韓流研究室

ARTICLE PAGE

在米韓人「日本の皆さん、天皇の生首はいかが?」 慰安婦騒動が生んだもの

★「日本の皆さん、天皇の生首はいかが?」 
 慰安婦騒動が生んだもの

 続・慰安婦騒動を考える 2016/03/05
 http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2016/03/blog-post_91.html#comment-form

  bk.jpg
https://www.instagram.com/p/BCWmlSczT-o/

写真家兼モデルらしい。
自分はこの女性をバッシングする積りはないので、
敢えて名前は伏せた。
韓国のニュースサイトで彼女のこの写真について
知ったが、そのサイトで紹介されていた英文と
彼女のインスタグラムの文章に若干の違いがあった。
ニュースサイトでは
that country「あの国」となっていたが、
自分が確認したところでは、彼女は
your country「あなたの国(の天皇ヒロヒト)」
と言っている。
つまり日本人に対するメッセージである。

彼女の日本人に対する憎悪が
事実に根ざしているなら、仕方が無い
と言えるかもしれない。
しかし、言うまでもなく彼女が信じているのは
虚構の歴史である。
こういう人間は自然に生まれるのではない。

日本の左派や一部の在日、挺対協などによって
生み出されたのだ。
現在、政治的な打算からアメリカの韓国系団体や
韓国の野党が映画『鬼郷』を宣伝しているが、
ああいった人々が
ヘイトの連鎖を作り出しているのである。


(続きはリンク先で)







日本兵たちは逆らった少女(慰安婦)の
 首を切り落とし沸騰した鍋に入れ、
 水のように他の少女達に飲ませたの。


よくもまあ、ここまで妄想できるものだ。
この女性写真家とやらも、
アンジェリーナ・ジョリー監督作品の反日映画
「アンブロークン」と同様に
”残虐な日本人は人肉を喰らう風習がある”
などという嘘八百を広めたいのだろう・・・





日本の、自称「良識的日本人」が産み出した
狂気の世界の産物・・・


韓国の初代大統領・李承晩が権力を握るために
産み出した、抗日運動の少女の死を利用した
柳寛順さんゾンビ伝説のように、
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-4046.html

この慰安婦騒動も、敗戦のドサクサを利用し
日本で”共産・社会主義革命”を起こしたかった勢力や、
それまで差別を受け虐げられてきたから
一発逆転で恨みを晴らしたいという人々や、
朝鮮戦争で多くの同胞を殺戮し合った暗黒の歴史から
国民の批判の目を背けさせたい韓国の軍事政権下の
歴代大統領など
など。。。
思惑はそれぞれ違えど、利害が一致したのではないか
と思えてならない・・・

彼女は、
子供の頃から徹底した反日教育を受けて
繰り返し繰り返し洗脳されてきたのだろう。
残虐な思考の持ち主になってしまった。

慰安婦問題を政治利用する為に
詐欺師の吉田清治を担ぎ上げた朝日新聞や、
信仰の糧に、信者に贖罪意識を植え付けた
キリスト教社会派達や、
福島瑞穂などのサヨク弁護士や学者、
共産革命なんかの為に利用した活動家
チュチェ思想信仰家、9条教信者達こそ
このおぞましい女性写真家の作品をよく見なさい。

日本の屈折したサヨク思想を父に、
歪んだ中華思想・小中華思想の”恨”を母にして
あなた達が産んだ悪魔の子、
狂気の洗脳モンスターの姿を!




★正視に耐えぬ最悪の慰安婦映画
 産経新聞 2016.3.5 22:20
 http://www.sankei.com/column/news/160305/clm1603050005-n1.html
慰安婦を主人公にした映画『鬼郷』が
人気を集めている。
1週間足らずで早くも観客動員100万人突破!
などとニュースで大いにもてはやされている。
もともと7万人以上の個人募金を集めて制作された
独立プロダクションのキャンペーン映画だが、
いわば“時流”に乗り、マスコミの宣伝が加わって
大衆映画として大ヒットしている。

 しかしこの映画はひどい。
1970年代から韓国の映画やテレビ、舞台で
数多くの反日ドラマを見てきたが、これは最悪である。
慰安婦として強制連行された可憐(かれん)な
 韓国の少女たちと極悪非道の日本兵
という図式で、
日本兵による少女たちに対する殴る蹴る引き裂く…
の残虐な暴行、拷問場面の連続は正視に耐えない。


 客席からは悲鳴が上がるほどで、
暴行によって少女たちはいつもみんな顔が腫れ上がり、
唇は切れ、体は血だらけ、傷だらけだ。
しかも驚くべきことに、日本兵は慰安所から
脱走しようとしたとして少女たちを野原に引き出して
全員銃殺し、死体は穴に蹴落とし
石油をまいて焼いてしまう。

 映画はわざわざ
「元慰安婦たちの証言による事実にもとづく」
と銘打っている。
荒唐無稽なストーリーもさることながら、
マスコミや識者、文化人から異論や批判はまったく出ず、
絶賛一色という知的現実が実に切ない。

(黒田勝弘)



こんな嘘がまかり通る国。





韓国映画で気になったのは感覚の違い。
残酷でグロテスクな映像を必要以上に挿入する。
朝鮮戦争を題材にした映画の中で
戦闘シーンに、爆撃され肉片が飛び散るシーンが
延々とアップで映し出され、吐き気がして
映画館を飛び出して・・・それ以来韓国映画は見ない。
暴力シーンでも同様に、相手を徹底的に痛めつける。
血反吐を出し、顔も変形し、気を失っても尚
徹底的に蹴り続ける主人公。
その暴行シーンに
10分以上も割く必然性がまったく理解できない。
規制が無いのか・・・そういう思考なのか
感性の違いなのか、残虐な映像が好きなのか?





”しかも、
マスコミや識者、文化人から異論や批判はまったく出ず”
これは日本も全く同じ。

何故なら、それを嘘と知りつつも、
信じることが正義だと思いたい人々の愚行。


全ては、この男の”小説”から始まった・・・
c0147567_2371733.jpg
千田夏光(本名;千田貞晴)

曽祖父の千田貞暁は、
元薩摩藩士で、広島県令となる。
十年の在任中、道路や港湾建設など
明治国家の「富国強兵」策に則り、
軍事都市広島の基礎を築いた人物で、
その功績によって男爵・貴族院議員となる。
広島赤十字原爆病院の所在地、
中区千田町の地名は曽祖父に由来する。

父親は満州鉄道の土木技師だったので
1924年、現・中華人民共和国の大連市に生まれる。
日本大学法文学部社会学科中退後、
毎日新聞に入社して記者となり、
1957年からフリー作家となる。

1945年の終戦時、21歳

原爆物を描いた小説『終焉の姉妹』は、
長崎憲兵隊員で三井三池r炭鉱の労働争議で
腰を痛め退職し三菱造船所にアカ対策係として
再就職した父親の、戦後戦犯として疎まれた人生と、
姉妹ともに米兵にレイプされ混血児を産む娘達を
描いた「小説」らしいのだが
http://www.genbunken.net/kenkyu/02pdf/05_sakaguchi.pdf
当初、日本共産党中央機関紙「赤旗」に連載され
その後、新日本出版社から上下二巻で刊行。
新日本出版社とは、
志位和夫・不破哲三など歴代日本共産党中央委員会
幹部会委員長の執筆書や、日本共産党の機関誌である
しんぶん赤旗が編集した書籍を多く発行 しており、
また日本共産党の綱領の解説書なども発行している
日本共産党傘下の出版社

吉見義明中央大学教授が、千田氏の小説を元に
著作した『従軍慰安婦』(岩波新書, 1995)p.17には
千田夏光は「日本共産党の不破哲三元委員長の
 『後援会長』」だった」
と書かれているらしい。

そう言えば・・・森村誠一が731部隊を描いた小説
「悪魔の飽食 三部作」も、赤旗の記者と共同取材をして
執筆された、日本共産党とかかわりの深い小説

http://www2s.biglobe.ne.jp/~mike/morimura.htm

昭和12年の、
大阪毎日新聞と東京日日新聞(現・毎日新聞)
掲載された浅海一男記者の書いた
いわゆる「百人斬り競争」記事
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/yougo/hyakunin_giri.html

昭和46年に朝日新聞の記者だった本多勝一
『中国の旅』という連載記事において
「彼らは戦場で敵兵を斬ったのではなく
 一般市民を殺害した」
と言い換え始めたため
一大論争に発展した。

千田夏光が『従軍慰安婦』という言葉を発表したのは
本田勝一の「百人斬り」キャンペーンの後だった・・・

昔も今も、マッチポンプの発端は
同じ勢力なのだ。



●故 千田夏光氏を悼む
 得がたい朝鮮の真の友

 朝鮮総連機関紙・朝鮮新報より
 http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj2001/1/0122/51.htm
1979年、朝・日合同の
「広島長崎朝鮮人被爆者実態調査団」
結成されたが(略)
千田氏は広島班に、私は長崎班になった
(琴秉洞・朝鮮近代史研究者)

(中略)
「従軍慰安婦」問題を告発する契機になったのは、
1964年、毎日新聞発行の写真集「日本の戦歴」の
2万数千枚の写真の選別と編集を担当した時。
その作業の中に数十枚の「不思議な女性」の写真を
発見して、「この女性の正体を追っているうち初めて
慰安婦 なる存在を知ったのである」と
千田氏は著書「従軍慰安婦」の後書きに書いている。
この本が世に出たのは、それから9年後、
73年のことである。

(引用ここまで)



●詐欺師千田夏光と毎日新聞の関係
 http://www.tamanegiya.com/kako/senndakakoutomainiti21.1.27.html
千田氏の文にはこのような事も書かれています。

なお投降した朝鮮人慰安婦は昆明にあった
 米軍管理の捕虜収容所へ送られ、
 昭和二十年八月十五日すぎ、
 はるばる迎えにきた
 金日成将軍(現朝鮮人民共和国)の使者の手で
 祖国へもどされていった。

「一億人の昭和史 二 二・二六事件と日中戦争」P一七八

(全文はリンク先で)



●【人民日報】
 「慰安婦らの前に3000mの
  ラバウル兵士の列ができた」
 「慰安婦は1日380人を相手にした」
 千田夏光語録を国家認定

 2014年08月24日
 http://birthofblues.livedoor.biz/archives/51534074.html




そして、
吉見義明中央大学教授のトリックが拡散されていく。
「従軍慰安婦」(岩波新書, 1995), p.102-103には

 「自由意思による(慰安婦の)応募者はいたか」
 という項で、
 「たとえ本人が、
  自由意思でその道を選んだようにみえるときでも、
  実は、植民地支配、貧困、失業など
  何らかの強制の結果なのだ」
と発表する。



●恥ずかしい左翼達  【反日侮日】
 吉田清治と植村隆だけじゃない 
 ~追軍売春婦問題の仕掛人達~

 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/gaysaloon/1398444970/321




歴史捏造主義者たちは、反論する勢力を
レイシスト、歴史修正主義者と罵る・・・


先日、プロテスタントの李承晩が創造した
『柳寛順』について調べながら、
併合期の朝鮮半島のキリスト教布教について検索。
興味深いサイトを発見した。

本山美彦京都大学名誉教授のBlogである。


●韓国併合100年(30) 
 朝鮮総督府とキリスト教(4)

 http://blog.goo.ne.jp/motoyama_2006/e/3dbfca67e0ffdb413eb8cd9700db3a09
(引用開始)
当時、隣国・韓国の歴史・文化・心を真剣に
学ぼうとする日本人は少なかった。
時代への抗議の文は、非常に少ない。

 日本人は、
文化を伝えてくれた師たちを輩出してきた地、
私たちの父祖の地の人々
の心をついに
つかめなかった。
日本の権力者を批判することはたやすい。
しかし、彼らを権力の座に押し上げたのは
日本の庶民である。
韓国併合一〇〇周年。
同じことを私たち日本人は繰り返している。

 専門家だけでなく、素人も、
自己の生活感覚に基づいて時代に異議申し立てを
しなければならない時がある。
いま、自分たちが冒してしまった行動に対する
自省を言葉にしなければ、私たち日本人は
かなりの長期に亘って、歴史の闇に押し込められる
ことになるだろう。
時代は、
私たち日本人に対して苛酷な試練を与えている。


(引用ここまで)




わざと”過酷な試練”を創っているのはどっちだ!

本山美彦氏とは、
どんな思想の持主だろうと検索していたら・・・

『運動型新党・革命21』の機関紙コモンズの
第91号(2016.01.01)に新年挨拶の寄稿文を載せている。

 commons91.jpg
http://www.com21.jp/ 


『運動型新党・革命21』とは・・・
http://www.hige-toda.com/x/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=4111;id=01
”日本革命・世界革命を志向する人々、
 自公財界結託・米帝追随の今の政府
 国家権力に仮を燃やし、民衆の大闘争で
 打倒せんと闘志をたぎらせている人々”
が、
集結して創設した
”資本主義を根本から変革し、当面、
 《日本列島に自治・共和・協同の
  もうひとつの日本》
 の実現をもって日本から東アジアー世界へ、
 労働者の自己解放と全ての人々の解放を
 求めて闘う、「革命集団」”
らしい。

顧問には
 いいだもも(マルクス主義理論研究家)  
 尾形憲 (法政大学名誉教授、
       元イラク違憲訴訟の会・東京共同代表)
 針生一郎(美術評論家連盟会長・和光大学名誉教授
 矢山有作(元衆院議員)
 注)元日本社会党中央執行委員教宣局長
   民主党の金田稔久とは双従兄にあたり、金田後援会親族会代表
 脇田憲一(労働運動史研究家)


沖縄・・反基地、安保破棄、憲法改悪反対闘争を
同時的に追及します
・・・だと。


●朝鮮大学 学生ら
 外務省前で合意反対

 続・慰安婦騒動を考える 2016/03/03
 http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2016/03/blog-post.html


 







さて、問題の自称「モデル兼写真家」
  korea71fa4ff943d7a560c57534ab5832ba11.jpg
  http://re-file.com/02/706/

アメリカに移住しても全く相手にされず
自己アピールの為に、こんな事をやった模様・・・
典型的な『反日・慰安婦ビジネス』ですね。



このようなパフォーマンスをすれば
注目を浴びる事を計算してやっている。

映画「鬼郷」のチョ・ジョンネ監督も同様で、
主演女優はわざわざ無名の在日コリアンを起用。


在日韓国人や日本人俳優を含め、
ほぼ全ての出演者・スタッフがボランティアで
参加したという。
お安い製作費で、”時流”に乗って大ヒット。
ウハウハが止まらない事でしょう。
過激なシーンを盛り込めば盛り込むほど
大ヒットする反日方程式を利用しただけだから。


宣伝費も係らないのだから。


【慰安婦像を造ろう!】と煽ってカンパを集め、
飲み食いに使ってしまった韓国の若者もいたし

このような【慰安婦ビジネス】が横行する土壌を
産み出しているのも、
きちんと、冷静に慰安婦問題に接しようとしない
感情論だけ喚く人々がいるから。





政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 3

トマト

日本に韓国人をよぼうとしているリクナビに不快感満載です 本国に職がないから日本で就職?まず昔の強制連行を片付いてからにしろ!といいたい

2016-03-06 (Sun) 22:14 | EDIT | REPLY |   

弓取り

左翼は反日サヨクばかり。(リベラルは祖国愛の放棄と個人主義。)

>日本の屈折したサヨク思想を父に、歪んだ中華思想・小中華思想の”恨”を母にしてあなた達が産んだ悪魔の子、狂気の洗脳モンスターの姿を!

このまとめが正しいと思います。世界に通用しない特殊な反日メンタリティが、変に純化して異常な情念を醸しだしているのが、生首写真から感じられます。理性に訴える要素がない。

子供のときから、学校教育で日本憎しの絵をかかせられたら、こうなっちゃうのかと推測せざるを得ません。
「鬼郷」とかいう映画もひどいようで。以前、原爆被爆の生き地獄の絵が紹介されたことがありましたが、残酷で生理的におぞましさを訴えるばかりでした。

これらは、ぜんぜん反戦に向かわず、日本憎悪か恨みの再生産。日本人には脅しや呪い、韓国人には日本憎悪を植え付けるだけのものではなかったかと思います。

歴史事実をゆがめて日本の自虐風潮を作ってほくそ笑み、日本を攻撃するために、中韓を恣意的に誘導して手兵にしてしまう日本のサヨク人士の罪は重い。
反日が商売として軌道に乗ると、彼らはますますそこから脱することをしなくなります。

前の記事で、外国人犯罪を取り上げると、レイシストだとかのコメントが来ると書かれてましたね。その人たちこそ、事実を直視しない、平和を阻害する人たち、あるいは特定国の人たちの一方通行の「平和主義」推奨者なんでしょうね。
気にされてないと思いますが、ご身辺にはご用心ください。

2016-03-07 (Mon) 00:34 | EDIT | REPLY |   

刷り込み教育に加えて、残酷性に無頓着な先天的?思考が重なってこうなったんでしょう。
異常さが浮かないのは同質社会だからですね。おんなじ人が日本にもいる。
このパフォーマンスに共感できる人は世界的に少ないと思います。

私もドラマを見始めた初期、暴力シーンの血反吐やどす黒いアザ、すぐ口から血(やたら殴るので)等々、ウゲッと思いました。
映画だとさらに暴力的ですね。
監督も(演出というより)湧き上がる感情、熱情があると言っていたのを聞いた事があります。自分でもわからないようなもの。
そして映画があって良かった、無ければ人をこ○したかもと思う、と。
全っ然、理解できなかったけど。脳器質のせいなのでしょう。。。

2016-03-10 (Thu) 23:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply