韓流研究室

ARTICLE PAGE

下関・合田一家トップの金教煥(通称・末広誠)容疑者逮捕。国旗利用し強制執行妨害疑い

★合田一家トップ逮捕、
 強制執行妨害疑い

 読売新聞 2016年01月13日
 
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20160113-OYS1T50000.html
福岡県警と山口県警の合同捜査本部は12日、
指定暴力団合田一家(本部・山口県下関市)
トップで総長の末広誠こと
金教煥容疑者(74)(韓国籍)
らを
強制執行妨害容疑などで逮捕した、と発表した。

 ほかに逮捕されたのは、
合田一家本部長の朴鐘吉容疑者(55)(同)
下関市の建設会社役員佐藤嘉太郎被告(36)
(威力業務妨害罪で起訴)ら6人。

 発表では、金容疑者らは共謀し、
2013年6月、佐藤被告が経営する会社が
所有していた下関市の土地について、
差し押さえを妨害するため、
金容疑者を権利者とするうその登記申請を
するなどした疑い。
土地は競売にかけられ、別の会社が買い取って
売り出したが、金容疑者は買い手が付かないよう、
隣接地に「養豚場計画地」と記載された
看板などを設置した疑いも持たれている。
捜査本部は7人の認否を明らかにしていない。
捜査関係者によると、金容疑者は佐藤被告に
資金援助をしており、土地の転売で利益を得よう
とした可能性があるとみている。

 捜査本部によると、
合田一家は山口県内最大の指定暴力団で、
構成員・準構成員の総数は約290人。


(引用ここまで)

 3fa5969b-s.png



★合田一家トップ逮捕、
 土地売買妨害疑い 山口

 産経新聞 2016.1.12 11:38
 
http://www.sankei.com/west/news/160112/wst1601120034-n1.html
土地の売買を妨害したとして、
福岡県警が威力業務妨害などの疑いで、
指定暴力団「合田一家」(山口県下関市)
トップの金教煥(通称・末広誠)容疑者
逮捕したことが12日、捜査関係者への
取材で分かった。

 逮捕容疑は昨年7月、
合田一家系組長らと共謀し、福岡県の企業が
売ろうとしていた下関市の土地の隣に
「養豚場計画地」とうその看板
日章旗を設置し、売買を妨害した疑い。
組長らは同年11月に
同じ容疑で逮捕されている。

(引用ここまで)

  1e70e6ed-s.png
http://www.sanspo.com/geino/news/20160113/tro16011305010003-n1.html
逮捕容疑は2015年7月、
福岡市の会社が取得し不動産仲介会社が
売ろうとしていた下関市の土地の隣に
「養豚場計画地」とのうその看板2枚と
日章旗2本を設置し、売買を妨害した疑い。

(引用ここまで)



ya4938.jpg

★合田一家
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%88%E7%94%B0%E4%B8%80%E5%AE%B6
 1987年(昭和62年)に
 山中大康こと李大康
 五代目を襲名したのち

 山口県下の反目勢力を次々と吸収、
 県全域を勢力範囲とするまでになった

(引用ここまで)



★七代目合田一家(山口県下関)
 末広誠総長

 http://ch.nicovideo.jp/tsushinjihou/blomaga/ar207090
(引用開始)
 b5d4a8c2ce426b6c586f662a9238b890c899cf88.jpg
合田一家末広総長

合田一家の結成は昭和二十三年で、
歴史的には戦後派の新興博徒組織だが、
その源流は、明治、大正、昭和と、九州の
吉田磯吉とともに稀代の侠客といわれた
保良浅之助の籠寅組の系譜を引く。
(中略)
その保良がやがて興行界に進出。
浪曲、講談、浪花節、芝居などを手がけ、
関西各地で大きな劇場を経営するまでになる。
興行のネットワークを利用しながら
その名が全国に浸透する籠寅一家は、
事実上、広域組織のようなもので、
その組織力は
日本のトップクラスだったと言っていい。

 だが、そこに大きなライバルが登場する。
同じく興行界への本格進出を開始した
神戸の二代目山口組である。
(中略)
保良が下関―韓国・釜山という海運業界の
一大拠点に強力な地盤を形成していた

こともあって、当時の流通業界にも
大きな影響力を持っていたことは見逃せない。

「籠寅が首を横に振れば、
 関釜の荷役は止まる」
と言われるほど、保良の影響力は絶大だった
というから、この点も港湾荷役事業で発展した
山口組の姿と重なる。

 その後、保良はこうした力を背景に
政界へと進出。
それに伴い、ヤクザ社会から
隠退し、実子である寅之助が籠寅二代目を
継承、戦後、その系譜は合田幸一初代総長
へと受け継がれる。

(中略)
cc43fcf8642aa8ceb0a8f238600a44c8ac20917c.jpg
 山口組への挨拶を終えた末広総長と最高幹部


★保良浅之助
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E8%89%AF%E6%B5%85%E4%B9%8B%E5%8A%A9




毎日新聞と朝日新聞だけが
『末広誠容疑者』
と、通名報道・・・


七代目合田一家総長の金教煥(通称・末広誠)は
四代目小桜組組長
合田一家本部長の朴鐘吉容疑者(韓国籍)は
五代目小桜組組長で、通称;新井鐘吉

五代目合田一家総長の李大康(通称・山中大康)は
三代目小桜組組長。
という関係らしい・・・




そう言えば・・・
「慰安婦狩りをした」と大嘘を振りまいた
吉田清治
「山口県労務報国会の下関労報動員部長」
を名乗っていましたね。
下関市議に共産党から出馬して落選の経歴



★捏造作家、吉田清治という男
 http://kokis.client.jp/noby/b02_yoshida.html


★「強制連行」広めた吉田清治、
 2冊の著書 
 「あれは小説ですよ」出版社

 http://www.sankei.com/politics/news/140908/plt1409080020-n1.html


★下関事件 (騒乱)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E9%96%A2%E4%BA%8B%E4%BB%B6_(%E9%A8%92%E4%B9%B1)


★下関駅前のコリアタウン
 「グリーンモール」

 http://deepannai.info/shimonoseki-green-mall/


★作家 高史明 
 追憶の風景 下関市彦島

 朝日新聞 2009年10月17日
 http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200910170229.html




★わがまち・ウリトンネ
 (1)山口・下関 金正三、姜海洙

 http://www1.korea-np.co.jp/douhou-hiroba/tonne99/01-simonoseki.htm
(引用開始)
下関市は、朝鮮半島の対岸に位置する。
1905年、釜山とを結ぶ「関釜連絡船」の
定期航路が開設された。
これによって朝鮮半島と日本の往来が
頻繁になった。以来、多くの朝鮮人が
下関港で降り、日本各地へと渡って行った。


 なぜ、朝鮮人が日本に渡ってきたのか。
それは一言で言うと、
日本が朝鮮半島を植民地にし、農作物や
地下資源などの物、そして労働力としての
人間の略奪を本格化させたからだ。
そのため朝鮮人は、生きるための糧(かて)を
求めて、日本への渡航を余儀なくされたのである。


    ◇     ◇

 メモ 
朝鮮半島から日本への渡航拡大の大きな
きっかけとなったのが、1912年から日本が
開始した「土地調査事業」
当時、土地の所有関係が明確になっていなかった
農村の現状に目を付けた日本は、
朝鮮人に日本語での新たな土地所有権の
「申告」を義務化させた。

 日本語を知らない農民たちは当然、
申告ができず、それら先祖伝来の田畑は
日本の国有地として没収され、日本人たちに
払い下げられた。結果、農民たちは高い率の
小作料と地税など2重、3重のカネを
払わなければ農業を営めない状況に
追い込まれた。物的略奪の始まりである。

    ◇     ◇

 農家だった姜さん一家は、
「土地調査事業」によってすべてを奪われたという。

(引用ここまで)



これは
土地調査事業は
「地税」の公平負担、土地所有権の保護を
目的として行われた国家事業。
近代化を進める併合前の大韓帝国でも
数百年振りに量田が行われる事になったが
李朝時代の複雑な制度と、税逃れの
隠田発覚を恐れる儒臣達の抵抗によって
実質的に頓挫している。

朝鮮総督府には多くの朝鮮人が勤務し
各地の説明は朝鮮人の面長(日本でいう村長)など
朝鮮同胞がきちんと立ち会っている。
勿論、宣伝の不徹底や複雑な申告手続きにも
問題はあったが、それまで隠田で税逃れしていた人は
「申告すると多額の税金を取られる」
というデマも流れ、申告しない農民もいた。
耕作権を奪っていない事例では
李朝時代の天領地公田を買い取った東拓が
資金を投入し田んぼに水路を整備し終えた所で
永年耕作していたという朝鮮人が訴えを起こす
事件が起きている。

道知事は、朝鮮人の耕作権を認めて
購入者の東拓に、公田の返還命令を出している。


★李氏朝鮮の中央集権的
 封建国家の成立

 http://blogs.yahoo.co.jp/kuwanabusitatumune/26609825.html


★李朝末期の腐敗悲惨の実情
 http://d.hatena.ne.jp/hidekitora/20080718


★「李氏朝鮮-大韓帝国期」
 における土地制度の真実

 http://yabuhebi.exblog.jp/4086555/


★日本が韓国人から
 土地を収奪したというウソ

 http://jjtaro.cocolog-nifty.com/nippon/2012/04/post-7bbd.html


★日本による
 朝鮮の土地の収奪というウソ

 http://www.tamanegiya.com/kako/toti-.html


★土地調査事業の説明(一)
 http://ameblo.jp/dreamtale/day-20070613.html


★土地調査の効果の批判
 友邦シリーズ・第一号
 財団法人友邦協会
 「朝鮮の土地調査」
 萩原彦三 元咸鏡南道知事
 http://blog.livedoor.jp/tkknrak/archives/cat_1517768.html
(引用開始)
所有権の所在は、専ら冷厳なる事実関係のみ
によって判定したのである。

如何に多数の農民が長年耕作し来った土地
であっても、確実な公権的文書によって、
土地の私有を証明し得る者があれば
、その者に
所有権ありと判定せざるを得なかったのである。
農民が永年子孫相伝えて耕作し来った田土でも、
その実、宮庄田であったり、賜牌田であったりして、
農民は、単に耕作権を有するに過ぎなかった
場合
には、農民の所有権を認めるわけには
いかなかった。

土地調査は農地制度の改革ではない
のであるから、
公田の耕作農民に土地所有権を与える
というような農地解放は行われなかったのである。

(中略)
しかし、これを以って、
・・・土地調査の結果大多数の農民が
生活の基盤を奪いさられ
故郷を棄てて流浪せざるをえなくなった・・・
という一部の学者達の説は事実に反し、
甚だしい誇張というべきである。
農民の耕作する土地が国有と決定したとしても、
単にそれだけの事実で、勤勉な農民が
永年の正当な耕作権を取り上げられる
ということは無かった


 土地公有制の残滓と認められる現象
例をあげてみると、
河川敷地や路傍の空き地などの公共用地に、
勝手に家を建てて住居する習慣がある。

これを放っておくと、いつのまにか多数の住居が
でき、大きな部落になるほどである。
それらの人々は、国や地方公共団体の所有権を
侵している意識はないのだ。

個人には土地私有権があっても、国や公共団体
には個人の有するような意味の土地所有権は
ないのだという考えが無意識に働いている。
又民有でない原野、荒蕪地、草生地、沼沢、
干潟の類、勝手に開墾しても、牧場にしても、
宅地にしても、差し支えないという習慣があった。

韓国政府は光武十一年(1907、明治40年)
法律を発布し、これらの未墾地の開墾等は、
予め貸付の許可を受けたものでなければ
事業成功しても所有権を与えぬことにしたけれども、
なお三町歩未満未墾地については、旧慣どおり
勝手に利用してもよいとしたほどである。

山林には無主公山という考え方があった。

(続きはリンク先で)



以前、地元選出の民主党国会議員が
【定住外国人地方参政権】賛成派なので
国会の事務所に電話した事がある。
残念ながら議員はお留守だったので、
秘書の方に質問をした。
「外国人に地方参政権を付与する場合
 暴力団関連の人にも参政権を与えるのか?」


電話応対をした男性は
「日本人だって、そう言う人にも参政権がある。」

私は、帰化条件に反社会性のある人には
国籍を与えられないという部分を指摘して
「日本人は、国民だから仕方が無いけれども
 帰化に不適切な活動をしている暴力団の
 関係者にも参政権を与えるのか?」
と食い下がったが・・・
結局、
何度も日本人だってとか平等とか人権とか
繰り返すばかりでらちが明かず・・・
「議員は、
 そこまで想定していないという解釈で
 宜しいのでしょうか?」
というと

「これは、あくまでも私の意見です。」
と言うので、私の電話番号を知らせて
議員の見解をお聞きしたいと申し出たのですが
忘れられたのか・・・とうとう電話はなかった。




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016-01-14 (Thu) 12:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply