韓流研究室

ARTICLE PAGE

舛添知事の「暴走」と、大韓老人会日本連合会と”赦し”を乞うキリスト者とSEALDs

★舛添知事の「暴走」。
 外国人学校の整備は必要か?
 --- やながせ 裕文

 アゴラ 2016年03月23日
 
http://agora-web.jp/archives/2018270-2.html
 (引用開始)
「保育所や介護施設、特別支援学校など、
 都の福祉教育施設が圧倒的に不足しているなか、
 限られた都有地を、韓国人学校に優先して
 貸与するのは順番が違う」


ということです。
土地に余裕があるのであれば、韓国人学校への
有償貸与に問題はないでしょう。
問題は、この当該地(旧市ヶ谷商業高校跡地)が
他に行政需要がないかという点です。
多くの方から質問を頂いた論点なので、
この点を今回は掘り下げます。

■跡地の利用計画は
 知事訪韓後に大きく変更となった


時系列を追って、東京都が当該地の利用計画を
どのように検討してきたのか、
事実関係をみてみたいと思います。

“平成21年3月 都立市ヶ谷商業高校が閉校となる

 平成22年11月 東京都特別支援教育
 推進計画第三次実施計画を策定

 →この計画のなかで当該地に、知的障害をもつ
 高校生を対象とした「市ヶ谷地区特別支援学校(仮称)」
 を平成31 年度に開校すると位置づける。

 平成26年7月 舛添知事が訪韓。
 朴大統領から「韓国人学校」用地確保の依頼を受ける。

 平成27年5月 東京都教育委員定例会で
 「特別支援学校」を当該地から別の場所に設置する
 と計画変更の報告”


まず、注目したのは、教育委員会の計画変更です。
当該地はそもそも、このエリアに不足している、
知的障害をもつ子どものための「特別支援学校」を
設置する予定でした。
それが急遽、平成27年5月に変更となります。


(中略)
平成22年に策定した計画が、5年後になって
「道路が狭い」「土地の面積が少ない」などの
理由で変更されているのです。

うーん。おかしくないですか?

この会議でメンバーから
「4メートル未満の道路とか狭あいというのは
 初めから分かっていたこと」
との発言があったように、
理由にならない理由で計画を変更しているのです。
そんなことは、計画策定段階でわかっていたこと
ではないでしょうか。

もちろん、
「新宿区内に代替地を見出すことができた」という
事実はありますが、ポイントは、
代替地は遺跡調査が必要な場所であり、
当初予定の平成31年開校は
とうてい間に合わないということです。
一刻も早い開校が必要な状況にもかかわらず、
計画の変更により「正確な日程を確定できない」
状況に追い込まれているのです。


なんで、
こんな無茶な計画変更を突然行ったのか?

日程としては、舛添知事が訪韓して10ヶ月後、
土地探しをして「なかなか見つからない」
と判断するであろう頃と重なります。

まさか
「特別支援学校」の計画を無理やり変更し、
知的障害をもつ子どもの環境整備を遅らせてまで、
「韓国人学校」の設置を優先する判断をした、
なんてことはないですよね。


■舛添知事は「新宿区」からの
 要望は聞いていない!?

(中略)
舛添知事は記者会見で
「新宿区からの要望は聞いていない」
発言していますが、新宿区長の答弁と
明らかに齟齬があります。
当該地は
保育所の重点整備地域に指定されており、
区が関心を持たないなんてことはありません。

だから、何度も議会質疑がされているのです。

しかし、この新宿区長の答弁が真実で、
都が「平成29年4月以降に検討する」と
回答しているなら、これは真っ赤なウソ
ということになりますね。
平成28年3月に「韓国人学校に貸与する」と
発表してますから。


(中略)
”区は昨夏、都教委の担当課に
 保育所整備用地として借りたいと申し出たが、
 「要望を受ける窓口がない」と受け付けて
 もらえなかったという。(産経新聞)”


以上の事実からすると、
舛添知事は「聞いていない」と言っていますが、
都庁に新宿区の意思は伝わっていたとみるのが
ふつうでしょう。つまり地元自治体からの
「保育所などを整備するために使用させてくれ」
という意思をうまく拒んで
韓国人学校に貸与することを決めているのです。

知的障害をもつ子どもの教育環境整備、
待機児童対策より
外国人学校の整備が優先される理由が
あるのでしょうか?



■外国人学校の整備は必要か?
都は「外国人学校の整備」について、
どの計画(長期ビジョン等)にも位置づけを
していません。これまで
「どうぞ各国で整備してください。
 都は認可だけやります」
というスタンス
で、都の課題として存在していない
のです。当然、なんら議論もなく、
「朴大統領から依頼された」ということ以外、
必要性について検討された形跡はありません。
今回の舛添知事の判断は
まさに「暴走」といえます。

「待機児童対策」は長期ビジョンでも
都の基本目標に明示される「最重点政策のひとつ」であり、
保育サービス利用児童数を平成29年度末まで
 に4万人増加させる
」という数値目標も掲げています。

平成26年度末で約1万2千人の増加となっていますが、
まだまだこれからという状況です。

もし、舛添知事が「外国人学校の整備」を
都政の重要課題と位置づけるなら、
計画を立て、その必要性を検証し、
広く訴えるべきです。そこが欠けているのです
ちなみに、都内外国人数(平成28年1月1日現在)
を国別でみてみると、以下の通り。

“中国 185,982人
 韓国・朝鮮 93,309人
 フィリピン 29,575人
 ベトナム 22,131人
 ネパール 18,412人”


このなかで認可学校を都内に持っているのは
「韓国」と「朝鮮」だけです。
また、10年前と比較すると、中国人が約1.5倍に
増加しているのに対して、
韓国・朝鮮人は1万人以上減少し、約87%まで
落ち込んでいます。
この統計を素直によんで必要性を検討すると、
「外国人学校の整備」が
都の重要課題となったとして、

「韓国人学校」よりも「中国人学校」をつくれ!

となる可能性もあります。
舛添知事が北京を訪問し、
「東京には韓国人の2倍の中国人がいる。
 韓国に貸与した土地の2倍の広さを
 用意してほしい」
と依頼されたらどうするのでしょうか?


東京の限られた土地を、
場当たり的な約束で使用することは
許されません。

ちなみに、東京新聞の取材では、
増設が必要だと依頼を受けた「東京韓国学校」の
現在の在籍数は約1300人となっています。
定員総数の1440人には満たない状況です。

在籍数は変動が激しく、
初等部への入学希望者が多くなっている
とのこと。都内在住の韓国人が減少するなか、
これは一時的な現象の可能性はないのか。
そうであれば、施設の増設ではなく、
近隣建物の一時的な貸借などで
解決できる可能性があります。

大統領に頼まれたからといって、
冷静な判断を欠いてはいけません。
戦略なき場当たり的な「都市外交」では、
都民の利益を損ねるものとなってしまいます。


(全文はリンク先で)





「外国人学校の整備」計画は、
韓国政府のグローバル戦略の一環で
ソウル市の「長期ビジョン」です。

だから、
ソウル市は旧日本人学校の土地を買い取り
郊外のW杯で土地開発をした工業団地近くの
余っていた土地を融通して

利便性の良い市街地の旧日本人学校跡地を
他の国の「外国人学校整備」に利用した。
舛添都知事は、ソウル市の日本支部が如く
韓国政府とソウル市の「長期ビジョン」を推進・・・

しかも、
現在定員割れしている「東京韓国学校」に
「第二東京韓国学校」が必要なのか?

日本人の保育所や介護施設、特別支援学校など、
都の福祉教育施設が圧倒的に不足しているなか、
限られた都有地を、韓国人学校に優先して
貸与する姿勢の根底には
一部の日本人の偏った思想が有るからでは?


★多文化共生の介護施設
 「故郷の家・東京」着工 
 2016年秋のオープン目指す

 クリスチャントゥデイ 2015年3月19日11時34分
 http://www.christiantoday.co.jp/articles/15592/20150319/kokyo-no-ie.htm
多文化共生のための介護施設「故郷の家・東京」
の着工記念式典が17日、
東京都港区の韓国領事館で行われた。
2016年秋のオープンを目指して工事を進める。
式典には、
鳩山由紀夫元首相や野中廣務元官房長官
韓国からは柳興洙(ユ・フンス)駐日大使など
多くの著名人が参加した。
(中略)
在日韓国人は2013年の時点ですでに高齢者の
割合が25%を超えている。
このような現状を見て、在日韓国人高齢者のための
「故郷の家」
を1989年に大阪に開設。
「梅干しとキムチのある老人ホーム」と呼ばれ、
現在は大阪、堺、神戸、京都の4カ所で運営されている。


式典は、
ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会の
峯野龍弘牧師の祈りで開始。

その後の式典では、日韓の関係などに触れられ、
さまざまな障壁があっても手を取り合って進めて
いくことにフォーカスが当てられた。
(中略)
また、
「愛」について言及したスピーチも目立った。
鳩山元首相は「愛に国境は無い」とあいさつ。

(引用ここまで)

多文化共生の介護施設「故郷の家」は
在日韓国人高齢者のためだけの施設・・・


★【寄稿】
 「故郷の家・東京」の設立を助けよう(2)

 中央日報 2013年10月11日
 http://japanese.joins.com/article/018/177018.html?servcode=100§code=140
東京に「故郷の家」を設立するのにかかる
費用は23億円。
うち8億円は東京都が補助し
残り15億円は法人が負担する予定だが、
一部は募金で充当する。


日帝時代に徴兵・徴用された
多くの在日韓国人1世代は
まだ異国の地で恨を抱きながら暮らしている

生涯故国を思いながら老年を過ごしてる
在日韓国人の高齢者と日本の高齢者に、
韓国のキムチと日本の梅干しがある老人ホーム
をつくろうとしている。

その間、私たちは在日韓国人問題に
無関心だった。
日本政府は過去の過ちを反省しないが、
「故郷の家」に取り組む日本人は
これを贖罪しようとする良心勢力だ。

在日韓国人のための老人ホーム設立に
率先する87歳の阿部志郎・神奈川県立
保健福祉大学名誉学長

日本が韓国に犯した罪は2つある。
 一つは武力による侵略で、
 もう一つは同化政策で
 名前も文字も使えないよう強要したことだ

と話す。

在日韓国人の高齢者は歴史の犠牲者として
生きてきた。晩年も韓日間の間に挟まれて
窮屈に暮らしている。
つらい歴史を歩んできた在日韓国人1世代には
老年の安息所が必要だ。
「故郷の家・東京」は安らかな老後を過ごすのに
適したところだと考える。ぜひ韓国でも
「故郷の家・東京」の設立の趣旨に多くの人たちが
力になることを強く望む。

(引用ここまで)

>設立費用は23億円
 うち8億円は東京都が補助


民間の団体が「在日1世専用の老人ホーム」
を建設するのは自由です。
しかし、その資金を東京都が補助するのは
何故でしょうか???
施設内の”特別養護老人ホーム”部分を
東京都が補助したのでしょうか???

都内に住む多くの日本人高齢者が特養待機中。
待機というのは、入所を希望申請して順番待ちのこと。
しかし、この順番も定かではない・・・
生活保護受給者が入所を希望すると優先入所させる。

と、父が入院中にカウンセラーから説明を受けました。
待機順位が50番だとしても、途中で生活保護高齢者を
優先入所させるので、いつ順番が来るか解らないと・・・
空き待ちというのは、入所している誰かが退所する事。
つまりは、誰かが亡くなるまで待つという事なんですね。
生きている内に入所できるかは神のみぞ知る・・・

で、
私の父は介護付き療養病院が空くのを待機。
申請5番目で、3カ月以上は係ると説明を受けて
2ヶ月で入る事が出来ました。
そう・・・待機している間に5人の方が亡くなった・・・

地方でさえ、特養に入所できるのは困難なのに
東京都は更に困難な状況でしょう?
それが、在日韓国人専用特別養護老人ホームに
東京都が補助金を出す。何故でしょうか???
理由が、
”日本が武力で植民地にし、名前と文字を奪ったから”
という「良識的日本人」の贖罪意識からとは・・・


■阿部志郎
 神奈川県立保健福祉大学名誉学長
 在日韓国老人ホームを作る会会長
 
abe2006f485cf60472c00e5248d361119f.jpg
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E9%83%A8%E5%BF%97%E9%83%8E
キリスト教功労者
社会福祉法人横須賀基督教社会館理事および
館長に就任。のち、中央社会福祉審議会委員長
職務代理、日本社会福祉学会会長、
日本キリスト教社会福祉学会会長、
神奈川県立保健福祉大学学長を歴任。

あらあら、
この阿部志郎先生は
「キリスト教学校教育同盟加盟校」推薦枠
http://www.meijigakuin.ac.jp/admission/information/guidelines/pdf/2016christ_kamei_code.pdf
SEALDs代表の奥田愛基君の通う
明治学院大学と密接な関係があるお方。
http://mg150.jp/event/2013-02-26-11.html
”阿部先生は明治学院大学の教員、
 明治学院理事長もなされ
 また明治学院大学とも関係の深い
 横須賀基督教社会館を支え、

 さらに日本のみならず国際的にも社会福祉の
 理論と実践、教育に貢献されてきました。”



★韓日・日韓国交正常化50周年記念
 世界老人指導者フォーラム開催

 http://www.kokorono.or.jp/topics/2015topics/20150915forumheld.html
去る2015年9月15日(火)14時から東京新宿区の
リーガロイヤルホテル東京 3階 ロイヤルホールで
開かれた同フォーラムには、
米国、ブラジル、アルゼンチン、ベトナム、豪州、
タイの6か国の大韓老人会海外指導者
日本の高齢者関連団体、福祉関連団体などの
専門家や在日韓国人の関係者など
約200人が参加しました。
(中略)
続いて、
樋口恵子高齢社会をよくする女性の会理事長
「人生100年時代への船出」を、
若宮啓文朝日新聞元主筆が「日韓の新しい夢」を、
尹基社会福祉法人こころの家族理事長が
「在日コリアン高齢者の福祉」をそれぞれ講演しました。

講演後、阿部志郎神奈川県立大学名誉学長
(在日韓国老人ホームを作る会会長)

お礼の言葉を述べ、晩餐会が開かれ
大韓老人会日本連合会発会に伴う準備委員
任命されました。

(引用ここまで)

●在日韓国老人ホームを作る会
 http://www.tsukurukai.jp/
abe5020eda5.png
建 設 地:東京都江東区塩浜1-2-15(地番表示)
最 寄 駅:東京メトロ東西線「木場」駅

敷地面積:2344平方メートル
延床面積:6734平方メートル
建  物:鉄筋コンクリート造り・地上5階建て

 ▽特別養護老人ホーム98人(ユニット型)
 ▽ショートステイ12人(同)
 ▽ケアハウス30人
 ▽都市型軽費老人ホーム8人

           総計148人

2016年秋にオープンする予定です。

東京都から8億円の補助金を受けた事は
記載されていない・・・






●田中利幸 (歴史学者)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E5%88%A9%E5%B9%B8_(%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E5%AD%A6%E8%80%85)
専門は戦争犯罪を中心とした軍事史
立教大学大学院経済学研究科修士課程修了後、
リーズ大学歴史学部博士課程中退[5]。
1979年にオーストラリアへ渡る。
その後、メルボルン大学政治経済学部の教員、
敬和学園大学国際文化学科教授などとして勤務。
現在は
広島市立大学広島平和研究所の教授

  Yuki Tanakla Photo 2011
 http://peacephilosophy.blogspot.jp/2012/02/uranium-source-of-all-nuclear-problems.html

■田中利幸(Yuki Tanaka)氏の
 自己申告プロフィール

 http://yjtanaka.blogspot.jp/p/blog-page.html
1976年に日本を離れ最初英国に移って以来、
英語圏ではYuki Tanakaという名前を
日常生活で使っており、英語での出版物も
全てこの名前で出している。
最近、一部の右翼が、
「田中利幸は女の名前をかたって
 慰安婦に関する英語の本を出版しており、
 あたかも日本人女性が書いた本のように
 みせかけて読者を騙している」

といったたぐいの批難を浴びせているが、
この批難は全くマト外れである。
Yuki Tanakaが男であることは英語圏の研究者の
間では1970年代末から周知のところであり、
海外の研究仲間はみな「Yuki」という愛称で
私を呼んでいる。

(引用ここまで)

まるでショーンKさんのような華々しい経歴を
お持ちのYuki Tanakaこと田中利幸氏ですが
『日本の慰安婦』の著作者Yuki Tanaka
女性であるかのようにみせかけたのは
右翼ではなく、日本共産党のしんぶん赤旗です。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-04-13/2007041306_01_0.html
四百人以上の「慰安婦」の証言にもとづく
二〇〇二年出版の田中由紀氏の
著書『日本の慰安婦』


産経新聞は”田中ユキ”と紹介しています。
http://ameblo.jp/disclo/entry-10030589990.html

田中利幸氏といえば、
乗松聡子氏(バンクーバー九条の会)
外国特派員協会を牛耳る
「エコノミスト」特派員詐称の単なる契約記者、
デイビッド・マクニール氏と繋がりが深い。


★慰安婦強制連行がバレたから
 次は人食い日本兵ですか

 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/39683691.html

★アンブロークン
 金日成を讃える伝道師の説く
 「許し」って何

 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/42227097.html


Yuki・Tanakaこと田中利幸氏が
勤めていた敬和学園とは・・・



★反日洗脳修学旅行
 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/17485148.html
日本海側の私立高校K(男女共学)が、
今月末に予定していた韓国修養会(修学旅行)の
レジュメによると、
訪問先に「戦争と女性の人権博物館」や
「ナヌムの家/日本軍『慰安婦』歴史館」とあり、
説明に日本軍性奴隷(日本軍慰安婦)とされた
人々の苦悩の深さと日本軍の扱いの実態を
知ることができる
と書かれていたのである。

(中略)
私立高校Kは6日、保護者などの強い抗議を受けて
修学旅行先を韓国から国内に変更することを発表した。

同校が予定していた訪問先には、
「西大門刑務所歴史館」や「安重根義士記念館」など、
日本や日本人に敵意や憎悪を植え付けるような
場所も並んでいた。


(中略)
文中私立高校Kとは敬和学園であるらしい
修学旅行と言わず
修養会と言うところから間違いないだろう
【wiki】敬和学園高等学校
1968年、キリスト教プロテスタント派の
日本基督教団立として開校


(引用ここまで)

だから
プロテスタントの古館一郎氏は、
報ステで報道できないのかぁ。







政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply