韓流研究室

ARTICLE PAGE

民団、本国主要三紙に「慰安婦問題の韓日合意」意見広告と香山リカさんの中指

★慰安婦問題の韓日合意に対し
 本国主要三紙に意見広告

 民団新聞
 
http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=21356 
1月6日(水)民団は
本国の朝鮮日報・東亜日報・中央日報に、
韓国国民に呼びかける形で
意見広告を掲載した。

内容は以下の通り。

■□
未来志向的韓日関係構築…私たちは信じる

韓日間「日本軍慰安婦被害者問題」協商
妥結に対する在日同胞の訴え


60万在日同胞を代表する在日本大韓民国民団は,
日本軍慰安婦被害者問題の解決のために
昨年12月28日、韓日外交長官会談で成された
合意を支持し、今回の合意が迅速に履行され、
被害者のハルモニたちの名誉と尊厳が少しでも
回復され、新年が、両国が新しい50年を
一緒に開いていく元年になるよう祈念しながら
次のように訴える。

1.慰安婦被害者ハルモニたちのように
 日帝の植民地統治の犠牲者であり、
 日本で定着するしかなかった私たち
 在日同胞だが
、外交交渉において
 一方的な勝利はありえない。
 過去24年間両国間の懸案だったこの問題を、
 様々な困難にもかかわらず、最善の合意を
 成し遂げた本国政府の苦しい胸の内を理解し、
 これを支持する。

2.今回の合意が被害者達の立場としては
 満足できるほどの水準でないとしても、
 過去どの政府もできなかった日本政府の
 責任認定など、結果を導き出した。

 合意に対する内部分裂で永遠に未解決で残す
 よりも今後日本が約束履行をするかどうか
 見守りながら、大局的見地から合意案を
 受け入れるよう本国の国民に訴える。

3.日本政府は両国間合意内容を迅速かつ
  正確に履行し、高齢の被害者たちが一日も早く
  名誉と尊厳を回復し、過去の傷を少しでも
  治癒することができるよう積極努力することと
  あわせて、この悲惨な歴史を後の世代まで
  忘れないよう適切な措置を行うよう訴える。

4.過去数年間、厳しかった韓日関係によって
  在日同胞の生計が大きな打撃を受け

  生活の基盤である東京・新大久保の街をはじめ
  日本各地で嫌韓デモがあふれた事実を
  想起しながら、今回の合意でこれ以上
  両国関係が梗塞せず、未来志向的な関係に
  発展していくよう期待する。


5.私たち60万在日同胞は
  国を失った悲しみを骨身にしみて味わった
  当事者として、両国間の懸け橋として
  役割を忠実に履行し、母国の発展を通じた
  真の克日の日が来ることを熱望する。

在日本大韓民国民団

(引用ここまで)



なるほど・・・

「日韓合意に反対する銀座デモ」
反安倍のしばき隊が、
狂ったように中指立てて「馬鹿野郎」と叫び
カウンター攻撃していたのは、
 rika38632a24-s.jpg

民団がこの合意に賛成していて
本国に理解を求めていたから
「邪魔するな!」という攻撃だったからか・・・



新大久保の商店主や東京在住の韓国人には、
在特会の嫌韓デモも迷惑だけれども
しばき隊のカウンター攻撃も同じように
迷惑だと感じている人達もいるらしい。





★香山リカ研究 
 中指を立てる精神科医の謎に迫る

 http://togetter.com/li/924368




>日帝の植民地統治の犠牲者であり、
 日本で定着するしかなかった私たち


長野の大手パチンコ企業の社長さんである
(三公商事・パチンコニューアサヒ)
民団団長の呉公太さんに言われても
説得力ないなぁ・・・
パチンコホール26店舗に不動産賃貸業
保険代理業/雑貨販売/喫茶店まで経営する
http://www.asahi-pachinko.co.jp/company/

地元じゃ有名のお金持ちだろうね(笑)
豪邸に住んで「犠牲者」じゃ!と言われても・・・


★民主党防衛政務官
 「民団」団長から310万円の
 問題献金が判明

 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/tag/%E5%91%89%E5%85%AC%E5%A4%AA%EF%BC%88%E5%91%89%E6%9C%AC%E5%85%AC%E5%A4%AA%EF%BC%89

http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/20392570.html


楽しそうに定着している・・・
★153名が参加 
 統一ハンアリ(壺)民団大阪
 チャリティーゴルフコンペ

 民団大阪 2013-06-06
 http://www.mindan-osaka.org/kccbbs/news_viewbody.php?number=218
このゴルフコンペには
駐大阪韓国総領事館 李賢主総領事、
民団中央本部 呉公太団長、金漢翊議長
大阪韓国商工会議所 高英寬会長のほか
婦人会、民団本部、支部幹部ら、趣旨に賛同した
総勢42組 153名が参加し、盛大なコンペとなった。
さらにこの日は、民団大阪本部を中心に組織一体
となって募った白頭学院の新校舎建設支援金
500万円を鄭鉉権団長から白頭学院 金聖大理事長
に贈呈した。

 競技はダブルぺリア方式で行われ、
多くの参加者が受賞できるよう、飛び賞や
ニアピン賞、当日賞やラッキー賞も設けられ、
ソウルペア往復航空券や39インチ薄型テレビのほか、
サーロインステーキや完熟マンゴー、商品券など
豪華商品が用意された。

(引用ここまで)



民団さんの「犠牲者」主張には、
やはり、毎回違和感を感じる。
長年、歴史問題を勉強していると
戦前の、1世の来日理由には「犠牲者」とは
当てはまらない部分が多いからだ。

こちらの「テレビにだまされないぞぉⅡ」サイトでも、
過去のTV記事から、その矛盾を指摘している。

http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/60-10ee.html
(引用開始)
幼い頃、母親に抱かれ、
先に日本に渡った父親を追ってきたという南君子さん。
 d020.jpg

南氏
「子供はおるし、仕事はないし、
 みんな飢え死にになるさかい、
 私らの親もな、
 自分の国で住めばええねんけども、
 住むに住めへんから日本に来たんや。」


(続きはリンク先で)



先に、出稼ぎで渡日した父親を追って
母親と日本に渡って来たのでしょう。
このようなケースは非常に多い!

当時の朝鮮は、
移住した日本人や現地朝鮮人が
起業したりと、時流に乗ったものにとっては
一獲千金のチャンスが有ったけれど
李氏朝鮮時代からの底辺の貧困層には
全く縁の無い話だっただろう。
呉善花さんの著作本にも
日本人の地主は、毎月給料を支払うが
朝鮮人の地主は、毎日食料を分けてくれる。
(但し、厳しい小作料を支払うのだが・・・)

朝鮮の近代化に伴い商工業が発達し
朝鮮の両班も地主達も、子弟の留学資金や
近代的な暮らしをするにはお金が必要になる。
貧しい小作の貧農家であっても
現金収入は、大いに必要になってくる。
子供を学校に入れたければ
日本人生徒の半額の授業料であっても
旧来の地主と小作の関係では不可能だろう。
朝鮮人地主が、
日本人移住者に自分の土地を売ってしまえば
小作民は即、借りている農地を失う・・・
「日本人に土地を奪われた」
と、思ったに違いない。

慰安婦になってしまったお婆さん達の経歴も
日本でも同様の事が起きている。
東北地方は、度々冷害で大凶作に見舞われた
農家では生活が困窮し、一家もろとも餓死するか
泣く泣く自分の娘を身売りする悲劇が起きている。


★図説:東北の稲作と冷害
 http://www.reigai.affrc.go.jp/zusetu/reigai/kako/kyorei.html


★山下文男著「昭和東北大凶作」
 http://blog.goo.ne.jp/bongore789/e/febe175a3b63de2e0f8365fbfc9bc6bb
(引用開始)
《昭和7(1932)年 
 悲惨、娘身売りと欠食児童》

『秋田県の女子青年団連合会が娘たちの
 離村状況とその原因を調査したところ、
 昭和6年の末現在、秋田市を除く9郡における
 13歳以上25歳未満の女子の離村数は
 9473人であるが、その内訳を見ると、
 ▽子守女中が4272人(4割5分)、
 ▽女工が2682人(2割8分)、
 ▽醜業婦が1383人(1割5分)、▽その他、
 とされている。醜業婦とは、戦前、主として
 体を売る仕事に身を沈める女性たちをさして、
 官公庁などで使っていた言葉である。』
『なお、1383人の醜業婦について見ると
 「最初から親も承知、自分もそのつもりで
  出たのが1062人であるが、
  女中や子守のつもりで出たのに、
  親はもちろん、本人も知らない間に、
  いつか誰かの手によって、魔の淵に
  突き落とされた者が160人

  女工のつもりだった者が103人を数えており

 県当局も驚いて適切な対策を模索している』
(大阪朝日1932.6.15)

『最近、東京・吉原の遊郭で、年期明けの
 娼妓のうち、さらに1年か2年の短期契約をやって
 稼ぐ者が目立って増えているというので、
 何が原因かを調べてみたら、その大部分は、
 年期が明けて田舎に帰っても食うことができない
 それよりはまだ遊郭にいた方がましだ
 ということらしい。
 ・・・
 娘を売るのが罪悪か否かの問題ではない。
 そうしなければ
 当面の生活が維持できないのである。


(引用ここまで)



激動の時代に
「時流に乗れた」
「時代の犠牲者」だったか、
日本も韓国も、当時の個人史は
同じ状況だったと思うよ。

産業革命後のイギリスだって
地方からシティに殺到して
中産階級層になれるか、
過酷な労働者で人生を終わるか
時流に乗れるか乗れないか、だったもの・・・

姜尚中氏が編集に係った
『在日一世の記憶』という本を読んでも
出稼ぎ者が、”犠牲者”であるとは言い難い
エピソードに遭遇するのだ。
御当人の思い出話を収録しているのだから
どのようにサヨク学者が分析しようとも
証言は変えられない。

下記のサイトでは、この本の
全「証言者」について詳しく解説されているので
ごく一部を紹介する。


★韓国のおじいさん
 おばあさんたちの思い出

 http://ameblo.jp/kudo90/theme-10017937142.html


★在日一世の記録 47
イ・ヨンスンさん

 http://ameblo.jp/kudo90/theme2-10017937142.html


★在日一世の記録 45
 カン・ドクサンさん

 http://ameblo.jp/kudo90/theme3-10017937142.html




同時期、日本でも
ハワイやアメリカ本土、南米と多くの移民が
日本から各地に渡って行った。
朝鮮半島に移住した人達も多い。

私の祖父の弟(四男)も、
朝鮮鉄道で働くために渡鮮している。
(戦後、行方不明になり消息は途絶えている)
長男の祖父は家を継ぎ、
次男は近所に土地を分けて貰い本家を助け
三男は、跡取りのいないお寺に養子に行った。
四男の大叔父は、自力で活路を開くために
朝鮮に移住したのだと思う。

左派の「植民地収奪論」では徹底的に無視される
朝鮮人初のデパート「和信百貨店」経営者の
朴興植氏は、貧しい家に生まれたが、
大阪の文具店に丁稚奉公に行き、お商売を学び
朝鮮に帰ってから文具店を経営する。
朝鮮同胞のニーズに合わせた商売だったのか
日本から進出した文具店が歯が立たない程
大繁盛だったらしい。そこで蓄財した資金で
”植民地支配”中の日本人相手ではなく、
朝鮮人向けデパート経営で大成功させている。

ウィキによると

”建築家である朴吉龍の設計により、1937年に
 地上6階・地下1階の建物が再建された。
 これは当時の京城で最も高い建物で、
 内部にはエレベーターとエスカレーターが、
 屋上には電光掲示板が設置されていた”

 6fd26e55b33cb96d340a1440c087c560_201601120005116dd.jpg
http://ameblo.jp/jk-nextfilm/entry-10346196850.html

貧農の生まれの朴興植は、
日本留学でピアニストになった妻を娶り
天皇陛下にも謁見を許される程の
大物の朝鮮人実業家になっていたのだ。


★<随筆>◇韓国百貨店の今昔◇ 
 産経新聞 黒田勝弘 ソウル支局長

 東洋経済日報 2004/04/02
 http://www.toyo-keizai.co.jp/news/essay/2004/post_1910.php
(引用開始)
日本統治時代のソウルは日本人街の「本町通り」
に対し、韓国人中心の繁華街は「鍾路」だった。
こちらの方には韓国資本の草分けで「和信百貨店」
があり、店は1980年代まであった。
(中略)
 和信はロッテに追いつかずつぶれてしまったが、
どういうわけか鍾路にはいまなお百貨店はない。
(中略)
 ところで最近、知人の林廣茂・同志社大学教授(
マーケティング論)
が『幻の三中井百貨店-朝鮮を席巻した近江商人
 ・百貨店王の興亡』(晩聲社刊)という本を書いた。
日本統治時代に三越を上回る百貨店網を築いた
「三中井百貨店」の歴史を描いたものだ。
「三中井」の本店は現在の明洞にあったが、
その建物は今はない。

 この本を読むと、
いわゆる日帝時代の韓国社会が
必ずしも教科書的イメージだけではなかった
ことが分かる。
なぜなら三中井、三越、丁字屋、和信、その他、
当時の百貨店は日本人だけを相手にしたもの
ではなかったからだ。
韓国人の購買力があったこそ
店は成り立ったのだ。

「あの時代」の様子について
目からウロコが落ちる思いがする本だ。

(引用ここまで) 



冷静に語れない風潮が両国の悲劇だと思う。

★日帝強占期に日本人が暮らした
 『日本人家屋通り』を着物で
 散策できる観光商品は問題ニダ!

 特定アジアニュース 2016年01月07日
 http://specificasia.blog.jp/archives/1049322820.html


★浦項市 視察研修旅行 その1~
 「九龍浦 日本人街」

 http://ameblo.jp/ikbridge-h/entry-11683571095.html
(引用開始)
戦中、神社に貢献した日本人の人物名が
あったのを、戦後塗りつぶし、裏側にし、
韓国人名を新たに彫ったようです。

でもこの中に、
一つだけ「十」という漢字だけが塗られず
読むことができる石碑があります。
それが、「十河彌三郎」氏。
なぜ、彼のものだけがかろうじて分かる
ようになっているかは、神社の境内に行くと
推測することができます。

この碑は
 十河彌三郎を讃えて建てられた頌徳碑である。
 十河彌三郎は日本の強占期、
 九龍浦の防波堤の築造や道路開設などに
 係わった人物
である。


 日本人たちは彼の業績を讃えるために
 日本から珪化木を輸入し、強占地から
 解放される前の1944年に頌徳碑を
 建てたという。

 敗戦により
 日本人たちが日本へ引き上げた後、
 九龍浦の住民がセメントで碑を塗り
 つぶしたので、現在碑文の内容は
 知られていない。」

「強占期」であったから、
日本のものは消したい、消さないといけない。
でも、防波堤を作ったりした氏に対し、
少なからず韓国人も何らかの感情が動いた
のかもしれず、
しかし、表だって讃えることができないため、
階段の碑だけはひっそりと、
氏のものが分かるようにしたのでしょう。

(引用ここまで)

★九龍浦・旧日本人街 その2
 http://liumeiuru.hacca.jp/131/
(引用開始)
公園内には、
九龍浦の発展に尽力した十河彌三郎
功労を称える石碑があります。

橋本善吉が発起人代表となり、1944年に
住民の自発的な募金で日本から取り寄せた
石で碑を建てました。
橋本は九龍浦近代歴史館として開放されている
屋敷に住んでいた当時の実力者です。
(中略)
解放後は
このようにセメントで碑文を消したのですが、
撤去までする必要はないだろうと
村の長老たちがストップをかけて、
このように残ったそうです。


(中略)
今回、浦項市から
「浦項九龍浦で暮らした 韓国内の日本人村」
という資料をいただきました。
『国家や民族主義に陥りやすい個人史を
 再度調べることは、大切な課題である。
 日本帝国主義による朝鮮半島の強制的占領で
 植民の痛みを持つ私たちは、
 日本帝国の統治理念や狂った戦争、武力侵略を
 憎むことはあっても、
 雑草のような強い個人の意思や自由、
 そして夢は共有すべき歴史である
 ということも悟った。』
という著者の言葉が印象的でした。

(引用ここまで)



在特会などの
「全員が密航者」は間違っているが
民団や左派学者らの
「日帝の植民地統治の犠牲者であり、
 日本で定着するしかなかった」
も、ある意味間違っている。

新天地で一獲千金を夢見た者も
故郷で貧困に喘ぎ出稼ぎにきた者も
朝鮮戦争時の虐殺をのがれて密航した者も
戦後70年が経ち、その中から
朝鮮戦争特需で儲けた者も
パチンコ業で長者番付に載るほど稼げたか
密航したがパチンコ業で成功した父親のお蔭で
アメリカ留学も果たし、起業した孫正義氏のように
成功して巨万の富を築けたか
ごく普通の日本人同様に生活を営んでいるか
未だに貧困の連鎖にどっぷり嵌ったままか
人それぞれなのだ。

「被害者」と「加害者」の二者択一なんて
子供だましの理論も馬鹿馬鹿しい。

冷静に、当時の社会状況を分析すれば良い。
アメリカン・ドリームならぬ日本ドリームで
富裕層になった者は「自力で成功した」
貧困の連鎖から抜け出せ無い者は「日本のせい」。
その感情を利用して、
組織拡大や利権確保や学閥や
メディアに重宝される電波な活動家やら
この問題を利用して地位を築く人達
がいる・・・

在特会の活動手法も理解しがたいが
中指立てて罵倒するしばき隊の活動も
全く理解できない。

「在日特権」よりも
「在日問題を利用した特権」
の方が問題視されるべきだと思う。






こちらの問題も報道されるべきですね。






政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

ml

特別永住資格の廃止を実現させることが喫緊の課題です。世論を喚起するために声を上げ続けましょう。

2016-01-12 (Tue) 18:07 | EDIT | REPLY |   

弓取り

慰安婦は日本から脱出できた。在日はできなかった?

事実関係は複雑なのですね。百年も住んでて片寄った民族意識が強くて日本に同化もできない、それでいてすぐお隣り至近の祖国に帰国する人がほとんどいない不思議な外国人。

朝鮮戦争やベトナム戦争後のニューカマーもいて、歴史も事実関係も複雑化されてばかりなので、在日コリアンへの参政権なんてとんでもないです。

数年前にテレビ放映されたというおばあさん。
>「子供はおるし、仕事はないし、みんな飢え死にになるさかい、私らの親もな、自分の国で住めばええねんけども、住むに住めへんから日本に来たんや。」

こういう正直な証言ばかりだと、日韓ともに歴史の表も裏も検証できて事実をもとに建設的な未来像を描けるのにね。

パクイルってセンセイは根拠の薄いことをべらべらと学生や公共放送で無責任にしゃべりすぎ。こういうたぐいの在日こそ、日韓関係を損なっていて有害だと思います。
もちろん、先輩格の姜尚中のマイナスの功績も大きいわ。私は、これらの人の要求を、日本は絶対呑むべきではないと確信しています。
彼らの祖国にとっても、益より害のほうが絶対に大きいと確信します。

日本から脱出できなかったという口実はウソとしてもひどすぎる。
自分らを慰安婦と同列に置いた要求は人間としてどうなのか。

本日、寒波きてますね。風邪にご注意。

2016-01-12 (Tue) 22:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply