韓流研究室

ARTICLE PAGE

高市電波停止発言だけを執拗に抗議する面々

★電波停止発言「驚きと怒り」
 民放キャスターが会見

 時事通信 2016/02/29
 http://www.jiji.com/jc/ci?g=soc&k=2016022900747&pa=f
 (全文はリンク先で)

どうせ、いつもと同じメンバーだし・・・ 
tvj.png


★岸井成格氏「品性、知性のかけらもない」
 「恥ずかしくないのか」 
 自身への批判に反論

 産経新聞 2016.2.29
 http://www.sankei.com/politics/news/160229/plt1602290021-n1.html
田原総一朗氏らジャーナリスト有志が
高市早苗総務相の「電波停止」発言に抗議した
29日の記者会見
では、
TBS系報道番組「NEWS23」アンカーを務める
岸井成格氏が安保報道をめぐる自身の発言への
批判について、「低俗」「品性のかけらもない」
と語気を強めて切り捨てる場面もあった。

 岸井氏は会見で、
番組編集に当たっての政治的公平などを定めた
放送法4条に絡み、
「公平・公正という言葉にみな、だまされてしまう。
 でも、政治的公平は、一般的な公平・公正とは
 全く違う」と主張。

「権力は絶対に腐敗し、暴走する。
 それをさせてはならないのがジャーナリズムの
 役割だ」
として、
「政治的公平を判断するのは国民であり、
 事実をチェックするメディアだ
と訴えた。

 岸井氏は昨年9月の同番組で、
国会審議が大詰めを迎えていた安保法案について、
「メディアとして廃案に向けて
 声をずっと上げ続けるべきだ」
と発言。
これに対し、作曲家のすぎやまこういち氏が
代表呼びかけ人を務める
「放送法遵守を求める視聴者の会」が、
政治的公平を定めた放送法違反の疑いがある
として岸井氏らに公開質問状を送ったが、
岸井氏は回答しなかった。

 岸井氏は同会からの批判について、
「低俗なあれにコメントするのは時間の無駄だ。
 だが、安保法制については、憲法違反で、
 自衛隊のリスクが一気に高まり、
 戦後の安保体制が180度変わる。
 それをあんなに反対の多い中で形で
 強行採決していいのか。
 誰が考えたって、批判するのは当たり前のこと。
 それがダメだと言われたら、
 メディアは成り立たない」と主張した。

(引用ここまで)

>政治的公平を判断するのは国民

そうですよ、その通り!
その”国民”から、
マスコミの報道は公平性に欠けていると
批判されているのに、その声は無視ですか?








★放送法に違反した局の
 免許を取り消すのは当然だ

 池田信夫blog 2016年03月01日
 
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51972364.html
放送法に違反した場合は
電波を止めることがありうる

という高市総務相の発言に対して、
田原総一朗氏ら7人が抗議声明を出した。
いいたいことはわかるが、
これは法律論としてはナンセンスである。

放送法は第4条で「編集準則」を定め、
放送局に次の要件を求めている。

1.公安及び善良な風俗を害しないこと。

2.政治的に公平であること。

3.報道は事実をまげないですること。

4.意見が対立している問題については、
 できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

このうち2の要件について、高市氏は国会で
「放送局が政治的公平性を欠く放送を繰り返した
 と判断した場合、放送法4条違反を理由に、
 電波法76条に基づいて電波停止を命じる
 可能性がある」
と答弁したが、
これは常識的な法解釈である。

放送法の対象になるのは
「電波法の規定により
 基幹放送局の免許を受けた者」
であり、
法に違反した放送局の免許を取り消すことは
当然だ。もし高市氏が
「いかに政治的に不公平であっても
 免許は取り消さない」と答弁したら、
編集準則は無意味になってしまう。

だから問題は彼女の解釈ではなく、
表現の自由を制限する放送法の編集準則が
憲法違反ではないかという立法論なのだ。
アメリカでは、
FCCが1987年に「フェアネス・ドクトリン」を廃止し、
放送局に政治的公平は要求されなくなった
300以上チャンネルがある多チャンネル化時代には
そぐわないからだ。

(引用ここまで)



アメリカは、
政治的公平は要求しない代わりに
「保守」or「リベラル」
「共和党支持」or「民主党支持」とか
自ら看板を掲げますよね。

保守系のFOXテレビがドラマ「NCIS」で
「国の為に尽力している海兵隊員に敬意を!」
とテロップを入れたって、
民主党支持を表明しているコメディアンが
リベラル系テレビ局の自身の番組で
共和党の大統領候補をケチョンケチョンに貶して
馬鹿にして、観客の笑いを獲ってもOK
だって、それは「正義」とか「公平中立」ではなく
「表現の自由」だ!


だから、視聴者は自分の思想や好みに合った
チャンネル選択が自由にできる。
ドラマは、パイロット版を製作してスポンサー集め
放送後、視聴者の反応が悪けりゃ、さっさと打ち切る。

今回の自称ジャーナリスト有志達は、
高市大臣の「放送法」の解釈にだけ抗議して
民主党政権時の同様の答弁には抗議しない。
民主党政権時の電波圧力さえも抗議しなかった。


★「電波止めるぞ!」
 民主党幹部が目の敵にする表現の自由

 現代ビジネス 2012年03月13日(火)
 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/31976


だから余計に、公平じゃない!


岸田氏は、
コメントする前に自己紹介すればいい。
”「日本は北朝鮮と戦後処理をしていない。
 国交正常化して平和条約を結ぶと、
 (賠償金として)経済協力の形で、
 韓国に出しただけは払わなければならない。
 現在の額では1兆円」と思っている、
 政治家の靖国参拝断固反対と、
 安保法案絶対反対の岸井成格です。”

とね・・・。

そうすれば、
観ている方もあなたに公平性なんて求めない!
そのような考え方の人が言っている
一つの意見だと判断できる。
自分達ジャーナリストこそ「正義の使者」だと
発言しているから批判されるのだ。

j0f5bfebb-s.png


批判する”国民”の声を
「低俗なあれ」と小馬鹿にするあなた方は、
一体、何様のつもりなのか???
自分だけは特別な存在なのか??


★「サンデーモーニング」で
 岸井成格が悪質な反日発言

 2013-02-28
 http://ameblo.jp/samurai28gou/entry-11480505074.html


★衛藤発言 
 日本は孤立するとTBS岸井成格
 言論の自由主張するメデイアが
 言論封殺

 2014/2/20(木)
 http://blogs.yahoo.co.jp/nipponko2007/40667458.html











高額な電波料を政府に支払って
誰でも参入させれば?テレビ局も自由化
最低限のルールだけを作って
(反社会的、犯罪助長、過度な性的表現などNG)
地上波でも
「9条TV」「赤旗TV」「全共闘OBテレビ」とか参入して
好きなだけ誹謗中傷を繰り返せばよいと思う。
そうすれば、
視聴率の獲れない正社員ジャーナリストを
非正規採用にして多額の給料を払わずに
コストダウンできるかもね。







TV局は
「非正規雇用問題」で政府を批判する前に
ご自分達の、子会社いじめや非正規スタッフの
待遇改善をするべきだよ






職業ジャーナリストが
「自分達だけは特別な人間」なんて思い上がって
自分の思想をゴリ押しして反日活動・・・
間違った情報を垂れ流しても無責任で開き直る





こんな事をやって、
世界に日本人を貶める記事を発信していた
ジャーナリズムの、どこが正義なんだ?







政治不信、マスコミ不信を
招いているのは自業自得だ。
あなた方が何を叫ぼうとも、
国民全員が同調すると思ったら傲慢だわ。
公共の電波を私物化してきたツケは大きい。


CcZBBH8VIAAgLhJ.jpg

CcZ-MCQWoAA7lEP.jpg





政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

弓取り

サヨク言論ますます劣化。⇔ネット言論ますます向上。

>「権力は絶対に腐敗し、暴走する。それをさせてはならないのがジャーナリズムの役割だ」として、「政治的公平を判断するのは国民であり、事実をチェックするメディアだ」と訴えた。

腐敗した権力は、自己批判も反省もしなくなる。それはマスコミ特権のことをいう。

民間の許可事業者はコストかけて維持していますね。管轄官庁の立ち入り検査も受けるし、自身でも監査して、外部監査も受ける。
マスコミ様はどうしているのかな。ここを強化しないと、腐敗と勘違い権力者は消滅するしかないと思います。


末文になりましたが、レイアウトデザイン模様替えお祝いいたします。

2016-03-01 (Tue) 23:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply