韓流研究室

ARTICLE PAGE

釜山の造船会社、基準値200倍超の発ガン性大気汚染物質排出で摘発

★発ガン物質多い大気汚染物質
 こんこんと…会社 20ヶ所摘発

聯合ニュース(韓国語機械翻訳)
  2015-10-21 22:00
 http://honyaku.yahoo.co.jp/url_header?ieid=ko&oeid=ja&setting=for%3D0&both=F&url=http%3A%2F%2Fnews.naver.com%2Fmain%2Fread.nhn%3Foid%3D001%26sid1%3D102%26aid%3D0007935348%26mid%3Dshm%26mode%3DLSD%26nh%3D20151021230143
汚染物質低減施設稼動しない…
施設外で工場作業したり


(釜山=連合ニュース) 呉髓喜記者
釜山と慶南にある船舶部品製造業社
発ガン物質がたくさん含まれた大気汚染物質を
密かに排出して来たことが判明した。

釜山地方警察庁は
基準値を最大200倍越す大気汚染物質を
密かに排出した疑い(大気環境保全法違反)で
釜山にある船舶部品製造業社11ヶ所を摘発、
A社代表金某(47)氏など 11人を非拘束立件した。

警察によればこれら会社は大気汚染防止施設の
濾過フィルターや活性炭を替えないで放置したまま
操業して排出許容基準より最小4倍で最大200倍
超過した大気汚染物質である全炭化水素(THC)
排出した疑いを受けている。

炭素と水素で成り立った有機化合物の
総称である全炭化水素は、
肌接触や呼吸器吸入などで神経系に
障害を起こす発ガン物質が多量に含まれて
いると警察は説明した。

警察はまた船舶部品にペイントを塗る作業を
しながらペイント粉じんと全炭化水素など
揮発性遺棄和合物質を排出した会社 9ヶ所を摘発、
B社代表李某(51)氏など 9人も立件して調査中である。

これら会社は、工場施設門戸を密閉して作業
しなければならないのに、門戸を開いておくとか
全く工場施設の外でペイント作業をして
大気汚染物質を排出したことが判明した。

揮発性遺棄和合物質が、大気中にそのまま排出
されればオゾン濃度を増加させて、呼吸器疾患や
神経障害を起こすなど、人身に致命的な影響を
与えることと知られた。

警察関係者は
「摘発された企業等は、秘密排出施設を作って
 使うとか普段には汚染物質低減施設を
 稼動しなかったり、
 取り締まりの際には施設を稼動する手法で
 取り締まりを避けて来た」と
「地方自治体の指導や点検だけパスすればいい
 という思い違いと、ペイント作業衣便宜性、
 汚染物質低減施設運営費節減などのために
 大気汚染物質を無断排出した」と言った。

警察はまた
船舶部品道場会社の大気汚染物質測定結果を
偽りで記録してくれた環境測定代行会社3ヶ所を
摘発、代表 3人を環境分野試験・検査などに
関する法律違反疑いで調査している。

これら代行会社は、船舶部品工場会社が多い
大気汚染物質を排出するにも、確認するとか
点検しないで偽りの大気汚染測定結果を
書いてくれた疑いを受けている。

釜山と慶南は重化学工業や造船業、
港湾産業が発達して大気汚染排出率が多く、
特に釜山は超微細ほこり疾患で死ぬ
死亡者の増加率がソウルに比べて
3.5倍くらい高いことで知られている。

(引用ここまで)



★【韓国崩壊】韓国人
 「1級発ガン性物質が含まれた
  微細粉塵が中国から韓国に襲来!
  それにしても韓国の
  お天気お姉さんが美人過ぎる」

 世界の憂鬱 2015年10月21日
 http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/45763103.html
中部に集まっていた微細粉塵が
今日は南部地方まで拡大されて
全国を覆うでしょう。
明日西海上では、微細粉塵が追加で入ります。
これによって、全国の微細埃の濃度が
普段より3倍ほど高い「悪い水準」と成ります。

(中略)

この記事を読んだ韓国人の反応
(抜粋)
中国発粒子状物質なのに
 なぜ中国と言わないのですか?
 これらは子供たちには
 とても有害である事を
 理解していないのでしょうか?





韓国のキャバ嬢のような
ケバいお天気お姉さんが
美人かどうかは、さておいて・・・

「中国発粒子状物質なのに
 なぜ中国と言わないのですか?」


それはだね、
中国発粒子状物質の中に
韓国発粒子状物質も
混ざっていたから
特定できないのでは???


風向きによっては・・・
pm25464cc3dd.png
釜山と慶南にある船舶部品製造業社が
秘密裏に排出していた
基準値最大200倍越の全炭化水素(THC)が
日本にもやって来たのかな????




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply