE

熊本地震、見えない所で懸命な自衛隊・消防・消防団・警察・DMAT等・・・そして政府

★熊本大地震21分後にF-2発進 
 何も見えない戦闘機、
 災害時になぜ飛ぶ?

 乗りものニュース 4月15日(金)12時16分配信
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160415-00010003-norimono-bus_all
地震発生、そのとき自衛隊は

 2016年4月14日21時26分ごろ
熊本県において震度7の地震が発生。
これを受けて熊本県知事は22時40分
自衛隊に対して災害派遣要請を行いました。

 自衛隊は、
災害派遣要請を受諾する以前から
自主的に情報収集活動を開始。
地震発生から21分後の21時47分には
航空自衛隊築城基地(福岡県)から
F-2A戦闘機が2機、緊急発進(スクランブル)し、
次いで九州北部の各基地・駐屯地から
陸海空自衛隊のUH-1Jヘリコプター2機、
UH-60/SH-60ヘリコプター5機、P-3C哨戒機1機、
U-125A救難捜索機2機を相次いで発進させました。

 真っ先に離陸した自衛隊機が
F-2戦闘機であることに疑問を抱いた方も
おられるかもしれませんが、
これは全ての戦闘機基地にて、
発進命令後5分以内に2機が離陸できる
即時発進体制「5分待機」を維持している
ことに
由来します。

 5分待機は本来、
領空に接近する所属不明機を迎撃するために
行われており、
災害発生時の緊急発進という場合にも、
F-2(場合によってF-4やF-15)はミサイルを携行
したまま離陸。
戦闘機の高い機動性を活かして真っ先に
被災地上空を飛行し、パイロットは目視で
地上を確認、無線通信によって
第一報を送ることを任務とします。

 今回の地震発生は夜間でした。
F-2は対艦攻撃など、夜間の低高度飛行が
必要な任務に用いる赤外線前方監視装置を
搭載可能ですが、5分待機に就く機体には
装備されません。
よって今回、緊急発進したF-2パイロットは、
ほとんど何も見えず帰投したはずです。
しかし、例えば
「大規模な火災は確認できない」といった
「何も見えなかった」という報告そのものが、
貴重な情報となりえます。

.

あの大災害を教訓に、体制を確立した自衛隊

 本格的な情報収集は、
後続の航空機の役割です。
UH-60J、P-3C、U-125Aは戦闘機よりも
低速かつ低い高度で、赤外線前方監視装置を
用いたより精密な情報収集が可能であり、
UH-1Jは、リアルタイムで地上部隊や首相官邸
さらには一般家庭のTVにまで送信可能な
映像伝送システムを搭載しています。
これらの航空機もまた災害派遣に備え、
24時間の緊急発進体制
「15分待機」を維持しています。


 ちなみに、写真偵察機OP-3CやRF-4Eは
緊急発進体制を維持しておらず、
発進に数時間を要しますが、可視光や赤外線カメラ、
レーダー等によって非常に広い範囲を一度に
情報収集することができます
(ただし、本記事執筆中においては
 離陸したという情報はありません)。

 以上のように自衛隊では初動から
いくつかの段階を経て、より詳細な情報収集を
行えるよう備えていますが、
これは1995(平成7)年に発生した阪神淡路
大震災の教訓によって確立されました。



災害対応能力、今後はさらに向上か 
新型戦闘機の効果とは


 阪神淡路大震災では、
県知事自身が被災したことにより
災害派遣要請が行われず、
最初に八尾駐屯地(大阪府)からOH-6D
ヘリコプターが離陸したのは
地震発生から1時間半後でした。
しかも
出動するための法的根拠が無かったため、
陸上自衛隊は機転を利かせ「訓練飛行」という
名目で離陸し、機内から手持ちによる
ビデオ撮影を行いました。


 現在では
「震度5弱」以上の地震が発生した場合、
自衛隊は航空機を発進させ自主的な
情報収集を行えるようになっており、
2011(平成23)年の東日本大震災においても、
地震発生から11分後には
最初の自衛隊機が離陸しています。


 また、今年中に自衛隊へ引き渡しが行われる
予定のF-35A「ライトニングII」戦闘機は
複数の赤外線監視装置を搭載しており、
その映像をリアルタイムで地上に送信する
能力を持ちます。
F-35が5分待機を行えるようになるには
まだ数年を要する見込みですが、
実用化後は初動からより詳しい情報を得られる
ようになるでしょう。
.
関 賢太郎(航空軍事評論家)




素早い!






自衛隊は、
15日の0時前後には既に現地で展開。
熊本県知事の自衛隊への災害救助要請が
早かったのもあるけれど、
知事の要請の前に、事前に情報収集をして
準備を整えるのは迅速に行えたのだなぁ・・・

災害派遣医療チーム(DMAT)の動きも
とてもスムーズで迅速だった。







地震発生10分後に災害対応の総理指示。
夜中の3時に現地に内閣官房副大臣を送って
情報収集・・・







東日本大震災の時には、
皆さんが避難していて混乱の最中に
キャッシュディスペンサーが荒らされたり
留守宅に空き巣が入ったり・・・
被災している人達が自警団を組んで
自力でパトロールをしなければなりませんでしたが
その時の教訓が生かされて、

>益城町の警備にパトカー85台、
 370人体制でパトロール
>益城町保健福祉センターの避難所には
 移動交番を配置し、
 避難所に女性警察官も配置。


不明者捜索と、避難所の生活支援と
治安維持の警備パトロールが同時進行中。

熊本県と
災害時応援協定を結んでいる静岡県も
既に職員を派遣して情報収集中。
後続の応援職員の手配など動いている。







政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply