韓流研究室

ARTICLE PAGE

「日本の文化、実は中国起源だった!」記事の中国ネットの反応

★「日本のこれらのもの、
 実は中国起源だった!」
 の記事に中国ネット憤慨=
 「だからどうした?」
 「日本に拾ってもらえなければ
  何も残っていない」

 Record China:2016年1月31日(日)
 
http://www.recordchina.co.jp/a128110.html
2016年1月29日、中国のポータルサイト・網易に
「日本のこれらのものは
 実は中国が起源だった」

と題する記事が掲載された。

記事は、
茶道、草履、相撲、和服、桜、刺し身、華道、畳
実は中国が起源だと紹介。茶道については、
「唐代に中国のお茶の習慣が日本に伝わり、
 明代に日本独特の茶道が形成された」としている。
相撲については、唐代に伝わったという見方が
あることを紹介しつつ、
「明確な記載があるわけではない」と記している。
刺し身は、「中国最古の伝統的な食べ物の一つで、
紀元前823年までさかのぼる。
その後、朝鮮半島や日本に伝わった」などとしている。
畳についても、
「起源は漢代で、唐の時代に日韓に伝わった」と
説明している。

これについて、中国のネットユーザーからは、
「だからどうした?」
「自爆じゃないのか?」といった声が多数聞かれる。
「自爆」と表現しているのは、
「幸いこれらは日本に拾ってもらえた。
 でなければ何も残っていない」
というコメントが表す通り、
中国国内では文化や伝統の保護がなされて
こなかったということを指している。

つまり、
「起源は中国でも、
 そうした伝統が根付いていないのは
 恥ずかしいことだ」
と言いたいのだ。

このほか、
「漢代や唐代が今の中国と同じだと?」
といったコメントや、
日本のすべてが中国起源だとしても、
 それがどうしたというんだ。
 中国の正統性でも主張したいのか?
 どうすれば一つのものを極致へと
 高められるかを日本から学ばず、
 起源という地位にあぐらをかいて
 過去の栄光にすがる。
 恥をかくのはご先祖様だ

といった厳しい意見ばかりが寄せられている。
(翻訳・編集/北田)



中国のネットユーザーは、
韓国の「起源捏造」を見ているから
 http://www.recordchina.co.jp/a101254.html
こういう自爆行為は恥ずかしい・・・と思えるのかな?

日本はきちんと
”「茶」は中国から伝来し、
 茶の種を持ち帰り日本で栽培した”
と起源は大陸からだと記録を残している。
茶飲の歴史も、仏教伝来と共に始まった事も・・・

「畳」の文字は、
古事記や日本書紀、万葉集などに
「管畳」、「皮畳」「絹畳」といった記述で登場しており、
当時は、こうした敷物の総称で、
畳める (たためる)もの、重ねるものの意味。

古事記に登場する「畳」
 tatami1872.gif
「阿斯波良能  志祁志岐袁夜邇  須賀多多美  
 伊夜佐夜斯岐弓  和賀布多理泥斯」  
 ( 葦原の  しけしき小屋に  菅畳
   いや清敷きて  我が二人寝し )


菅畳とはスゲで編んだ、むしろのような敷物。

その他 『枕草子』や『栄華物語』などにも
畳の描写が描かれている。
  tatamibunken.jpg


中国に「畳」という漢字のルーツがあったとしても
それが、現在の日本の「畳」の起源ではない。

元々、「たたむ」という動作から
「たたみ」という大和言葉が存在して
漢字の流入によって、音に合わせて「多多美」。
その後「畳」という漢字に置き換えたのでは?

中国の「畳」は
呉音 : ジョウ
漢音 : チョウ

★じょう【畳〔疊〕】
 http://dictionary.goo.ne.jp/jn/107379/meaning/m0u/
〈ジョウ〉同じものが重なる。「畳韻・畳句・畳語/重畳」


因みに、静岡県の熱海市は
元々は「阿多美」という表記で
http://protecs.waterblue.ws/izunokunikitan.html
海人族の混成部族である阿田/阿多族の領地
という意味の「阿多美」が、
海中に間欠泉が湧出して海が熱かったこと
海が熱く沸きかえったとする伝承・「あつみが崎」
などから「熱海」という漢字が当てられているそうだ。


中国語では
★【叠(疊)(曡)】 dié
 http://dictionary.goo.ne.jp/cj/5759/meaning/m0u/

床に敷く物、重ねる物の総称が「畳」という漢字なので
たたみ→多多美→畳



★現存する最古の畳
 http://www.nototatami.com/tatami/oldest.html
最古の畳の在り処

現存する最古の畳は、奈良「正倉院」にあります。
正倉院にある宝物は、「聖武天皇の遺品」です。
聖武天皇が崩御された時、遺された光明皇后は
天皇の御物を身近に置くことが偲びがたく、
遺品を奉納されました。
その奉納された遺品が今も正倉院に残る宝物です。
その中に聖武天皇がお休みになられた
御床(ベッドのような寝台)とその上に敷かれていた
御床畳です。

 oldest.gif
御床畳残欠

御床の上に置かれていた畳の断片です。
これでもよく残っていた方なんでしょう、
この断片からでもある程度は
在りし日の姿が推理出来ます。
まず、
構造はマコモ製の筵(むしろ)を重ね合わせて
芯材として、表面にはい草製の筵(むしろ)、
裏面は麻布になっています。

畳の縦の長さは分からないのですが、
幅の長さは最大辺がおよそ118センチあり、
御床の幅と近い事から118センチ程度であった
と思われます。
残っている畳が不完全なので
縦の長さが分かりませんが、御床(ベッド)の長さが
237センチである事から似たような長さがあった
でしょう。
また、畳縁ではありませんが横を覆っていた
形跡があります。
聖武天皇の没年は西暦756年
今から1260年以上前です。
と言う事は、現存する日本最古の畳は
1260年前のベッド畳であったと言う事ですね。
すでに、畳床・畳表・畳縁が揃っていて、
今の畳とあんまり変わらないのがすごいです


(引用ここまで)


★畳の歴史
 http://www.rapt.co.jp/hontori7/tatami/2012/03/post-13.php
 
★畳の歴史
 http://www.inouetatami.com/rekisi.html


★有職畳のご紹介
 http://isogaki-tatami.jp/yushoku.html



奈良時代の畳が正倉院に保管されている
その、文化の証が現存しているって有り難いわ。
御床畳

天皇や貴族の寝台の為の御床畳や
座布団のような座具としての使用し
必要な場所にだけ置かれていた畳が
  源氏物~1

書院作りという建造物の変化から
部屋全体、床全面に敷かれるように変化する。
 Fotolia_76610911_Subscription_Monthly_M.jpg

畳から派生する生活様式や文化。
 Teaa00cd971aa3d04cd50110180d5b59860e.gif

 teasa4dou.jpg

 sadouactivity01-thumb-1024x683-10.jpg

畳だからこそ、正坐をする事ができ
茶の湯の流行と共に、
茶室の設え、茶菓の発展に繋がる。
 sadou0a7dc2b144b9def6742126b234ee9a6a-470x470.jpg


かつて、座具として使用していた様式
ひな人形からも伝統文化が目に見える。


★おひなさまの話
 http://www.kyohaku.go.jp/jp/dictio/senshoku/hina.html


★『江戸東京歳時記をあるく』
 第18回 江戸東京の雛人形

 http://www.kashiwashobo.co.jp/new_web/column/rensai/r03-18.html
1 時代とともに変わる雛人形の流行
 (中略)
 r03-18-01.jpg
 図1 享保雛(右)、次郎左衛門雛(中)、古今雛の特徴
 『守貞慢稿』より

(続きはリンク先で)



 hina09_l.jpg

 hina11_l.jpg

  hina073.jpg
 http://www.library.metro.tokyo.jp/portals/0/edo/tokyo_library/modal/index.html?d=73


 hinaimg_1.jpg
寛政(1789-1801)の頃、江戸の人形師、
原舟月が、古代雛を参考にして考案した雛人形。
目の玉に水晶やガラスを使用している。



>起源は中国でも、
 そうした伝統が根付いていない 
 

古代、大陸から日本に伝わり、
日本の風土や歴史によって変遷を遂げた文化に
「起源説」を唱えて自爆するよりも
自民族が今現在、過去から伝承された文化を
もっと大切にするべきだと思うけどね。

私は、
古文書の記録や正倉院に残る遺物も大切だけど
聖武天皇の御床畳を製作した畳師という職業が
今も残っているという事が素晴らしいと思う。
  tatamisi.jpg

上流社会の文化が、時代を経て
庶民にまで伝搬する文化。

現在の住宅様式から、畳の部屋が消えていく・・・
畳の文化、畳職人
今の日本人こそ、日本の伝統を守り、
後世に繋げる努力が必要と思う。

どんな形にせよ、
自分達の文化を誇りに思い、残していくことが。

  rikyuk_20160204025255486.gif
 せっかく根付いた文化を
 伝承するのは大事ですわなぁ・・・

豆まきもしたので、
ひいな様を飾る準備をいたしましょ♪




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 3

スポット参加

恵方巻
MSN産経ニュース論説大月隆寛氏(民族学者)論説:抜粋
きれいどころの芸者衆があの太巻きを一本丸のまま、眼を白黒させながらほおばる姿が… といった、まあその、上方の旦那 (だんな)衆のなぐさみになっていた、という次第。だもんで、そんなにおおっぴらに、それも ごくふつうの一般家庭の日常に入り込ませちまっていいのかなあ、と思わぬでもない。

日本辱め工作機関NHKによる「恵方巻」異常報道さに呆れる。
日本文化を知り尽くした「NHK解説委員」の配置を望む。

2016-02-04 (Thu) 08:30 | EDIT | REPLY |   

-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016-02-04 (Thu) 13:00 | EDIT | REPLY |   

弓取り

シナの文化文物は、王朝の流行り廃りで終了

シナのネットユーザーのコメントまともだと思いました。事実関係の真偽は置いといて、少し驚きです。
ここから自分らの国家も歴史もさらに見つめて練り上げて拡散してほしいものです。

>「起源は中国でも、そうした伝統が根付いていないのは恥ずかしいことだ」
>「漢代や唐代が今の中国と同じだと?」
>「日本のすべてが中国起源だとしても、それがどうしたというんだ。
>中国の正統性でも主張したいのか?どうすれば一つのものを極致へと高められるかを日本から学ばず、起源という地位にあぐらをかいて過去の栄光にすがる。恥をかくのはご先祖様だ」


同じ民族の幾世代もが担い手として、時間と空間をつないで維持・伸展・発展して庶民に根付いてこそ文化だ。
ということがわかりました。

2016-02-12 (Fri) 01:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply