韓流研究室

ARTICLE PAGE

【韓国】日本に偽造パスポートで潜伏していた殺人犯、25年ぶりに送還

★韓国で殺人を犯した後、
 日本に25年間潜伏して
 家庭までつくっていた韓国人が
 引渡されるニダ!

 特定アジアニュース 2015年12月03日
 http://specificasia.blog.jp/archives/1046617638.html
 日本ニュース
 利川エアガン殺人事件の主犯、
 25年ぶりに日本から送還

 (聯合ニュース 韓国語 2015/12/03)
 http://www.yonhapnews.co.kr/society/2015/12/03/0706000000AKR20151203068000004.HTML
  PYH2015120312960001300_P2.jpg

1990年、京畿道利川市で発生した
エアガン殺人事件の被疑者が
25年ぶりに国内に送還される。


法務部(省に相当)はこの事件の主犯
キム・ジョンマン氏(55)を3日午後3時、
日本から金浦空港に送還する予定だ
と明らかにした。

キム氏は、1990年5月、
別のキム某氏(48)と共謀して、京畿道利川市の
淸渼川土手でK氏(死亡当時22歳)をエアガンで
撃って死亡させた後、近くの河原に遺体を
埋めた疑いを受けている。

これらは盗んだ乗用車を被害者K氏に売ることに
したが、K氏が残金を払わなかったため
犯行したことが分かった。
被害者は、城南地域の組織暴力団
国際マフィア派」の行動隊員出身である。


共犯のキム氏は事件直後に拘束されたが、
キム・ジョンマン氏は、
日本に脱出して身分ロンダリングをして
姿を消した。

キム・ジョンマン氏の所在が確認されたのは、
事件発生から25年ぶりの今年6月、
不法滞在で現地警察に拘禁された。

しかし、
キム氏が既に日本で家庭を持っており
強制追放が難しい状況に加え、
不法滞在の拘禁期限が間近に迫っていた
のが送還に障害物であった。


法務部は、まず、日本側に
キム氏の身柄を確保してほしいと要請し、
拘禁期限満了直前の8月初め、

日韓犯罪人引渡条約上の
緊急引渡拘束制度


を介してキム氏を現地で拘束した。

2002年に二国間で犯罪人引渡条約が
締結されて以来、
緊急引渡拘束制度が活用されたのは
今回が初めてだと法務部は伝えた。



法務部は9月、
日本の法務省に正式に引渡しを請求し、
日本東京高等裁判所の引渡しの
許可決定に基づいて送還が実現した。


犯行当時、殺人の時効は15年ですが、
海外脱出で時効が停止され、処罰が可能である。

法務部側は
「海外の司法当局と協力して、
 長い時間が経った未解決事件を放棄せずに
 解決した事例」
と自評した。(機械翻訳 若干修正)

*日韓両国の送還までの詳細は
 是非リンク先で!




>日韓犯罪人引渡条約上の
 緊急引渡拘束制度


おやおや?
このタイミングは・・・


★靖国爆発音 
 「韓国人関与報道を警視庁が否定」
 =韓国警察

 朝鮮日報 2015/12/03 14:22
 
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/03/2015120301982.html
【ソウル聯合ニュース】
日本の警察当局が、東京の靖国神社の
公衆トイレで爆発音が発生した事件に
韓国籍の男が関わった疑いがあるとする
日本メディアの報道を否定したことが3日、
分かった。

 韓国警察庁関係者は同日、
聯合ニュースの取材に
「今回の事件を捜査している日本の警視庁の
 責任者と電話で話したが、
 『なぜこんな記事が出たのか困惑している』
 というのが日本側の公式な立場だ」
と伝えた。

 同関係者によると、この警視庁の責任者は
容疑者はまだ特定されていないため、
現段階では韓国警察と共同で捜査する計画は
ないと強調したという。

 一部日本メディアは同日、
靖国神社の男性トイレで先月23日午前に
爆発音がして不審物が見つかった事件で、
現場付近の防犯カメラに写っていた
不審な男が韓国人で、既に帰国したと報じた。

(引用ここまで)



★韓国に捜査協力要請も=
 靖国爆発音で菅長官

 2015年12月03日 12時06分提供:時事通信
 
http://news.ameba.jp/20151203-477/
 b9c66cd6-s.png

菅義偉官房長官は3日午前の記者会見で、
東京都内の靖国神社の敷地内で爆発音が
した事件で、防犯カメラに写っていた男が
韓国に出国したことに関し、
「犯人像についてはコメントは控えたいが、
 (韓国への)捜査の共助要請も含めて
 法と証拠に基づいて適切に捜査を
進めている」
と述べた。また、菅長官は
「テロ、ゲリラかどうかも含めて
 警視庁において捜査中だ」と語った。 
【時事通信社】



★靖国神社爆発事件 
 韓国籍の男が関与の疑い 
 直後に出国
   (2/2ページ)
 ZAKZAK 2015.12.03
 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151203/frn1512031900011-n2.htm
(引用開始)
今後の焦点は、
警視庁が韓国籍の男の身柄引き渡しを
求めた場合、韓国政府が応じるかどうかだ
日韓間には犯罪人引き渡し条約があるが、
前出の中国籍の男について
「政治犯」として、引き渡しを拒否している。


 韓国事情に詳しい、
ジャーナリストの室谷克実氏は
「韓国政府は『容疑者を引き渡さない』と
 判断するのではないか。
 日本政府は、韓国への『ビザなし入国』を
 見直すべきだ」と語っている。

(引用ここまで)



■おさらい

韓国で25年前に殺人事件を犯した犯人が
偽造パスポートで日本に入国し潜伏。
2015年03月に埼玉県警が
「不法滞在の疑い」で逮捕
2015年08月に韓国が引渡条約に基づいて
「仮拘禁」を要請
2015年09月に韓国が正式に引渡しの請求
東京高裁が引渡しを決定

12月3日午後3時、
日本から金浦空港に送還送還


前回、
ソウル高裁は劉容疑者を
犯罪人引き渡し条約の送還の対象外と
定める政治犯に認定して釈放。

「政治犯を引き渡すのは
 韓国の政治秩序と憲法理念だけでなく、
 大多数の文明国家の普遍的価値を否認する」

今回のマスコミ報道
(一部不発している失敗作なので)
国内外の過激派が作るものとは異なり
 作りが単純
で、インターネット上の爆発物
 製造方法の情報を参考に作製したとみられる」
素人じみた行動で、
 靖国神社に対して
 何らかの思い入れを持つ、
 ローンウルフ(一匹おおかみ)型の人物」

政治犯ではなく
素人の模倣犯だろうから
日韓犯罪人引渡条約の送還対象だよね
ソウル高裁さん!
東京高裁は韓国の司法当局に
ちゃんと協力したよってことか?

25年間、日本に潜伏していた殺人犯を
初めて
「日韓犯罪人引渡条約上の
 緊急引渡拘束制度」
を使って
韓国に送還する日の前日から
靖国爆発事件の防犯カメラの男について
マスコミに、詳細な情報がリークされ
朝日新聞以外が一斉に報道。

韓国聯合ニュースが
「韓国警察庁関係者が否定している」
と配信したのが、3日 13:56
その後、15:36
韓国外交部の趙俊赫報道官が
「日本の関係当局の調査を見守りたい」

http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2015/12/03/0400000000AJP20151203002500882.HTML
犯人が韓国人であることが分かり、
日本側から
身柄の引き渡し要求がある場合は
「予断はできないが慣行上、
 関連要請がある場合は
 関係当局で法規や手続きに沿って
 検討すると思う」
と述べた。
(引用ここまで)



 b9c66cd6-s.png

う~~ん
裏で緻密な駆け引き
行われているような気がする・・・

”ネトウヨの自作自演かも?”などと報じていた
http://lite-ra.com/2015/11/post-1721.html
サヨク御用達のリテラの野尻民夫さん。
あなたも
「靖国神社“爆発騒ぎ”は
 ただの愉快犯の犯行の可能性大! 」

と分析していたのだから、
韓国政府は政治犯に認定できないよねぇ。

外堀を埋められたnida・・・とか?


殺人を犯して、
偽造パスポートで日本へ高飛びして
25年間も潜伏。
日本で家庭を持っており強制追放が難しい状況
(サヨク人権屋やマスゴミが
 人道的に何やらかんやらと大騒ぎ?)

で、東京高裁は
日韓犯罪人引渡条約上の
緊急引渡拘束制度で送還を許可したよん。
ソウル高裁も・・・引き渡せよ!作戦?
応じなければ、日本国内で
韓国人の『ビザなし入国』を見直せという
世論が高まるnida!

だったらいいな・・・深読みし過ぎかしら・・・







政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply