韓流研究室

ARTICLE PAGE

ユネスコ、中国人捕虜の斬首写真を世界記憶遺産の資料として登録

★ユネスコ、中国人捕虜の
 斬首写真を世界記憶遺産の
 資料として登録

厳選韓国情報 2015年10月15日
 
http://gensen2ch.com/archives/45506005.html
南京大虐殺当時、日本軍が中国軍捕虜らを
斬首する場面が写った写真が今年、
ユネスコ(国連ESCO・国連教育科学文化機構)
世界記憶遺産に登録された事実が確認された。

聯合ニュースが15日、
ユネスコ世界記憶遺産リストに上がった
南京大虐殺資料を入手して分析した結果、
日本軍が中国人捕虜を一名ずつひざまずかせた後、
刀で首を切る写真など写真は合計16枚が
記憶遺産登録された。
写真の中で中国人捕虜らは概してあどけない
姿であり、一部写真の中には斬首直後の
残酷な瞬間も含まれていた。

 c817f6c69-s.jpg

 c8d94ec0-s.jpg

(中略)
南京大虐殺は中日戦争当時の
1937年12月13日から翌年1月まで
国民党政府首都であった南京を占領した
日本軍が30万人以上(中国側推定)に達する
中国人を虐殺した事件だ。

今回登録された記録物は日本軍が中国人捕虜と
民間人らを虐殺した事実を証明する各種記録物と
1945年以後、戦争犯罪者の裁判関連記録物など
合計11種に達する。

(中略)

ソース:ハフィントンポスト(韓国語)
 ユネスコに登録された南京大虐殺写真
 http://www.huffingtonpost.kr/2015/10/15/story_n_8298406.html

>南京事件があったのは12月中旬から2ヶ月。
 日本軍が半袖着てるわけがないだろ。

(続きはリンク先で)



これが「南京大虐殺」の証拠で通るなら
この証拠写真は???
1996年のCNNの記事です。
中国兵が日本人捕虜や日本と内通した
中国人を虐殺した証拠写真。


★Photos document brutality
  in Shanghai
 上海における残虐行為の写真文書

 CNN September 23, 1996
 http://edition.cnn.com/WORLD/9609/23/rare.photos/index.html
バンコク、タイ(CNN) -
59年前の18枚の粒子の粗い白黒写真によって
日本と中国の関係は、さらにほつれ、係争中の
チェーンを介して緊張する可能性がある。

1937年に上海付近でスイスのカメラマンが
撮影した写真は、日本人捕虜、日本を支援して
中国兵を非難する上海市民に向かっての、
中国兵の残虐行為を描いています。
 
 cinatop_lg_20130318100607_201510160321242c2.jpg
この写真は、
ビジネスで上海に住んでいたTom Simmen
中国で死刑執行を目撃し撮影したが、
隠れていた中国兵に邪魔をされた。
しかし、
彼はそれらを公開するために
彼の息子に言った。
「父の願いは私が写真を公開する事だった」
とJohn Simmenは述べています。
 john_simmen_sm_20130318100608_20151016032125138.jpg

(中略)
John Simmenは、グラフィック写真の出版社を
見つけようとしています。
彼はこの写真に3,000ドイツマルクを提供されて
いると述べたが、彼の最大の関心事は、
彼の父が、上海で起こったことを
人々に知らせるためにあることを確認します。

「彼らはそれを楽しんでいた。」とSimmenは言った。
「切断された頭を
 待っている彼ら(中国兵)がいた。
 それらは頭を取り、サッカーをした...」

 酷いものだったことを意味する斬首された体の画像
          ↓(残酷な写真ですのでご注意)
 http://edition.cnn.com/WORLD/9609/23/rare.photos/image3.lg.jpg
 
Simmenの父は、
中国兵が、
 木の台の枠に首をはめ込み、
 吊るし、餓死するまで放置するなど、
 日本の捕虜に対して
 様々な拷問を加えていた

ことを彼に告げた。
  image2_lg_20130318100607_201510160325492fc.jpg

(中略)
その他に撮影されたのは、
大量の死者を積み上げた写真。
 image1_lg.jpg

大剣で斬首されたのは
中国国籍の人で日本人を支援した人々
bottom_lg.jpg

(中略)
彼の父は、中国を離れる前にネガを破壊したが、
当時妊娠中の母親の衣服の下にプリントを隠して
こっそりと持ち出した言った。

写真は、Simmenによると、
最も可能性が高い1937年に上海への
接続を持つ多くの日本と中国の戦争の
傷を再開する。しかし、彼は、
長い年月が過ぎて、第二次世界大戦の間に
ドイツのナチスによって遂行された残虐と
異なって、何が中国で起こったかを
忘れてしまったと言った。

(引用ここまで)


★漢奸
 (漢奸狩りから転送)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%A2%E5%A5%B8
 Warning_of_beheading_20130318100021_20151016041124e8a.png
 (中国兵が使用した晒し首を入れる箱)


★南京大虐殺は
 実は「漢奸(裏切り者)狩り」?

 http://matome.naver.jp/odai/2135845368952227701




1996年にCNNが
「中国兵の残虐行為」の証拠写真発見の
記事を掲載すると・・・あ~ら不思議
翌年の1997年にアイリス・チャン
「レイプ・オブ・南京」を出版します。
そしてNYTが絶賛記事を書いたのです。





★REAL PHOTOS,
 FILMS TAKEN NANKING IN 1937-1938

 http://nanking1937.blog.fc2.com/


★【ユネスコ】『アジア太平洋地域
 世界記憶遺産委員会』メンバー
 10名のうち、中国4人、韓国1人と半数。
 日本はゼロ…UNESCO MOWCAP

 http://hosyusokuhou.jp/archives/45710331.html



★日本の中国研究者は
 「真実」を書けない ・・・
 日中史のタブー

 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-2509.html

★日本の行った戦争とは
 結局何であったのか 2

 http://satehate.exblog.jp/16867354/
(引用開始)
人民裁判

中国共産党の本拠地である延安から
若い裁判官がやってきて人民裁判が始まった。
日本人には馴染みがないこの様子を紹介する。

台の上に日本人が立たされる。
満州時代の罪状を民衆に問う。
黒山の野次馬の中から「俺達を酷使した」。
「俺達を殴った」という声が上がる。
裁判長が「どうする」と問うと。
「打死!打死!(殺せ殺せ)」と民衆が叫び、
これで裁判は終わり。

その日本人は背中に「南無阿弥陀仏」と書かれ、
馬に乗せられて市内引き回しの上、
河原に連れて行かれて次々と銃殺されたという。

このとき日本人の共産党員は何をしたか

通化にはもともと1万4千人の日本人居留民、
10万人以上の他の地域からの避難民がいたが、
武装解除された日本兵が次々とシベリアへ
送られていくのを虚脱した目でながめ
唖然とするだけだった。

ソ連兵は日本軍が提出した武器を、
その場で八路軍(共産軍)に渡し武装させた。
国家から見放され、後に残された日本人に対して
支配者八路軍(共産軍)と朝鮮義勇軍によって
掠奪、暴行、拉致、殺戮の地獄が繰り広げられた。


このさなかに、
延安からやって来た
 筋金入りの日本人共産党員

がいたことが、手記には書かれている。
彼らが組織した「日本解放工作委員会」は、
あるいは「清算運動だ」あるいは「集団訓練だ」
と言って、居留民の財産没収、自由拘束、
不服従者の人民裁判など弾圧を繰り広げ、
しかもスパイ網を確立して全日本人を
不安と絶望のどん底にたたき込んだという。

彼ら日本人共産党員によって、
居留民会長であった寺田氏を始め、
通化在住の実業家、著名人約180人が
密告されて逮捕、罪状ねつ造の上処刑された。
その処刑の様子は先に記したとおりである


戦時中、
日本を捨て共産主義の延安に走った彼らは、
当時、売国奴として日本人にののしられたが、
日本が負けて彼らは逆に英雄気取りであった。

避難民が乞食同然の生活苦に
 追いやられている時、
 彼ら工作員は立派な服を着て街を闊歩しており、
 罪なき日本人を売って得意となっていたことを
 この目で見て腹立たしい思いがする。

と書かれている。
(中略)
「南京大虐殺」について、
「あったか、なかったか」という観点からの
議論をよく見うける。
もちろん、歴史の真相を見極めることは
非常に重要である。
しかし、この事件の本質は、
「あったか、なかったか」と言う観点ではなく、
中国、アメリカ、ドイツ、そしてそれを手助けする
日本の共産主義者(社会主義者)、あるいは
正義漢気取りのリベラリスト、それぞれにとって
「南京大虐殺がなぜ必要なのか?」
という観点で考えないと理解できないように思う。


(全文は、是非リンク先をお読みください。)


★歴史から消された「通州事件」
 http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/d/20130903




日本の、
慰安婦問題で戦争と女性の人権を
国内外で糾弾する女性市民団体

徹底的に無視する、
「戦争と日本人女性の人権」


★靖国に祀られない看護婦たち~
 従軍看護婦の悲壮なる自決

 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-3169.html

★闇に葬られる終戦後の
 日本女性の悲劇・・・
 二日市保養所など

 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-2455.html




★日中戦争期における中国共産党の
 対日プロパガンダ戦術・戦略

 ――日本兵捕虜対応に見る「2分法」の意味――
 2010 年12 月早稲田大学
 政治学研究科 趙 新利
 http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/36414/3/Honbun-5514.pdf

★もう1つの中帰連
 「在華日本人民反戦同盟」

 http://tainichihate.blog.fc2.com/blog-entry-160.html?sp

★往事長已矣 故人永難忘
 北京で再会した中日の「戦友」たち

 人民中国 黄秀芳
 http://www.peoplechina.com.cn/maindoc/html/zhuanwen/200208/zhuan46.htm

★中国共産党の軍隊八路軍の
 捕虜になり、帰国するまでの14年間

 http://www.ohproject.com/ivlist/01/15.html
(引用開始)
2005年は、中国にとっては
抗日戦争勝利60周年の記念すべき年であった。
8月末、中国政府は抗日戦争当時に八路軍に
参加した人とその家族・遺族を9日間中国に
招いて歓待した。
山下さん夫妻も招待された。5月に反日暴動が
中国各地に吹き荒れた後であったが
(いや「後であっただけに」と言うべきか)、
中国の新聞やテレビは連日大きく
日本の老戦士たちのことを報道した。
 この抗日戦争勝利60周年紀念行事には、
世界22カ国、206名が招待され人民大会堂に
集まった。中国首脳による挨拶があり、
抗日戦争参加者には紀念章が授与された。
(引用ここまで)


★日本解放第二期工作要綱
 中国共産党
 http://yusan.sakura.ne.jp/library/china_kousaku/






★ソウル中国文化院で慰安婦など
 抗日写真展 
 中国大使「中韓は共に戦った

 続・慰安婦騒動を考える 2015/10/16
 http://ianfukangaeru.blogspot.jp/2015/10/blog-post_16.html


今朝の読売新聞朝刊紙面より
★韓国「中国接近」の思惑は
■根深い「戦勝国」願望
 神戸大教授 木村幹氏

(引用開始)
日本の植民地時代、上海で1919年に樹立され、
独立運動を率いた大韓民国臨時政府の国名を
引き継いだので、戦勝国だという国家の建前が
ある。
それが国際社会に認められなかったのが、
独立当初からずっと不満だった。
(略)
ところが、9月北京の「抗日戦争勝利70年」
行事に朴槿恵大統領が呼ばれ、
「ついに認められた」という高揚感が生まれた。
戦後70年間、
自分達は連合国である。
 日本と戦った事を認めてくれ。」
 
と言い続けてきたのを中国が公式に認めた、 
と韓国の人々は解釈している。

 第2次世界大戦中、中国大陸で
大韓民国臨時政府と一緒に抗日戦を展開した
のは国民党だった。
中華人民共和国は歴史的に北朝鮮の
パルチザン勢力が朝鮮半島の正当な民族勢力
だと認識してきた。
それが今回、臨時政府と共闘したという国民党の
立場を中国人民共和国が引き継いだ。


注意すべきは、韓国のいう「正しい歴史認識」が、
単に史実にかなった歴史でなく、
韓国にとって本来こうあるべき歴史」であることだ。


(中略)
中国は韓国を取り込むため、歴史問題で
積極的にサービスしている。
韓国が日本側に行かないよう、腐心している。
米国は中韓接近への危機感はあるだろうが、
オバマ大統領政権末期であることもあり、
表向きは表明しないでいる。
米韓同盟がなくなってしまえば大変だが、
韓国側からすれば
中国にシフトしても、米国も誰も怒らない
ことで奇妙な自信が生まれつつある。


(引用ここまで)




日本共産党も、
抗日戦争で日本軍と戦ったから
戦勝国民だっ!なのか?



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

弓取り

日本人愚劣獣人化解放計画

南京大虐殺とやらが大嘘であることははっきりしていますね。そのとき、中国共産党はどこで何をしていたのか。なんか役に立つことをしていたのか。

嘘を実力行使で真実にしようとする日本人と思えない赤い輩、その先達は戦争中にも大陸にいたと。
勝勢になるとものすごい残虐さを見せるシナ人の実態。民族裁判という大衆迎合と低い民度のガス抜きを利用した壮絶な「私刑(リンチ)」ですね。
やはり共産党にはわけがある。

それを示す、★日本解放第二期工作要綱 中国共産党の文書

おそろしい性質ですね。田中内閣のころのもの。今は何段階かのか。
>日本の平和解放は、下の3段階を経て達成する。
 イ.我が国との国交正常化(第一期工作の目標)
 口.民主連合政府の形成(第二期工作の目標)
 ハ.日本人民民主共和国の樹立
      ・・天皇を戦犯の首魁として処刑(第三期工作の目標)

他にもシナ人とはとても信頼しあえない精神性と狡猾な思考パターンが見られます。もろにはまってないか。
>第1.群衆掌握の心理戦
>日本選手に学ぶという率直な態度を示して、好感を勝ち取るべきである。
>1-2.教育面での奉仕
>申し入れを婉曲に拒否した場合は、「我が国の純然たる好意、奉仕の精神に対する非礼」を責めれば、日本のマスコミも大衆も、学生も許さないであろう。
>初期においては、純然たる奉仕に終始し、
>偉大なる毛主席は 「およそ政権を転覆しようとするものは、必ずまず世論を作り上げ、先ずイデオロギー面の活動を行う」と教えている。
>今日では、新聞、雑誌を含め所謂「マスコミ」は、世論造成の不可欠の道具に過ぎない。マスコミを支配する集団の意思が世論を作り上げるのである。
>「民主連合政府」樹立を大衆が許容する温床を作り上げること、このための世論造成、これが本工作を担当する者の任務である。
>「民主連合政府」に関連ある事項を全く報道せず、大衆はこの問題について無知、無関心であることが最も望ましい状態である。

>人間の尊重、自由、民主、平和、独立の強調
>ここに言う「人間の尊重」とは、個の尊重、全の否定を言う。
★「自由」とは、旧道徳からの解放、本能の開放を言う。
★「民主」とは、国家権力の排除を言う。
★「平和」とは、反戦、不戦、思想の定着促進を言う。
★「独立」とは、米帝との提携の排除、社帝ソ連への接近阻止をいう。

>「性の解放」を高らかに謳い上げる劇又は映画 (言論人もだね・・・)本能を剌激する音楽、歌謡等は望ましい反面、スポーツに名を借りた「根性もの」と称される(ものは否定・・・)
>「ふるさとの歌祭り」等の郷土愛、民族一体感を呼び醒ますものは好ましくない。

長く引用してすみません。
ほかにも挙げきれません。日本はそのまんまになってしまった・・・
少なくとも、寒流にはまって無批判な日本の情弱さんはね・・・

2015-10-16 (Fri) 22:22 | EDIT | REPLY |   

IVY

*大前研一著「さらばアメリカ」一部抜粋
日本と中国が急激に接近したら、すぐアメリカが割り込んできて日本は
八つ裂きにされるのが関の山だろう。
日本と中国を分割統治するというのは、アメリカのアジア専門家の間では大前提になっている。

だからNYTは、この国の兵士が惨殺された史実をひっくり返す
アイ○ス・○ャンを絶賛するのですね。

2015-10-17 (Sat) 16:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply