韓流研究室

ARTICLE PAGE

当たり屋へムン僧侶「靖国神社所蔵の李舜臣亀船の大砲返せ」

★韓国の市・民・団・体、
 「靖国神社に李舜臣将軍の亀船の
  遺物がある。返してもらわねば」

 シンシアリーのブログ 2015-12-10
 
http://ameblo.jp/sincerelee/entry1-12104748353.html#cbox
李舜臣将軍が作ったという鉄甲船
(根拠は乏しいですが)とされる
ゴブックソン。
書くの面倒だから亀船とします。

その亀船の大砲が
靖国神社の遊就館に保管されているから、
返してもらわねばならない、という主張が
提起されました。


何度も同じ類の騒ぎを起こした
僧侶「ヘムン」氏が所属している市民団体
そう主張しています。

<「文化財を正しい場所に戻す会」が
 遊就館所蔵リストを調べた結果、
 壬辰倭乱(秀吉の朝鮮出兵)当時参戦した
 薩摩の島津義弘が捕獲した大砲
 (蛇砲・遊就館所蔵番号火砲類200番)が
 遊就館に所蔵されていることが確認された。

 島津義弘は1597年7月16日の
 チルジョンリャン海戦当時、
 元均(朝鮮の武将)率いる朝鮮水軍を
 全滅させた日本の武将だ。
 会の関係者は、
 「海戦で捕獲した亀甲船搭載遺物を
  日本が分解して持っていって保管して
  いたとすると、島津義弘が捕獲した
  大砲であると推定される」
と明らかにした。

 そのほかにも加藤淸正が壬辰倭乱の時に
 捕獲した大砲と亀船及び板屋船に搭載されて
 いた天字砲など宝物級遺物が多数
 靖国神社に保存されてあると見ている。

 市民団体によって亀船の遺物が
 靖国神社に所蔵されていることが確認された
 だけに、政府次元の精密な調査が
 行われなければならないという
 指摘が出ている。>

(続きはリンク先で)

http://media.daum.net/society/others/newsview?newsid=20151210101108086
ya20151210145507894.jpg


★国崩し(佛狼機砲)のレプリカ
 http://www.geocities.jp/cont_sonde/webs/kunikuzusi/kunikuzusirepurika.htm
佛狼機砲(国崩)
天正4年(1576年)ポルトガル人より
大友宗麟候に佛狼機(フランキ)砲が
贈られたが、これが日本初の大砲と
いわれています。
宗麟候はこれを「国崩」と命名し、臼杵城の
備砲として備えつけていました。
この国崩は、廃藩置県後、国に献上し、
現在は靖国神社境内に展示されております



★フランキ砲
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E7%A0%B2
 靖国神社付属の博物館「遊就館」に、
 「国崩し」の1門が展示されている。
 明治初頭廃藩置県時に国へ献上された。
 口径9cm、全長290cm。


>加藤淸正が壬辰倭乱の時に
 捕獲した大砲が~


★大友宗麟の大砲                              
 「宗麟の量産した大砲
 (石火矢:国崩し)がロシアにあった。
 
 http://www1.bbiq.jp/hukobekki/sourintaihou/sourintaihou.html
宗麟は合戦に初めて用いただけでなく、
豊後鋳物師「渡辺一族」を「石火矢大工」
に命じ我が国で最初に製造させたと伝わる。

宗麟が
ポルトガルより手に入れた「フランキ砲」は
靖国神社に現存するが、

製造した大砲は確認されていなかった。
(引用ここまで)

★戦略兵器の開発~凍結
 信長・秀吉・家康の大砲政策

  http://fuwakukai12.a.la9.jp/Kita/kita-taihou.html
靖國神社遊就館に、
「慶長十六年 堺鉄砲鍛冶 芝辻理右衛門」
銘の巨砲が展示されている。
口径92mm、長さ313cm、重量1.7トン(453貫)。
鉛玉5.6kg(1貫300匁)を放つ大砲である。
しかしその構造・材質・製法、特に「鍛造」か
「鋳造」かがわからなかった。

 そこで、1984年に新日本製鐵が
超音波解析を駆使して調べたところ、
短冊形鉄板を円筒状に多層張り合わせた
「多層鍛接構造」で、低炭素鋼を原料にしており、
ほぼ均等な同心円状の8層構造で、
「和製」鉄砲の鍛造技術が用いられている
と判明した。
(中略)
では、信長が作らせた大砲は何に使われたか。
20万の大軍を朝鮮に送る事業では、
参加大名に「御恩」という形で鉄砲と
大砲と火薬を支給している。
(中略)
こうした秀吉の大砲軽視は、
朝鮮出兵で思わぬ失敗を招いた。
朝鮮軍のゲリラ戦法と、
増援した明軍の洋式大砲
手痛い打撃を被ったが、日本の大砲が
能力を発揮したとの記録はない。
(中略)
一方、
鹵獲した明国の洋式大砲(西洋製)は、
堺の鉄砲鍛冶に渡された。
ために、堺の鉄砲鍛冶が青銅砲や
後込め砲の新技術を取得することができた。
(引用ここまで)

靖国神社に現存するのは、
大伴宗麟がポルトガル人から
手に入れたフランキ砲。
加藤清正が朝鮮から”捕獲”したのは、
朝鮮水軍のものではなく
明軍の洋式大砲(西洋製)
だってさ!




このタイミングで・・・
テロリスト容疑者が別件逮捕で
捜査されているので
急いで「加害者」から「被害者」に変身願望?
そもそも、
”李舜臣将軍が作ったという鉄甲船”とは・・・


★"偽物復元"亀甲船、 
 やっと和解

 minaQのつぶやき 2012/9/26(水)
 http://blogs.yahoo.co.jp/illuminann/9523218.html
(引用開始)
最初の亀甲船の画像がある記録
李舜臣将軍の死後200年余りが過ぎた
正祖大王と編纂された<李忠武公全書 "です。

李舜臣の亀甲船を復元していない
理由は明白です。
設計図がないのです。
そして実物も残っていないからです。
そのことを描写した記録も
正確なことがないからです。
だから亀甲船というのは、実体は残っておらず、
我々の想像の中にだけ入っています。
(引用ここまで)


★李舜臣は
 大勝利などしていなかった…
 韓国歴史映画の史実歪曲を
 考える―中国メディア

 レコードチャイナ 2014年12月21日(日)
 http://www.recordchina.co.jp/a99380.html
時光網は記事
「史実の歪曲から戦果の誇張まで=
 韓国時代劇における歴史の“発明”」

を掲載した。
(続きはリンク先で)


★「李舜臣が日本刃に中国鎧
 批判…ソウル市「問題ない」

 中央日報 2011年01月21日
 http://japanese.joins.com/article/861/136861.html


★李舜臣銅像虚実説また再燃
 minaQのつぶやき 2013/1/25(金)
 http://blogs.yahoo.co.jp/illuminann/10159601.html




ヘムン僧侶が関わった”返還”運動

★花の名前を返すニダ!、
 日本憎しで自滅する韓国

 2013-10-19
 http://norisu415.blog.fc2.com/blog-entry-1817.html

★日本裁判所、小倉コレクション
 返却申請却下
 →アンタ所有者じゃないから

 2014年11月06日
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-3350.html

★へムン僧侶、今度は正倉院を狙う・・・
 2014-11-06
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-3357.html

★盗人僧侶
 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/30787901.html

★盗人僧侶今度は
 アメリカを盗人呼ばわり

 http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/31185955.html



日本式のものは全て排除せよ

★青瓦台の日本式石灯籠、
 撤去ではなく…(魔改造nida)

 2014年09月06日
 http://japanese.joins.com/article/794/189794.html?servcode=400§code=400&cloc=jp
★日本由来のものは「木」さえ排除、
 コレが韓国の考え方

 2014年5月12日
 http://fictional-country.blogspot.jp/2014/05/blog-post_12.html




韓国国宝顛末記・・・

★別黄字銃筒捏造事件
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A5%E9%BB%84%E5%AD%97%E9%8A%83%E7%AD%92%E6%8D%8F%E9%80%A0%E4%BA%8B%E4%BB%B6


★映画でのせいでバレたwww
 韓国の国宝は「ペンキ」で
 補修されていた

 2014年08月24日
 http://zone0012.seesaa.net/article/404247030.html


★【韓国】 朝鮮王朝時代の戦艦
 「海鶻船」を描いた図画が
 発見され初公開

 2007年12月10日
 http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1065816.html



ヘムン僧侶と日本のお友達

★慧門 (ヘムン)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%A7%E9%96%80
2014年8月、
東京朝鮮人強制連行真相調査団
結成10周年を記念して
「民族文化財を探し求めて」を執筆。

影書房(松本昌次代表)から日本語版を出版し、
出版記念パ―ティでは
田中宏一橋大学名誉教授、
西澤清日教組元副委員長
らが祝辞を述べた

★「朝鮮王朝儀軌還収委」レセプション
 功労者に記念品授与

 しんぶん赤旗 2011年5月14日(土)
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-05-14/2011051407_01_1.html
日朝協会の渡辺貢会長ら返還のために
努力した日韓両国の功労者に
感謝の記念品を贈呈しました。

 日本の国会議員では、
日本共産党の緒方靖夫副委員長(元参院議員)、
同・笠井亮、民主党・石毛鍈子、社民党・服部良一

の各衆院議員が表彰されました。

 日本共産党からは、緒方、笠井両氏のほか、
井上哲士、穀田恵二、山下芳生の各議員が
出席しました。
(引用ここまで)

★朝鮮王室儀軌還収委員会と
 志位委員長が懇談

 しんぶん赤旗 2011年11月29日
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-11-29/2011112902_05_1.html

★朝鮮王朝の子孫らと
 笠井議員が座談会

 しんぶん赤旗 2011年12月14日(水)
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-12-14/2011121402_04_1.html
還収委の慧門(ヘムン)事務総長の司会で、
歴史問題の解決に向け、文化財の返還が持つ
意味について討論しました。



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

トマト

日本のゴミ(失礼しました)たちと捏造民族 本当にうざい! 沖縄での辺野古にいる左翼もですがわかりあえる事なんか無理なんですよね こちらが圧倒的な力をもたないと…それが本当に腹立たしいです

2015-12-11 (Fri) 04:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply