韓流研究室

ARTICLE PAGE

韓国政府が新宿コリアタウンに「マッコリ通り」造成方案を推進

★韓国、新宿コリアタウンに
 「マッコリ通り」造成方案を推進

 中央日報 2015年10月16日16時24分
 
http://japanese.joins.com/article/096/207096.html.
韓国政府が新宿コリアタウンを
マッコリ文化通りとして造成する方案を推進する。

韓国農林畜産食品部(以下、農食品部)は15日、
新宿コリアタウンをマッコリにまつわる文化
韓国料理を紹介する「マッコリ文化通り」を造成して
「第2のマッコリ輸出ブーム」を起こす計画だと
明らかにした。

農食品部は
10月中に韓国マッコリ輸出協議会(35社)と
在日韓国農食品連合会、新宿韓国商人連合会、
東京韓食堂協議体(430社)等と
「マッコリ文化輸出企画団」(仮称)を企画して
細部計画を協議する予定だ。

企画団では毎月「今月のマッコリ」を選定して
プロモーションを進める。
また、日本の消費者を対象に
「マッコリソムリエ選抜大会」開催、
マッコリに合う韓国料理メニューの提案など
さまざまな方案に対して協議する計画だ。

農食品部関係者は
「対日マッコリ輸出が絶頂だった
 2011年を再現するという目標の下、
 このプロジェクト名を『アゲイン2011』に定めた」

とし「日本の消費者が好むような
 マッコリの新製品やマッコリカクテルなど、
 さまざまなマッコリ消費文化を広めるのに
 注力したい」と伝えた。

(引用ここまで)



あのねぇ・・・
日本には既に「マッコリ通り」が有るんだよ。
労働者向けの安酒文化を
他国の土地にわざわざ造らなくても・・・
NYのコリアンタウンに
「日本軍慰安婦追慕ストリート」とかさ
やりたい放題だよね。

日本における「第1次マッコリブーム」は
2011年ではなく、
1945年終戦後の闇市から。


★川崎 どぶろく横丁
 http://e.deepannai.info/kawasaki-doburoku-yokocho/

 
★ドブロク横丁
 http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/archives/53303145.html
終戦後、ドブロクは朝鮮人の専売特許であり、
朝鮮人は必ず豚を飼い、ドブロクを密造していた。
作りかたは至って簡単で、床下に大きいお風呂場
くらいのコンクリートの穴をつくる。
そこに麦飯やら米めしやらを入れる、
次に雑菌の繁殖を防ぐためにイースト菌を入れて
混ぜる。あとは麹をいれて2,3日たてば
ドブロクのできあがりがだ。
もっと早く発行させたければ鼠殺しの「猫いらず」
をいれると燐が触媒となって発行を早める。
暗くなると燐が青く光るのが特徴だ。
(中略)
ドブロクのつまみはめざしがベストである。
めざしをちびちびかじりながら薄暗い路地
(どぶろく横丁)で1杯飲むのが最高にうまいのだ。
戦後庶民の最高の楽しみはドブロク横丁なのだ。
もちろん僕は子供であるからそんな楽しみを
味わったわけではない。
ギンギラ化粧のパンパンやら花売り娘やらが
ドブロク横丁に集まって朝鮮人のおばさん相手に
ドブロクをのんでいる姿が目に浮かぶ。
(引用ここまで)


★わがまち・ウリトンネ
 http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj2000/sinboj2000-4/sinboj000426/sinboj00042685.htm
(引用開始)
米と麹(こうじ)さえあれば簡単に作れたため、
手っ取り早く稼げる手段として、
どこのトンネでも盛んだった。
自分たちが飲むためもあった。
中には麹を売る人もいた。
むろん密造なので、警察に摘発される
こともざらだったが、同胞たちは逮捕を
免れるためあれこれ知恵を絞った。


 広島県呉市に住む朴仁煥さん(64)によると、
摘発を逃れるために豚を飼う人たちがいたという。
「どぶろくを造ると酒粕が出る。
 その臭いを家畜の臭いで消した」。

 東京大田区の馬込トンネの中心には、
かつてスピーカーが設置されていたが、
これは警察の摘発を知らせるためだった。
顧客の中には刑事もいたが、手入れの日時を
こっそり教えてくれる人もいたという。

(引用ここまで)

★高田ドブロク事件
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%94%B0%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%AF%E4%BA%8B%E4%BB%B6

★多奈川町事件
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E5%A5%88%E5%B7%9D%E7%94%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6
以前より多奈川町警察は、隣接の国家地方警察
泉南地区署の応援を得、幾度も朝鮮人による
密造酒の摘発を行っていたが後を絶たず、
増加するばかりであった。

1952年3月24日、大阪国税局は、
同局泉佐野税務署・大阪地方検察庁岸和田支部・
国家地方警察泉南地区署と合同捜査会議を行い、
一斉摘発を決定。

同年3月26日午前5時40分ごろ、泉南地区署に、
国税局員45名・検事1名・副検事1名・検察事務官
12名・制服警察官50名の合同捜査チームが集合。
10班に分かれ、トラック10台に分乗し、
多奈川町9ヶ所、深日町1ヶ所、計10ヶ所の
密造場所に向かう。

納屋や豚小屋に偽装された密造工場の各所で、
朝鮮人による抵抗に遭うも、検察庁職員によって
容疑者の逮捕、国税局員によってドブロク・コウジ・
蒸留機などの酒造器具を証拠品として差押さえるなどし、
各班は逐次南海電気鉄道多奈川線多奈川駅前に集合。

この時、婦女子を先頭にした朝鮮人約200人が
トラックの前に座り込んだり、
大きな石をいくつも道路上に置いて交通を妨害。
これを排除しようとした警察官が激しい抵抗に
遭っている間、手薄な警備に勢を得た朝鮮人の
数はさらに増え、
ついには
「生活権」を訴える怒号に扇動された朝鮮人が
殺してしまえ」とわめきながらトラックに殺到し、
タイヤの空気を抜く、窓ガラスを叩き割る、
トラックの運転手を袋叩きにする、差押えた証拠品を
叩き落して破壊・強奪する、被疑者を逃がすなどの
暴挙に出た。

この危機を脱したトラック3台は集合場所の
大阪拘置所に向かったものの、残る7台は駅前の
国道で立ち往生となる。
1個班につき警察官が5人と言う手薄な警備体制が
招いた失敗であった。

(中略)
午前9時ごろ、取材に来ていた毎日新聞社
大阪本社の記者がドブロク密造地区捜査取材
のため多奈川派出所に向かう途中、
朝鮮人の暴徒に囲まれて殴打され、
石を投げつけられ、全治2週間の怪我を負う事件
が発生。また、この騒ぎで城東税務署員も
右手に怪我を負っている。

(中略)
同年3月30日午前2時、検事らをはじめ、
大阪府下8地区署から制私服警官警察官・
警察学校生徒など、約450名が
大阪市城東区関目の大阪府警察学校に集結。
午前5時すぎ、自動車・トラック約30台に分乗して
多奈川町小田平、朝日、東、湊、深日町兵庫の
5地区21ヶ所に急行し、逮捕、押収捜索にあたった。
捜査員が被疑者を逮捕しようとした際、
人糞を降りかけられる、手を噛まれる、
水桶・たらい・マキなどを手当たり次第投げつけられる、
クワ・こん棒などを振り回して暴れる、
トウガラシの粉を投げて目潰し戦術に出る

というようなことがあり、捜査員3名が打撲傷などを
負ったが、前回ほどの組織的集団抵抗は
みられなかった。

(続きはリンク先で)



日本政府は、
明治4年(1871)に、江戸時代の酒造株を廃止。
免許料を払えば自由に酒造が行えるようにしました。
明治8年(1875年)に酒類税則を制定し
http://www.nta.go.jp/ntc/sozei/tokubetsu/h21shiryoukan/02.htm
免許税的な性格の酒造営業税、売上税的な
性格の醸造税、酒類請売(うけうり)営業税が
課されることになりました。
明治15年(1882)には、自家製酒を造る者は
製造免許鑑札を申請し、鑑札料金80銭を納める
ことが義務づけられたが、
販売を目的としないかぎり、ちゃんとした清酒で
あっても、明治19年(1886年)まで自家醸造は
自由だった。
輸出先に対して関税自主権が無かった明治政府は、
関税に頭を悩まし、歳入を国内消費の多い酒税に着目。
酒蔵への課税を重くし、国家歳入の3割前後を酒税に
頼るに至る!
重税に耐えきれない酒蔵は次々に潰れていった。
1910年の日韓併合以降に朝鮮人が出稼ぎのために
渡日した時点で、日本の酒製造の現状はこうだった。

日本人も禁止されている密造酒製造販売を
「生活権の侵害」と暴動を起こし民族差別だと
主張するのはおかしい!


日本の酒蔵が税金を払えずに倒産しているのに
朝鮮部落の密造工場を摘発しなかったら
それこそ、日本人への民族差別でしょう?

姜尚中が自叙伝の中で、
母親が、密造酒を製造販売していて警察にバレた。
警察が捜査に来て没収すると母親は
「密造酒を無くなると、自分たちが
 生活できなくなる!」と叫んで抵抗し、警察の車に、
母親は石を投げる。
このエピソードを「日本人による差別の悲惨な体験」
と書いているのだが・・・
差別でも何でもない!法律違反というだけ!

密造酒を販売して、その利益を得ながら
酒税も所得税も払わないのだから脱税!


愛媛大学准教授の伊地知紀子氏のような学者が
『消されたマッコリ。』という著作の中で
http://d.hatena.ne.jp/l-library/20150808/1438935527

”生業もほとんどなく、
 戦後日本を生き抜く朝鮮人にとって、
 密造酒造りは、重要な現金収入源だった。”

として、
大阪地裁、佐々木哲三裁判官による
判決文を載せているらしい。
”これらの人達に対しては、もとより犯行自体は
 許せないにしても、その人達をそのような境遇
 に陥れた点について、
 日本としても深い責任を感じなければならず
 この意味に於いては心から同情を示さねば
 ならない人達なのである。”と
著者は「佐々木哲三の人権思想が書き上げた判決」
と紹介しているそうだ。

しかし、
後に弁護士に転向する佐々木哲三裁判官とは
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E5%93%B2%E8%94%B5
「実の姪を妻にした破廉恥判事」とか
公費出張の不正や乱用問題を起こし、
吹田事件の被告人や傍聴人ら多数が
朝鮮戦争の休戦を祝って法廷内で
「北鮮勝利の黙祷と拍手」を制止せず
正統性を主張する
という、
とんでもない左巻きのアブナイ人・・・




『アゲイン2011』
マッコリ文化!


★マッコリ密造おばさん摘発 
 コリアタウンで評判の味、
 売り上げ1千万円超

 2011年07月21日
 http://blog.goo.ne.jp/kumusta_ka99/e/7c3531734f8a280cd684d7c1c6ee227e

★浅草・密造マッコリ店、
 おかんマシーン店

 2012年2月4日 
 http://turehana.exblog.jp/17772602/

★マッコリ密造婆、摘発
 2014-10-07
 http://d.hatena.ne.jp/NOFNOF/20141007/1412647082


★韓国焼酎、
 煙草の吸殻・ごま油・埃入りで話題に!

 2011-11-07
 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1494.html




新大久保のコリアンタウンは、
確かに彼らの居住区ではある。
戦後、違法でも合法でも
彼らが手に入れた土地だけれども
韓国政府が好き勝手にして良い土地なのか?

以前、新大久保の歴史を記事にした事が有る。
江戸幕府の鉄砲百人組隊が定住してから
「新宿百人町」という町名になり、
明治時代には「東京府豊多摩郡淀橋町大久保村」
と呼ばれたこの町で
空襲で多くの日本人が亡くなったこの土地が
どうして「コリアンタウン」になったのかを・・・


★朝鮮日報・
 新大久保のコリアンタウンを
 真のコリアンタウンにしよう!

 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-981.html
(引用開始)
昭和20年の大空襲で、
新宿から大久保にかけて激しい空襲にさらされ、
この町は一面焼け野原になってしまいました。
その時の空襲で亡くなった多くの人達を
仮埋葬した場所が、この西大久保公園なのです。
今は周囲をハングルだらけの店で囲まれて
しまっているこの公園は、
そのような悲しい歴史を持った公園なのです。

脳内花畑の日本人が寒流に浮かれ
「韓流大好き!
 日本なんかより韓国のほうが良いよね~
 韓国料理サイコー!!!」などと、
暢気に列を作っているあなた達の
足元の土地には、この様な歴史があり
大空襲で命を奪われた方々の、
悲しい魂が眠っている事を知ってください・・・。 


 ookubohis22_20151017020819e8c.jpg
戦前、この写真に写っている子供たちが
住んでいた街だったことを・・・


(全文はリンク先で)



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply