韓流研究室

ARTICLE PAGE

在留資格のない母親の非摘出子が転校留保されている件

「在留資格なし」理由に転校留保 岐阜市教委が比男児に
2010年04月28日 18:31
 http://yamagata-np.jp/news_core/index_pr.php?kate=National&no=2010042801000772&keyword=
 日本人の父親とフィリピン人の母親(31)の間に生まれたフィリピン人の男児(9)が3月、
岐阜市立小学校に転校しようとしたが、母親に在留資格がないことや、給食費を支払わない恐れが
あることなどを理由に市教育委員会が手続きを留保、今も通学できないでいることが28日、
関係者への取材で分かった。

 支援者らによると、在留資格の欠如を理由に入学・編入の手続きを取らないのは異例で、
文部科学省も「給食費滞納の恐れを理由にするのは聞いたことがない」と指摘。
同省は「在留資格の有無にかかわらず公立学校の教育は受けられる」としており、
県教委を通じて事情を聴く方針。

 岐阜市教委は、支援者の指摘などを受け、連休明けにも編入を認める考えを明らかにしたが
「転校先との調整に時間がかかっている」という。

 母親や支援者によると、男児は2000年9月に出生。両親は当時、未婚状態で、父親が認知せず
日本国籍を得られなかった。後に両親は結婚、男児は岐阜県内の町立小学校に入学した。
その後、岐阜市に転居し、転校の手続きを取った。

 父親の認知があれば男児は日本国籍が得られるため、現在、認知に向けた手続きが進んでいる。


日本人と結婚しているにも拘らず、何故母親のフィリピン人に「日本人の配偶者」の在留許可が
下りていないのだろうか・・・
法務省入国管理局
 【在留特別許可された事例及び在留特別許可されなかった事例について】

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyukan_nyukan25.html
これを見ると、母親が不法残留や不法入国であっても"何も問題がなければ"、結構許可されている。
日本人の配偶者がいるのに、在留特別許可されなかった事例は
 ・調査の結果,同居・婚姻の実態に疑義がもたれたもの
 ・調査の結果,同居の実態がない
 ・「日本人の配偶者」で在留許可中、刑事事件を犯した
 ・在留資格「定住者」の許可(日本人と婚姻した母親の連れ子として,未成年時に来日)を
  受けて在留中に逮捕されたもの

偽装結婚や偽装認知が多くなり、法務省の審査が厳しくなっている。
偽装結婚・偽装認知の事件例http://www7.atwiki.jp/epolitics/pages/301.html
在留資格のない外国人女性が不法残留していたのだから、当然審査は厳しくなるだろう。

次に、給食費滞納の恐れを理由にしているのは
もしかしたら、前の学校で給食費を滞納したままだからなのではないだろうか?
きちんと支払っていれば、わざわざ留保の理由に入れないだろう・・・

確かに、子供の人権上では市教育委員会が手続きを留保したまま1ヶ月近く就学できないのは
問題があるでしょう。

ただ、最大の問題点は
法務省の入国管理局が、不法入国や不法滞在・不法就労、偽造結婚・偽装認知の取り締まりを
している一方で、
文部省は「在留資格の有無にかかわらず公立学校の教育は受けられる」というスタンス・・・
その矛盾を、地方自治体に判断を丸投げしてしまっている事ではないでしょうか?

支援者の方々は、この夫婦の経緯をよく御存知なのでしょうから
何故、未だに母親に在留資格がないのか
何故、前の学校に入学許可した市教育委員会が、転校の際に『給食費を支払わない恐れがある』
と言っているのかをも、きちんと分析するべきでは?
もしも給食費を滞納しているのであれば、
滞納理由を聞き、払えるのなら払わせるなり・・・支援者が代替するなり・・・
本人達に何も問題がないわけじゃないでしょうが。
そもそも、結婚したのに認知していなかった父親が悪いのだからね。

地方自治体を責めるのは、可哀想でしょう。
問題は、政府がこの手の判断を自治体に丸投げしているから起きる。
「在留資格の有無にかかわらず公立学校の教育は受けられる」の前に、
自治体が入学許可を出す前に、法務省入国管理局が審査すればいいのでは?
在留資格が無い子供を、本国に帰すのか、日本で受け入れるのか、政府が判断してから
自治体が動けばいいものを・・・本末転倒だよ。
なし崩し的な「子供がいるんじゃ仕方が無いね」在留許可では、悪質なケースも出てくる。
明確な指針が必要

「給食費滞納の恐れを理由にするのは聞いたことがない」と文科省は他人事のようにいうけど
どれだけ市の財政を圧迫しているか・・・本当に解かってる???

うちの市なんか、長女が公立の小中学校に通っている頃から、相当財政を圧迫していて
メニューはお粗末になるし、月に一度のちょっと豪華な「お楽しみ給食」は廃止になるし、
月に1度だったお弁当の日が、中学3年の頃には週に1回に増えてしまっていた。
給食費を値上げ出来ないから、給食回数を減らしていたわ。
給食費を滞納する人達のせいで、きちんと支払っている子供達が犠牲になる社会・・・
本当におかしい。
生活保護世帯なら、市は給食費を免除している。
保護世帯ではないのなら、他の予算を削ってでも、子供の経費を優先するべきでしょ!

とにかく、子供には罪はない。早く学校に行けると良いね・・・
日本男性も認知する気がないのなら、在留資格のない女性とそういう関係になるんじゃない!
こんなのを読むと尚更、頭が痛くなってくる・・・
「フィリピーナはどこに行った?」より
http://webmagc.exblog.jp/i2/
スポンサーサイト

Comments 4

DUCE

よくわからねぇ

今回のはある意味異例ですね。
未婚のまんま、子供の立場を決める鍵を握る父親と子供が別居と言う訳でもないのですね。
親父の方も、女と結婚するのであれば、そう言う事はちゃんとやるべきです。

2010-04-29 (Thu) 07:46 | EDIT | REPLY |   

慶次郎

政治の責任

政治家は官僚たちの仕事のしやすい環境を作るのも仕事、官僚いじめだけを政治家の仕事と勘違いをしている様な気がしますね。
外国人には甘く、日本人には無防備を放置して安心生活をさせてくれない。韓国では入国時の指紋押捺が義務つけられましたよ。

2010-04-29 (Thu) 14:33 | EDIT | REPLY |   

うほほーい

No title

給食費については、支払い能力のあっても払わないモンスターペアレントがいますからね。私の子どもの頃はそんなの無かったけど・・・

2010-04-29 (Thu) 16:58 | EDIT | REPLY |   

TK

給食で食育を

う~ん・・・。給食費を払わないって、無銭飲食ですね。給食費を踏み倒すなんてとんでもない親です。育ち盛りの子どもには、ちゃんとした栄養のあるものを食べさせるべきだし、そのためには払うべきものは払わないといけませんよね。

2010-05-01 (Sat) 16:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply