韓流研究室

ARTICLE PAGE

韓国「世界最古の金属活字」が20世紀の人工元素を含有

★「世界最古の金属活字」が
 20世紀の人工元素を含有

 朝鮮日報  2015/11/16 10:50
 
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/11/16/2015111601386.html
1936年に作られた人工元素「テクネチウム」、
高麗時代の活字に2.62%含有


「1936年に初めて人工的に作られた元素
 『テクネチウム』が、
 高麗時代の活字から見つかったのは
 なぜなのか」


 14日午後、国立中央図書館のデジタル図書館
大会議室で、韓国書誌学会の秋季共同学術大会
が行われた。
慶北大学のナム・グォンヒ教授による
「『證道歌字』偽作論争に対する反論」と題する
テーマ発表が終わると、国立中央博物館の
イ・ジェジョン学芸研究官が立ち上がった。
イ研究官は
「ナム教授が責任研究員を務め、
 慶北大産学協力団が主管して作成した
 『證道歌字基礎学術調査研究』
 (2014年、国立文化財研究所)報告書を
 つぶさに見たところ、
 『證道歌字』であることを十分に
 立証できなかったどころか、
 問題点が多かった」と問題提起した。

 とりわけ、
「法」の字を破壊分析(金属の一部を
切り取って成分を分析する)した結果について、
疑問を投げかけた。
報告書では、「法」の字を破壊分析したところ、
活字の構成成分は
「銅88.5%、真ちゅう6.66%、
 テクネチウム(原子番号43)2.62%、
 酸素1.74%、珪素0.49%」
となっている。
イ研究官は
テクネチウムは初めて人工的に作られた元素で、
 1937年(原文ママ)に初めて発見されており、
 自然界には存在していない。
 これは活字が偽造されたものなのか、
 あるいは分析が誤っていて信頼できない
 ということを意味している。
 活字の成分に当然含まれている鉛が
 出てこなかったというのもおかしい」

と指摘した。

 韓国科学技術研究院(KIST)の
ト・ジョンマン博士は、本紙の電話取材に対し
「まずは分析にミスがあった可能性がある。
 もし、本当にテクネチウムが2.62%も
 含まれていたならば、
 (活字が)偽造されたものである可能性が高い
と述べた。
テクネチウムが実際に含まれていたならば、
問題の活字は偽物であり、
また分析にミスがあったとすれば、
それだけ報告書がいい加減だった
ということになる。

 これに対しナム教授は
はっきりした答えを出せなかった。ナム教授は
「『法』という字の破壊分析は2011年、
 忠北大学で行われたものだ」とした上で
「(私は)金属が専門ではないので…。
 詳しく調べてみる」
と答えた。
ナム教授は、現存する世界最古の金属活字だ
という主張が出ている『證道歌字』の存在を
最初に発表した学者だ。
真偽をめぐって6年にわたり論争が続いている
『證道歌字』
について、ナム教授はこの日、
あらためて
「『證道歌字』は本物に間違いない」と主張した。

 イ研究官はまた
「報告書は現在唯一残っている高麗時代の
 活字である、国立中央博物館所蔵の
 『ポク(福/服)』の活字を比較の基準としているが、
 『ポク』の活字もまた、明確な製作の時期、
 出土した場所などがわからず、信頼度は低い。

 ナム教授が国立中央博物館所蔵の
 「ポク」の活字との比較を通じ、
 調査対象の活字を『證道歌字』だと主張した後、
 その根拠として『ポク』の活字も『證道歌字』だ
 と主張していることになる」と指摘した。

許允僖(ホ・ユンヒ)記者



関連記事
★韓国の“世界最古の金属活字”、
 文化財指定のめど立たず・・
 韓国ネットは
 「本物なら歴史が変わる」
 「詐欺の臭いが…」

 Focus-Asia  2015年09月12日
 http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/428670/


★「最古の金属活字?」
 証道歌字はにせ物

 東亜日報 OCTOBER 27, 2015
 http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015102701598
(引用開始)
国立科学捜査研究院(国科捜)は26日、
「古印刷博物館が所蔵する証道歌字など
 7つの高麗(コリョ)活字に対して
 3次元(3D)金属コンピュータ断層撮影(CT)
 を行った結果、すべて人為的に
 手が加わった跡が発見された」とし、
「CTや成分分析の結果を総合して、
 高麗時代の伝統的方式の鋳物技法によって
 製作された活字ではなく、
 偽造の可能性が高い
」と明らかにした。

国科捜の金属CT検査の結果、
7つの活字の横と縦の断面で、周囲を均一に
囲むさらなる断層が確認された。
活字の内側と密度が異なる物質が外部を囲んで
いるということだ。カン・テイ国科捜研究員は、
「金属活字を鋳造する時、内と外を別々に
 作らないため、普通ならこのように均一な
 二重断面ができることはない」とし、
「金属活字が数百年にかけて
 腐食したように見せかけるために
 表面を別の物質で覆ったものとみえる」
と指摘した。
(続きはリンク先で)

TVでも放送された模様・・・
★韓国が主張していた
 "世界最古の金属活字"
 「証道歌字」はニセモノだった。【韓国KBS】

 テレビにだまされないぞぉⅡ
 2015年10月28日
 http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-17a1.html




★金属活字の起源?
 http://www.h2.dion.ne.jp/~mogiseka/article/100904printing_type.htm
(引用開始)
この日、公開された金属活字が13世紀に
作られたものと主張する南権煕(ナム・グォンヒ)
慶北大教授(書誌学)は、
高麗高宗26年(1239年)に刊行された木版本
「南明泉和尚頌証道歌」(宝物第758号)の
活字(字体 の間違い)と比較して、
書体や文字の大きさが同じ点を
主な根拠として挙げた。

特に「明」という漢字は、現在は使われない
古い字体で、書体と筆画のはねの部分などが
木版本と一致していると説明した。

何だって? 
13世紀の木版本と「字体が似てるから」、
その活字も13世紀だって? 
後世の活字製作者が13世紀の字体を
真似した可能性は無視するのか?

(中略)
一方、金属活字の入手経緯も
依然として不透明だ。
南教授は、
日帝による植民地統治期に
 (現在北朝鮮領の)開城で出土したもの

と説明したが、
その証拠については言及しなかった。

 kiimage006.jpg
念のため言っておきますが、
活字というのはハンコと同じで
左右を逆に掘るのです。
12個のうち、明・善・我・福・不・予の
6字は左右逆になっています(これが正しい)が、
所・平・於・方・菩・法の6字は、
左右逆になっていません。


ナム教授! これはどういうことですか?

韓国は1970年代に漢字教育をやめて
しまったため、現代韓国人はハングルしか
読めません。
しかし書誌学の教授であるあなたが、
漢字読めないってことは、まさかないですよね。
あったりして…

で、今度は中国のメディアが
このニュースに噛みついています。
(中略)
中国新聞社によれば、
北京大学の王岳川教授は、
「韓国で発見された金属活字は、
 鉄を版に用いた活版印刷で、
 わが国から伝わったものだ」とし、
韓国側の主張に真っ向から反論した。

(実に解り易い解説なので、
 是非是非、リンク先で全文をお読みください)




で・・・南教授が大きい声で
入手経路を明らかに出来ない
原因がコチラ!

★世界最古推定の「証道歌字」 
 さらに20点ある可能性(1)

 中央日報 2013年07月19日
 http://japanese.joins.com/article/047/174047.html
高麗金属活字「証道歌字」は
現在まで公開された約110点のほか、
さらに20点ほどあると予想される。
中央日報が金属活字「売買証明書」
写本を入手して確認した結果だ。

世界最古金属活字と推定される証道歌字は、
タボソン古美術館(館長キム・ジョンチュン)が
中央日報に追加で公開した11点を含め、
計112点が知られていた。

中央日報が入手した売買証明書には
大阪和泉市に住む日本人の久貴谷誠氏が
1995年に韓国人のパク某氏に金属活字
約200個を販売したと書かれていた。

当初に日本から韓国に渡った活字は、
現在知られているものより90点ほど多い
ということだ。
売買証明書の作成日は2012年12月12日。

久貴谷氏は16日、
中央日報の電話インタビューで、
「パク氏が売買証明書を紛失した
 というので昨年新しく書いた」
と述べた。
久貴谷氏は
「私は寺が仏像・掛け軸・額縁などが
 必要だといえば
 日本全国や中国などを探して
 適当な物を手配する仕事をしている」
とし
「20年ほど前、京都のある骨董商(死亡)が
 『これは何に使うものか。売れるのか』
 と尋ねたが、古い物のようなので
 すべて購入した」と説明した。また
「当時は日本・中国・韓国のどこから来た
 ものかも知らなかった。
 骨董商が最初にどうやって購入したのかも
 知らない」と話した。
その後、韓国の骨董商のパク某氏に販売し、
うち110点をすべてタボソン古美術館が
引き受けて公開したのだ。

売買証明書は、タボソン古美術館が
文化財庁に証道歌字の文化財指定を
申請しながら提出した資料だ。

しかし久貴谷氏は
「韓国の文化財庁や関連機関からの
 問い合わせは一度もなかった」と話した。
その間、証道歌字の出所と購入経路が不明だ
というのが文化財指定の障害と指摘されてきた。
売買証明書の内容が事実なら、流通経路の
手掛かりになると予想される。

(中略)
現在、忠清北道清州市は
金属活字復元事業を進めている。
05年から予算約50億ウォン(約4億5000万円)
が投入された。
書籍の文字を根拠に復元しなければならず、
非常に大変な作業だ。
今回、実物活字が確認され、3Dスキャンなどの
技法を使えば、複製作業も容易になる見込みだ。


文化財庁有形文化財課の
ユ・ウンシク学芸研究官は
「高麗活字の出所だけでなく、
 真偽を確認する部分まで含め、
 体系的に検討する長期的な調査研究計画を
 立てる」と述べた。



3Dスキャンで調査した本当の理由は、
真偽を確かめるためではなく
金属活字の成分分析をして
復元しようとしていたのかぁ・・・
そりゃ、残念!

高麗は、製紙技術・印刷技術ともに
高い技術を持っていたのは間違いない。
チンギス・ハンなどモンゴル帝国の領土拡大で
高麗は、国境警備の兵士を大量投入し
そこに「兵士を慰安する女性」を送った事でも
知られている。
1225年(高宗12)にモンゴルの使臣、著古與が
殺害された“著古與殺害事件”以後、
モンゴルはこれを口実に高麗へ侵入し、
降伏条件として高麗の子供を男女五百名ずつ
捧げるように迫った。
そして、
1232年(高宗19)に王族と大官(高位官僚)の
幼い息子娘、五百名ずつ、及び
工匠と刺繡婦人を貢献したのが貢女
始まりとなった。

韓国が、「歴史的新発見」を急ぐばかりに
こうした研究をきちんとした検証なしに
ずさんなまま発表してしまう原因は・・・
日本に対する”恨(ハン)”と同様に
古代史においての哀しい歴史が有るからだ。

だから、
韓流歴史ドラマで嘘八百を堂々と描き
自国の歴史学者から史実捏造と批判されても
世界各国に輸出しようと企てたのも、
哀しき”恨(ハン)の文化の所業なり。


★モンゴル帝室に女性を献上していた
 「高麗時代の朝鮮」

 2014年09月13日
 http://nikkan-spa.jp/711388
NHKでは韓国時代劇の新シリーズ
「奇皇后」(8月3日放送開始/BSプレミアム
毎週日曜夜9時~)が始まった。

韓国時代劇においては、
その歴史改ざん願望がドラマに
 凝縮されている、
 もはや
 韓国の歴史=脚色されたファンタジー

(東洋史家・宮脇淳子氏)

と、史実の都合のよい歪曲
指摘されがちな昨今の背景を慮ってか、
番組HPには、

「実在した奇皇后の人生を
 ダイナミックにアレンジし、
 感情を揺さぶる愛と闘いを
 壮大に描いたエンターテインメント・
 ロマンス史劇」


「このドラマは実在した奇皇后を題材に
 創作したものです。架空の人物や
 事件を扱っており史実とは異なります」

と、念の押しようだ。

ストーリーは――
13世紀末から14世紀中頃。

モンゴル人による王朝・元に服属していた
高麗(コリョ)に生まれ、
元への貢女(コンニョ)という境遇から
皇后にまで上り詰めた女性「奇皇后」が主人公。

「元の皇帝、そして高麗の王、
 ふたりとの運命的な愛。
 その美しさと野望、才覚で強国・元を
 揺るがしながら、決して失わなかった
 高麗人としての誇り―」(番組HP)

元と高麗という二つの国家と両国の男の
狭間で生きた女性の、波乱の人生が
描かれているという。

早速、見てみると……

主人公で高麗の少女ヤンは元への貢ぎ物
「貢女」として、母や多くの女たちと共に
連れ去られる途中、逃亡するが、
ヤンの母は追ってきた元の将軍に殺されてしまう。
ヤンは身を隠すため少年に姿を変え生き延びていく。
父母ともに元の圧政による無念の死を遂げたことで、
少女ヤンは元への強い復讐心を抱いている。

というわけで、登場するモンゴル人たちは、
徹底的な悪人に描かれる。

「この高麗人の目玉をくり抜き、耳を削ぎ、
 舌を抜き、生かしたまま見ることも話すことも
 聞くこともできぬようにするのだ!!」
とのむごいセリフの後、焼きゴテがあてられ
……ギャアアアーーー!!!……
と韓国時代劇によくある凄惨な拷問シーンも
頻繁に登場する。

土足で高麗の地を踏みにじり、
朝鮮の女性たちを略奪、凌辱する
元の兵士、という構図が強調されている
印象だが……


実際、元朝と高麗との関係は
どのようなものだったのか。
内モンゴル出身のモンゴル人で
静岡大学・楊海英教授(歴史人類学)が解説する。
「正直なところ、モンゴル人の歴史観では、
 かつて朝鮮半島はモンゴル帝国の
 属国であり、モンゴルの血統で権威を
 確立していた国であるという印象があるのは
 事実です。
 同様に、清に対しても戦争に敗れて臣下の
 礼をとり、属国となったことは史実として
 残っています。
 ほかの朝貢国と比較すると、
 朝鮮半島の場合は代々シナ王朝の
 『属国』であった実態が伴っているのです」

(中略)
「朝貢の一環として、朝鮮の良家の娘たちを
 集めて元朝の帝室に差し出すというもので、
 高麗貢女は、例えば宮廷に入って皇后や
 王族のそばで働きながら、できうればそこで
 エリートを見つけて結婚することが望まれて
 いました。帝室内に高麗の身内を送って
 発言力を増していこうという、
 高麗なりの生き残るための術だったのだと
 思います。
 儒教思想のもとでは女性の地位が低いので、
 そういう発想が生まれたのでしょう


 しかし、これは
「モンゴルが強制したのではなく、
 高麗側が自ら進んで編み出したシステム
 であった」
と楊氏。

(続きはリンク先で)



この発想は、昨今韓国が熱心に製作している
慰安婦を題材にしたドラマや映画にもつながる。
「実在した慰安婦ハルモニの人生を
 ダイナミックにアレンジし、
 感情を揺さぶる恨みと闘いを壮大に描いた
 エンターテインメント・ロマンス史劇」


高麗に印刷技術が発達したのは、
モンゴルへの物品や貢女の献上に
国民の不満を抑えるため
仏教に救いを求める国教化政策で
大量の教本が必要だったからとも言われる。

取りあえず・・・
証道歌字の歴史的根拠の資料が
大阪の骨董商が韓国の骨董商に販売した時に
発行した「販売証明書」を紛失したというので
再発行した販売証明書というならば・・・
 ki20130719095735-1.jpg

先に、
TV東京の【何でも鑑定団】に応募すれば
真偽判定が早かったのではないかと
思ってしまう・・・



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply