韓流研究室

ARTICLE PAGE

クリスチャン社会学者・橋爪大三郎「日本の北朝鮮難民受け入れ宣言で世界はめでたし!」

★北朝鮮を戦争なしで
 崩壊させる秘策は
 日本の難民受け入れ宣言

 2016.03.07
 
http://www.news-postseven.com/archives/20160307_391370.html
北朝鮮は長距離弾道ミサイルの発射実験を
継続する姿勢を見せている。
周辺国の包囲網が機能しなくなっている今、
独裁国家とどう対峙すべきか。
このほど日本逆植民地化計画を上梓した
社会学者・橋爪大三郎氏が、
アッと驚く解決策を提言する。

 * * *
 今回のミサイルは日本の上空を通過して、
宇宙空間に達しました。改良された弾道ミサイルの
飛距離は1万km以上で、米本土もゆうに射程に
入ります。日本全域はとっくに北朝鮮の
中距離ミサイルの射程内に収まっています。
アメリカ軍はさらに北朝鮮に手を出しにくい状況に
なったと言えるでしょう。

 国防委員会第一委員長の金正恩は、
朝鮮人民軍の統帥権(軍事指揮権)を持っています。
平たく言えばいつでも戦争できる権限があります。

 もしも韓国軍や韓国に駐留するアメリカ軍との
軍事衝突が起きた場合、朝鮮人民軍は
祖国を守るため全力で戦うでしょうから、
双方で数十万人の犠牲者が出ると考えられます。
ソウルが砲撃されて多くの市民が犠牲になるかも
しれません。戦況によっては、核兵器が使われる
可能性もあります。当然、日本もただではすみません。

 北朝鮮が独裁国家として存在するせいで
日本が困り、韓国が困り、中国が困り、アメリカが困り、
そして何よりも朝鮮人民が困っている。
とはいえ、独裁政権を力で打倒すれば、大混乱に陥り、
朝鮮人民がさらなる苦しみを強いられるのは
目に見えている。

 さて、この厄介な核保有国を戦争なしで
崩壊させることができるのか。
有効な方法があります。ここで重要なのは、
その端緒を開くことができるのは、
日本だけだということ。

独裁国家を平和的に瓦解させる道筋を考えて
みると、まず朝鮮人民が大量の難民となって
国外に亡命する状況を作り出す必要がある。

 それには第一に北朝鮮の人々が、
いまこそが脱北するチャンスだ、と確信して
行動に移さなければなりません。

現在も決死の覚悟で亡命する人はいますが
数が少なすぎます。
政権の屋台骨を揺るがすほどの影響はありません。
一族総出や村ぐるみで逃げ出すという
状況が必要になる。

そこで日本政府が現実的にできることが
北朝鮮からの難民受け入れ宣言」です。


北朝鮮から日本へ逃れてきた人々を、
全員無制限に受け入れると、声明を出す。
そして海上保安庁やボランティアの船を
北朝鮮沖合の公海に常時展開させます。
公海上なら朝鮮人民軍も手を出せません。
漁船などで脱北してきた人を発見したら
すぐに保護し、日本で安全に生活できるよう
支援を行なう。


 とはいえ、船を調達して海を越えるのは
ハードルが高い。現実的に日本に助けを求める
のは数百人程度。
受け入れコストはたかが知れています。
ただ、仮に少人数だとしても、難民たちが日本に
救出される様子は世界中のメディアが
こぞって報道するでしょう。

 韓国や中国のメディアも例外ではありません。
間接的にでも情報が北朝鮮に伝われば
「国外に脱出すれば、新たな人生が待っている」
という朝鮮人民へのメッセージになります。
人民の心は大きく揺さぶられることでしょう。

 しかし、海からの越境はなかなか難しい。
陸伝いに逃げようとしても韓国国境である
38度線付近には多数の地雷が埋められています。
となれば大半が目指すのは
……そう、中国国境です。

 当初は慎重でしょうが、話が広まれば、
雪崩を打つように数十万人規模の難民が国境に
押し寄せるでしょう。

国境を警備する朝鮮人民軍の兵士では
難民を食い止められません。
兵士たちも朝鮮人民です。
難民の苦しみを知る兵士たちは銃の引き金を
引くのを躊躇する。
場合によっては兵士自身が難民になる。
やがて国境は開放状態になります。

 しかし難民たちが目指すであろう中国側が
受け入れを認めるかという問題がある。
そもそも中国は難民受け入れにメリットを
感じていませんし、脱北者が殺到したときの
国内の混乱を恐れています。


 亡命者を受け入れるか否か。
中国の判断が、独裁政権の平和的な崩壊を
実現できるか、最後の焦点となります。

ここで考えなくてはならないのは、
韓国、中国の世論がどう動くか。
韓国にとっては同胞の問題です。
日本が難民を受け入れているなら
「自分たちも」という世論が沸き起こり、
積極的な支援に向かう。


 一方、中国はどうか。
日本と韓国の状況、各国の世論は無視できません。
北朝鮮崩壊は避けたいという配慮も働く一方、
これまで通りに国境を警戒して、脱北者を逮捕し、
強制送還していていいのか、という議論が生まれる。
しかも習近平国家主席は金正恩の核政策や
冒険主義的行動に対し、堪忍袋の緒が切れる
寸前まできている。

そんな状況だからこそ、これまでの政策を変更して、
難民を受け入れるという習近平政権の決断が
現実味を帯びてくるのです。

 もちろん難民が大量に発生する現実に
北朝鮮も手を拱いているだけではありません。

 ただし打てる手は限られている。
これまでのように脱北を試みる人を力で抑えるしかない。
ここまでくれば、亡命を取り締まる側の人間が
脱北者になる瞬間がやってきます。
とすれば、独裁政権の崩壊は時間の問題。
私はこれを期待したいわけです。

 当然ながらこの計画には
アメリカの支持と承認が不可欠です。
政権崩壊後、在韓米軍が中国を無視して
北朝鮮に一方的に進出するといった行動を
行なわないという約束が必要です

つまり米中間ですみやかに、北朝鮮を非武装地帯に
するなど緊急の協議をまとめなければなりません。

「難民受け入れ宣言」はリスクが少ない上、
武力衝突に比べて人的にも物質的にも被害が
軽微で済みます。
何よりも日本には、
最初の一石を投じる責任がある。


 現在の朝鮮半島問題には、
日本の植民統治が深く関係しています。
日本の降伏で朝鮮半島に権力の空白が生まれた。
そして国際政治の力学によって、
北と南に分断され、そのあおりで
北朝鮮に軍事独裁政権が誕生した。

 日本にとって北朝鮮の難民は
ほかの国の難民とは根本的に違います。
語弊を恐れずに言えば、
独裁政権下で苦しむ北朝鮮の人びとは、
かつて日本国民として同胞だった人びとの
子孫です。彼らが亡命を求めた場合、
日本には受け入れる道義的な義務と
責任があるはずです。


「難民受け入れ宣言」は、人道的な面から見ても、
歴史的な背景を考えても日本だけが行ないうる
有効な方法ではないか、と思います。

※SAPIO2016年4月号




●橋爪大三郎
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%8B%E7%88%AA%E5%A4%A7%E4%B8%89%E9%83%8E
日本の社会学者。東京工業大学名誉教授。

日本福音ルーテル教会の教会員(信者・クリスチャン)
であり、福音ルーテル教会のイベント・講演会で
しばしば講師を務めている
(引用ここまで)


橋爪氏は、
ルター派のクリスチャンだそうで・・・


●「世界は宗教で動いている」
 橋爪大三郎著

 http://yuuki-ran.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-5bee.html


●二十歳のころ 
 橋爪大三郎にきく

 http://www.kit.hi-ho.ne.jp/msatou/04-11/041127hatachi-hashizume.pdf
  hashizume+.jpg

(引用開始)
駒場時代全共闘との出会い
1 演劇から全共闘
――実際にデモやストライキには
   どれくらい参加したのですか?


ちょうど周りで全共闘運動が盛んになって
いたころに僕は演劇もやっていたわけだ。
演劇と運動との両立は、大変だった。
それでも芝居の稽古をして一年生の後半から
二年の六月ごろにかけて二回ほど舞台に立って
たりしてたんだけれど、二年の六月に機動隊が
入ってストライキになってからは、
そっちの方に力点を移動させました。
(中略)
二年生の六月十七日の未明に安田講堂に
機動隊が入ったことにショックを受けて、
そのころから徐々にそっちの方に力点を動かしました。


――二十歳の誕生日は
   どのようにして過ごされましたか?

(略)
二十歳のときはちょうど国際反戦デーの当日だった。
昔は新宿駅を貨物船が通っていて、ベトナムに
輸送するジェット燃料やなんかを運ぶ貨物列車が
ずうっと通っていたわけですね。
で、当然新宿ターミナルを通るから、それを実力で
阻止してベトナムの人民と連帯しようということを
過激派が言うわけだ。それは全共闘とは直接関係が
無かったのだけれども、そういうのにもいかなくちゃ
いけないということになって、それに参加したんです。
当日、代々木公園かどこかに集まって集結式を開いて、
「これからゲリラ式に新宿駅にむかう」とか言って
どこをどう走ったか覚えていないけど、ごちゃごちゃ
くねくねと二十分ぐらい走ったら新宿のガードの所に
出ていた。それで、「これから線路に入る」っていう
指示が出て構内に入って「ホームを占拠したぞー」
なんてやってたら、機動隊が来て挟み打ちになって
しまった。
で、私は新宿のマイ・シティというビルの東口に
あるちっちゃな窓から入って逆方向に逃げたから
助かったのだけれども
私の二列後ろの人は捕まってしまった。
その日僕はちょうど二十歳の誕生日だったから、
ここで捕まったら、家裁送りでは済まないな、
まずいなあとか思ってましたけどね。


(続きはリンク先で)


●l「ふしぎなキリスト教」
 不思議な橋爪大三郎

 http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/6817a72eb827ab48f5a19ac6ea9f349f
(引用開始)
橋爪大三郎東京工業大学名誉教授は、
大量の放射性汚染物質を撒き散らした原発や
無差別テロのオウム真理教を無条件に賛美した
毒キノコが死んだときに、
歯の浮くよう吉本隆明賛美の言葉を並べていた
大馬鹿者である。
アホ臭い極左の成れの果て。
今現在愚かな過ちを繰り返し恥をかいている
子供達の最後の希望とは、将来
『歳をとり大人に成ったら、
 今より少しは賢くなる』
ことである。
ところがゲバ棒を振り回すなど
若い時にお馬鹿で恥ずかしいことをした
報いは恐ろしい。

若い時愚かだった者は、
 いくら歳をとっても馬鹿が治らない

では、夢も希望も無いではないか。

橋爪大三郎、大澤真幸の両氏は
アホな子供の最後の夢を打ち砕く
最悪の悲惨な例であろうか。
『ふしぎなキリスト教』は社会学者が行った
キリスト教の科学的視点による解明だと思ったら、
実は社会科学を悪用したキリスト教徒の
姑息で胡散臭い自己弁護の羅列だった。
読めば読むほど本当に腹が立つ。金返せ。!!

(中略)
日本のキリスト教人口は1%の少数だが、
不思議なことにネット空間に限れば
(人口比とは違い)非常に多い。

(続きはリンク先で)


●社会学者・橋爪大三郎が語る
 「中国よりも好戦的な日本と
  嫌中という"愚の骨頂"」

 http://www.premiumcyzo.com/modules/member/2014/06/post_5217/


●消えない過去をどう克服するか
 (橋爪大三郎さんのポケットから)
 [文]橋爪大三郎  [掲載]2004年12月12日
 http://book.asahi.com/reviews/column/2011072800971.html




●作戦計画5029(OPLAN 5029)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%9C%E6%88%A6%E8%A8%88%E7%94%BB5029


●北朝鮮大崩壊→暴発
 そして日本の惨劇 200万人の難民、
 サリン搭載ノドン、テポドン・・・

 2012年01月07日(土)
 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31487


●金正恩体制が崩壊すると
 日本に10万人の北朝鮮難民が
 押し寄せる?

 2013年5月1日
 http://news.livedoor.com/article/detail/7639653/
 

●金日成、金正日父子銅像が
 引き倒される日 
 崩壊シナリオ最新情報

 産経新聞 2013.8.25
 http://www.sankei.com/world/news/130825/wor1308250021-n1.html


●“北朝鮮崩壊シナリオ”、
 中国軍が日本にリークか 
 ねらいと内容に海外紙も注目

 更新日:2014年5月9日
 http://newsphere.jp/world-report/20140509-1/


●北朝鮮の崩壊シナリオ、
 米中と「二股」かける韓国…
 アジアの安全保障を考えれば
 集団的自衛権は当然だ

 2014年07月07日(月)
 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39762




思想や立場が違えば、
【北朝鮮崩壊のシナリオ】は大きく変わる。


●北朝鮮崩壊後のシナリオ
 ~南北統一のシナリオだけではない

 児玉克哉 |社会貢献推進機構理事長
 2016年3月4日
 http://bylines.news.yahoo.co.jp/kodamakatsuya/20160304-00055027/


●日本に北朝鮮「難民」は来ない
 韓国国民を韓国に送るだけ

 福井県立大学教授 島田洋一
 http://jas21.com/essay/essay5.htm
(引用開始)
一方、韓国の宋旻淳外交通商相は3日
人道主義の原則と本人たちの意思に従って
 処理されることになる」として、
4人が希望すれば受け入れる方針を表明した。……
(注・結局4人は、6月16日、韓国に向け出国した)

  ここで宋旻淳が、
「人道主義に立つ第三者」風の発言をしている
のは、きわめて無責任であり、羞恥心の欠如を
示すものに他ならない。

  韓国憲法の規定では、
朝鮮半島の北半分(北朝鮮)も大韓民国の
一部であり、今回の4人を含め、北の住民は
みな大韓民国国民である。


  宋旻淳が曲がりなりにも「外交通商相」を
名乗るなら、まず、自国民4人を保護してくれた
日本側関係者に対し、一言ぐらい礼をいうべき
であった。

  そして、怪しげな援助を続けて、
金正日の非人間的体制を支え、一般住民(同胞)を、
自殺用の毒薬をもって大海に出る決心をするところ
まで追い込んだおのれの無為無策を恥じるべき
であった。

北が崩壊して大量の難民が日本に押し寄せたら、
といった懸念を口にする人がいるが、
定義上、日本に北朝鮮「難民」は来ない。


 国連難民協約にいう「難民」とは、
政治的意見などのため
「迫害を受けるおそれがあるという
 十分に理由のある恐怖を有するために、
 国籍国の外にいる者」
である。

 日本は、友好国たる韓国の憲法を尊重し、
海を越えてきた脱北者(韓国国民)は皆、
しかるべき事情聴取を経て、
粛々と韓国に送り届けるという基本方針

臨めばよい。

 それでは韓国が困るのでは、
という人もいるかも知れない。

 もちろん、韓国政府の受け入れ能力に配慮し、
脱北者が日本に滞在する期間を延長したり、
韓国に資金的援助を行ったりすることは可能だ。
しかしそれは、韓国政府がどれだけ
日本の国益に適う(少なくとも反日的でない)政策を
採るかによる。


  盧武鉉のように、歪曲誇張した「日本の過去」を
世界に向けて宣伝するなど反日姿勢を取りつづける
のであれば、日本としても、
脱北者は粛々と本国である韓国に送り届ける、
韓国政府がどれだけ受け入れに苦労しようが
知ったことではない

という姿勢で臨まざるをえないだろう。

北の崩壊・難民流入を恐れる中国というフィクション

  中国共産党(以下、中共)政権は、
大量の「難民」流入を恐れるがゆえに
北朝鮮崩壊を望まないという説があるが、
これは明らかな政治的ウソ
(かなりの部分、中共製の)である。

  金正日体制の崩壊した後、韓国による
吸収統一を認めるなら、いくら脱北者を捕らえて
送り還しても、
大韓民国が自由主義国家である以上、
アメリカ人をアメリカに、日本人を日本に送り還す
のと同じで、難民協約違反にはならない、
どころか、その時点における脱北者は
そもそも「難民」に該当しない


 金正日体制が存在する現在でも、中共政権が、
多少なりとも人権を重んじるなら、日本同様、
脱北者は粛々と韓国に送り込めばよいのだ。

  今年2月、北京で温家宝首相に近い
研究者グループと意見交換会を行ったが、
その際、中国側の一人が、
韓国政府の関係者はみな、われわれに対して、
 脱北者を大量に韓国に送られては困る
 と言うんですよ
」と笑いながら発言していた


(続きはリンク先で)



【北朝鮮崩壊のシナリオ】は、
思想や立場の違いだけでなく
宗教や配偶者の国籍によっても違う・・・


●おどろきの中国
 本の感想
 http://blog.skky.jp/entry/2014/02/01/234259
中国は、統一された時期がとてつもなく古く、
その規模が国家や国民の常識を超えた
スケールに達している。
本書は、橋爪大三郎と大澤真幸の共著
「ゆかいな仏教」「ふしぎなキリスト教」に続く第三弾。
なぜか宮台真司も加わっている。
橋爪大三郎さんの奥さんが中国人で、
鼎談に先立ち皆で中国を旅行してきたらしい。
楽しそうでいいですね 。


(引用ここまで)



現在のドイツの状況を見れば、
ナチの戦争責任が有るからシリア難民を
大量に受け入れよう!とした結果の
EUを巻き込んでの混乱が何をもたらしたか・・・

橋爪氏のいう
『過去の戦争責任が有るから
 難民を受け入れよう』
という理論が
平和的解決でも、アッと驚く解決策でも無い
お花畑的な愚策だという事が解る・・・


>そもそも中国は難民受け入れにメリットを
 感じていませんし、脱北者が殺到したときの
 国内の混乱を恐れています。


橋爪氏の奥様の母国でさえ
脱北者が殺到すれば
国内が混乱すると恐れている。

当然の懸念だよね・・・

そんな状況を、日本に受け入れろという提案は
「日本なんか滅びちまえ!」とでも思っていそうだわ。

全共闘経験の偽善的な
社会派キリスト教信者達
って
平気でこういう事を言う。

ご自分達は「神の子」で、
キリスト教を受け入れない多くの日本人は
「悪魔の子」だから???

北朝鮮を戦争なしで崩壊させる秘策は
SEALDsなどのキリスト者達が
北朝鮮の数十万人存在するという
隠れキリシタンの人たちと共に
北朝鮮国内で一斉蜂起して
「民主主義って何だ!これだ!」
「独裁政権止めろ!止めろ!」
「キム政治は許さない!」
「言うこと聞かせる、今度はウチラが!」

と、抗議デモ行進を行えば良いのでは?

言論封殺されても弾圧されても、屈せず闘う。
聖戦だよ。

日本の国会前で見せた、あのパワーを
是非、北朝鮮の困っている朝鮮人民のために
有効にお使いください。

北朝鮮人民が、自らの手で
独裁政権からの脱却を勝ち取り
民主主義国家になれるように、
「民主主義ってコレだ!」と


 51OxrmhL9EL__SX500_CR148,0,352,500_

平壌の空高くこだまする程の大コールを!
そのための北朝鮮行きの渡航費だったら
喜んでカンパしますわよ。

大量の脱北者を出して崩壊させたら
その後の再建が困難になると思う。
彼らが自らの手で独裁政権を終わらせる。
他国政府が、武器や資金で介入すると
シリアのようになってしまうから
SEALDsや朝鮮籍の”市民”の皆さんが
民衆クーデターのお手伝いした方が
戦争にならないと思うの。




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply