韓流研究室

ARTICLE PAGE

宜野湾市長選、共産党新人候補が戸別訪問投票依頼の選挙違反

★宜野湾市長選あす投開票 
 過熱する集票活動 
 公選法違反で新人告発

 産経新聞 2016.1.23 07:55
 
http://www.sankei.com/politics/news/160123/plt1601230009-n1.htm
米軍普天間飛行場を抱える沖縄県
宜野湾(ぎのわん)市の市長選が24日、投開票される。
現職の佐喜真淳氏(51)=自民、公明推薦=と、
新人の元県職員、志村恵一郎氏(63)の
一騎打ちの構図で、選挙戦は過熱。
21日には志村氏が、支援を受ける同県の
翁長雄志(おなが・たけし)知事とともに
公職選挙法で禁じられている戸別訪問
していた
と指摘する動画がインターネット上で拡散し、
県内の民間選挙監視団体の男性が22日、
同法違反の罪で志村、翁長両氏に対する
告発状を県警に提出した。

 県警は産経新聞の取材に、告発状について
「受理か不受理かを含めて
 答えられることはない」とし、
告発状の扱いは当面、預かりにしたとみられる。

 志村氏選対の本部長代行を務める
伊波洋一・元宜野湾市長は
「街宣活動の途中に知り合いのところに
 顔を出すことはよくあり、
 違法なものではないと理解している」

とコメントした。

平成8年の普天間飛行場の返還合意から20年、
同飛行場の移設問題で市民は二分されてきた。
今回の市長選では佐喜真氏が名護市辺野古移設
を否定していないのに対し、
志村氏は辺野古移設に反対している。

 選挙戦は、佐喜真氏が自公両党支持層の
大半の票を固め、企業にも浸透する一方、
志村氏は支援を受ける社民、共産両党など
革新勢力の支持層を固めている。

勝敗のカギを握るのは有権者の半数を占める
とみられる無党派層だが、無党派層の支持は
佐喜真、志村両氏に二分している。

(引用ここまで)



★NHKが放送しちゃった!
 翁長知事とシムラ候補の
 選挙違反シーン

 http://japan-plus.net/1090/ 
  

 (続きはリンク先で)





★公選法違反の告発、産経が報道
 狼魔人日記
 http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/f2be1b20886bd5b4564be7bb58e5e464
(引用開始)
 o010.jpg

 o034_2.jpg

 o035.jpg


選挙用の襷と鉢巻姿で個人の家をに入り込み、
志村候補が「翁長知事を連れて参りました」と
翁長知事を紹介した後、翁長知事が
「厳しい選挙だけれど宜しくお願いしますね」
と投票依頼をしている。


明らかに
戸別訪問の要件をすべて満たしており、
伊波氏が主張する
「街宣活動の途中に知り合いのところに
 顔を出すこと」とはかけ離れた光景である。


(中略)
■県警不信に陥る人々

筆者の知人のN氏は、これまで選挙の度に
行われてきた「個人訪問」を個人の動画に
収録し、何度も県警に告発した経験がある。

ところが、いずれの場合も
「証拠不十分」として告発は不受理に終わっている。

そのN氏が言うには、今回の告発でも
沖縄の県警が告発状を受理する
はずはないという。

ところが、これはN氏の大きな誤解である。

N氏の提出した証拠の動画と
今回のNHKの動画とは、
証拠能力で決定的な違いがある。

(中略)
今回の場合は言い逃れることに出来ない
決定的証拠をNHKが地上波で
放映してくれたのだ。

今回の志村候補の行為は、
まれに見る程明確な
公職選挙法138条
「戸別訪問の禁止」違反
である。


むしろ翁長知事のような選挙のベテランが、
何故このように初歩的な証拠を残して
明々白々な「公職選挙法違反」をしたのか、
疑問に思うくらいである。

仮にこれを県警が、
不受理にするような事態が発生したら、
県警と県知事の腐った関係
別の疑惑として浮上するだろう。


(全文はリンク先で)









>演説どころか選挙カーにも
 乗せてもらえない元総理大臣。




国会前デモでは、
下っ端の中核派女性に暴言吐いて脅
「お巡りさん、こいつら危険です!」
などと、中核派を排除していたSEALDsと
SEALDs防衛アザラシ隊(しばき隊)

中核派の有名人とは手を組むSEALDs琉球。
節操が無い!












>キャンプ・シュワブ前
 活動家が、小型クレーン車で
 コンクリートブロック200個を
 国道上に放置した

 車両の通行を妨害する目的だ


墓地に立ちション、違法駐車、不法占拠
保守系事務所などに殴り込み
コンクリートブロック200個を国道上に放置・・・

自称「ヘイワ団体」のサヨク過激派はやりたい放題。
公示前から、SEALDs琉球などが
共産党のシムラ候補に投票を呼び掛ける街宣など
選挙違反もやりたい放題。

共産党のシムラ候補を応援に
本土サヨクが集結中。
 

それを絶対に報道しない本土のメディア。
サヨクの声だけを
「沖縄県民の声」だと垂れ流す・・・

沖縄メディアも異常!





琉球新報
中国民衆と連帯を
伊波 二郎 69歳


志村氏選対の本部長代行を務める
伊波洋一・元宜野湾市長のご親族?





県知事、
この1週間(実質5日間)
県庁不在で、公務そっちのけで、
選挙戦にうつつをぬかす。




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

弓取り

祝 (地球文明を破壊する特あ市民の負け)

宜野湾市 勝利だそうな。
エセ平和の国家解体・売国が進みませんように。
地球市民にかってなことをさせませんように。

2016-01-25 (Mon) 00:11 | EDIT | REPLY |   

佐喜真氏ご自身の発言も載せてください

佐喜真氏ご本人が国会で1/28公明党 山口那津男氏へのお礼とした発言についてです。

『公明党には毎日宜野湾に入っていただき、遊説や戸別訪問などを含め選挙運動を展開していただいた』

2016-02-07 (Sun) 00:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply