韓流研究室

ARTICLE PAGE

台湾南部地震、人災の恐怖

★台湾南部地震、
 人災の恐怖 2月9日

 産経新聞 2016.2.9 05:04更新
 
http://www.sankei.com/affairs/news/160209/afr1602090001-n1.html
2400人以上の人が亡くなった台湾大地震は、
1999年9月21日未明に発生した。
当時の李登輝総統は、夜が明けるとすぐに
現場に急行する。
夕方、台北の総統府に戻るまで、各地で悲惨な
状況を確認し、救助に全力をあげるよう指示した。

▼こうした現地視察は、その後1カ月間、
 連日続いた
 (『李登輝台湾大地震救災日記』PHP研究所)。
 その4年前の阪神・淡路大震災の発生直後、
 なすすべもなく、ただテレビに見入っていた、
 村山富市首相とは大違いである。

▼李総統は、倒壊したビルの現場で、
 子供2人を失った母親から悲痛な訴えを聞く。
 違法な建築が招いた、結果だというのだ。
 「もし、誰かの不正な行為が、
  家族を引き裂く悲劇を生んだとしたなら、
  絶対に許されないことだ
」。

 激しい憤りを書き残しているのだが。

▼台湾南部で6日起きた地震で倒壊した
 台南市の高層マンションには、
 まだ多数の住民が取り残されている。
 行方不明者の家族が見守るなか、
 懸命の救出作業が続いているが、
 難航しているもようだ。

▼16階建てのマンションの1階には商店が入り、
 壁がほとんどない。この部分の柱が壊れて、
 建物全体が横倒しになったとみられる。
 コンクリートの柱には、塗料などの缶が
 多数埋められていた。
 ビルの施工業者に事情を聴こうとしても、
 行方をくらましている。実はこれらの問題は、
 欠陥建築の横行が発覚した台湾大地震で、
 すでに指摘されていた。

▼確かに、台湾当局は大地震を受けて、
 建築基準を改正し、
 最近の建物は耐震性が高いという。
 では、倒壊した高層マンションのように、
 それ以前に建てられたビルについては、
 野放しのままなのか。
 同じ地震国の日本にとって、
 人災の恐怖は人ごとではない。

(引用ここまで)









■旧台南州庁
 taiwan20110723_2192479.jpg

■旧林百貨店
taiwan2013121600472220as.jpg

この2つの建造物が、
今回の地震でも無事だったのは
決して”奇跡”ではない。

台湾政府の修復事業の成果ともいえる。



★国家台湾文学館(旧市政府舊舎
 http://www.tainan-guide.com/sightseeing/2015/01/post-21.html
(引用開始)
台南市内中心部、民生緑園沿いにある、
1916年落成の日本統治時代の代表的建築物。

1911年に市区改正実施後建築が始まり、
1916年に完成した。

第2次世界大戦中に大きな被害を受けたが、
その後修復・保存され、2003年10月には
台湾初の国家規模の文学博物館である
「国家台湾文学館」として開館し現在に至っている


同館のサイトによれば
台湾初の国家規模の文学博物館である
「国立台湾文学館」は2003年10月17日、
正式に開館し、運営をスタートしました。

「国立台湾文学館」の建物は
百年の歴史を有する国定文化遺産であり、
1916 年、日本統治時期の台南州庁として
落成されました。

建築家森山松之助氏の手がけた
西洋歴史建築様式で、台湾総督府及び
監察院と共に
台湾における有名な建築の一つです。

本館の大部分は戦争や老朽化のため、
1997年より修復作業が行われ、
2003年に完成しました。


文学、文化、建築、歴史が融合し、
近年、台湾の「文化遺産修復再利用」
模範となりました。

台湾文学館の使命は、
台湾文学の発展を記録し、
早期の原住民及びオランダ、スペイン、明朝、
清朝、日本、戦後などの外来政権統治による
その時代の苦難に満ちながらも、
多様に成長して来た文学を保存し、
展示することにあります。

(引用ここまで)


ハヤシ百貨店の修復過程を見ると
この「文化遺産修復再利用」事業の
老朽化し朽ちかけていた建物の修復・保全が
如何に大変だったかが解る。


★台湾、日本統治時代の百貨店を
 文化遺産として完全修復!

 韓流研究室 2013.12.15
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-2810.html




★台湾、
 日本統治時代の建物・鉄道を再活用 
 新たな“文化発信拠点“として蘇る

 NewSphere 2014年6月19日
 http://newsphere.jp/world-report/20140619-4/


★日本統治時代建造の派出所が
 文化施設に
 当時の警察制度など紹介/台湾

 中央社フォーカス台湾 2015年9月19日(土)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150919-00000007-ftaiwan-cn


★台北市による歴史的建造物の
 再利用方策に関する研究
 -台北市文化局所有建造物の
  事例に見る空間と運営の評価-

 東京大学大学院 都市工学専攻
 2006 年度 修士論文 楊 惠亘
 http://ud.t.u-tokyo.ac.jp/research/thesis/assets/yo_summary.pdf


あの韓国にも有ったのだけど・・・
★日韓併合期のデパートの誕生と歴史、
 修学旅行コースにも脚光

 韓流研究室 2013-08-27
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-2627.html




 taiwan91107200241.jpg
 
この美しい台北賓館も、元は台湾総督官邸で
http://gipsypapa.exblog.jp/20912075/
1911年竣工、森山松之助・八坂志賀助設計。
大阪出身の建築家・森山 松之助氏は
NHK朝ドラで一躍脚光を浴びた五代友厚の甥。
http://blogs.yahoo.co.jp/kay31527/33559657.html





台南市の倒壊したマンションには、
未だ100人以上の人々が瓦礫の中で
行方が解らずにいる・・・

1999年9月21日の台湾大地震で
私の知人は、やはり倒壊したマンションの
瓦礫の中で発見された。
瓦礫から見つかった薬指のみの姿で・・・

彼女だと判明したのは、結婚指輪だった。
違法マンションが倒壊しなければ、
今頃は大地震の翌年に生まれたはずの子供と
優しい台湾のご主人と家族揃って
日本に里帰りなどできていただろうに・・・

「もし、誰かの不正な行為が、
  家族を引き裂く悲劇を生んだとしたなら、
  絶対に許されないことだ」


朽ち果てた文化財を美しく修復再生させるのも
不正な行為で悲劇的な人災を招く建物を創るのも
人間の「手」と「心」だ・・・

”奇跡”も”人災”も、人間が産み出す。

どんなに建築基準を厳しくしても
不正な行為を完全に無くす事は出来ない現実。

英知を尽くし、プライドを掛けて
良い物を創ろうとする心意気は残り
金儲けに走り、誇りを投げ捨てた
心無いモノは簡単に崩れ去る。
しかも・・・多くの犠牲者を出して・・・
教訓は生かされる事無く。

人間の「手」は、
奇跡も、悪夢をも産み出す。






政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

トマト

日本の建築が残ったのも台湾の心が大きかったから どこぞの心が狭い民族とは違います 早く見つかってほしい!今はそれしかありません

2016-02-10 (Wed) 06:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply