FC2ブログ

韓流研究室

ARTICLE PAGE

小沢氏「起訴相当」を議決

小沢氏「起訴相当」を議決
 再議決なら強制起訴-陸山会規正法違反事件・検察審

2010年4月27日(火)17時38分配信 時事通信
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/jiji-27X997/1.htm
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法
違反罪で告発され、不起訴処分となった小沢氏について、東京第5検察審査会は27日、
「小沢氏の供述は不合理で信用できず、共謀共同正犯が成立する」として、起訴すべきだとする
「起訴相当」を議決した。今後、東京地検特捜部が再捜査し、改めて処分を決める。
 再び不起訴とされても、2回目の審査で、11人の審査員中8人以上が起訴すべきだと判断すれば
小沢氏は裁判所が指定する弁護士によって強制的に起訴されることになる。
 検察審は議決書で、
「政治資金収支報告書を提出前に確認せず、担当者が真実を記載していると信じて了承した」と
する小沢氏の任意聴取での供述について、「極めて不合理、不自然で信用できない」とした。
 土地代金の支払い直後に同会が金融機関から受けた4億円の融資については、融資関係書類に
小沢氏が署名しており、金利を支払ってまで銀行融資を受けた点を挙げ、
「土地代金の原資を隠すための偽装工作」と断定。
陸山会の事務担当者だった衆院議員石川知裕被告(36)らが、絶対権力者の小沢氏に無断で工作を
する理由はないと指摘した。
 その上で、「絶大な指揮命令権限を持つ小沢氏の地位と、石川被告らの立場などを総合考慮すれば、
共謀共同正犯が成立すると認定できる」と結論付けた。
 さらに、「『秘書に任せていた』と言えば、政治家本人の責任は問われなくていいのか。
政治家とカネにまつわる政治不信が高まっている状況下で、市民目線からは許し難い
」と言及。
「小沢氏を起訴して、裁判で真実と責任の所在を明らかにすることが、
 善良な市民としての感覚だ」と述べた。

●「想定内」「証拠評価の問題」
 起訴可能性に否定的-法務・検察

 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2010042701054
 検察審査会の起訴相当議決について、法務・検察幹部からは「想定していた」
「証拠の評価の問題」などと、冷静な声が聞かれた。今後の再捜査については、
「新証拠が見つかる可能性は低く、判断を覆すのは難しい」と、小沢氏起訴の可能性に否定的な
見方が大勢を占めた。
 検察首脳の1人は「想定していた」とした上で、
共謀はあるとしても、罪を問えるほどのものなのか。
 どういう共謀なのか具体的な指摘がないのに、起訴できるという指摘ばかりしている。
 『小沢氏はけしからん』という気持ちがあるのかもしれない」
と話した。
 別の幹部は
「われわれは、80%有罪でも20%無罪だと思えば起訴しない
 証拠の評価が違うということだ」と淡々とした様子。

 法務省幹部は「内容が粗い。公開の場に引きずり出せというだけではないか」と苦言を呈した。
 小沢氏や起訴された3被告への再聴取については、「任意捜査だから、断られたらそれまで」
「事情聴取しても、同じ説明の繰り返しになる」などとする声が上がった。
 中堅幹部は「時間をかけずに不起訴にするのではないか。再び起訴相当の議決がされれば、
 それは国民の意思だ」
との考えを示した。(2010/04/27-22:19)

小沢氏の発言要旨
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010042701114
 「検察の捜査によっても不正な金の受領はなかったことは明らか」と繰り返し、
 国民も理解してくれると回答。

●【小沢氏「起訴相当」】
 「政治ますます迷走」「早急な体質改善を」経済界に批判と困惑

 2010.4.27 22:30
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100427/crm1004272231043-n1.htm
 民主党の小沢一郎幹事長が27日、資金管理団体の土地購入をめぐり検察審議会から
「起訴相当」の議決を受けたことについて、経済界では批判と困惑が広がっている。
桜井正光経済同友会幹事は同日の会見で「政治はますます迷走している」と切って捨て、
「しっかりと調査し、国民が納得できる結論になることをしている」と語った。

 帝人の長島徹会長も「秘書がやったから本人は関係ないというのは企業ならばとんでもない話だ」と
語り、りそなホールディングスの細谷英二会長は民主党政権について「早急な体質転換が必要だ」と
述べた。

 経済界には
「当初、検察が不起訴にしたのも証拠不十分が理由で潔白だったわけではない」(金融業)と、
「(小沢氏)本人が説明責任を果たしていないので、すっきりしない状態だった。
 なるほど納得している」(メーカー)と、起訴相当は当然とする見方が大勢を占めている。

 景気への影響については「司法の手に委ねられ、シロクロがはっきりすることは国会も正常化し、
政治不信も解消するのではないか(電気メーカー首脳)と先行きに期待をかける向きもある。

 だが、経済界には
「政治が正常に機能せず、混乱が続くようでは
 日本は市場や海外から日本が見放されてしまう」
(細谷氏)と、
政治の混乱が日本経済が抱える重大なリスクとなることを懸念する見方は多い。

 「財政再建や成長戦略などの経済政策に期待するところが大きい時期。
  一刻も早く落ち着いて大事な案件に取り組んでほしい」
(電気メーカー首脳)。
 「世界同時不況から景気が上向いてきたのに、政治の混乱で腰折れしないでほしい」
 (電機大手幹部)と先行きをかたずをのんで見守っている状況だ。
 以下略


検察首脳
「われわれは、80%有罪でも20%無罪だと思えば起訴しない。
 証拠の評価が違うということだ」


経済界
「秘書がやったから本人は関係ないというのは民間企業では通用しない。
 さっさと決着付けて、経済政策をやれ

小沢脳内国民へのメッセージ
「私は何らやましい事はしていない。国民も解かってくれるはず。」

日本国民
「80%有罪だったら、それは有罪なんだよ。」

まさに不毛地帯だな・・・

投票アンケート
 【検審の、小沢氏「起訴相当」の議決は適正か?】 
 http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=36172
 
スポンサーサイト

Comments 2

トマト

このまま

このまま葬り去ってほしいです。

2010-04-28 (Wed) 11:56 | EDIT | REPLY |   

慶次郎

多数決

小沢氏の言葉に従えば多数決即「正しい」と言いたいが一歩下がって見ても「真ッ黒」に近い人を民意が裁いたのでしょう。
ホントに「日本の為」に剛腕とやらを披露してくれれば良いのですが「売国」ばかりじゃ~「マイナー」で調整も出来ない引退する時期じゃないでしょうか・・・

2010-04-28 (Wed) 14:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply