韓流研究室

ARTICLE PAGE

日本版Halloween(恥路誘引)騒動・・・

★【炎上】ハロウィン参加者が
 ゴミ放置で住民激怒 /
 渋谷がゴミの山でブチギレ
 「ひどい仕打ちだ」
 路上喫煙もやりたい放題

 2015.11.01
 
http://buzz-plus.com/article/2015/11/01/halloween-shibuya/
 shibuya05.jpg


★ハロウィーン騒動 とうとう逮捕者 
 無職男、エアガンのようなもので
 警察官を殴打

 産経新聞 11月1日(日)0時18分
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151101-00000500-san-soci


★【偏差値28】SEALDsは
 halloweenの綴りもparadeの綴りも
 知らないと判明

 2015年11月01日
 
http://hosyusokuhou.jp/archives/45873059.html
 fa31ea9f.png


★【サヨク画報】市民団体
 「戦争のない平和な社会だからこそ
  ハロウィン楽しめる」
 仮装して安保法反対集会

 2015年10月31日
 
http://www.honmotakeshi.com/archives/46763204.html
 9ff44bb0-s.jpg
 安保法
 廃止しないと
 イタズラしちゃうぞ
 


★ハロウィーン、実は欧州では低調 
 「日本人はまだまだ」

 京都新聞 10月25日(日)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151025-00000016-kyt-l26



ハロウィーン(Halloween)は、
元は古代ケルト人の収穫感謝祭である
サウィン祭(サウン、サワーン)を、
古代ローマやキリスト教などが取り込んだ
原始宗教行事というのは
有名なお話ですね。
アイルランドやスコットランドに住んでいた
島ケルトの人々が信仰していたドルイド教が
起源なのだそうです。
ケルト人は多神教で、ドルイド教という土着の
信仰を持っていました。

この【ドルイド教】は、
日本の古神道ととても良く似ている。
というより、
古代人の世界観は、世界共通。
自然への畏敬。
この世界は、
人間が創造した特定の「神」が
産み出したのではなく、
空にも大地にも、森にも木々にも水にも火にも
自然の中に全ての精霊が宿り、
人間は、その自然界によって生かされている。
古代世界の農耕民族の共通した宗教観。
柳田国男によれば、
古代の日本人が信じていたあの世、「根の国」は
ケルトの人々の信じていた常若の国ティル・ナ・ノグ
と同じく、海の向こうにあったと信じられていた。

祖先の霊や自然を崇拝し、畏敬の念を持って
自然と共存してきた人間は
やがて、自然を敬い畏れることを忘れた
傲慢な人間が、この世界を破壊していく。


★ハロウィン(Halloween)
 http://moto-neta.com/event/halloween/

★ケルトについて
 http://high-land.org/aboutcelt.html
(引用開始)
歴史的に見て、他民族が流入すると
先住民族との間で激しい闘いが繰り広げられ、
その結果敗者はジェノサイド(集団虐殺)され、
その文化的要素は徹底的に排除される
というのが、殆どの民族で通例とされてきました。
スコットランドやアイルランドに於ける
『ケルティック クロス』に代表される様な、
先住文化と流入文化の融合を行って来た民族は
非常に稀です。
ただ面白い事に、この傾向は、
私達の祖先の一部である縄文人にも全く同じ傾向
が見られます。
そして、日本を代表する芸術家の岡本太郎氏は、
ケルトの紐組紋から感じる生命美は、
縄文土器の縄文から感じる生命美と信じがたいほど
そっくりだと述べています。
これらの事を考慮すると、スコットランドやアイルランド
の先住的民族であると思われる
『古代イベリア人=バスク人』系の人々は、
その表現美、及び稀な民族的特性からすると、
縄文人ともそのルーツを近しくしていた人々とも
考えられます。

(続きはリンク先で)


★縄文と古代文明を探求しよう!
 「個のない民、ケルトから学ぶ」7.
 ドルイド教~聖森の教えと学び~

 http://web.joumon.jp.net/blog/2013/10/1538.html




★ドルイド
 http://momo.gogo.tc/yukari/dragon/contents/doruide.html

★ケルトの祭り
 http://momo.gogo.tc/yukari/dragon/contents/bertina.html
ケルトの民は基本的に農業の民であり、
その祭も(神話によると)農業暦に関わった
ものでした。
太陽や月で暦を決めるのではなく、
農事で暦を決めていたのです。
(中略)

サウンは夏の死を弔う祭礼の時であり、
夏と冬との境目の、時と場所が一時的に凍結し、
特殊な超自然的エネルギーで満たされた
別の時間と捉えられていました。
冥界との障壁は取り払われ、シー(塚)は開かれ、
霊たちは地上に出てきて徘徊し、
人間は冥界を訪れることが出来たのです。


★常若の国--ティル・ナ・ヌグ--
 (Tir-nan-Og)

 http://momo.gogo.tc/yukari/dragon/contents/Tir_nan_Og.html


★イギリスの巨石遺跡
 「ストーンヘンジ」と
 古代の「ドルイト教」。

 http://eikojuku.seesaa.net/article/213309352.html




ハロウィーンの原型であるサウィン祭では
夏が終わり、厳しい冬を迎える新年。
ケルト人達は、新年の前の夜10月31日に
生者と死者の世界が一つとなり
此の世に死者の魂が戻ると信じていた。

ドルイドの祭司が丘に集まり、篝火が焚かれる。
この時、
収穫した作物と共に、いけにえの動物を
お供物として、炎の中に捧げる。
牛などの家畜を解体して皮をそぎ、
その皮を祭りのあいだ身につけていた
 bonfire.jpg 

この神聖な篝火は
病気や災いをもたらす悪霊を追い払う力が
あると信じられていた。
人々 は、その炎の前に集う。

 ft5s-samhain.jpg

炎によって追い払われる恐ろしい悪霊の前に
彼らの安全を確保するための変装として
いけにえとして捧げる牛などの家畜を解体して
皮をそぎ、その頭や皮やを祭りのあいだ身につけ
悪霊に見つからないように仮装する。

やがて、祭りの終わりに
人々は神聖な炎から取った松明を持ち
先祖の霊を道案内しながら自宅に帰る。

神聖な篝火の残り火を家の暖炉に運び
再び「炎」を再生する。

何だか、
無病息災を祈る「どんど焼き」にも似ている・・・

hallowim0248.jpg

 thC4QWCZ5Z.jpg don2183_1.jpg
ケルト人のサウィン祭の炎(左)と、どんと焼き(右)

★長野・県無形民俗文化財
 「長谷・越のどんど焼き」

 http://wingclub.blog.shinobi.jp/%E9%95%B7%E9%87%8E%E5%B8%82/%E3%80%90%E9%95%B7%E9%87%8E%E3%83%BB%E7%9C%8C%E7%84%A1%E5%BD%A2%E6%B0%91%E4%BF%97%E6%96%87%E5%8C%96%E8%B2%A1%20%E3%80%8C%E9%95%B7%E8%B0%B7%E3%83%BB%E8%B6%8A%E3%81%AE%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%A9%E7%84%BC%E3%81%8D%E3%80%8D%E3%80%91


★年神
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E7%A5%9E




「Trick or Treat」と言う習慣は、
古代ケルトの「Souling(ソウリング)」と呼ばれる
習慣が由来。

日本にも、【お月見泥棒】という風習がある。
古代よりあった秋の収穫祭と
中国より伝来した【観月】の宴の風習が合わさり
お月見をしながら、収穫された農作物をお供えし、
豊作を祈っていた。


★中秋の名月とハロウィン?
 http://cova-nekosuki.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-3d3f.html

★ハロウィンは日本にもあった!?  
 奇習「月見泥棒」とは

 http://bookstand.webdoku.jp/news/2014/10/03/063000.html

★お月見泥棒の日本分布
 http://www.geocities.co.jp/NeverLand-Mirai/8980/tukiminihon3.htm
 japan31.jpg

★十五夜踊りとトゥンガトゥンガで
 与論の夜は更け

 http://blogs.yahoo.co.jp/lovely_yoron/642273.html




どこぞの国のように
「ハロウィンは、ウリナラ起源」などと
恥ずかしい見解は致しません。

古代農耕民族が、
厳しい自然と向き合いながら導き出した
原始宗教の原形が、
様々な他民族の文化や宗教と融合して
現代にその痕跡を遺す。
根底にあるのは、
五穀豊穣、無病息災、先祖崇拝、子孫繁栄
なのかな・・・


★The Masked Visitors
 Of All Hallows’ Eve.

 http://www.markaflynn.com/meaning/symbols/the-masked-visitors-of-all-hallows-eve/


★ハロウィンの由来とは!?
 日本のお盆や節分との共通点は?

 http://8sanzen8.blog.so-net.ne.jp/2012-10-30
(引用開始)
ハロウィンでは、
「トリック・オア・トリート (Trick or Treat) 」
お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ、
と言って子供たちが各家庭を回って
お菓子を集める。

これの原型は、その後変質したケルト人の習慣
(変装してパフォーマンスしながら各家庭を周り、
 その見返りとして食糧をもらっていた)や
イタズラ、キリスト教の物乞いの習慣からの
発展だと思われる。

子供たちにとってはお菓子の稼ぎ時だが、
日本でも
「子供は7つまでは神の子」と言われ、
神様へのお供え物をとって食べても
しからないように、という考え方がありました。
なぜ7つまでは神の子なのか。
それは昔は死亡率が高かったから。
昔の子供にとって、生死の境界は
ないようなものだったのだな。

神様に近かったわけです。

(丁寧にまとめられていますので
 是非リンク先を訪問してください。)



そう言えば、
クリスマスは北欧やゲルマン民族の
古くから伝わる冬至祭(ユール)が
起源と言われていますね。

http://www.jiten.info/dic/europa/yule.html

★サンタクロースとなまはげ
 ~聖ニコラウス以前からの年神

 http://taijyunoshitade.blog118.fc2.com/?m&no=33


★気絶するほど恐ろしい!
 北欧の「なまはげ」は
 大人もビビるレベル

 http://rocketnews24.com/2011/10/15/140038/



北アイルランドの古代からの年末の風習
ママーズ(Mummers)

m9_42-57270802-920x625.jpg
男達が藁でできた衣装と仮面を身に着けて
家々を訪問し、主人と問答をして
酒や食事などのもてなしを受けるのだそうだ。

考えることは・・・皆同じなのか?
何だか、面白い。

ただ、全ての行事には、歴史と伝統と
深い”意味”がある。
大きな”子供”が
意味も無く、バカ騒ぎをするのは・・・
ハロウィンじゃないよなぁ。

こうして今年も、
商業主義の便乗「コスプレ騒ぎ」が終わった。



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply