韓流研究室

ARTICLE PAGE

民進党選挙工作「TPP交渉追及でアベ隠匿体質印象操作するニダ」

★TPP交渉資料、
 全て黒塗りで公開 
 内容分からず 自民

 朝日新聞 2016年4月5日
 
http://www.asahi.com/articles/ASJ455V3NJ45UTFK016.html
環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案と
関連法案の衆院特別委員会での審議をめぐり、
自民党は5日、
民進党が求めていた政府の交渉資料を、
特別委の理事懇談会に提出した。
ただ、全て黒塗りされ、
内容は分からない状態だった。

 民進は、
情報開示がないと十分な審議ができないとして

甘利明・前TPP相とフロマン米通商代表部代表
の会談記録の提出を要求。
自民は5日、首相官邸への報告用に論点を
まとめた資料を提出したが、全て黒塗りされ、
「TPPブルネイ交渉会合 平成25年9月」
などというタイトルだけが
上から貼り付けられていた。

(引用ここまで)


★TPP黒塗り資料で攻防=
 民進、「隠蔽内閣」と追及―衆院委

 時事通信 / 2016年4月7日 19時36分
 http://news.infoseek.co.jp/article/160407jijiX613/
 環太平洋連携協定(TPP)をめぐる
国会論戦が7日、衆院特別委員会を舞台に
本格化した。
民進党は、政府がTPP交渉の関連資料を
ほぼ黒塗りで提示したことを繰り返し追及。


夏の参院選をにらみ、
安倍政権が情報開示に後ろ向きな
「隠蔽(いんぺい)体質」
と印象付ける作戦だ。


政府側は、
外交交渉に関する守秘義務を盾に
説明を拒み続け、国内対策をどう講じていくか
という政策論はなおざりにされた。

「本当に国益にかなう交渉をしたのか。
 過程も吟味しないと判断できない」。
民進党の玉木雄一郎氏は
再三にわたり交渉過程を明かすよう迫ったが

安倍晋三首相は「交渉は結果が全てだ」と拒否。
玉木氏は納得せず、
「隠す、隠す、隠すの安倍内閣だ」
と決め付けた。

 民進党は玉木氏ら4人が質問している間、
政府の黒塗り資料を拡大コピーし、
「45枚すべてが黒塗り」とタイトルを付ける
などしたボードをテレビカメラの前にさらし続けた。
同党議員の一人は
「『国民に丁寧に説明する』という首相の
 言葉は口だけだと明らかにしたい」
と狙いを語った。

 玉木氏は、西川公也委員長が
自民党TPP対策委員長や農林水産相として
交渉に関与した経験を出版予定だと指摘し、
守秘義務を理由に情報を開示できない
とする政府答弁と矛盾すると主張。
西川氏は
「答える立場にない。質疑は政府にしてほしい」
とかわした。

 一方、民進党の大西健介氏は、
金銭問題で辞任した前担当相の甘利明氏
について
「交渉の経緯を知っており、
 話を聞く必要がある」と国会招致を求めた。
首相は「(後任の)石原伸晃氏にしっかり
経緯を引き継いでいる。甘利氏が答弁する
必要はない」と一蹴。
大西氏は
「都合の悪いことは全て隠す。
 安倍内閣は隠蔽内閣だ」と断じた。


「徹底的に情報公開を求めていく。
 手を緩めないことが大事だ」。

民進党の江田憲司代表代行は7日の記者会見で、
今後も同じ戦術で政府を追及していく考えを示した。

これに対し、政府側は
「外交交渉の内容を出せるわけがない」(高官)
と応じない方針で、議論は当面、堂々巡りを
続けそうだ。 

(引用ここまで)




民進党は記憶障害なのか???

誰のせいで、黒塗りになっているのか
すっかり忘れているらしい・・・




★「TPP交渉参加に向けて
  関係国との協議に入る」

 会見で野田総理
 民主党HP 2011年11月11日
 https://www.dpj.or.jp/article/100487


共産党にも突っ込まれ・・・
★対決の足場なき民主党
 消費税増税 反省なし
 原発・TPPでも…

 しんぶん赤旗 2014年11月28日
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-11-28/2014112802_04_1.html
 

★菅直人元首相、野田佳彦前首相は
 「TPP交渉参加」問題で
 大きな情報を隠し、
 安倍晋三首相を困らせている

 板垣 英憲「マスコミに出ない政治経済の裏話」
 2013年03月12日
 http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/90e99b4b0e9ffc806b1be011795a4565 
◆さらにここにきて野田佳彦前首相が、
 「TPP交渉参加」問題で
  大きなことを「隠し続けていた」

 という驚くべき事実が判明した。
 東京新聞3月7日付夕刊「1面」で、
 「TPP日本に不利な極秘条件
 「後発国再交渉できず」
 「11年参加表明カナダなど」
 「打ち切り権限も先進国」

 という見出しをつけて、スッパ抜いたのだ。
 ズバリ言えば、オバマ大統領から
 「TPP交渉参加」を持ちかけられた
 菅直人元首相はもとより、
 「TPP交渉参加」に意欲的で、
 事実上「参加」を決めていた野田佳彦前首相も
 この「極秘条件」を聞かされていながら、
 国民に対して「隠し続けていた」ということである

 そのクセいかにも「交渉できる」と発言していた。
 野田佳彦首相は「ウソつき」と言われたくないために、
 「衆院解散・総選挙」に踏み切ったと言われいてる。
 だが、小沢一郎代表をダマした「裏切り者」であり、
 「マニフェスト違反」で「ウソつき」となり、
 そのうえに「情報隠し」で国民をあざむいていた
 とは、呆れ果てる。

(引用ここまで)




何故、
TPP交渉資料を、全て黒塗りで公開しなければ
ならなかったかを、一番知っているのは
「菅直人・野田佳彦」両元首相でしょうが!
甘利議員を証人喚問要求する前に、
財務省とズブズブだった野田佳彦前首相を
証人喚問しなさい!

江田憲司(民進党代表代行(筆頭))
当時、こんな発言をしていた。


●TPP参加に極秘条件あり!
 後発国、再交渉できず!

 http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-d101.html
(引用開始)
この8年の交渉の蓄積を、
いくら日本が経済規模がデカイからといって、
遅れてやってきてちゃぶ台返しされてたまるか、
というのが既参加国の言い分でしょう。

意地が悪いようにも聞こえますが、
多国間交渉とはそのように各国の利害が
錯綜するために、一国の利害だけで
押し切れないということです。

だから難しいわけで、
こんな多国間自由貿易で一方的に
得をするのはシンガポールやブルネイ
のような国だけなのです。

ひとことで言えば、入っては見たものの、
内容的に日本にヤバイこと、
すなわち
③の「包括的で高いレベルの貿易自由化」
を無条件で約束させられてしまうことになります。

言い換えれば、
「交渉力」があろうとなかろうと関係のない
決め事があったということになり、
おまけになにが決まっているのかが分からず、
いったん入ってしまえば
日本には拒否権がないのです。

推進派のみんなの党の
江田憲司氏
は国会質問で、
「今まで外交交渉で交渉途中で
 ノーといって打ち切った事があったでしょう。
 国益にそぐわなかったら
 打ち切ればいいのです」

と述べていましたが、
TPPは「途中でノー」と言えないのが
多国間交渉で、それも既に9割9分
出来上がっている
ということをお忘れのようです。


(引用ここまで)



そう・・・
多国間交渉の決まり事を
一番よく知っているはずの元通産省官僚の
TPP推進派・江田憲司氏は
「参加しろよ!
 入って見てダメだったら抜ければイイじゃん」

と、一旦参加したら抜けられない事を知りつつ
煽っていた訳でして・・・

だから
 民進党議員は、記憶障害!


★「黒塗りにしたの私だ」
 民進党の江田代表代行、
 官僚時代の経験を激白

 産経新聞 2016.4.7
 http://www.sankei.com/politics/news/160407/plt1604070044-n1.html
民進党の江田憲司代表代行は
7日の記者会見で、
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を
めぐる国会審議で政府が「黒塗り」の
交渉文書を公開したことに関し、
江田氏自身も通商産業省(現経済産業省)時代に
対米交渉資料を黒く塗りつぶした経験がある
ことを明らかにした。
「(役所は)必要のないところまで
 黒塗りにする。
 対米交渉で私も昔やってましたから

と激白した。

 「迷ったら全部消す」のが官僚体質とも
指摘した上で、後半国会の焦点のTPP審議には
「国民が不安を抱えているわけだから、
 野党としては徹底的に情報公開を求めていく
 姿勢が大事だ」
と強調した。
「どんどん追及していけば小出し、後出しで
 出てくる。これも官僚組織の習性だ」
と述べた。

(引用ここまで)

TPP推進派の江田さん、
元官僚だからよくご存じのはず。










この手の人達、
癌で治療中の人も、病院休んで
証人喚問に強引に出させた悪魔ですから・・・





ついでに、
野田の置き土産「消費税増税」問題もね。



それにしても・・・
TPPを猛反対する人達が
何故【日中韓FTA】については
反対しないのか・・・フ・シ・ギ



★日中韓FTA、10回目の交渉…
 あすからソウルで開催

 2016年4月4日13時13分配信 (C)WoW!Korea
 http://www.wowkorea.jp/news/korea/2016/0404/10163699.html
日中韓FTA(自由貿易交渉)
第10回実務交渉がソウルで開催される。

 韓国産業通商資源部は5日~8日まで
ソウルで日中韓FTA第10回実務交渉が
行われると4日、明らかにした。

韓国側は
ユ・ミョンヒ産業通商資源部FTA交渉官、
中国側は
洪曉東・商務省国際経済貿易関係司副司長、
日本側は
佐藤達夫外務省経済局審議官
らが代表として出席する。

 産業部は今回の交渉を通じて
サービス自由化方式など重要な問題を
議論する計画だと伝えた。

また原産地や通関など20の分野で作業班や
専門家対話を行い、協定文交渉をすると説明した。

 日中韓FTAは2012年11月に交渉がスタート。
これまで計9回の交渉が行われ、昨年11月、
日中韓の首脳会談を通じて
各国首脳が妥結加速化に合意した。

 産業部関係者は
「10回目の実務交渉で3か国の交渉団は、
 日中韓FTAの実質的な進展のために
 努力するだろう」と述べた。

(引用ここまで)


野党もマスゴミも
米国追従のTPPは大反対で、
日中韓FTA(自由貿易交渉)は問題なし??



ねえ、
誰も問題視しないままで
日中韓FTAが決まっちゃうの??
大丈夫なの????




政治 ブログランキングへ

スポンサーサイト

Comments 1

TPPの真実

No title

民進党の狙いは公開されているTPP情報が隠蔽されていると思わせることです。

http://www.cas.go.jp/jp/tpp/naiyou/

2016-04-12 (Tue) 23:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply