韓流研究室

ARTICLE PAGE

習主席側近「尖閣で中国は武力衝突避けるべき、負けたらヤバイ」

★「中国は武力衝突避けるべき」
 習主席側近の論文が波紋 
 尖閣めぐり日中衝突すれば
 「中国に退路はない」

 産経新聞 2015.10.22 20:30
 
http://www.sankei.com/world/news/151022/wor1510220036-n1.html
【北京=矢板明夫】
中国人民解放軍の上将で、習近平国家主席の
側近として知られる国防大学政治委員の
劉亜州氏が最近、共産党機関紙、人民日報が
運営する人民ネットなどで発表した
日中関係に関する論文で
「中国は武力衝突を極力避けるべきだ」
と主張し、中国国内で波紋を広げている。
専門家の間では
「習政権が従来の対日強硬策を改めた
 兆しかもしれない」
との見方が浮上している。

 劉氏は論文の中で、
近年の日中関係の悪化について
「北東アジアだけの問題ではなく、
 米国が裏で糸を引いている」
との認識を示した。
その上で、安倍晋三首相を「日本の右翼勢力」と
決めつけ、
「中国との対立を深めることを通じ、
 憲法改正につなげようとしている」と推測した。

尖閣諸島(沖縄県石垣市)の現状について、
劉氏は
「1980年代までのような、日本による
 単独支配の状況でなくなった」と主張。
同海域で中国が日本と武力衝突すれば、
「中国は勝つ以外に選択肢はなく、
 退路はない」
と強調した。さらに
「敗北すれば、国際問題が国内問題になる
 可能性がある」とし、
現在の共産党一党独裁体制を揺るがす事態に
発展しかねないとの危機感を示した。


 劉氏は一方で、武力衝突で日本が負けても、
尖閣諸島の実効支配の主導権を中国に渡す
だけで実質的損失はほとんどないとした。

劉氏は日本と対抗するために
「まず米国との関係を改善すべきで、
 韓国や台湾とも連携しなければならない」

と主張する一方、
日本国内の「平和勢力」と提携する
必要性にも言及した。


 2012年に発足した習近平政権は当初、
「領土問題で妥協することは絶対にない」
と繰り返し強調し、尖閣諸島を念頭に
「戦争の準備をせよ」
との通達を全軍に出したこともあった。

しかし、
昨年から南シナ海で東南アジア諸国や
米国との対立が先鋭化して以降、
中国要人が尖閣問題に言及することが
少なくなった。


 北京の共産党関係者は論文について
「二正面作戦を避け、南シナ海に集中したい
 習指導部の考えを反映している可能性もある」
と指摘した。

(引用ここまで)



安保法の改正
「集団的自衛権」が少し効いているのかな?


★米、中国の人工島
 12カイリ内に軍派遣へ 南シナ海

 朝日新聞 2015年10月22日
 http://www.asahi.com/articles/ASHBP3VTPHBPUHBI01C.html 













日本では報道されそうにないけれど・・・
★【韓国の反応】英国エコノミスト
 「東シナ海では日本が攻勢に出て
  米国が加勢したため、
  中国は米日と争うのを避けて、
  南シナ海進出を加速させた」

 みずきの女子知韓宣言(´∀`*)
 http://oboega-01.blog.jp/archives/1043066146.html
   a74bf42d1-s.jpg



>日本国内の「平和勢力」と
 提携する必要性


北朝鮮や韓国サヨクと連帯して
共闘している日本の「平和勢力」とは、
中国とも共闘しているのだが・・・

「業務提携」から「資本提携」を活発化させ
ゆくゆくは「経営統合」を目指したいのかな?

 a50294be8-s.jpg

「業務提携」
★訪中した鳩山由紀夫、
 南京虐殺記念館で土下座謝罪
 「日本人は悪」

 2013年01月17日

 http://www.bing.com/search?q=%E9%B3%A9%E5%B1%B1%E7%94%B1%E7%B4%80%E5%A4%AB+%E5%8D%97%E4%BA%AC&qs=n&form=QBRE&pq=%E9%B3%A9%E5%B1%B1%E7%94%B1%E7%B4%80%E5%A4%AB+%E5%8D%97%E4%BA%AC&sc=3-8&sp=-1&sk=&cvid=7b182cc8aad84c54b417ac3314e8090a


韓国でも必死にアピール

★朝鮮日報「共産党の志位さん、
 与党の過半数は民意の反映では?」
 →志位氏「そうではない」

 政経ch 2015/10/22/ (木)
 http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-23595.html


ロシアメディアSputnik日本にも・・・
★共産党・赤嶺議員
 「もし日中軍事衝突が起きたら、
  犠牲になるのは沖縄県民」

 2015年10月22日
 http://military38.com/archives/45780658.html
 全文はコチラ
 http://jp.sputniknews.com/opinion/20151021/1059423.html


★【安保法】民主党・岡田代表
 「来年の通常国会に
  安保法廃止法案を提出する」

 2015/10/22/ (木)
 http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-23589.html


★【サヨク速報】「解釈の余地のない
 新たな新憲法9条を」
 「在日米軍についても
  海外での武力行使を禁じる

 9条めぐり公開討論会

 2015年10月22日
 http://www.honmotakeshi.com/archives/46659108.html
解釈の余地のない新たな憲法9条を制定し、
自衛隊の活動拡大に歯止めをかける
考え方について意見を交わす公開討論会が
20日、東京都千代田区の参院議員会館で
開かれた。
学識者らが、安倍政権による集団的自衛権の
行使を容認する憲法解釈の変更や、
安全保障関連法の制定を批判し激論を交わした。


 参加したのは
慶応大の小林節名誉教授、
評論家の佐高信(さたかまこと)氏、
作家の落合恵子氏、
東京外語大大学院の伊勢崎賢治教授。
 
伊勢崎氏は、
他国から攻撃を受けた際、国内に限定して
武力に訴える個別的自衛権の行使と、
その場合の交戦権を新たに認める一方、
自衛隊だけでなく在日米軍についても
海外での武力行使を禁じる新九条の
制定を提唱し

「(米軍駐留に関する)日米地位協定も
 同時に改定しないと意味が無い」と説明した。

 これに対し小林氏は
政権交代して安保法を廃止すれば
 現行の九条は生きる」
と主張。

(引用ここまで)



平和勢力」、必死過ぎる!

sealsg.png





しかし、まだまだ油断はできない。
習近平国家主席は、札束抱えてイギリスへ・・・



★中国が英原発に巨額投資へ、
 習主席「共に黄金時代開く」

 http://jp.reuters.com/article/2015/10/22/china-britain-nuclear-idJPKCN0SF2RE20151022



★習氏演説の異様 
 「抗日」「日本の残虐性」
 晩餐会でも繰り返す 
 チャールズ皇太子は欠席

 http://www.sankei.com/world/news/151021/wor1510210028-n1.html


★チャールズ皇太子の晩餐会欠席、
 「冷遇」とみなさず=中国外務省

 ロイター 2015年 10月 22日
 http://jp.reuters.com/article/2015/10/22/banquet-idJPKCN0SG0TB20151022

ダライ・ラマ支持のチャールズ王太子に替わって
アンドリュー王子がおもてなし・・・





王位継承権第1位のチャールズ王太子の欠席は、
人権団体や反中勢力の批判が
王室批判に向かないよう、中国と了解の上で
バランスを取ったのではないだろうか?
お世継ぎは、
ちゃんと、イギリスの体面を守っていますよと。

「経済優先」の政府とシティの圧力で
エリザベス女王陛下の最上級のおもてなし。
チャールズ王太子とダライ・ラマの仲良し写真。
アンドリュー王子のこうした写真が流出するのも
想定済みで・・・
昔からやんちゃな次男のアンドリュー王子ならば
国民も納得するだろうしね。
ウィリアム王子も
このタイミングで中国の象牙買い漁りを非難する・・・
ちゃんと、
其々に役割を果たしているのだと思う。
見事な連携プレーだわ。



★東亜日報
 習主席の屈辱、英議会演説で
 拍手は一度も起こらず

 こりあんうぉっちんぐ 2015-10-22
 http://ameblo.jp/nobody0728/



アメリカの大統領選挙、
米民主党は、バイデン副大統領が
民主党大統領候補選から撤退を表明
親中ヒラリーで決まりかな・・・

在米中国人票と札束の「資本提携」が
活発化しそうですね。

来年の日本の選挙にも、中国さんは
「どこの国民?連合政権」樹立のために
志位るずや「平和勢力」への
「業務提携」「資本提携」が必要でしょうね・・・


★ガス田中止「理不尽な要求」=中国
 (時事通信) 2015年10月22日 19:01
 http://news.goo.ne.jp/topstories/world/159/2097568da545a5024d11bf7948ce45b1.html


★民主党政府 
 白樺ガス田の5割超の権益を中国に

 2010-05-14
 http://blog.goo.ne.jp/yuujii_1946/e/afb3edbb0da873915a4ac6237ac26439


これは増々、来年の選挙に向けて
日本国内の「平和勢力」と提携する
必要性
に言及するわけだわ。




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

トマト

日本の馬鹿政党の政治センスのなさに呆れるばかりです 媚びたような外交は国を貶める それも気づかないおバカさんには、破滅のみちが道が待っているみたいです

2015-10-23 (Fri) 09:30 | EDIT | REPLY |   

弓取り

「アカい偏向リベラル」がとなえる中華主義的「平和」

中共シナなんて、侵略搾取の自転車操業してないと倒れるのさ。

>英国エコノミスト
 「東シナ海では日本が攻勢に出て米国が加勢したため、
  中国は米日と争うのを避けて、南シナ海進出を加速させた」

東で「アカい平和」が無理なら、南に「アカい平和」の実現って、ぶっそうです。

2015-10-24 (Sat) 11:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply