韓流研究室

ARTICLE PAGE

【帝国の慰安婦】朴裕河教授に賠償命令「学問の自由より人格権」 

★「学問の自由より人格権」 
 朴裕河教授に賠償命令
 =「帝国の慰安婦」裁判
 
 朝鮮日報 2016年1月14日 8時45分
 http://news.livedoor.com/article/detail/11061783/
日本軍による従軍慰安婦被害者を
「自発的な売春婦」などと記述した
『帝国の慰安婦』の著者、
朴裕河(パク・ユハ)世宗大教授に

名誉を傷つけられ、人格権を侵害されたとして、
慰安婦被害者9人が損害賠償を求めた裁判で、
ソウル東部地裁は13日、朴教授に
原告1人当たり1000万ウォン、計9000万ウォン
(約875万円)の賠償金を支払うよう命じる
原告勝訴の判決を言い渡した。


 問題の著書は、
2013年8月に初版が発行された当時から
慰安婦問題について、
これまで知られていた事実とは異なる記述が
論議を呼んだ。

慰安婦被害者9人は
「朴教授が著書で我々を『売春婦』とか
 『日本軍の協力者』などと売り渡した」と主張し、
14年6月に原告1人当たり3000万ウォン、
計2億7000万ウォン(約2625万円)の
損害賠償を求める訴えを起こした。

 ソウル東部地裁は
「日本政府と日本軍が慰安婦を募集、
 運営する上でで直接的、間接的に
 介入した事実は
 国連のさまざまな報告書、河野談話、
 国内外の学術研究結果などで認められている。

 それに基づけば、朴氏が著書に記述した
 内容中32カ所が虚偽事実に該当するか、
 極めて一部にすぎない事実を一般化して
 断定しており、
 慰安婦被害者の名誉を毀損し、
 人格権を侵害した」
と判断した。

 ソウル東部地裁は本の記述のうち、
「慰安婦の大多数は
 からゆきさん(日本人慰安婦)の後裔」

「アヘンを軍人と共に使用したのは
 むしろ楽しむためだった」などとした
10カ所を虚偽事実の摘示による名誉毀損に
当たるとした。判決は
「こうした記述は
 朝鮮人慰安婦が本人の選択で
 慰安婦になり、経済的代価を受け取って
 性売買を行う売春用従事者であるかのように
 暗示するもので、
 慰安婦被害者の社会的評価を阻害している」
と指摘した。

 判決はまた、
「慰安婦が
 軍人の戦争遂行を助けた愛国的存在」
「慰安婦は軍人と同士的関係にあった」
「性の提供は
 日本帝国に対する愛国を意味する」
などといった
朴教授の主観的意見22カ所について、
慰安婦被害者の人格権を侵害したと指摘した。
判決は「愛国」「協力」「同志」「戦争遂行」といった
表現は若干の誇張という域を超え、
慰安婦が被害者だという事実自体を
ねじ曲げていると判断した。

 朴教授は裁判の過程で憲法が保障する
学問と表現の自由を掲げ、
「本は日本を適切に批判するためのものであって、
 慰安婦問題には反論も含め、
 あらゆる事実を客観的に検証する姿勢が必要だ

と主張した。しかし、判決は
歴史的人物が生存している場合には
 人格権の保護が
 学問の自由に対する保護よりも相対的に
 重視される
と朴教授の主張を退けた。
学問の自由が持つ限界を超え、
他人の人格権を侵害したと判断した格好だ。

 今回の損害賠償訴訟とは別に、
ソウル東部地検は昨年11月、朴教授は名誉毀損の
罪でも在宅起訴しており、20日に初公判が開かれる。
今回の判決は刑事裁判にも影響を与えるとみられる。

 慰安婦被害者のイ・オクソンさん(89)らは
判決後に記者会見し、
「裁判所は事件の重みと慰安婦被害者が受けた
 精神的ショックを十分に認めて判決を下したと思う」
と歓迎した。
しかし、一部には
学者による学問上の記述を
司法的な審査の対象にするのは
学問・出版の自由に対する侵害につながる
とする意見も存在する。

(引用ここまで)



★「国民感情に従った判決」 
 朴教授著書出版社が裁判所を批判

 朝鮮日報 2016年1月14日 8時49分
 http://news.livedoor.com/article/detail/11061784/
従軍慰安婦問題に関する『帝国の慰安婦』を
執筆した朴裕河(パク・ユハ)世宗大教授は
13日、本の内容が慰安婦被害者の名誉を
毀損したというソウル東部地裁の判決について、
「裁判の結果を承服しかねる。控訴する」
と述べた。

 朴教授は本紙のインタビューで、
「学者として十分に研究を行い、
 資料を調査して書いたもので、
 本の内容に虚偽事実や名誉毀損に
 当たる部分はないと思う」
と主張した。

 朴教授は
「本全体を読めば、
 慰安婦被害者を批判しようとしている
 わけではないことが分かるが、
 一部の都合の悪い話だけ選び出して
 批判している
のが残念だ。
 そうした社会的ムードならば、
 学者が新たな主張と学説を
 明らかにするのは難しい」
と指摘した。

 朴教授はまた、
「本の問題とは別に
 (慰安婦被害者が暮らす施設)ナヌムの家と
 以前から対立があった。
 生前にナヌムの家の人々を批判した
 故ペ・チュンヒさんと私が親しかったせいだ

とも述べた。朴教授は
ナヌムの家が私を快く思っていないところに
 慰安婦支援団体を批判する内容が含まれた
 この本が出版されるや、
 民事・刑事訴訟を仕掛けたものだ。

 近くウェブサイトを作成し、今回の裁判過程で
 あったことを詳細に明らかにする計画だ」

と話した。

 本を出版した出版社「根と葉」と
チョン・ジョンジュ代表(53)も
本に描写された慰安婦の姿が
 自分の考える慰安婦のイメージとは
 異なるという理由

 被害者に対する名誉毀損だと
 断定するのは誤りだ。
 裁判所が本に対する深い理解がないまま、
 慰安婦被害者の主張と国民感情に従った
 判決
を下したと言え残念だ」
とコメントした。

 チョン代表は
「本に出てくるように
 日本軍の慰安婦の中には
 生計を立てるための慰安婦もいるのに、
 全ての慰安婦を
 『日本が銃剣で脅して性奴隷にした
 韓民族の純潔な少女』

 というふうに定義すれば、
 他の観点は受け入れられなくなる。
 偏見で学問と表現の自由が
 侵害されてはならない」
と主張した。


 一方、日本の菅義偉官房長官は同日、
判決についての記者団の質問に対し、
「一般論で言えば、いかなる国であっても
 『表現の自由』を保障することが
 重要だと思う」と語った。

(引用ここまで)

  ie1019a34_20160114135013c51.jpg
冷静な学術研究は一切許されず
元慰安婦のハルモニに土下座を強要される
韓国の大学教授達・・・




関連記事
★「日本びいき」ある元慰安婦の死、
 「反日」でひとくくり…
 中央日報1面トップ

 産経新聞 2014.6.22
 http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/140622/plt14062219520011-n2.html


★朝日武田肇記者と
 ハンギョレ記事の食い違い

 http://togetter.com/li/678020





(引用ここまで)
ペ・チュンヒ(裵春姫)さんは、
満州の慰安所で働いた後、日本に密行します。
大阪などのクラブで歌手などをしながら
生計を立て30年間日本で生活していましたが
韓国に帰国後、
親族の男性に騙されて、有り金を全て奪われ
生活に困窮してナヌムの家に入所。


http://www.theperthexpress.com.au/contents/ontheroad/s28/2.htm
場面が変わり、韓国内の犯罪を
摘発するニュースになった。
「日本に比べて韓国は、悪いヤツが多いよ。
 日本の戦前は、人情があって
 本当によかったよ。
 今の韓国の人は、カネ、
 カネのことばっかり。
 若い人もろくなヤツがいない。」。

おばあさんの口から、日本を誉め、
韓国を悪くいう状況なんて想像もしていなかった。
さらに、裵さんは、韓国の悪口を続けた。
さすがに気分が良くなかった。
「そんなん、どこの国でも同じやろ。
 韓国にも日本にも、いい人もいれば、
 悪い人もおるんやし」。
ちょっとつっけんどんに言い返し、
一緒にテレビを見るのをやめ、その場を離れた

http://www.theperthexpress.com.au/contents/ontheroad/s28/3.htm
裵春姫さんの項に目を通す-
「1923年、慶尚北道星州生まれ。
 中国で慰安婦生活。
 終戦後、すぐに帰国できずあちこちを
 転々としたあと、1951年日本へ渡る。
 日本で30余年暮らして1981年帰国。
 その時、持って帰ってきたお金を全部、
 唯一の肉親であった腹違いの兄に
 騙し取られる。

 それから韓国人を否定的に見るようになった」

-そうか、裵春姫さんには、
そういう昔があったのか。だから韓国を悪く言うのか。
(引用ここまで)

ペ・チュンヒ(裵春姫)さんがナヌムの家で、
まだ最年少の慰安婦だった頃に
最年長だったお婆さんの経歴は
結婚して男の子が生まれると、夫に飲み屋に売られ
客の相手をさせられながら、借金を返していたが
早くお腹を痛めて産んだ息子に会いたいと
慰安婦に応募した
のだと言っていた・・・
夫が自分を売った借金を早く返すために
「高給」の慰安婦に自ら飛び込むしか方法が無かった。

自発的売春婦というより
家族による人身売買の犠牲者ですね。




★帝国の慰安婦」著者が
 ワシントンで講演
 「政府の声を唯一とするな」 
 学術的立場から冷静な議論を

 産経新聞 2016.1.12
 
http://www.sankei.com/world/news/160112/wor1601120065-n1.html
【ワシントン=加納宏幸】
慰安婦問題を扱った書籍「帝国の慰安婦」
めぐり在宅起訴された著者の
朴(パク)裕河(ユハ)・韓国世宗大教授が11日、
ワシントンのシンクタンクが開いた
日韓関係に関するシンポジウムで同問題に関し、
「政府の声を唯一の声とせず、
 ナショナリズムを人々の利益に
 優先させないことが重要だ
と述べ、
学術的立場からの冷静な議論を呼びかけた。

 朴氏は、
かつて日本が設立したアジア女性基金から
60人の元慰安婦が「償い金」を受給したと
指摘。韓国人の多くがこうした事実を
知らないと述べた。


 また、
強制的に慰安所に連行されたわけではなく
兵士を支援したと証言した元慰安婦の
存在を挙げ、
「韓国ではメディアが一方向で
 特定の見方に迎合する傾向にあるため、
 このような声や見方は
 韓国人には聞き入れられない」
と嘆いた。

 その上で、
朴氏は昨年12月の慰安婦問題に関する
日韓合意を踏まえ、
日米韓などの研究者による諮問機関を
設けて事実の究明に取り組む
ことを提案した。

一方、慰安婦問題で日本を糾弾してきた
米コネティカット大学のアレクシス・ダデン教授
慰安婦問題を
「日本による国家的な性奴隷制度」とし、
日本政府が韓国政府に慰安婦像の撤去を
求めていることを非難した。
また、昭和天皇の戦争責任にも言及した。


 朴氏はシンポジウム後、記者団に
「米国でこの問題に関心を持っている方は
 (支援)運動側に関心を持ってきたので、
 私の議論には批判的なのだろう」
と指摘。
学者同士の議論が
より重要になると強調した。

(引用ここまで)



アメリカの歴史学者・アレクシス・ダデン教授や
日本の慰安婦研究者や支援団体は
「戦争と女性の人権」のために活動をしている
と仰るのですが・・・
ダデン教授のように自国政府の犯した
慰安婦問題、女性への人権蹂躙には触れない。
日本の学者も、日本人慰安婦の被害状況など
調べようともしない。
GHQによる暴行事件や、ソ連兵の暴行事件も
「敗戦国の女性は何をされても当然」
とでも思っているのか

研究資金や出世に繋がらないからなのか
研究する気配もない!


★日米混血児の母
 澤田美喜 (中)
     
 ヨハネ 皆川尚一
 http://christ-ch.or.jp/5_torinashi/back_number/2008/2008_12/2008_12_report.html
混血児はどうして生まれたのか
 勝利を誇る占領軍にとって、
占領の落とし子として生まれた、
この混血の子供たちのことに触れられるのは、
痛いところだったのです。  
わたしの家はアメリカ海軍基地の町横須賀
にあり、わたしは終戦直後の一年間
米海軍基地に勤務していましたから、
米軍が進駐してきてから起こった
米軍将兵による凄まじいレイプ事件
20歳の頃から見て来ました。
もう戦争は終わったというのに、昼も夜も
それは起こりました。
米兵を取り締まるMPやSPと呼ばれる
「憲兵」たちもどんどんレイプしていたので、
歯止めが利きませんでした。
海軍基地内はもとより、基地周辺の市街地や
郊外地の路上、
そして日本家屋に侵入してくるのです。
人妻・娘・12,3歳の少女たちにまで
被害者はひろがりました。
 
  もちろん、横須賀だけでなく、全国約135箇所の
米軍施設のある町村にその被害はひろがりました。
パンパンと呼ばれる米兵相手の娼婦たちは、
そうした被害者たちの中から生まれて、
見る見るうちに数を増して行きました。
 
日米混血児は主としてそうした被害者たちの
産んだ子供たちだったのです。
GHQ(占領軍総司令部)は、その実態を
知られたくないために、進駐直後の1945(昭和20)年
9月22日にラジオコード、23日にプレスコードを
発令して
ラジオと新聞に対する「報道規制」を行いました。

(引用ここまで)

 maxresdefault_20160114131242219.jpg

★元慰安婦城田すずこさんの証言①
 http://blog.livedoor.jp/su_mi_jun/archives/4878870.html

★元慰安婦城田すず子さんの証言④ 
 深津牧師
 「日本は世界一性倫理の低い国」

 http://blog.livedoor.jp/su_mi_jun/archives/5145586.html




>全ての慰安婦を
 『日本が銃剣で脅して性奴隷にした
  韓民族の純潔な少女』

 だ というふうに定義


そうであって欲しいという願望と
それ以外の学術研究は許さない圧力
「女性の人権問題」という詭弁者たち・・・

事実を捻じ曲げて、利権を貪る悪質な人達がいる。


★最右翼に踊り出たKAFC 
 「日本政府は慰安婦像に協力せよ」

 続・慰安婦騒動を考える 2016/01/11
 http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2016/01/kafc.html









政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

白瑠璃碗

隣国の古代史研究にまで悪影響を及ぼす「国民感情」

韓国の「国民感情重視」は古代史の分野にまで及ぶ為、日本の考古学者らが、朝鮮半島南部に日本風の前方後円墳があるという事実をNHKの歴史番組等で堂々と紹介するのに、実に何十年もかかってしまいました。

それまで、「大和朝廷は、百済や新羅からの渡来人が造った」という韓国の歴史教科書の妄想チックな歴史観に、日本側が辛抱強くつき合って来た(つき合わされて来た)事が理由でしょう。

私の高校時代、韓国・朝鮮かぶれの先生が、やれ騎馬民族征服説だ、やれ万葉集は韓国語で読めるとそんな話ばかりして、しまいには「あ~りらん、あ~りらん~」と授業中に合唱させられる始末でした。
ですから当時、私の中では、それこそ倭国は百済の植民地か何かで、恐ろしく文化程度の低いアジア最弱のどうしようもない国というイメージしかありませんでした。

今でも、「古代韓国文学の研究」の為に『万葉集』を研究する韓国人がいたりしますが、これは「大和朝廷は渡来人が造ったに違いない」ので「万葉集は古代韓国文学のはずだ」というわけです。
『枕草子』や『源氏物語』を読んでも、コテコテの日本語にしか見えませんが、「万葉人」も日本語を話していたものと思われます。

韓国人はもっと打たれ強く、大らかになるべきではないでしょうか?
彼らは比較的身体も大きく、気が強そうですが、かなりヒステリックでメンタルが弱いと感じます。

2016-01-14 (Thu) 15:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply