韓流研究室

ARTICLE PAGE

「韓国産」を「愛媛産」に回転すし店チェーンの銚子丸が産地誤表記!? 腹痛で発覚

★「韓国産」を「愛媛産」に 
 回転すし店チェーンの銚子丸が
 産地誤表記

 産経新聞 2015.10.9 18:58
 
http://www.sankei.com/economy/news/151009/ecn1510090027-n1.html
1都3県で回転すし店チェーンを展開する
銚子丸(千葉市)は9日までに、
同社の回転すし店「すし銚子丸」の全88店舗で
韓国産ヒラメを「愛媛県産」と表記していた
と発表した。

 誤表記をしていたのは、9月27日~10月5日
同社によると、納入業者がこれまでの
国内産ヒラメではなく韓国産を納品したのに
同社に伝えず、「愛媛県産」などと書かれた箱で
納品したため
、そのままメニューに表記した。

 東京都江戸川区の「すし銚子丸南小岩店」で
食事をした客から5日に「腹痛になった」と苦情があり
提供した食品を詳しく調べたところ誤表記がわかった。

(引用ここまで)



「腹痛になった」と苦情があり
詳しく調べたら、韓国産ヒラメと発覚!
本当に、9月27日~10月5日の間だけ?


韓国産のヒラメから基準超の寄生虫 
 大分県が回収命令

 朝日新聞 2015年8月11日01時01分
 http://www.asahi.com/articles/ASH8B7KKJH8BTPJB01J.html
大分県は10日、同県豊後大野市の業者が
輸入した韓国産の生食用活ヒラメから
食品衛生法の基準を超える寄生虫
「クドア・セプテンプンクタータ」が検出された
と発表した。
県は輸入された3100キロ(2862匹)の
全品回収を同社に命じた。
県によると、食中毒を引き起こす一種だが、
今のところ健康被害の情報は寄せられて
いないという。

 県によると、ヒラメは5日に輸入。
検疫所が調べたところ、基準を超える
1グラムあたり170万個の寄生虫が含まれている
ことが10日に判明。
大阪、京都、福岡、長崎、佐賀、熊本、兵庫、奈良、
大分の2府7県の10業者に卸されていた。
詳しい流通先を調べている。

(引用ここまで)



★クドア・セプテンプンクタータ
 (Kudoa septempunctata) 
 粘液胞子虫類

 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/musi/29.html
(引用開始)
ヒトへの影響

クドア・セプテンプンクタータが多量
(およそ筋肉1グラムあたり クドア胞子数
 1.0×106を超えるもの)に寄生したヒラメを
生で食べると、食後数時間で一過性の下痢や
おう吐などの症状が起きます。
症状は軽度で、速やかに回復します。
(中略)

養殖場での対策

これまでの調査から、
クドア・セプテンプンクタータの寄生が確認された
養殖場等が存在する 海域は限定的であり、
養殖場等における寄生の拡大は、
クドア・セプテンプンクタータが寄生した種苗(稚魚)
の移動による可能性が 高いことが示唆されています。
(引用ここまで)


クドア・セプテンプンクタータ
 による食中毒

 http://nagata-s.jpn.com/blog/2015/08/12/%e3%82%af%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%82%bb%e3%83%97%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e9%a3%9f%e4%b8%ad%e6%af%92/
(引用開始)
日本でも食中毒の被害者を頻繁にだしている
韓国産ヒラメですが、
記事を見る限り、相変わらず汚染状況は
変らない模様です。

(中略)
5~6年前、魚類における食中毒事例の、
大半はヒラメが原因でした。

その状況を顧みて
、国立薬品食品衛生研究所が調査した結果、
クドア・セプテンプンクタータという寄生虫が
発見されました。

つまり、ヒラメに寄生している
クドア・セプテンプンクタータによる食中毒は、
10年前は日本に存在していなかった
(知られていなかった)わけです。

さらに、この寄生虫は
韓国の養殖ヒラメにしか存在していない
ことも判明しています。

こういった事実が明らかになったのが、
平成23年4月のことです。

(続きはリンク先で!)



「銚子丸」HPでは、簡単なお詫びだけ・・・
http://www.choushimaru.co.jp/shinchaku/index.html

でも、これって「誤表記」なんかではなく
「産地偽装詐欺事件」ですよね。
納入業者が、韓国産ヒラメを「愛媛産」の箱に
入れて納入したなら
「銚子丸」は納入業者を公表して、告訴するなり
法的責任を取らせるべき。

「誤表記でした!ごめんなさぁ~い」で済ませるなら
消費者は、納入業者と結託していたのでは?と
思いますよ!

そもそも、これだけ長期間に渡って
韓国産の養殖ヒラメから大量の寄生虫が
検出されているのに、
政府は、輸入禁止に出来ないのでしょう??

結局、民主党政権時のコレが原因


★日本政府が韓国産ヒラメの
 精密検査を免除、
 韓国は輸出拡大に期待

 サーチナ 2011/10/04(火)
 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1004&f=national_1004_128.shtml
韓国農林水産検疫検査本部は4日、
日本政府が韓国産ヒラメに実施してきた
精密検査を、9月22日から全面的に
免除したと明かした。

複数の韓国メディアが報じた。

 韓国で採れたヒラメは日本に輸出される際、
精密検査が行われていたが、
通関に時間がかかり
検査待機費用が発生していた。

パク・ヨンホ本部長は、
輸出業界の負担が大きいことから
日本政府と話し合いを続け
検査緩和措置の合意に至ったと説明した。

 検疫検査本部側は、今回の検査免除で
日本にヒラメを輸出する時にかかっていた
年間49万7000ドル(約3800万円)の通関遅延料を、
削減できるとみている。

また価格競争の高まりにより、
日本国内で韓国産ヒラメの消費が増え、
輸出量が拡大するのではないかと
期待感を示した。

 パク本部長は、
「養殖水産物に対する管理を強化して
 国内養殖ヒラメの安全性を維持する」
とし輸出拡大に向け努力するつもりだと話した。

(引用ここまで)



納入業者は価格が安いから韓国産を仕入れる。
国内産と偽装すれば、価格差が丸々儲かる。
処分も甘いから、
やったモン勝ち・・・


例え症状は軽度だって
わざわざ嘔吐や下痢を起こす寄生虫入りの
ヒラメを食べさせられる消費者の身にもなれ!



TPPをやるなら、
相手国の輸出業者の負担軽減だの
輸入業者や業界の都合優先ではなく
消費者が安全な食品を選択できるように
輸入食品の徹底した検疫強化と
産地偽装した業者は営業資格はく奪とか
厳しい法的処分と罰金を課すべき。
1発レッドカードで退場でもいいよ!

消費者庁って、誰のために仕事してるの???


取りあえず、
「誤表記」なんて言葉は使うな!
食品偽装は、消費者に対する詐欺行為です。
被害者は「銚子丸」ではなく、
食べちゃったお客様。

回転すし業界全体が自浄しなさい!

これって、
偽装された愛媛県の養殖組合が
納入業者を刑事告訴出来ないの?
日弁連は、デモに明け暮れていないで
こういう事件に立ち無合うべきではないのかい?
日本の消費者の「人権」も守れっての!




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply