韓流研究室

ARTICLE PAGE

韓国最後のMERS患者がまた陽性…終息宣言延期

★韓国でMERS陽性判定 
 死んだウイルス検出の可能性も

 日本経済新聞 2015/10/13 0:11
 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK12H3O_S5A011C1000000/
 【ソウル=小倉健太郎】
韓国保健福祉省は12日、中東呼吸器症候群
(MERS)患者のうち最後に陰性となった
35歳男性で再び陽性判定が出たと発表した。
記者会見に同席した専門家は、
患者の体内に残っていた死んだウイルスを
検出した可能性があり
「再発や再感染とはいえない」と述べた。
培養試験などを通じて生きたウイルスが
いるのかどうか検証する。

 この患者は10月1日にウイルスが陰性判定
となり3日に退院した。
発熱や嘔吐(おうと)などの症状が出たため
11日に病院を訪れ、12日にMERS検査で
陽性判定が出た。
ただ、発熱などは他の病気の影響による
可能性もあるという。
政府は病院でこの患者と接触した
医療関係者など61人を自宅隔離対象とした。

 政府は世界保健機関(WHO)の基準に従い
今月末にも正式にMERS終息を宣言する
計画だったが
「延期するかどうかも含めて
これから検討する」

と説明した。
(引用ここまで)



日経新聞記者の記事と
韓国メディアの報道では
内容が少し違うように感じます。

韓国聯合ニュースの記者は
日経新聞記者と同じ記者会見の発表を
「防疫当局は無期限延期の方針を
 明らかにした」と報道しています。


  20151012215354857476_99_20151012233604.jpg

★最後のMERS患者また陽性…
 終息宣言延期

聯合ニュース(韓国語) 2015-10-12 23:02
 
http://honyaku.yahoo.co.jp/url_header?ieid=ko&oeid=ja&setting=for%3D0&both=F&url=http%3A%2F%2Fnews.naver.com%2Fmain%2Fread.nhn%3Foid%3D001%26sid1%3D102%26aid%3D0007912705%26mid%3Dshm%26cid%3D428288%26mode%3DLSD%26nh%3D20151012232618

密接接触者 61人自宅隔離…
専門家 "伝染確率は 0% 近接"


(ソウル=連合ニュース)
一旦、国内で中東呼吸器症候群(MERS)判定を
受けて退院した最後の患者が
また陽性判定を受けて隔離された。
これによって今月末予定である
MERS公式終息宣言は延ばされた。


佯病国疾病管理本部長は 12日
政府ソウル庁舍でブリーフィングを開いて
国内最後のMERS患者である 80番(35) 患者が
MERS遺伝子検査で陽性反応を現わした
と明らかにした。

去る 1日肺炎症状が消えて
MERSウイルス検査でも
最終陰性判定を受けて
退院してから十日ぶりに再発したのである。


この患者は 11日午前 5時 30分頃
発熱、嘔吐など症状を現わして三星ソウル病院
応急室選別診療で診療を受けて
同じ日午後 12時 15分ソウル大病院隔離病床に
移送·入院した。

防疫当局はソウル大病院と疾病管理本部で
施行した総 2回の遺伝子検査で陽性を確認した
と言った。

疾病管理本部によると、
この日 80番患者と係わった専門家自問会議を
開催した結果、
退院の前 2ヶ月間の状態と似たり寄ったりに
患者体内に潜伏していた極少量のウイルス
遺伝子が検出された
ことと専門家は判断し、
感染力は”非常に低い”という判断を下した。

この日ブリーフィングで一専門家は
「MERSコロナウイルスが、
 体内で長期間潜伏している途中に
 再び生き返える事は、このウイルスの
 特性上可能ではない」と
「この患者から他の患者に伝染する可能性は
 0%に近接した」と意見を明らかにした。

しかし
防疫当局は伝搬可能性を遮断するために
この患者と密接に接触した家族 4人、医療陣
及び病院職員 29人、病院内患者及び保護者16人、
救急車移送関連 12人など総 61人を自宅隔離した。

これ以外に、
接触強度が弱い病院職員·医療陣 27人、
患者 27人、保護者 11人、その他 3人等
68人も保健所が状態を見張る事にした。
力学調査を通じて追加接触者も把握している。

疾病管理本部は
「患者は現在ソウル大病院隔離病床に
 入院しているし、もしもに備えて接触者に
 対する隔離措置などは徹底的に維持する」
と明らかにした。

この患者は
リンパ腫という免疫系統の癌を病んで
三星ソウル病院で治療を受けている途中で
MERSに感染した。
去る 6月7日ファックジン判定の後 116日間
ソウル大病院に入院して隔離治療を受けた。
免疫力が劣っていてMERSウイルス感染が
よく治らなかった
し、
遺伝子検査で陽性と陰性を行き来している途中
去る1日に最終陰性判定を受けた。
以後去る 3日に退院したが、
何株後リンパ腫治療のために、
再入院する計画であった。  

政府はこれを基準に、来る 29日夜 12時に
WHO基準によって 【MERS終息】宣言を
する予定だった。

しかし、
この患者がまた陽性判定を受ける事によって、
終息時点はもっと延ばされるようになった。
防疫当局は無期限延期方針を明らかにした。

(引用ここまで)



>遺伝子検査で陽性と陰性を
 行き来している途中、
 去る1日に最終陰性判定を受けた。


早く「終息宣言」を出したいがために
免疫能力が落ちているリンパ腫患者が
陽性反応も出ていたにも係らす
最終検査で陰性判定をだして
3日後に退院させたけれど・・・再発?



★中東呼吸器症候群(MERS)
 http://okilaku.com/4577
(引用開始)
MERSは治ったようにみえても、
発症から1か月過ぎても
気道にウイルスが残る
など、
人から人への感染の恐れが
長期間あります。
人によっては血液、尿、便にも
ウイルスが残ります。

(引用ここまで)



会見に同席した金南中ソウル大病院感染内科教授が
「再発や再感染とはいえない」
「MERSの症状ではなく
 悪性リンパ腫が悪化したのだろう」と言っても
疾病管理本部が感染を遮断するために、
念のために
患者と接触した家族、医療関係者や職員
患者や付き添い、救急隊員など61人を
自宅隔離措置にしたことは賢明ですね。

日経新聞の小倉健太郎記者の記事だと
「な~んだ、
 大した事無さそうだから
 韓国に行っても大丈夫ね」

と、捉えてしまう人も出てきそう・・・

聯合新聞のキム・ドフン記者には
終息宣言は「無期限延期」と聞こえたのに、
小倉記者には
「延期するかどうかも含めて
 これから検討する」
と聞こえたのは・・・
一体、何故でしょう??????

終息宣言の日程は、
今後の様子を見てから
WHOと韓国の専門家が再協議して決めるらしい。

ノーカットニュースの記事は、この患者が
陽性と陰性の判定が繰り返し出ていて
最後の二度の検査で皆陰性が出て
完治判定を受けた事に対して、
当局がその間して来た「検査の正確度」に対する
疑問が再浮上する見込み
だと報道している。


中国の大型連休に入る前に
MERS患者0人宣言をしたかったから

完治判定をして退院させたのでは???

因みに・・・昨日、
三星ソウル病院はMERS感染の責任を取って
院長の交替を発表した・・・




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply