韓流研究室

ARTICLE PAGE

両陛下、「比島戦没者の碑」で追悼

★天皇皇后両陛下 戦没者を慰霊
 NHK 1月29日 18時14分
 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160129/k10010390181000.html
8a043_1110_20160129-151723-1-0006.jpg

フィリピンを訪れている天皇皇后両陛下は、29日、
マニラ郊外にある日本政府の慰霊碑を訪れ、
太平洋戦争の戦没者の霊を慰められました。

両陛下は、現地時間の29日昼前、
マニラ郊外のカリラヤにある日本政府が建てた
「比島戦没者の碑」に到着されました。
慰霊碑には、太平洋戦争の戦没者が祭られていて、
両陛下は、日本から訪れた遺族や生き残った
元日本兵などおよそ150人が見守るなか、
厚生労働省の二川一男事務次官の案内で、
両国の国旗が掲げられた慰霊碑の前にゆっくりと
進まれました。
そして、側近から白い菊の花束を受け取ると、
慰霊碑に向かって一礼して供花台に供え、
深く拝礼して戦没者の霊を慰められました。
このあと、遺族や元日本兵たちの前まで歩き、
一人一人に丁寧にことばをかけられました。

天皇陛下は、ルソン島で戦死した父親の写真を
手にした71歳の男性に、「残念なことでしたね」と
ことばをかけ、遺族などでつくる団体の代表には、
「遺族も高齢の人が多くなるから、
 安定した生活ができるようよろしくお願いします」

と話されていました。
また、レイテ島の戦いから生還し、戦友の遺骨の収集や
慰霊巡拝を続けてきた95歳の男性に対し、
天皇陛下は
「遺族のためにいろいろ尽くしてくれてごくろうさまです」
とねぎらいのことばをかけられ、皇后さまは
「よく生き抜いてくださいましたね」などと話されていました。
両陛下は、30分以上にわたって、遺族や元兵士たちに
ことばをかけ、車に乗り込む前にもう一度振り返り、
慰霊碑に向かって頭を下げられていました。

フィリピンでは、太平洋戦争で50万人以上の日本人が
命を失っていて、カリラヤの慰霊碑は、海外で亡くなった
戦没者を追悼したいという両陛下の意向を受けて
訪問先に加えられました。
両陛下は、27日、フィリピン側の戦争犠牲者を追悼する
墓地でも花を供えていて、29日の慰霊で、
日本とフィリピン両国の戦没者の追悼を果たされました。
.

小学生が歓迎

天皇皇后両陛下が訪問されているフィリピンの首都
マニラ郊外にある町、カリラヤでは、
地元の小学生たちが日本とフィリピンの国旗を振って
両陛下を歓迎しました。子どもたちは、太平洋戦争の
戦没者の慰霊に向かわれる両陛下の車が通ると、
手作りの両国の国旗を振りながら、タガログ語で
「ようこそ」という意味の「マブハイ」と叫んで歓迎していました。
両陛下は、子どもたちに向かって、窓越しに手を振って
応えられていました。両陛下を出迎えた小学生の女の子は、
「私たちの国に来ていただいて、すごくうれしいです」
と話していました。


元兵士・松本實さん

東京・新宿区の松本實さん(95)は、太平洋戦争の末期、
陸軍の「第1師団」の師団長の補佐役として、
激戦で知られるレイテ島の戦いに参加し、その後、
別の島で終戦を迎えました。
松本さんは、昭和19年10月、上海からフィリピンに
転戦し、11月の初めにレイテ島に上陸しました。
当初から武器や物資が不足し、明治時代の旧式の
武器での戦いを余儀なくされるなか、アメリカ軍から
激しい砲撃を受け続けたといいます。松本さんは、
近くで『やられた』という声が聞こえ、
 砲弾が落ちてくる中をはって向かうと、仲間の背中が
 砲弾で切れていて手の施しようが無かった。
 『軍医が来るまで我慢しろ』と言ってその場をあとにし、
 仲間は戦死した。敵の攻撃が激しく、バタバタと
 倒れていく戦友を収容することもできなかった

と話しています。昭和20年1月にセブ島に転戦し、
そのまま終戦を迎えましたが、レイテ島に残った
およそ2000人の仲間は、
その後、全滅したということです。松本さんは、
みんな誰にもみとられずに
 本当に寂しく亡くなっていった。

 だから私は1人ででも慰霊に行くんです」

と話します。そして、天皇皇后両陛下がカリラヤの
慰霊碑を訪ねられることについて、
両陛下が、戦友のために拝んで下さるのは
 非常にうれしいことです
と話しています。
松本さんは、29日、両陛下の慰霊を見守ったあと、
レイテ島やセブ島の慰霊碑を回って、
戦友に報告する予定だということです。


元兵士・米川義男さん

三重県津市の米川義男さん(92)は昭和19年9月
フィリピンのマニラ湾で輸送船に乗っている際
アメリカ軍の戦闘機による攻撃で重傷を負い、
翌年、配属された広島市の陸軍の司令部で
原爆投下により被爆しました。
29日は自宅のテレビで両陛下が戦没者を慰霊される
様子を見守りました。
米川さんは
「両陛下に行っていただき
 感無量でありがたいです。
 みな機銃掃射でやられ、
 戦友の1人は亡くなっていく前、
 『お母さん、さようなら』と言っていました。
 フィリピンで起きたことも広島であったことも
 人間がしてはいけないこと、
 殺し合いという点では同じだったと思います。
 戦争は絶対にしてはいけない
 ただ、そのひと言です」
と話していました。


遺族 本間尚代さん「ありがたい」

フィリピンで命を落とした戦没者の遺族や、
生還した元兵士でつくる「曙光会」で事務局長をしている
東京・世田谷区の本間尚代さん(79)は、
ルソン島の戦いで父親を亡くしました。
父親の吉田正さんは、昭和19年5月にルソン島に
派遣され、翌年の6月、戦況が悪化するなか、
山中を転々とし、最後は爆弾を抱いたまま敵の戦車に
突っ込み命を落としたということです。
正さんは、出征前、当時8歳だった本間さんを
疎開先まで送り届け、抱き締めながら、
お父さんはどこにいても見ているよ。
 寂しくなったら靖国神社に会いに来なさい

と話しました。本間さんにとって、これが、正さんとの
最後の別れになりました。本間さんは、
「泣くまいとかみしめた唇の痛みを
 今でも思い出します。
 子どもと2度と生きては会えないという
 父の思いを想像すると、
 たまらない気持ちになります」
と話しています。

本間さんは、40年ほど前から、曙光会の会員の
遺族たちと毎年フィリピンを訪ね戦没者の慰霊を
重ねてきました。天皇皇后両陛下がフィリピンで
慰霊に臨まれることについて、
「54年前は、厳しい対日感情など状況が
 許さなかったでしょうが、いつかは慰霊に
 行って下さるだろうと思っていました。
 去年、パラオで慰霊された際にも、
 お二人の後ろ姿から本当に心が伝わってきて、
 テレビに向かって手を合わせていました。
 ありがたいということばしかありません

と話しています。

(引用ここまで)

  eview-jiji-2016012900882-domestic.jpg

  e61ac_368_81631adff7f478df7a43097b3db826d5.jpg

  elif16012920580028-p1.jpg

★元日本兵ら万感の思い
  両陛下、「比島戦没者の碑」で追悼

 日本経済新聞 2016/1/29 13:47
 http://www.nikkei.com/article/DGXLZO96678560Z20C16A1CC0000/
(引用開始)
同国には戦後70年を過ぎて
今なお数多くの戦没者の遺骨が眠る。

生き残った元日本兵や遺族らは
万感の思いで両陛下の慰霊に参列した。

帰国を果たせずフィリピンに眠っている仲間は、
 両陛下の訪問をさぞ喜んでいるだろう
」。

東京都新宿区の松本実さん(95)は、今回の両陛下の
戦没者慰霊に合わせ、26回目となる戦地訪問を決意した。

 1944年11月、陸軍第1師団副官として
旧満州(現中国東北部)から、フィリピン・レイテ島
に派遣された。だが前月に上陸した米軍の圧倒的な
火力になすすべがなく「転進」を続けた。
当初約1万数千人いた師団はセブ島で終戦を
迎える頃には数百人に減っていた。

 戦後、フィリピンを訪れるたび、胸に去来するのは、
孤独な死を遂げた仲間たちの最期の姿だ。
重傷を負って動けなくなり、
「手りゅう弾をください」と懇願する目。
銃弾が飛び交う最前線で、
助けを待ちながら息絶えた横顔……。

 松本さんは30日からレイテ島とセブ島を訪れ、
両陛下の慰霊訪問を亡き戦友らに報告する。
「埋葬してやることすらできなかった」。
そんな無念の思いをずっと抱えて生きてきた
松本さんにとっても大きな区切りの旅となる。

 熊本市の森田義員さん(89)の兄、富雄さんは
レイテ島で戦死したとされるが、遺骨は今も帰らない。
義員さんはこれまで同島を3度訪れ、戦記を調べたり、
生存者に話を聴いたりもしたが、
どのように亡くなったのかは分からなかった。

 自身も45年1月にルソン島に派遣され、
食糧も武器もほとんどないまま、
ジャングルでの戦闘を数カ月間続けた。
米軍に撃たれた右腕の銃創は
化膿(かのう)してウジがわき、マラリアにも感染。
カタツムリなど食べられるものは何でも食べ、
飢えをしのいだ。
終戦後に投降した時は体重が約30キロまで落ちていた。
「悲惨な体験だった」とつぶやく。


 昨年末、両陛下がフィリピンで戦没者を慰霊される
ことを知り、「兄と一緒に見届けたい」と、
富雄さんの遺影を携えて参列することにした。
「両陛下に訪問していただけて本当にありがたい。
 多くの日本人がフィリピンで起きた悲劇を知り、
 平和を考える機会になればうれしい」
と話した。

(引用ここまで)



午前中、実家の墓に行き
フィリピンで戦死した一郎伯父さんの
墓前に報告してきました。
一郎さんもジャングルの中で亡くなり
遺骨は戻っていません。

私は、祖父母や両親、伯母たちや親戚から
当時の事を聞いて育ちました。
お墓参りのたびに、口にはしないけれども
深い哀しみを抱えた人達の背中を見て育ちました。

だからこそ、
単にプラカードを持ってデモをする人達よりも
慰霊を続ける今上天皇陛下のお背中の方が
胸の奥底に響きます。

陛下は、母と同じく昭和8年のお生まれです。
終戦の年、陛下はまだ、たった11歳でした。


★終戦時の
 今上陛下にまつわるエピソード

 ぼやきくっくり 2006.12.24
 http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid207.html
 kousitu4108BQG569L.jpg
(引用開始)
 今上陛下(当時は皇太子殿下)は終戦時、
奥日光の湯元に疎開されていました。
南間(なんま)ホテルという旅館に滞在されていました。


 玉音放送に涙が

 八月十五日、正午に陛下の重大放送がある
 というので、午前の授業が終わると、学習院の
 生徒(殿下を除く)は、南間ホテルの二階の廊下に
 集まって拝聴した。

 (中略)
 ご放送の内容については、だれもそのときまで
 知らなかった。一同は、かたずをのみ、くい入るように
 玉音に耳を傾けていた。
 ご放送が進み、終戦のご放送であることが
 わかったとき、侍従たちの間から、
 嗚咽の声がもれてきた。

 ラジオの前に
 きちんと正座して聞いておられた殿下は、
 急に目を閉じ、頭を深く垂れ身動きもせず
 じーっとお聞きになっておられたが、
 しっかり握りしめられた両手はかすかにふるえ、
 目がしらには涙があふれ光っていた。

 ご放送が終わってからも、しばらく
 そのままのご姿勢ですわっておられた。

 まだあどけない十一歳の少年であったが、
 しっかり結んだお口元には堅いご決意のほどが
 拝察され、お気の毒に思いながら、
 また凛々しさに心打たれるものがあった。

 やがて穂積東宮大夫は、いたわるように
 殿下のおそばに近づいて、自分も隣にすわって
 (御座所は日本間であった)
 ものしずかに孫をさとすような調子で、
 ただいまのご放送の内容をご説明申し上げ、
 とくに戦争に負けて終戦となったが、日本国が
 滅びたのではない、日本はこの敗戦のあらゆる
 困難を克服して、再びその存立を確実にし、
 繁栄をとり戻さなければならないのである。
 この日本再建の時代に際会された
 殿下のご責任と、ご任務は、まことに重大である。
 どうかいたずらに悲嘆にくれることなく、
 専心ご勉学にはげまれて、
 きょうの悲壮なご決意を一生お持ち続けになり、
 明天子におなり遊ばしますようにお願い申し上げる、
 というような意味のことをお話しされた。

 殿下は黙って、いちいちうなずいておられたが、
 そのお顔色にははつらつたる生気をとりもどし、
 堅いご決意のほどがそのご様子にありありと
 うかがわれた。東園基文侍従の話によると、
 殿下はその日の日記に、堅いご決意のほどを
 しるされていたとのことである。

 殿下を人質として拉致

 八月十六日の午前中、憲兵隊から、アメリカ軍が
 本土に進駐してきた場合、殿下を人質として
 アメリカ本国に強制拉致するという情報を入手した、
 と報告があった。私もひそかに憂慮していた矢先で、
 不確かな情報とはいえ、あり得べきこととして、
 さっそく田中少佐とその対策を検討した。


 (続きはリンク先で)



その後、穂積東宮大夫は東京に戻り
この日の東宮殿下のご様子を
昭和天皇・皇后(香淳皇太后)両陛下に報告した。

進駐軍に東宮殿下が連行されるのではないか
また、皇太子を擁立して徹底抗戦しようとする
動きもあるとの報告も受けて、緊迫する中
儀仗兵が明仁親王殿下をお守りするために
周辺を警備していた。

穂積の報告を受け、8月30日に
良子皇后は皇太子に宛てお手紙を書かれ
穂積に託された。


tegami49bbf42.jpg
 *クリックして拡大




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply