韓流研究室

ARTICLE PAGE

韓国大学生らが長崎・高島炭坑の供養塔に「強制連行」の案内板を設置要求

★世界遺産・高島炭坑の供養塔 
 「強制連行」の案内板設置、
 韓国人大学生らが求める 
 根拠は希薄

 産経新聞WEST 2015.10.28 21:36
 
http://www.sankei.com/west/news/151028/wst1510280110-n1.html
  a8100_368_33ba552d58399537b9094e75ef25ce9b.jpg

世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」
の一つ、「高島炭坑」(長崎市高島町)にある
供養塔に対し、韓国の大学生ら
強制連行された韓国人の魂が眠る場所
などと記す案内板を設置するよう、
市側に許可申請していた
ことが、
28日わかった。
供養塔にまつられた炭鉱労働者に
朝鮮半島出身者が含まれるかは不明であり、
根拠が希薄にもかかわらず

日本の戦争責任を喧伝(けんでん)するような
行動に、批判が集まりそうだ。


 今月23日、韓国の大学生を名乗る女性から、
長崎市に設置許可を求める電話があった。
25日には漢陽大学(ソウル)の学生を名乗る
人物からメールもあったという。
市によると、案内板の文面として、
「韓国と中国などの地から、
 端島炭坑(通称・軍艦島)と高島炭坑へ
 強制連行させた労働者の魂が
 眠っている場所だ」
などと主張したという。

 聯合ニュース(電子版)など韓国側の報道
によれば、今年9月に
韓国放送局文化放送(MBC)が番組
高島炭坑を取り上げたところ、
来島を希望する声が数多くあがったという。
渡航費用などとして、誠信女子大教授の
徐(ソ)敬(キョン)徳(ドク)氏らが、
インターネットで寄付を募り、
1800万ウォン(約190万円)を集めたという。
徐氏はこれまで、米ニューヨーク・タイムズに、
日本の戦争責任を追及する広告を出したり
している。

長崎市財産活用課の林泰彦課長は
関係部署と協議した上で、
 近日中に案内板設置の可否を決める

と語った。

     ◇

 高島炭坑 高島は長崎港から南西15キロに
浮かぶ周囲6キロの孤島。
石炭産業は江戸時代に始まり、明治には
三菱財閥の傘下に入った。
供養塔は大正9年4月、
島北部に建立された。

当時は「千人塚」と呼ばれていた。

(引用ここまで)


 
関連記事
★長崎・高島炭鉱の供養塔を訪ねやすく 
 韓国人の募金で整備

 聯合ニュース 2015/10/20
 http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2015/10/20/0200000000AJP20151020000600882.HTML?input=rss
【ソウル聯合ニュース】
日本による植民地時代に多数の朝鮮人が
強制徴用された高島炭鉱(長崎市高島)の
供養塔までの道が先週末、
韓国のインターネットユーザーの募金で
整備された。
韓国の広報活動に取り組む誠信女子大の
徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授
が20日、
明らかにした。

 高島炭鉱は7月に国連教育科学文化機関
(ユネスコ)世界文化遺産に登録された
「明治日本の産業革命遺産」(全23施設)の一つだ。
植民地時代に多くの朝鮮人がここで厳しい
労働を強いられ、命を落としている。
供養塔は炭鉱を経営していた三菱が
朝鮮人労働者の遺骨埋葬地の目印
として立てたが
、長年放置され、
木が生い茂って道が分かりづらくなっていた。

 9月に韓国の放送局
MBCのバラエティー番組
高島の供養塔を紹介したところ

ネットユーザーから供養塔を訪ねたいという
声が多数寄せられた。
徐氏がネット上で出資を募るクラウドファンディング
の専門会社と共に募金を呼びかけると、
約1800万ウォン(約190万円)が集まった。

この募金で供養塔への道、約50メートルの
整備にかかる費用が賄われた。

募金の残りは供養塔の案内板の設置や、
強制徴用された朝鮮人労働者が多く暮らしていた
ウトロ地区(京都府宇治市)の歴史館建設
用いられる予定だ。

(引用ここまで)



★【韓国人】長崎の高島炭鉱の
 供養塔へ続く道を整備してきました

 2015年10月20日
 http://ultraseoul.blog.jp/archives/1043071060.html
(引用開始)
 ki537a21cc-s.jpg
 ki50d1d7-s.jpg
日本の高島炭鉱の供養塔へ続く
道の整備を完了しました!

無限挑戦が放送された後、
ネチズンたちからたくさん連絡をもらいました。
その中のほとんどが供養塔を訪問したい
という内容だったので、道を整備する
必要性を感じさせました。

放送に出てきた供養塔へ行くには、
腰を90度に曲げて進まなければならない
狭い道のみとなっており、
周辺を草刈り機で整備すれば多くの人々が
訪問することができると思い、
青年5人を連れて2日間で50メートル以上を
整備しました。


航空運賃と整備作業するすべての費用は、
ネチズンたちに募金していただきました。
1800万ウォンが募金で集まりました。
今回使った費用を除いても、まだ多くの費用が
残っています。
この残りの費用は供養塔案内板の取り付け
ウトロ地区の歴史観建設費用に全額寄付
いたします。

今回、
供養塔の周辺案内板まで一緒に
設置しようとしたが
、案内板の内容に
「強制動員」の言葉が入っているせいか、
長崎市の許可が出ていない状態です。

しかし、
必ず設置できるように努力を続けます。

(続きはリンク先で)



大正9年に建てられた慰霊塔に
「強制連行された韓国人の
 魂が眠る場所」 という
案内板を建てるのを許可しろ!
歴史的根拠は、
バラエティー番組【無限挑戦】で
「三菱が朝鮮人労働者の
 遺骨埋葬地の目印として立てた」
と言っていたnida!


はあああ?
バラエティ番組の内容を信じて募金を集め、
来日して、勝手に他人の土地を草刈りして
高島の船着場に到着してから
供養塔の入り口を探すのが難しいから
供養塔の周辺に案内板を設置しようとしたら
長崎市の許可が下りなかったから
電話とメールしたってこと????

長崎市財産活用課の林泰彦課長も
「関係部署と協議」なんてしないで
「大正9年の慰霊碑は強制連行なんて
 関係ありませんよ!
 仮に朝鮮人炭鉱夫がいたとしても
 それは強制連行ではなく
 自発的に出稼ぎに来ていた人達」
ときっぱり言えないかねぇ。





★【歴史戦】中韓からの“攻撃” 
 世界文化遺産になった九州・山口の
 文化財が標的に 
 「慰霊」に名を借りた
 「日本の地位失墜」運動

 2015/10/28 23:02
 http://news.qwe.jp/news4plus/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E6%88%A6/1446040920
(引用開始)
今回、韓国の大学生らが案内板設置を求めた
高島炭坑の供養塔は、
大正時代に起きた炭鉱事故などで亡くなった
労働者のうち、身よりが分からない労働者を
弔って建立された。

現在は長崎市が所有・管理している。

 「長崎労働組合運動史物語」
(長崎地区労働組合会議発刊)では、
「大正9年4月以前から、高島のどこかに
 埋められていたものを、
 (炭坑を運営する)三菱資本が集めて
 供養塔とした」
とある。

 高島の郷土史家、山崎徳(めぐみ)氏(90)は
「身元の分からない人を弔っているのだから、
 人種や国籍がわかるわけがない」と語る。

ただ、朝鮮半島で国家総動員法に基づく
「国民徴用令」が適用されたのは
昭和19(1944)年9月だった。

終戦直後に供養塔の下にあった骨壺を調べたところ、
19年以降と思われる真新しい骨はなかった。

韓国側の根拠は乏しいという。

 高島の供養塔には、
4・5キロ離れた隣の端島(通称・軍艦島)
からも遺骨が移された。

 両島の炭鉱を所管した三菱石炭鉱業が、
昭和49年の閉山後、軍艦島の寺院から、
骨壺を高島の供養塔に移した。
この骨壺は63年に、高島にある金松寺に
預けられた。
その際に作成された名簿には、
朝鮮半島出身者の名前はなかったという。


 山崎氏の言う通り、
供養塔にまつられた炭鉱労働者に、
半島出身者がいるかどうかは判断できない。

 だが、韓国側はすでに動いている。
複数の近隣住民によると、供養塔までの
約50メートルの道で、
韓国人らしき若者数人が草刈り作業を行う姿が
目撃されている。
道は市有地や私有地が混在するが
市は許可を出していない。


 また、道中の草木には、
ハングルが記されたリボンが複数くくりつけられ
供養塔の柵には韓国の国旗が架けられていた。

 こうした活動の中心となったのは、
誠信女子大の徐敬徳教授といわれる。
徐氏は、慰安婦問題や竹島問題に関して、
主に米国で韓国側の主張を広報する活動
を展開している。

 日本側にも、
韓国側の活動を支援する人物がいる。


「岡まさはる記念長崎平和資料館」理事長の
高実康稔氏
は、高島の歴史調査を続けてきた
山崎氏を、ひんぱんに訪れた。

 高実氏は、同行した韓国人カメラマンに、
供養塔を撮影させた。
山崎氏が
「終戦直後に供養塔には新しい骨は
 納められていない。半島出身者が
 含まれる可能性は低い」
と訴えても納得せず、
旧日本軍による「強制連行」を非難したという。

 山崎氏はこう憤った。

「確かに三菱の名簿は見つかっていないが、
 多くの韓国人が徴用されていたなら
 寮があるはずだ。
 だが住民は誰もわからないし覚えていない。
 入坑する韓国人を見た人もいない。
 それなのに高実氏はなんでも
 韓国側に都合のいいように解釈する


(続きはリンク先で)



問題なのは、
根拠が有っても無くても
案内板や石碑さえ立ててしまえば
「事実」にすり替えられると活動を
している韓国人と、
何でもかんでも韓国側に都合のいいように
解釈して、韓国を煽る日本人の存在!

気を付けなければいけないのは
こういう輩は「日韓友好」と言いながら
あの手この手で、地元住民を騙していく。
例えば、
市議会議員や観光協会や商工会議所に
「観光名所として整備すれば
 韓国人観光客が押し寄せて、
 地元の経済が活性しますよ!」

などと甘事を囁く・・・

私が気になっているのは、対馬の現状。
先日、「日韓友好」目的の対馬花火大会で
警察が強風のために2度も、
危険だから中止要請したのに「強行開催」
した挙句に大規模林野火災を起こした事件。

★事前に対馬北署が
 花火大会の中止要請
 
 読売新聞 2015年10月28日

 http://www.yomiuri.co.jp/local/nagasaki/news/20151027-OYTNT50147.html


この花火大会に掛かる費用概算510万円の
約半分は、国の離島活性化交付金で賄われる。
http://www.watch2chan.com/archives/36985960.html

何故、
韓国窃盗団に仏像や経典が盗まれても、
対馬返還を求める韓国の市民団体が、
対馬に押し寄せても
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/3107
無理をして強行開催したかったのか?

2014年の対馬国境花火大会実行委員長
対馬経済界の大物、真崎龍介氏は
 「これまでの交流を大切にし、
  花火大会なども継続していきたい」

 http://kimsoku.com/archives/8620747.html

この真崎龍介氏を検索してみると
再三の韓国窃盗団による仏像や経典の
盗難に怒り心頭の人達が存在する中で
対馬市で熱心に「日韓友好」を薦める人達が
存在する。「日韓トンネル開通」や
「朝鮮通信使世界遺産登録」等の運動をしている
議員や市民団体。
例えば・・・


http://blogs.yahoo.co.jp/milkmikky22/65042961.html
(引用開始)
グレイス・オーケストラ来島のポスターと
チラシが仕上がったのに
まだ配布、添付ができていない・・・
(略)
演奏の初日は2月4日、
場は上対馬町比田勝にある
上対馬町総合センターです
一日でも早く島民のみなさんにお知らせ
をしないと集客ができません
この手の問題は、 “集客ができない” こと・・・

美津島町鶏知の牧師さんに電話してみました
返事はOK~!
(略)
次は大川建設の真崎龍介社長を訪ねましたが、
(略)
真崎社長は
鰐浦の『朝鮮国訳官使殉難之碑』と
百済国王仁博士顕彰碑』 づくりを
一緒にやってきた仲間です。

鰐浦公園の朝鮮国訳官使の碑には、
建設事務局として社長の名前と、
ミッキーの名前が並んで刻んであります
(略)
『朝鮮国訳官使殉難之碑』 のある
韓国展望台・・・
鰐浦港の 『百済国王仁博士顕彰碑』 ・・・
建設の時にもお世話になった上対馬町の
小島里美元収入役
宅へ

(引用ここまで)



対馬市議会が、韓国資本の侵略に
苦悩している中で
http://www.city.tsushima.nagasaki.jp/system/images/kaigiroku/h23-02_teirei03.pdf
http://www.city.tsushima.nagasaki.jp/system/images/shitsumon/h25_01_teirei_05.pdf

「日韓友好」「民間交流」と、
韓国人観光客が喜びそうな
『朝鮮国訳官使殉難之碑』や
『百済国王仁博士顕彰碑』など
韓国に都合の良い石碑を
対馬島のあちこちに建ててしまう人達がいる。

その他にも、
★【慰安婦】沖縄県与那国島で
 有志による
 「朝鮮人従軍慰安婦慰霊祭」開催

 保守速報 2015年10月24日

 http://hosyusokuhou.jp/archives/45791228.html




長崎市が、毅然とした態度を取らないと
高島炭坑の供養塔に、歴史的根拠に欠ける
韓国に都合の良い案内板が設置されてしまう。

長崎市に電話やメールをする際には
くれぐれも注意してください。
怒りに任せた「民族差別的発言」は、
彼らにとっては思う壺です。

四国の「韓国人お遍路シール」事件のように
マスゴミや市民団体が大騒ぎして、
お遍路を韓国にアピールしてくれる【被害者】
苛めるレイシストという構図で報道するでしょう。
アチラにとっては、願ったり叶ったりなのです。

くれぐれも
「福岡で朝鮮人徴用慰霊碑に落書き」という
http://www.recordchina.co.jp/a121900.html
浅はかな行為は止めて頂きたい!
こんな馬鹿な事をすれば、
こちらがどんなに正当な抗議をしても
彼らの「歴史戦」に好材料を与えてしまう!

あくまでも、上記サイトで紹介した
高島の郷土史家、山崎徳(めぐみ)氏の
調査内容を元に
侮日広報家・ソ・ギョンドク教授の作戦に
対抗しなくてはいけません。
ウトロ地区の歴史館も、
嘘八百の資料を並べる事でしょう。

どうか、日本人の力を結集して
中韓のしかける「捏造歴史戦」と、
それを擁護する日本の左翼団体に
知能的な抵抗を続けていきましょう。

長崎市民の皆様、
こんな無茶苦茶な行為を
許してはいけません!

長崎市役所も、彼らの
「設置費用は全て我々が出します。
 市の負担が無い上に、
 韓国人観光客の誘致に繋がり
 この地域の経済が活性化しますよ」
などの嘘には、騙されないで下さい!


■長崎市総務局理財部 財産活用課
 http://www.city.nagasaki.lg.jp/soshiki/7/29/30/index.html

 所在地
 〒850-8685 長崎市桜町2-22(本館2階)

 電話番号
 095-829-1127

 ファクス番号
 095-829-1248

 メールアドレス
 zaisankatsuyo@city.nagasaki.lg.jp




それにしても・・・
漢字を捨てた韓国人には
「供養塔」の意味も解らないんだな。
炭鉱事故で亡くなった身寄りのない人達を
親族に替わって死者の冥福を祈って
建立した碑なんだけど。

戦後、韓国政府は人手不足のドイツに
大量に炭鉱夫を輸出した。
ドイツの炭鉱で、
出稼ぎ炭鉱夫は、差別され過酷な作業に従事し
家族に仕送りして韓国の外貨稼ぎに貢献した。
炭鉱事故で、多くの韓国人炭鉱夫が死亡したが
ドイツの炭鉱会社は、慰霊碑は建ててくれたか?




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-10-29 (Thu) 14:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓流研究室 All Rights Reserved.