韓流研究室

ARTICLE PAGE

防衛大学校任官拒否2倍は安保法影響?報道に違和感

★防衛大学校 「任官拒否」が
 倍増の47人 卒業生の1割

 毎日新聞2016年3月21日 23時48分
 http://mainichi.jp/articles/20160322/k00/00m/040/092000c
防衛大学校の卒業式が21日、
神奈川県横須賀市の防衛大であった。
卒業後に自衛官への任官を辞退する
「任官拒否者」は卒業生419人中、
11%にあたる47人に上り、
昨年に比べ2倍近くに達した。


40人を超えるのは
バブル景気で就職戦線が
学生の売り手市場だった
1991年の94人以来25年ぶりで、
89年の51人に次ぐ過去4番目の多さ。


防大が
任官拒否者から理由を聴き取ったところ、内訳は、
民間企業などへの就職26人
▽身体的な理由11人
▽大学院など進学6人
▽その他4人−−。

今月29日の安全保障関連法施行で、
自衛隊は他国軍の後方支援など任務の幅が
広がり、リスクも高まるが、
安保関連法を理由にした任官拒否者は
いなかったという。
防大は景気動向などさまざまな要因がある
としている。

任官拒否は73年以降、毎年出ている。
91年に最多を記録し、
その後10〜30人台で推移していた。
2012年は73年以降最少の4人で、
13年7人▽14年10人▽15年25人−−だった。

 最多だった91年は、進路判断の材料となる
90年度の有効求人倍率(1人あたりの求人数)が
1.43倍。
50人を超えた89年と90年も1倍を超え、
求人状況が良好だった。
14年度の有効求人倍率は1.11倍で
7年ぶりに1倍を超え、
15年度は毎月上昇し昨年12月は1.27倍だった。

【町田徳丈】




★<防衛大学校>民間挑戦の男子 
 安保法論じぬ硬直性に違和感

 毎日新聞 3月22日(火)3時0分配信
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160322-00000010-mai-soci
防衛大の卒業式で卒業生の帽子が一斉に
宙を舞ったその時、任官拒否した男子学生の
1人は式場ではなく、校内の別の場にいた。
任官拒否者は式に出席できない。
防衛大学校の卒業式が21日、神奈川県横須賀市の
防衛大であった。
卒業後に自衛官への任官を辞退する「任官拒否者」は
卒業生419人中、11%にあたる47人に上り、
昨年に比べ2倍近くに達した

男子学生は
安全保障関連法が理由で任官拒否した
わけではないが、その国会審議を機に
組織への違和感が募ったという。


「同じ釜の飯を食った仲間と
 帽子を投げたかったが、仕方ない」。
男子学生は肩を落とした。

学校側は任官拒否者の卒業式出席を防大の
設置目的と照らして「適当ではない」と
2014年春から認めていない。

 入校したのは「流れ」だった。
安全保障に関心はあったが、
防大が第1志望ではなかった。


本命の大学より前に防大から合格通知が届き
「学費不要」「幹部自衛官」という響きにひかれ
入学した。
規律正しい生活に、厳格な上級生との関係。
それでも、同期で国防の任に燃えているのは
「10人のうち2人ぐらいの少数派」だった。

 入校した年の夏に陸海空の部隊を訪れて
気づいた。表舞台に立たない任務でも誇りを持つ
現場の自衛官に頭が下がる思いがしたが
「自己裁量の幅が狭く、自分が考えている仕事と違う」。
任官拒否の思いが芽生えた。

 昨年の安保関連法を巡る国会審議。
「自衛隊の任務拡大は賛成だけど、
 その前に憲法改正して自衛隊の位置付けを
 明確にすべきだ。順番が違う」と思った。
だが、校内で議論はほとんどなく、学校側から
法の説明はなかった。
「自分たちの将来に関係することなのに
 議論する雰囲気がない。
 まるで思考停止のようだ」。
安保関連法を機に改めてみえた組織の硬直性。
違和感が増した。

任官の意思を尋ねる調査は1年目から年数回ある。
今年1月、
任官のための宣誓に署名する紙が配られた。
自衛隊は嫌いではない。
だが、民間企業で自分の力を試す決意が固まり、
拒否を伝えた。


 担当教官ら延べ10人ほどと面談した。
「就活で絶対に失敗する」
「任官して2、3年した後でも民間に行ける」。
そう説得された。同じく任官拒否した先輩から
面談は5人ぐらいと聞いていた。
安保関連法で任官拒否が増えたと
 批判を浴びたくないのか、
 学校側は昨年より必死に食い止めようとしている

と感じた。
ただ、自分の任官拒否の理由は安保関連法による
自衛官の危険の増大ではない。
周りでも聞いたこともない。
景気が良く
 民間に挑戦しやすいのが一つの要因
だ。

 任官拒否をとりやめた同期も何人かいたが、
考えは揺らがなかった。防大は
「就職のための受験、またはこれに付随する行為」
を規則で禁止しているため、就活を控えてきた。
だから就職先はまだ決まっていない。
だが仲間の同期は「おまえの道を進め」と
応援してくれている。
「税金で学びながら、自衛官にならずに裏切った
 という気持ちがある。
 だからこそ、防大で培ったことを生かして
 社会で活躍したい」

【町田徳丈】






●防衛大学校学生
 http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/recruit/03.html



毎日新聞の町田徳丈記者が書いた
匿名の、男子大学生の記事である。
以前問題になった
「イスラム教徒の日本人女性」のインタビュー記事で
本人が言っていない内容まで、新聞記者が付け足し
本人の意図する内容とは全く違う
「日本人の差別や偏見を批判する」記事になってしまい
裁判沙汰になっている。

今回の記事も、
どの部分が本人の感想で、
どの部分が記者個人の感想なのか
解りにくいので違和感が残る・・・。


今日、マスゴミ各社が一斉に報道した
防衛大卒業式と任官拒否者”2倍”報道。
しかも、安保法が原因?と印象操作。

では、防衛大学生の意識が
安保法改正後に今までと大きく変わったのか?
3年前の記事から検証。


●防衛大入校者の2割以上?
 自衛官ではなく民間就職を選んだ
 OBの本音〜便宜与える企業も

 ビジネスジャーナル 2013.08.22
 http://biz-journal.jp/2013/08/post_2746.html
(引用開始)
陸・海・空の3自衛隊の幹部(旧軍の士官に相当)
を養成するのが防衛大学校(以下、防大と略)だ。
毎年、約480人の入校者を迎えるが、
卒業するのは、おおよそ350人から400人程度。
この卒業生の中には、
幹部自衛官への進路を拒み、
任官を辞退する者もいる。
その数は、年によっては30人前後、
少ない年でも10人ほどいる。

これが、しばしばマスコミで報じられる
「任官拒否者」の実態だ。

 一方、防大卒業と同時に防衛省・自衛隊
を去る任官拒否者とは別に、
自衛官に任官しくべ、陸・海・空の各自衛隊
幹部候補生学校に入校後、
ほどなく退職するのが「早期退職者」である。

この数も、年によって多少の違いはあるが、
陸・海・空合わせて、
毎年最低10人以上はいるという。

 さらに幹部就任後に退職する者も含めれば、
卒業後6年までに、
防大に入校した一学年約480人のうち、
約100~150人が自衛隊を去り、
民間に進路を転じるという。


 防大に入校すると、
特別職国家公務員となり、学費から
衣食住の費用にいたるまでを
国費でまかなわれ、さらに手当てとして
毎月約11万円と賞与年額約38万円が
支給される。
こうした防大卒業後、任官しなかった者、
任官しても6年以内に自衛隊を退職する
者から、学費を徴収する制度が
平成26年4月以降の入学生から
適用されることが決まった。
ついては、防大を卒業しながら任官拒否、
早期退職した卒業生に話を聞き、
知られざるその実態に迫ってみた。

<座談会参加者>

A氏:30代。防大卒業時に任官拒否し
   民間企業へと就職、現在に至る。
B氏:30代。防大卒業後、
   自衛隊幹部候補生学校に入校。
   入校後すぐに退職願を出し、
   民間企業に「新卒枠」で採用され、
  現在に至る。


(中略)
――防大生時代から、
   民間企業を意識されていたのですね?


A 私は、2学年に上がった頃から、
  自衛隊も含めて進路を真剣に考えまして、
  3学年の終わりには、もう任官する気はなく、
  民間への就職を検討していました。


B おぼろげながら、
  1学年の頃から任官拒否を意識していました。
  しかし学年が上がり、日々の生活に追われる
  中で、その気持ちも、
  だんだんと失せていきました。

(中略)
――防大生が任官を辞退する際、
   どういった手続きなり、
   教官からの説得があるのですか?


A まず任官しないと伝えると、所属する小隊の
  指導教官から指導されます。それから今度は
  中隊、大隊……と上がっていく。
  人と年度によって違うと思いますが
  大隊首席指導教官を経て、
  総括首席指導教官からOKが出れば、
  任官辞退は認められます。

(中略)
――そんな親身になって諭されても、
   やはり外に出たかった?


A はい。そもそも何か目的を持って、
  あるいは、縁あって防大に来た人と、
  いろいろな学生がおりますが、
  防大に入校したからといって、
  全員が幹部自衛官に向いているとは
  限らないのです。

  理系の研究者気質な人もいれば、
  文系ではタフ・ネゴシエータータイプも、
  営業やらせたらうまいだろうなと
  思う人もいます。

――任官拒否者は、防大の卒業式後は、
   そのまま謝恩会などの祝典に出て、
   学校を後にするのですか?


A いえ。謝恩会は、自衛官任命されて
  幹部候補生の制服で出ます。
  そのため任官拒否者は、卒業式が終ると
  私服(スーツ)に着替えて、
  裏門から学校を後にします。

  謝恩会には出させてもらえません。


B 私は、そうした任官辞退者への
  学校側の差別的扱いが嫌で

  任官したところが正直ある。

(中略)
――防大の文系では、国際関係論専攻の学生に、
   任官拒否者・早期退職者が多いと聞きますが?


B 任官拒否者・早期退職者が多いかどうかは
  わかりませんが、
  国際関係論専攻の学生は、
  防大生の中でも、一般の大学の人たちに
  引けを取らない、柔軟な思考力を持っている
  人は多いように感じます。
  ですから、そういう人たちは、
  民間でも通用すると思います。



(続きはリンク先で)



2013年の記事には、
今までも任官辞退者が
”その数は、年によっては30人前後、
 少ない年でも10人ほどいる。”


防衛大学校に入学する目的も
明確な目的を持って入って来る学生がいるが
授業料が無料の上、月給&賞与が貰えて
幹部候補生という「就職先」も確定されている
という理由で入って来る”ちゃっかり型学生”
元々、自衛官になる気はなく
「卒業後は民間に」という目的で入学する学生
毎年何割か存在する。
4年間の
厳しい訓練やプライバシーの無い集団生活に
嫌気がさして中途退学するよりも
卒業まで我慢して学位を持って民間へと思う学生が
毎年、数割は存在するというだけの話。
任官拒否しても、卒業すれば一般大学生と同じ
学位認定機構による「学位」が与えられる。


実は、知人の息子さんがその一人。
防衛大学校受験の時から
卒業後は「民間に就職する」という決意で
受験し合格して、4年後卒業し、民間企業に就職。

彼の家は貧困家庭ではない。
むしろ裕福な部類なので、何故
彼がそんな選択をするのか理解できなかった。
高校の進路指導の教師も反対したという。

知人の家は、
夫は一部上場企業勤務で高収入だし、
私立音大卒の知人は、広いグランドピアノ部屋で
声楽とピアノを優雅に教えている。
自宅は、結婚する際に夫の両親が高級住宅街に
土地を購入し建てて貰ったので、ローン返済も無い。
息子さんは幼稚園から月額6万円の私立に通い、
小中学校もゆとり教育とは無縁の私立。
私立高校では成績優秀者のみのクラスで、
ここも授業料免除の待遇!
徹底した補習授業もして、塾通いの必要も無かった。
知人である”奥様”は
「(私立幼稚園のお受験塾も含めて)
 初期の先行投資のお蔭で、教育費が係らないのよ」

と、自慢していたっけ・・・
防衛大学校卒業後、民間企業に就職し、
数年で転職して、今は外資系企業にお勤めしている・・・

つまり・・・
目的をもって入学したとしても
急な集団生活に適応できなかった人もいるし、
高い意識を持って防衛大学校に
入学した学生ではない人達
にとっては
特に、受験時の状況は急激な円高で
大手企業が軒並み大規模なリストラをしていた
最悪な時に防衛大学校への進路を決めた
学生が、4年間の学生生活の間に
安倍政権になって有効求人倍率が上がり
売り手市場に急変した動向を察して任官拒否・・・

マスゴミは「安保法の影響」を匂わせる
印象操作に必死だけれど・・・
実は、景気回復傾向にある「売り手市場」
作ってしまった安倍政権が原因といえるwww

何でもかんでも「アベノセイダーズ」の皆さんには
「安保法のせいだ!
 アベ政治を許さない!」

って事にしたいのだろうけれどね。






一般の大学に高い授業料を払っても、
頭のイカれた大学教授が幅を利かせて
左翼デモに夢中で、頻繁に休講になるような
碌な講義も受けられない状況では
「任官拒否」しても、違約金が250万円で済む
というシステムを利用したって事か?

我々の税金を使って防衛大学校に通い、
自己理由で任官を辞退したのだから
卒業式や謝恩会の前に、制服を返還し
私服で裏門から出て行き
式典に出席できないのは当たり前の事!
「差別」なんかじゃありませんよ。
何でもかんでも「差別」にするな!







政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

弓取り

防衛大学卒業生の任官拒否の増加。たしかにアベノセイ。

「拒否」より「辞退」とかもっと柔らかい表現にすればいいのに。規定か慣習の表現なんでしょうけどね。

2016-03-23 (Wed) 01:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply