韓流研究室

ARTICLE PAGE

全昶漢容疑者、再入国時の荷物から火薬やタイマー・・・爆発物を仕掛ける目的?

★荷物から粉末、タイマー=火薬か、
 再入国時所持-靖国侵入容疑の
 全容疑者・警視庁

 時事ドットコム 2015/12/11-10:07
 
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015121100240&g=soc
 CV1zmy6VAAAUuQw.jpg

靖国神社で爆発音がした事件で、
建造物侵入容疑で逮捕された韓国籍の
全昶漢容疑者(27)が日本に再入国した際、
荷物の中に火薬のような粉末やタイマーなどを
所持していた
ことが11日、
捜査関係者への取材で分かった。
警視庁公安部は、
同容疑者が再び爆発物を仕掛ける目的で
来日した可能性もある
とみて調べている。

 全容疑者は9日午前10時ごろ、
羽田空港から再入国したところを警視庁の
捜査員に任意同行され、逮捕された。
 捜査関係者によると、この際、
同容疑者が預けた荷物の中から、
不審な粉末と時限式発火装置とみられる
タイマーなどが見つかった。

同容疑者は当初、自分の荷物ではない
否定したが、チケットなどから
同容疑者の所持品と確認された。

 先月23日の事件現場では、トイレ内から
火薬のようなものが詰まった金属パイプや
ハングル表記のある乾電池、デジタルタイマー
などが見つかっている。

(引用ここまで)



★逮捕時、爆発物の材料所持 
 韓国人容疑者
 「靖国は失敗、もう1回やろうと」

 産経新聞 2015.12.11 06:00
 http://www.sankei.com/affairs/news/151211/afr1512110002-n1.html
靖国神社(東京都千代田区)で爆発音がして
不審物が発見された事件で、
建造物侵入容疑で逮捕された韓国人、
全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者(27)が
9日の再来日の際、爆発物の材料となる
火薬のようなものなどを所持していた
ことが
10日、捜査関係者への取材で分かった。
(11月23日の)靖国神社は失敗。
 もう1回やろうと思った

との趣旨の供述をしていたことも判明。
警視庁公安部は爆発物を仕掛けるため
再入国した
可能性が高いとみて慎重に調べる。

だが、同日中の調べで、
23日に靖国神社に入り爆発物を仕掛けた
靖国神社は失敗で、もう1回やろうと思った

などと、供述を変えたという。
10日になり、再度否認に転じた。

 全容疑者は再来日時には
既に帰国便のチケットを確保しており、
日帰りの予定だったもようだ。

 また、これまでの公安部の調べで、
現場のトイレで見つかった遺留物と、
全容疑者が宿泊したホテルにあった
別の遺留品からそれぞれ検出されたDNA型
一致したことが判明。
全容疑者が双方の場所にいたことを
裏付ける証拠になるとみて調べている。

 韓国では、歴史問題や靖国神社をめぐって
過激な抗議を行う団体があるが、全容疑者は
こうした団体への所属歴はなく、犯罪の前歴も
確認されていないという。

 全容疑者は今月9日午前10時ごろ、
韓国から羽田空港に入国。到着を把握して
駆けつけた捜査員に身柄を確保された。
その際、火薬のようなものや、タイマーのような
ものなどを所持していたという。

 全容疑者は靖国神社に不法侵入した疑いで
逮捕されたが、当初は「よく分からない」と
容疑を否認。再来日の理由を
「日本の記者から質問を受けて、
 靖国神社のトイレを確認しに来た」と供述した。

(引用ここまで)



★全容疑者、入国時荷物に火薬か
 ロイター通信 2015年 12月 11日 11:09
 http://jp.reuters.com/article/idJP2015121101001276
(引用開始)
いずれも現場で見つかった時限式発火装置
のような不審物と同様の材料で、
警視庁公安部は、全容疑者が再度、
靖国神社に爆発物を仕掛けようとした
可能性があるとみて調べている。

 捜査関係者によると、
全容疑者は韓国・金浦空港で預け、
羽田空港で受け取る予定だったが、
捜査員に任意同行されたため受け取れなかった


(引用ここまで)



★靖国爆発音 国内調達の形跡なし 
 材料持ち込み「防げない」

 産経ニュース 2015年12月11日 7時58分
 http://news.infoseek.co.jp/article/sankein_sk220151211099/
靖国神社(東京都千代田区)で
爆発音がして不審物が発見された事件で、
逮捕された韓国人の
全昶漢(チョンチャンハン)容疑者(27)
=建造物侵入容疑で逮捕=が
爆発物の製造や材料を入手した経緯は
依然分かっていない。
残留物からは火薬とみられる成分が検出
されたが、
日本国内で全容疑者が材料を調達した
形跡はない。
全容疑者は再来日の際に爆発物の材料を
持ち込んでいたことも判明し、捜査関係者は
部品として持ち込まれれば
 防ぐ手立てはない
と話す。

 全容疑者の1度目の来日は11月21日。
その2日後の23日に靖国神社で爆発音事件が
発生した。
出入国の際には手荷物の検査があるため、
「完成した爆発物を持ち込むのは
 相当難しいだろう」

と捜査関係者は異口同音に話す。

 これまでの警視庁公安部の調べでは、
現場となった靖国神社のトイレから、
複数の爆発物の遺留品が見つかっている。
穴が開いたトイレの屋根裏からは4本の
金属製のパイプが見つかり、
中には焼けた痕がある火薬とみられる
固形物が詰まっていた。
トイレの床には、時限式発火装置とみられる
部品が散乱し、デジタル式タイマーや
電池パックなどが見つかった。
天井裏のパイプ、床のタイマーからはそれぞれ
リード線が延びており、当初は各部品が
接続されていたもようだ。

 全容疑者は日本国内でホームセンターや
量販店に立ち寄ってはおらず、
大量の部品を購入した形跡はないという。

乾電池にはハングルの注意書きがあったため、
韓国から持ち込まれた可能性が高い。
捜査関係者は
「爆発物を完成した状態で運んだのならまだしも、
 部品のまま持ち込んでしまえば
 出入国の審査をすり抜ける可能性は十分にある」

と指摘する。

 全容疑者はかつて所属していた韓国軍で
電気技術に携わった経験があったという情報
もあるが、爆発物製造の知識が備わって
いたかは不明だ。

別の捜査関係者は
爆発物を製造するのは簡単ではない。
 トイレに設置された爆発物とみられる
 不審物の構造から、相当な研究を重ねた
 可能性がある
と話した。

(引用ここまで)



★【解説】靖国神社爆発音事件、
 韓国籍「全昶漢(チョン・チャンハン)」
 容疑者は誰?

 WoWKorea 2015年12月9日
 http://www.wowkorea.jp/news/korea/2015/1209/10157011.html
(引用開始)
全容疑者は、韓国中西部の全羅北道
(チョラブクド)の群山(クンサン)出身で、
2009年、21歳で韓国空軍に副士官として
入隊した。
副士官とは、士官学校出身の職業軍人「将校」と
国民の義務として徴兵された「一般兵」の
間をつなぐ役割の軍人である。

「下士」、「中士」、「上士」などの位がある。

 全容疑者は、
5年4か月の間、副士官として働き、
「施設兵科」で勤務した。
部隊の施設や車両などの管理を行う職である。
2015年3月に除隊したが、除隊時の階級は
「下士」であり、副士官制度の中では最下位の
位だった。

(引用ここまで)



今朝の韓国の聯合ニュースは、
http://honyaku.yahoo.co.jp/url_header?ieid=ko&oeid=ja&setting=for%3D0&both=F&url=http%3A%2F%2Fnews.naver.com%2Fmain%2Fread.nhn%3Fmode%3DLSD%26mid%3Dshm%26sid1%3D104%26oid%3D001%26aid%3D0008046260
”読売新聞は
 韓国空港の手荷物検索システムに
 問題を申し立てた。
 全氏が火薬と見える物質を金浦空港で
 羽田空港(東京)に搬入したことは
 空港検索システムが抜けたことではないか
 と言う指摘である。 ”


ヘラルド経済は
http://honyaku.yahoo.co.jp/url_header?ieid=ko&oeid=ja&setting=for%3D0&both=F&url=http%3A%2F%2Fnews.naver.com%2Fmain%2Fread.nhn%3Fmode%3DLSD%26mid%3Dshm%26sid1%3D104%26oid%3D016%26aid%3D0000935607
”極端的な韓国人と日本人による逸脱行為を
 沮止するための対策用意も重要なイシューに
 浮び上がるように見える。
 去る 2012年日本極右政治家SuzukiNobuyuki
 (鈴木信行)は慰安婦少女上に
 という文具が刻まれた
 いわゆる ‘杭テロ’をしでかした。
 Suzukiは慰安婦被害者に対する名誉毀損嫌疑で
 告訴にあったが日本に出国して現実的な処罰が
 難しい状況である。”

と、放火や放火未遂、爆弾未遂テロと再度テロ?と
在駐日本大使館前の慰安像に
‘独島は日本の領土’と書かれた杭を置いた
名誉棄損事件を同等と看做している・・・





昨日のフジテレビは、
「全容疑者は家賃を再三滞納していた」

テレビ朝日は
「全容疑者は家賃をきちんと支払っていた」



韓国外交部が日本に抗議
実名や顔写真や身元を詳細に報じるのは
人権侵害と言い掛かり






>全容疑者はかつて所属していた韓国軍で
 電気技術に携わった経験があったという
 情報 もあるが、
 爆発物製造の知識が備わっていたかは不明だ。


韓国では
高校を卒業し(高校卒業資格者も)、
副士官を志望した候補生は、
5週間の基礎軍事訓練を受けた後、
12週間の副士官教育を受け、下士に任官する。

http://japanese.joins.com/article/667/153667.html

★副士官、5階級に増やしてみます
 軍の最初はニホンとそっくりの
 階級だったとおもうでしょ

 minaQのつぶやき 2014/3/12(水)
 http://blogs.yahoo.co.jp/illuminann/11876042.html


★普通の韓国を探して4699 
 下士官(日)=副士官(韓)

 http://takatoorthod.way-nifty.com/myblog/2014/04/post-64e7.html
 kg346.jpg

兵役のある韓国、20代に男子は
全員軍隊へ行っているわけですが、
一度一般社会へ戻った人を対象に、
またどうですか?軍人になるのは?
と誘う広告です。

 左のは「副士官」とありますが、
たぶん日本でいう「下士官」の採用。
右は金海のもそうでしたが、
特殊部隊の採用です。
なんとなく特殊部隊、現役の中で優秀な人に
声をかけてとかでなるものだと思っていた
のですが、一度やめて、また即特殊部隊にって
大丈夫なのかなぁ?って心配してしまいます。

(引用ここまで)

<韓国空軍副士官階級章>
 kkf1.jpg
(左から、元士・上士・中士・下士)

専門化された技術や熟練した戦闘力の
開発能力によって昇進されていくのだろうが
全容疑者は5年4カ月勤務して下士のまま除隊。
下士官で終わっても、無能なのか?というと
そうでもないらしい・・・
悪知恵とコネさえあれば!



★韓国空軍 天下り会社が26億円詐取
 の驚愕手口…金だけもらい戦闘機
 “エア修理”、人脈駆使し不正もみ消し

 2015-03-05
 http://temyg3.blog.fc2.com/blog-entry-544.html
■軍OBの巣窟

 ブルニア社は空軍の整備兵だった
元下士官(54)が設立し、社長を務める
その後、空軍の参謀次長も務めた大物の
チョン・ギグァン予備役中将(67)を副会長
として招へい。
さらに空軍整備倉倉長(67)や空軍本部装備整備
情報体系開発団の職員(55)を事業本部長や
事業開発チーム長として雇用。
天下り先を自分たちで作り、空軍の幹部や
専門職を集め、元軍人の立場と人脈を使って
まさにやりたい放題だった。

(引用ここまで)




全容疑者も
「日本への悪感情から
 爆弾をしかけた身勝手な犯行」

立派なヘイトクライムですね。
再入国時に、再び爆弾材料所持では
ヘイト&テロリズム!



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply