韓流研究室

ARTICLE PAGE

韓国籍の李虎稔容疑者、偽造書類で保険証約360通詐取の疑い

★偽造書類で保険証詐取の疑い 
 韓国人ら2人逮捕

 テレ朝ニュース 2016/01/26 11:58
 
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000066972.html
偽造した書類を日本年金機構に提出して
不正に健康保険証をだまし取ったとして、
韓国人の男ら2人が逮捕されました。

 警視庁によりますと、
李虎稔(イ・ホイム)容疑者(53)ら2人は
去年8月ごろ、福岡県にある人材派遣会社で、
架空の人物を社員として雇ったと偽り、
日本年金機構に氏名や住所、年金番号などを
記入して偽造した保険の新規適用届などを
提出しました。
そのうえで、健康保険証4通をだまし取った疑い
などが持たれています。
李容疑者の自宅などからは、同様の手口で
入手したとみられる健康保険証約360通が
押収されました。

一部は銀行口座の開設や携帯電話の入手に
悪用されていたということです。
李容疑者は「弁護士と相談して答える」などと
供述しています。
(引用ここまで)

dd9e516c.png

dd11a93885.png



★年金番号を不正入手、
 健康保険証詐取…2人逮捕

 読売新聞 2016年01月26日
 
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160126-OYT1T50014.html
日本年金機構(東京都杉並区)に提出した
うその書類で基礎年金番号を不正に入手し、
全国健康保険協会(千代田区)から
健康保険証をだまし取ったとして、
警視庁が韓国籍の無職の男(53)ら男2人を
有印私文書偽造・同行使と詐欺容疑で
逮捕していた
ことが、捜査関係者への取材でわかった。

 男らは名義人がホームレスなどの年金未加入者
であると装い、架空の人物名義で健康保険証の
交付を申請していたが、
年金機構は本人確認を行わず
不正を見抜けなかった。

同庁は300通以上の健康保険証を押収しており、
詳しい手口を調べている。

 他に逮捕されたのは、
住所・職業不詳の男(42)。
同庁は関係先から健康保険証のほか、預金通帳、
キャッシュカードなどを押収。一部の健康保険証は、
ネット通販で詐取した商品を空き家で受け取った際の
本人確認や、口座の不正開設に使われていた。

(引用ここまで)


★架空人物で保険証4通を
 不正取得…次々と転職し

 読売新聞 2016年01月26日 16時34分
 http://www.yomiuri.co.jp/national/20160126-OYT1T50173.html
健康保険証の不正取得事件で、
韓国籍の無職李虎稔容疑者(53)
(詐欺容疑などで逮捕)ら
が、
架空の1人が旅行会社などを次々と
転職したと偽り、健康保険証4通を
不正取得していたことが捜査関係者への
取材で分かった。

 警視庁は、李容疑者らが各地に会社を作り
300通以上の保険証を取得したとみて調べている。

 捜査関係者によると、
李容疑者らは2013年7月、大分県の旅行会社
架空の人物西村収を雇用したと偽り、
保険証の交付を受けた。
その際、
「西村」はそれまで年金に未加入だったとして、
日本年金機構から新規の基礎年金番号を
割り当てられた。


 李容疑者らは2か月後の同年9月、
この基礎年金番号を使い、
今度は北九州市の会社が「西村」を雇用した
として保険証の交付を受けた。
14年7月には佐賀県の人材派遣会社で、
昨年9月にも北九州市の人材派遣会社
それぞれ「西村」名義の保険証を取得していた。

(引用ここまで)



★架空名義で保険証詐取 
 容疑の2人逮捕、警視庁

 日本経済新聞 2016/1/26 13:27
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26H2W_W6A120C1CC0000/
日本年金機構に虚偽の書類を提出し、
架空人物名義の健康保険証をだまし取った
として、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊
26日までに、
韓国籍の無職、李虎稔容疑者(53)
=住所不定=と
職業不詳、河野誠容疑者(42)
=福岡県田川市伊加利=

の2人を有印私文書偽造・同行使と
詐欺の疑いで逮捕した。

 警視庁は李容疑者の関係先から
約360枚の健康保険証を押収した。
遅くとも2012年ごろから保険証の不正発行を
受けていたとみている。
一部は銀行口座の不正開設やインターネット通販
の商品受取時の本人確認などに使われていたという。

 逮捕容疑は昨年8月、
架空の人物を雇用したとする届けを
日本年金機構に提出。
健康保険証4枚などをだまし取った疑い。

 警視庁によると、李容疑者は
弁護士と相談してから話す」と供述。

河野容疑者は「保険証をだまし取るのは
知らなかった」と否認している。

 事業主が従業員を健康保険に加入させるには、
氏名、住所、基礎年金番号などを記載した
「健康保険厚生年金保険新規適用届」を
日本年金機構に提出し、審査を受ける必要がある。

 警視庁によると、
李容疑者らは架空の50代男性を北九州市の
人材派遣会社で雇用したように偽装。
同人名義の新規適用届を年金機構に提出した。
人材派遣会社は実体のない
ペーパーカンパニーだという。


提出した書類に記載された基礎年金番号は、
何らかの手口で実在の人物の番号を
不正入手した可能性があるとみている。


 年金機構は全国健康保険協会にデータを送信し、
同協会が李容疑者側に保険証を発行していた。

(引用ここまで)




★健康保険証詐取
 実在しない人物の転職装ったか

 NHK 1月26日 16時52分
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160126/k10010386501000.html
(引用開始)
その後の調べで、李容疑者らが、
北九州市などに実体のない会社を十数社設立し
実在しない人物が、転職で、それらの会社を
渡り歩いたかのように装い、
そのつど、健康保険証をだまし取っていた
疑いのあることが、警視庁への取材で分かりました。

健康保険証は転職のたびに返納することに
なっていますが、社員と連絡が取れない
などとして返納に応じなかったということです。


(引用ここまで)



本人確認なしで、
健康保険証を360通も取得できる???


これが、昔からネットで言われている
「背乗り」ってやつですね。

また、ペーパーカンパニーか・・・

登記上の名義は
職業不詳、河野誠容疑者(42)
=福岡県田川市伊加利で

”実質経営者”と主犯が、
韓国籍の無職、李虎稔容疑者(53)=住所不定=か。
「弁護士と相談してから話す」
国選弁護人ではなく、
懇意にしている弁護士でもいるのかしら?

サヨク活動家さん達のサイトに行くと
「絶対に、マイナンバー制度を
 ぶっ潰してやる!!!!」

という勇ましい発言を多々見受けますけれども・・・
何がそんなに不都合なんだろう?
と疑問に思っていましたが・・・なるほどね。

それにしても、
約360通もの健康保険証って・・・。
もしかしたら、
不法滞在の外国人に売っていたり
別の詐欺組織に売ったりして
儲けていたのかな?


この二人だけでなく、もっと組織的な犯罪
だとしたら、深刻で恐ろしい事件なのだけど
マスゴミはきちんと追及するのかな?




続報
★容疑者宅に通帳200冊
 架空人物保険証で開設か-警視庁

 2016年01月26日 18時32分提供:時事通信
 http://news.ameba.jp/20160126-917/
架空人物名義の健康保険証詐取事件で、
警視庁に詐欺容疑などで逮捕された
李虎稔容疑者(53)の自宅から、
金融機関の通帳約200冊が押収されていた
ことが26日、捜査関係者への取材で分かった。
同庁は、
だまし取った健康保険証を使って
口座を開設し、別の事件に悪用した
とみて調べている。


 捜査関係者によると、
李容疑者宅を捜索したところ、
預金通帳とキャッシュカード各約200点と
携帯電話約20台、大量の印鑑などが
押収された。
自宅からは架空人物名義とみられる
健康保険証約360枚も見つかっている。
(引用ここまで)


★保険証詐取、13都県で360通
 …申請窓口分散

 読売新聞 2016年01月27日 08時50分
 http://www.yomiuri.co.jp/national/20160127-OYT1T50019.html
健康保険証の不正取得事件で、詐欺容疑などで
逮捕された韓国籍の無職李虎稔容疑者(53)らが、
埼玉、兵庫、福岡など1都12県にある
日本年金機構の窓口を通じて約360通の保険証を
取得していた
ことが捜査関係者への取材でわかった。

 警視庁は、李容疑者らが各地に設立した
ペーパーカンパニーを使って申請窓口を分散させ、
広域的に詐欺を繰り返していたとみて
解明を進めている。

 捜査関係者によると、
李容疑者らは2012年頃から、東京、広島、福岡などに
設立した旅行会社や人材派遣会社など14社が
従業員を雇用したと装い、
1都12県にある年金機構窓口に保険証の交付を申請し、
全国健康保険協会から約360通の保険証を取得していた。

(引用ここまで)



読売新聞27日朝刊紙面によると

・詐欺グループの主犯・李虎稔容疑者(53)は
 さいたま市内のマンションに住んでいた。

・各地に設立したペーパーカンパニー14社は
 北九州市など福岡、大分だけでなく東京、広島など。
 役員には李容疑者の知人が就任していた。

・偽造書類を申請した年金機構は
 東京、千葉、埼玉、栃木、群馬、静岡
 兵庫、岡山、広島、山口
 福岡、佐賀、大分の1都12県。

・保険証の申請には基礎年金番号が必要で
 それを元に氏名や生年月日を照合する。
 記載が無い場合は、事業者に免許証などで
 本人確認を求めたうえ
 年金機構も住基ネットなどで確認を行う。

・李容疑者らは、架空の人物「西村収」を
 ホームレスなので、免許証や住民票データが無い
 と装って、照合を行えないようにした。

・警視庁は
 年金機構の審査が事実上、
 事業者任せになっていたために
 事業者ぐるみの不正を見抜けなかったとみている。



  view0020685508.jpg

 これだけの手間暇をかけて入手した
健康保険証と年金手帳で、携帯電葉を入手し
通帳200通を作っていた。
マネーロンダリングや、犯罪組織、密入国者
などに、相当高く売れたのだろう。
需要が有るから、わざわざ14社もの
ペーパーカンパニーを設立して詐欺を行う。

行政書士などのプロが関わっているのだろうか?

過去には、こんな事件も・・・


★健康保険証不正取得、
 大阪市職員ら逮捕

 労務情報Blog 
 http://tutida.livedoor.biz/archives/50211180.html
 大阪市による不透明な便宜供与が次々と
明らかになっている
財団法人「飛鳥会」理事長の小西邦彦被告(72)
(業務上横領罪で起訴)が大阪市職員と共謀し、
元暴力団組長らの健康保険証を不正取得していた
として、大阪府警捜査2課は19日、
小西被告と
飛鳥人権文化センター館長(市課長級職員)の
入江和敏容疑者(59)(大阪府箕面市如意谷)

を詐欺容疑で逮捕した。

読売新聞:2006年6月19日11時52分

(続きはリンク先で)



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply