韓流研究室

ARTICLE PAGE

「全米桜祭り」ごと爆買い?水面下で触手伸ばす中・韓

★「桜祭り」ごと爆買い?
 水面下で触手伸ばす中・韓

 テレビ朝日 2016/03/29 17:14
 
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000071371.html
すでに満開を迎えている「日本の桜」
実は海外にあります。
100年以上前に日本からアメリカに渡った
日米友好の桜ですが、
その桜祭りを巡って今、中国が
水面下で不穏な動きを見せています。


  sakura8ec3b57f-s.jpg

(米国 ワシントン)
リポーター:ワシントンの桜ほぼ満開となりました。
すごい人出ですね。みなさん写真を撮ったり
思い思いに桜を楽しんでます。

ナレーター:アメリカ首都ワシントン。
今年も春の訪れを告げるのは満開の桜。

(花見客の女性)
 息が止まるほど美しい 天国にいるみたいだわ。
(花見客の家族連れ男性)
 毎年来て娘の成長と共に
 桜を楽しんでいるんだ。
 それにここは5年前に妻と婚約した
 場所でもあるんだよ。


ナレーター:ワシントンの桜は1912年に
当時の東京市がおよそ3000本の苗木を贈ったのが
始まりだ。そして毎年行われる全米桜祭りは
日米友好のシンボルとして親しまれ
いまや150万人が訪れるまでになったのだ。

(花見客の女性)
 毎年 美しい贈り物をもらっているようです。
(花見客の男性)
 日本人の優しさに感謝してるよ。

ナレーター:
 しかし日米友好の懸け橋である
 伝統の祭りが今重大な局面を迎えているのだ。


リポーター:
 関係者によりますと祭りを存続させるため
 イベントの数を増やすなど工夫をこらす一方で、
 これを支えるスポンサー探しが
 難航しているというのです。

ナレーター:
 のしかかるのが3億円以上とされる桜祭りの
 運営費だ。アメリカの大口スポンサーが
 撤退した影響で財政情報が年々厳しく
 なっていると言うのだ。

全米桜祭り協会 ダイアナ・メイヒュー理事長
 イベントを毎年続けるのには資金援助が
 とても重要ですが
 スポンサー探しは簡単ではありません。
 日本以外の企業にもスポンサーはお願いしています。

ナレーター:
 存続を危ぶむ声すら囁かれ始める中、
 事態は思わぬ方向に。

リポーター:
 関係者によりますと
 中国系や韓国系の団体が桜祭りへの
 資金提供を模索しているというのです。
 しかしそこにはある条件も含まれていました。

ナレーション:
 桜祭りの名前をアジア祭りに変えてほしいと、
 水面下で中国系や韓国系の団体
 アジア祭りへの改称を条件に祭りへの
 資金協力を検討しているというのだ。


(花見に来た中国人男性)
 日本だけのお祝いではなく
 アジア全体のお祭りになってくれたらうれしい。

(花見に来た中国人男性)
 この祭りに来ている大半のアジア人は
 中国人だしね…。


ナレーター:
 たしかに中国からの観光客が目立つ。
 まさかワシントンで日本の桜を爆買いか!?
 さらに韓国メディアからはこんな意見が。

桜の原産地は韓国だ(コリアタイムズ 2月19日付)
桜祭りの主人公もやはり
日本産ではなく済州産の桜です

(ジェジュド日報 3月18日付)

ナレーター:
 100年以上の間。
 日米が大切に育んできた桜祭りは
 一体どうなってしまうのか。

そんな中メインスポンサーに名乗りをあげたのは
日本の全日空だった。
主催者が全日空の会長に直訴し協力を
願い出たという。

全米桜祭り協会 ダイアナ・メイヒュー理事長
 祭りのルーツは日本とアメリカの歴史だ
 ということを忘れてはいけません。

 歴史は変えられないのです。

ナレーター:
 ワシントンの日本大使館もANNの
 単独インタビューに応じ
 政府として桜祭りを支援する考えを
 明らかにした。


在アメリカ合衆国日本大使館 塚田玉樹公使
 日米関係の根っこにある一番重要な行事
 だと感じています。
 我々日本国民としてそれを側面的に
 サポートしていくのは当然の義務だ
 というふうに思います。


(引用ここまで)



もう何年も前から
韓国がメディアや在米韓人団体を利用して
ワシントンの桜まつりを乗っ取ろうロしてきた。
在米中国団体も、資金力や政治力を利用して
日本とアメリカの、友好の歴史を変えようとする。

中国から観光客が大挙して来ようと、
染井吉野を”済州島起源”と捏造しようと、
100年以上も前に、
日本から贈られた桜をアメリカ側が植え
大切に守り続けた歴史ある桜だ。


戦争中、
排日運動の高まりや、李承晩など韓人移民達が
染井吉野は王桜と嘘を付き続けても・・・
地元の住民は懸命に、この桜並木を守り続けた。

 sakura4783_2016033013260377d.jpg

sakuraCB_Timeline002_20160330132605adf.jpg

sakura002_201603301326020f7.jpg

sakuraCB_Timeline002_20160330132600808.jpg

sakuraCB_Timeline001_201603301325599e2.jpg

戦争中、アメリカの反日感情を利用して
李承晩は、
どこから入手したか出処不明な桜の苗木を
「韓国桜」だと捏造して、植樹して廻った。

 sakura1943 cherry tree article

日本から桜の苗木を贈るのでさえ
船舶輸送によって、枯れたり
虫が付いてしまい、到着後に焼却処分されたり
困難に困難を重ねたワシントンの桜なのに、
戦争中に、
韓国から桜の苗木を輸送できるわけがなく
おそらくアメリカ国内で入手した染井吉野を
恥ずかしげもなく「韓国桜」だと言い張り
反日米国市民と共に捏造したのだ・・・
日系人が収容所に入れられ反論できない隙に!

 

●ワシントン桜物語
 アメリカと日本の友情を深める花

 http://aranishi.hobby-web.net/3web_ara/sakura.htm




ワシントンで、
代々、桜並木を守って来たアメリカ市民達。
しかし・・・それも移民が増えて
この桜の長い歴史も知らない新参者がやりたい放題。
貧困層の同胞や不法移民同胞は助けないクセに
歴史捏造のロビー活動には大金を出す・・・

桜は・・・
愚かな人の世でも、命の限り咲き続ける。


★東京に登場した
 「中国で桜を見よう!」の広告に
 中国専門家「亡国の恨みを忘れたか」 
 中国人「花に罪はない」
 「亡国っていうけど・・」

 じゃぽにか反応帳 2016年3月23日
 http://www.japohan.net/archives/10288
(引用開始)
前瞻網によると、中国湖北省武漢市
ある企業が東京の繁華街に出した
屋外広告に中国の専門家が苦言を呈している。

問題となったのは
東京のショッピングモールに登場した
「武漢は世界の桜の郷」
と記載された広告。
中国の桜の名所として知られる
武漢大学での花見を呼び掛けるものだが、
同大の校史研究家・呉驍(ウー・シャオ)氏は
商売人は亡国の恨みを知らないのか
とする文章を発表し、
「広告には二つの誤りがある」と指摘した。

呉氏が主張する誤りとは
「現在、鑑賞される桜は日本で生まれた」ことと、
「武漢大学桜園の桜は、
 かつて日本の侵略者によって植えられた」
ことで、
「企業は金もうけのために
 日本でこんな広告を打った。
 屈辱の歴史を忘れたのだろうか
」と批判した。

桜の原産地はヒマラヤ地方とされているが、
現在人々が鑑賞する桜は日本発祥だという。


さらに、呉氏は
「同大学に最も早く植えられた桜は
 旧日本軍の手によるもので、
 中国最大の武漢東湖磨山桜園の桜も
 ほぼすべてが日本で生まれた」

と説明し、
「中国の企業がわざわざ日本で
 “日本の桜が咲き誇る都市”
 を宣伝するのは何とも奇妙だ」と論じた。

 sakurachina1603220201.jpg

> 北京さん
 武漢大学の桜があるところは
 もともと日本軍の病院で、
 負傷兵を元気づけるために
 日本軍は桜を日本から持ってきて植えた。
 そして日中国交正常化の後で
 日本は友好の証として
 同じような桜をたくさん送ってくれた。
 これが武漢大学の桜並木の由来だ。
 しかしこんなことはどうでもいい。
 俺はこの専門家が「亡国」という言葉を
 使ったことが許せない。ふざけんな!!
 

(全文はリンク先で)



 sakurachina8.jpg


●中国の武漢大学が日本で桜の広告
 「武漢大学の肝っ玉にいいねを送る」
 「桜の起源は中国であることは事実」
 ―中国ネット

 レコードチャイナ 2016年3月20日(日)
 http://www.recordchina.co.jp/a131462.html


●花見と言えば武漢大学
 中国国債放送局 2009-04-20
 http://japanese.cri.cn/941/2009/04/20/1s138920.htm


●武漢大学の桜が有名です
 http://blog.livedoor.jp/furongfeng/archives/1022470398.html
(引用開始)
1939年に日本軍が30株足らずの桜を
植えたのが始まりだそうです。
(中略)
本当かどうかわかりませんが、
戦後、切ってしまえという議論もあった
ようですが、それでも残したのだそうです。
ただ、
当初の桜は50年代にすべて枯れてしまい、
今のものは、
全部植え替えられたものだそうです。

本当かな?と思いますが、
そういうことにしたいのでしょう。

気持ちはわからないでもないので、
反論しないことにします。

その後、1972年に、
なんちゃっての「日中友好」の名のもと、
国交が回復されました。
これを中国語では「中日邦交正常化」
(zhong1 ri4 bang1 jiao1 zheng4 chang2 hua4/
 ジョンリーバンジアオジョンチャンフア)と言います。

この時日本は、
1000株の桜を贈ったそうですが、
そのうちの50株が武漢大学に植樹されました。

そして、その後も
「日中友好」に関わる人たちからの
寄贈等もあり、

今では1000株以上植えられていると言われます。

(引用ここまで)



  sakura-dc6e8.jpg

 「桜は人を狂わせる」

 という言葉の通り、
 桜の花粉には興奮を誘発する
 「エフェドリン」という物質が含まれている。

 桜の甘い香りは不安感を取り除いて
 自信を回復する効果があるそう。

 http://matome.naver.jp/odai/2136344861424528301/2136345131425111103

しかし・・・
何故か、日本人は
春の息吹を感じる蕾や、
華やかな満開の桜だけでなく
次の年月に命を繋ぐために、
儚く散っていくその花弁に
諸行無常を感じてしまう・・・
 sakura20150415225920d22.jpg
自然の、その宿命に心を寄せる。



「散る桜、残る桜も散る桜」
父の通夜に、遺影を眺めながら
ふと思い浮かんだのが、
良寛の作とされている・・・この句です。

人は・・・いつかは死ぬ。
今、華やかに咲いている桜も
やがて散っていく・・・

人が生きるという事は、
悩みも、苦しみも、哀しみも、後悔も抱えながら
そして喜びも感じながら生きていく。

桜は、
厳しい冬の寒さがあってこそ、
美しく咲く、咲き誇る。
やがて・・・翌年に再び美しく咲くために
枝から、そっと我が身の花弁を解き放つ。

今を生きよう、生き抜こうと・・・


●今年はどんな気持ちで、
 桜を見ますか?
 「美しく儚い、桜の句」

 2016年03月24日
 http://news.ameba.jp/20160324-410/

●桜と日本人
 http://www.st.rim.or.jp/~success/J&sakura.html




 sakura70071202_0215.jpg
 「仏には 桜の花をたてまつれ
  我がのちの世を 人とぶらはば」

  (千載集・雑歌・西行)
 http://yamato-uta.hatenablog.jp/entry/2015/04/25/Japanese
西行。中世の巨匠。若くして出家し、
歌と旅と桜のために生きて死んだ歌人。
あの後鳥羽院に、
「生得の歌人とおぼゆ。(略)おぼろけの人、
 まねびなどすべき歌にあらず。
 不可説の上手なり。」と言わしめた男。
(『後鳥羽院御口伝』)

その西行が、私が死んだあとに
私のことを思ってくれるなら、
ただ桜の花を供えてほしいと言う。
自分が死んでも、
自分と同じように桜を愛する人がいるならば、
わたしの後世を桜の花で弔ってくれ。


「たてまつれ」と誰に言っているのかといえば、
わたしたちに言っているんでしょう。
西行の後世を弔ってくれる人、
ふつうに考えれば西行の子孫なのでしょうが、
西行は出家者なので俗世の人間関係とは
縁を切っています。
特に誰をさして言っているわけではなく、
自分を思い出してくれる人に頼んでいるのでしょう。

西行の後世を弔い桜の花を手向ける人は、
きっと彼と同じように桜を愛する人だから。


(引用ここまで)



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016-03-31 (Thu) 10:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply