韓流研究室

ARTICLE PAGE

福岡市で神社の不審火相次ぐ・・・何者かが神社を標的に放火を繰り返している

★福岡市で神社の不審火相次ぐ 
 全焼被害も 不安と怒りの声

 西日本新聞 2月6日(土)1時30分配信
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160206-00010000-nishinp-soci

 f3a7a_1497_ac198099_74a89227.jpg

福岡市西区内で昨年3月以降、
神社の不審火が9件相次いでいる

今月2日夜には西区太郎丸2丁目の
太郎丸神社の本殿と拝殿が全焼する不審火も
発生した。いずれもけが人はないが、
福岡西署は
何者かが神社を標的に放火を繰り返している疑い
もあるとみて、非現住建造物等放火容疑などで
調べている。


不審火が発生した神社
 201602040007_001.jpg

署によると、太郎丸神社以外の8件の内訳は、
小戸大神宮(昨年3月24日、5月21、25日)
▽女原神社(6月2日、8月6日)
▽埴安神社(10月15日)
▽白山神社(12月17日)
▽飯盛神社(今年1月12日)。
大半は敷地の松林や枯れ草を焼くぼやだが、
飯盛神社は倉庫が全焼した。

 発生の時間帯にはばらつきがあり、
小戸大神宮と白山神社は約10キロ離れている
など地理的にも分散しているため、
現時点で関連性は明らかになっていない。
署はパトロールを強化し、神社関係者や
地域住民に注意喚起と情報提供を呼び掛けている。

 地域の寄り所である神社の連続不審火に、
不安と怒りの声が上がっている。
全焼した太郎丸神社の氏子で神社総代の男性(68)は
「地元の敬老会で撮影した写真など
 地域の宝がすべて失われてしまった。
 もし放火だとすれば、許せない」。
同じく総代の男性(71)も
「火災保険には入っているが全額は出ないだろう。
 小さな集落なので神社を再建できるだろうか…」
と表情を曇らせた。

(引用ここまで)




★危機に陥る神社仏閣
  2013/10/30
 http://www.cocorila.jp/article/articles.html?num=2013103001


★【罰あたり】神社仏閣に放火、全焼、
 盗難、いたずら被害(沖縄護国神社にも)
 ~現在も被害拡大中!

 2015-04-24
 http://blog.goo.ne.jp/lifetree241rnm/e/c3b1fac0b5648c6658ba91c25dbce591

★【拡散】神社仏閣を狙ったテロ一覧(2015)
  ← 多すぎて絶句...

 2015年10月12日
 http://www.honmotakeshi.com/archives/46559538.html




あの「油掛け犯人」も
のうのうとアメリカで医者を続けているんだよね・・・
全く、おかしい世の中だ!

どんなに小さな神社でも、
貴重な存在価値がある。
地域の歴史が詰まっているのだ。
なぜそこに祀られているのかを
ひも解いていくことは大切。

お年寄りだけでなく
地域全員で見守り、保存していかなければ
私たちの歴史が消滅してしまう・・・



★十六天神社 
 福岡県福岡市西区太郎丸

 http://sora07.exblog.jp/22453396/
村社 太郎丸神社

大字太郎丸字久保にあり。
祭神瓊々杵尊,伊弉諾命,伊弉册命,
相殿に埴安命を祀る。祭日十月二十五日。
昔高田の民此地に移住せし時
郷里の祭神を勧請すといふ。

(続きはリンク先で)


★小戸大神宮(2)
 倭国の軍港
 神功皇后の出港、帰港地と言われる

 http://lunabura.exblog.jp/i181 


★一宮神社 福岡市西区女原
 http://sora07.exblog.jp/22239149/


★~早良区の神社~
 埴安(はにやす)神社

 http://www.city.fukuoka.lg.jp/sawaraku/sawaraku-tamatebako/yokatoko/syuzai/haniyasu-jinja.html
神社の名である「埴安」とは、
この神社に祭られている神・
埴安命(はにやすのみこと)から付けられています。
調べてみると、この神は、
イザナギとイザナミの間に生まれた諸神の一柱に
数えられ、土の神だということです。


★飯盛神社の由緒沿革
 http://www.iimorijinja.jp/top.htm




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply