韓流研究室

ARTICLE PAGE

韓流コンテンツに大打撃、中国が外資のネットサービス事業を禁止・・・じゃ、日本に!

★韓流コンテンツに大打撃、
 中国が外資のネットサービス事業を禁止

 朝鮮日報日本語版 2016/02/23 08:10
 
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/02/23/2016022300663.html
中国に進出した外資系合弁会社は来月から
インターネットサービス事業に従事できなくなる。
これにより、
中国国内での韓流コンテンツ事業が
打撃を受ける可能性が高まった。


中国工業情報省、国家新聞・出版・ラジオ・テレビ総局は
20日、昨年制定した「インターネット出版サービス
管理規定」を 3月10日から施行すると発表した。
同規定によると、
外資系合弁企業と外資系企業は
中国でインターネットサービス事業が禁止される。


中国本土企業が外資系企業と
インターネットコンテンツ事業を短期プロジェクトとして
実施することは可能だが、
それも国家新聞・出版・ラジオ・テレビ総局による
事前承認を受けなければならない。

 これまで中国では
外資による出資比率が50%未満の合弁企業に限り、
インターネットサービスの提供が認められていた。
インターネットコンテンツを提供する中国本土企業
に対する制限も導入された。
サーバーは必ず中国本土に設置しなければならず、
最高経営責任者(CEO)は中国に長期居住した
中国人でなければならない。

 新華社によると、規定が定める
「インターネット出版物」は、知識や思想を含む
文章・写真、ゲーム、アニメーション、動画をはじめ、
既に出版された図書、新聞、雑誌、音源、
映像コンテンツなどのデジタル化されたコンテンツを含む。


 米ウォール・ストリート・ジャーナル中国版は、
中国は新聞、放送など伝統的メディアに対し、
言論統制をしているが、 インターネットメディアに
対してはなすすべがなかったため、
言論統制の強化を狙い
今回の規定を発表したと分析した。

 今回の措置により、
韓国のインターネットコンテンツ業界は
衝撃を受けている。
韓国の映画、ドラマ、芸能など韓流コンテンツ
中国国内での製作、販売、流通などを
韓国企業が中国企業と合弁で行えなくなるため、
さまざまな利益配分で不利な立場に置かれるからだ。

韓国のあるメディアグループは
最近、中国の動画業者と提携し、
中国にネットドラマ製作会社を設立し、
中国市場を攻略する計画だったが、
推進が難しくなった。

イ・ボルチャン記者



★中国、3月10日より
 外国企業のコンテンツ配信を禁止へ

 ITpro 2016/02/23
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/022300537/?n_cid=nbpitp_twbn_top&rt=nocnt
(引用開始)
新たな規定では、外国企業、および外国企業と
中国企業の共同事業や合弁会社は、
テキスト、地図、ゲーム、アニメ、オーディオ、ビデオ
といった様々なコンテンツを
オンライン配信することが禁じられる
電子化された書籍や、芸術・文芸作品なども
対象に含まれる。

 中国資本の国内企業と提携すれば、
コンテンツ配信を行うことができるが、その場合は
事前に政府当局の認可を得る必要があり
サーバーやストレージシステムを中国本土に
置くことが求められる。

 同規定により、
米Associated Press、米Thomson Reuters、
米Dow Jones、米Bloombergなどは
中国向けのニュース配信がいっそう困難になる
可能性がある。

 米ペンシルバニア大学のJacques deLisle教授は
新規定の施行について、
「外国や西洋思想の影響を制限するための
 一連の法改正の最新例であり、
 より大規模なネット規制の一環」
と指摘している。

(引用ここまで)






 日本のマスゴミよ、
 これが本物の言論統制だ!


>これまで中国では外資による出資比率が
 50%未満の合弁企業に限り、
 インターネットサービスの提供が認められていた。


★露でマスコミへの外資制限
 産経新聞 2014.10.15
 http://www.sankei.com/world/news/141015/wor1410150039-n1.html
ロシアのプーチン大統領は15日までに、
外国資本によるマスコミへの出資比率を
20%以下に制限するマスコミ法改正案
に署名し、
改正法が成立した。
これまではテレビ局とラジオ局についてのみ、
外資の上限が50%とされていた。
改正法によると、
新聞やネット媒体を含む全マスコミが、
2017年2月までに20%規制を満たさねばならない。


 ロシアでは主要テレビ局がすでに政権の統制下にあり、
改正法は英米の有力紙が共同出資する
経済紙「ベドモスチ」などを標的にしている。
(モスクワ 遠藤良介)

まあ、これは
外国による内政干渉や世論工作を防ぐため
日本でも、「外資規制」実施されている。


★放送局に対する外資規制について
 平成1 7 年4 月1 4 日
 総務省情報通信政策局
 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/joho_tsusin/joho_bukai/pdf/030414_3_2.pdf
(理由)
○ 地上放送は、
国民的財産である公共の電波
 使用するものであり、その有限希少性が強い
政治、文化、社会等に大きな影響力を有する
 言論報道機関
として重要な役割を担う

(引用ここまで)
gaisi.png




日本では、
政府ではなく放送局がネット規制?





中国政府による
外資のネットサービス事業禁止で
中国朝鮮族などの合弁会社を使って
中国市場を攻略しようとした韓流コンテンツ事業は
今までのような”ゴリ押し洗脳”が厳しくなる。

この規制もあるせいなのか・・・
再び日本市場を狙ったゴリ押しが復活している。

中国人観光客の訪韓が減少すると
日本人観光客を狙う韓国観光局のように
宣伝資金を日本に集中投下してくる。


★EXO表紙のノンノは完売続出…
 相次ぐK-POPアイドルたちの
 雑誌表紙に人気“復活”の兆し?

 西門香央里 2016.02.25
 http://www.zakzak.co.jp/zakjyo/gooranking/news/20160225/gor1602251854006-n1.htm
ここ1週間の間に、K-POPアイドルたちの
日本の雑誌の表紙を飾ることが相次いでいます。
EXOのファッション誌「non-no(ノンノ)」を皮切りに、
昨日発売された「anan(アンアン)」には
BIGBANGが表紙を飾りました。

 「K-POPの人気は落ちた」と言われてきて、数年…。
地上波のテレビや雑誌(音楽雑誌は除く)には
すっかり顔を出さなくなり、韓流の聖地と言われる
新大久保も以前と比べると静かになりました
(その代わり、外国から来た観光客が増えたような…)
しかし、今回の表紙ラッシュには
「人気が復活してきた?」という声も聞こえてきます。

(中略)
総合してみると、昔ほど表には出なくなった
(地上波のテレビや雑誌など)ので
「ブームは完全に去ったのか?」と思われがちですが、
実際は見えないところで根強い人気が続いていた
ということになるのでしょう。

 ここ数年は雑誌の表紙を飾ることから遠ざかっていた
K-POPアイドルたちでしたが、
今回の雑誌の表紙ラッシュは、
以前のような異常なブームにはならないものの、
K-POPの未来へ新たに前進する明るいニュースに
なりそうな気がしました。

 それでは、また!アンニョ~ン☆

(引用ここまで)

★西門香央里
 http://profile.ameba.jp/simon-kaokao/
K-POP好きのライター、編集者、カメラマン
好きなグループ追いかけて、
韓国から中国、ヨーロッパまで。
行動力だけがとりえ。



この手の
韓流大好きフリーライターにとっては
お仕事が増えるしねぇ。
コラムの依頼が来たら、せっせと提灯記事を
書きまくってくれるだろう。
よかったね、”復活の兆し”。




同胞達の厳しいご意見




★ぼったく韓国観光にこりごり、
 日本に向かう中国人客

 今年の春節連休もぼったくり横行、
 違法行為の摘発急増
 朝鮮日報  2016/02/21
 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/02/20/2016022000576.html?ent_rank_news
中国の春節(旧正月、今年は2月8日)の
大型連休を利用して韓国を訪れた中国人の
Aさん(25)は、ソウル・東大門の露店で
のり巻きを1本1万ウォン(約940円)で買った。
ぼったくりと知りつつも、もめるのが嫌で
何も言わなかった。
帰国したAさんは中国版ツイッター「ウェイボー(微博)」に
「露店の主人は中国人と知ると価格をつり上げた。
 二度と韓国に行きたくない」
と書き込んだ。

 今年の旧正月連休、韓国は中国人観光客の
誘致数で日本に逆転された。
中国最大手のオンライン旅行会社、シートリップ
によると、今年の春節連休に海外旅行した
中国人約600万人の旅行先はタイが1位、
次いで日本、韓国の順だった。
昨年は韓国が2位で日本より上位だった。

 中国人客に対するさまざまな違法行為は
中国人の韓国への再訪問率を下げる主因に
挙げられるが、今年の連休も違法行為は
減るどころか逆に急増した。

■外国人客への違法行為が大幅増

 韓国警察庁は15日、春節連休を含む
今月1日から14日にかけ、外国人客に対する
偽物(模造品)販売、無登録宿泊所の運営、
タクシー・ワゴンタクシーの違法営業など
414件の違法行為を摘発し、104人を立件した
と発表した。
外国人客を対象にした違法行為の摘発件数は、
昨年の春節期間(149件)に比べ177%急増した。

偽物販売や価格の非表示などショッピングに
関するものが178件で最も多く、
無登録宿泊所の運営などが84件、
タクシー・ワゴンタクシーの違法営業が22件だった。

キム・チュンリョン記者



韓流”復活の兆し”ブームの兆し・・・
でもね
”以前のような異常なブーム”を捏造すると
また反発が予想されると思うよ。


過ぎたるは猶及ばざるが如し

好きな人は「好き」
それでいいじゃないの。
【日本全土が韓流に大熱狂!!!】なんていう
日本征服なんて狙わずに
今まで「好き」でいてくれたファンの皆さんを
失望させないように大切に扱い
ボッタクリなんか目論もうとせずに
誠実なビジネスをすれば良いのでは?




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

トマト

今の日本は嫌韓まっしぐらな事を忘れてるようです 馬鹿なマスコミは 提灯記事を書いてもまず疑う、それが今の日本です フジテレビの没落を見なさいよマスゴミサン

2016-02-28 (Sun) 00:58 | EDIT | REPLY |   

弓取り

韓流Uターンでジ・エンド

寒流が嫌われるのは、タレント個々の趣味やセンスだけではなく、その周辺のねつ造ぶりや人気の上げ底にもあるんでしたね。
こちらでは、ずっと調査まとめをされてきた。

そこも含めて変わらない限り、寒流の復活なんて無理だと結論できますね。やさしい日本でダメなら、他の国でも一代ムーブメントなんて一過性とかで終わります(笑)

いつも、ご苦労さまです。

2016-02-28 (Sun) 10:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply