韓流研究室

ARTICLE PAGE

中国スパイ容疑拘束の「日本人」は元脱北者の朝鮮系日本人、月1で情報収集

★中国:拘束の「脱北」日本人
 中朝国境へ渡航 頻繁に情報収集

 毎日新聞 2015年10月01日 東京朝刊
 
http://mainichi.jp/shimen/news/20151001ddm002030100000c.html
【北京・工藤哲】
中国滞在中の日本人2人がスパイ行為に関与した
とされる問題で、東北部の遼寧省丹東で拘束された
神奈川県の男性が、月1回程度、中朝国境付近を
訪れて北朝鮮関連情報を収集していたこ
とが、
日中外交関係者の話で分かった。
男性は情報収集活動を活発化させているため
「身の危険を少し感じている」と漏らしていたといい、
当局による監視を認識していた可能性が高まった。

 また、男性は日本政府機関との関係をほのめかす
供述をしたため、長期間身柄を拘束されるようになった
という情報もある。
男性は50歳代半ばで、
かつて北朝鮮からの
脱出住民(脱北者)だった人物。
その後、日本に滞在するようになり、
既に日本国籍を取得している。


 丹東は中朝間での物流の拠点で、
北朝鮮当局者やビジネスマンらが大勢行き来する。
北朝鮮関連の情報が飛び交っており、
各国の情報関係者やその協力者が定期的に訪問し、
情報収集に努めている。

 加えて、男性は韓国で脱北を手助けする
非政府組織(NGO)とも親交があった
との証言がある。

中国当局は脱北者を不法越境者とみなしており、
脱北者だけでなくNGO関係者も摘発の対象としている。

(引用ここまで)

   b4fcafaa.jpg

関連記事
★中国スパイ容疑で3邦人拘束 
 1人は脱北者の日本国籍取得者か

 ZAKZAK 2015.10.01
 http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151001/frn1510011204005-n1.htm
スパイ活動を行った疑いがあるとして中国で
今年5月に日本人が拘束された事件で、
中国外務省は、日本人2人を逮捕したと明らかにした。
日本政府関係者によると、2人とも50代の男性で、
1人は神奈川県、もう1人は愛知県に在住。
日中関係者によると、このほか北京で6月、
北海道在住の60代の日本人1人が拘束されたという。
いずれもスパイ罪で起訴される可能性がある。

 逮捕者2人のうち1人は遼寧省の中朝国境付近で
拘束されたとみられるが、1日付の毎日新聞によると、
この男性は、北朝鮮からの脱出住民(脱北者)だった人物で、
その後、日本国籍を取得。
韓国で脱北を手助けする非政府組織(NGO)と
親交があったとの証言があるという。


 もう1人が拘束された浙江省は、
中国陸軍の駐屯地が点在しているエリアだ。
現地事情に詳しい評論家の宮崎正弘氏は
「中国空軍が管轄する非公式の飛行場や、
 第2砲兵部隊が抱えるミサイル基地もあるとされる」
と話す。中国当局が警戒を強化している地域のため、
現地では、撮影など何らかの行為でスパイの
嫌疑をかけられたとの噂が流れているという。
(引用ここまで)

★外務省報道官
 「日本側に状況を通知した」 
 北京で1人、スパイ容疑での拘束情報も

 産経新聞 2015.9.30
 http://www.sankei.com/world/news/150930/wor1509300039-n1.html




なるほど・・・
スパイ容疑を掛けられた「邦人」とは、
「朝鮮系帰化人」だったわけか。
まあ、
北朝鮮でスパイ容疑で拘束されるのも
「韓国系アメリカ人」だしねぇ・・・

それにしても、脱北者が簡単に
日本国籍を取得できるのだろうかと
疑問に思っていたら・・・
こんな記事が有った。


★脱北者の日本定住事情
 2007/6/13(水)
 http://blogs.yahoo.co.jp/lamerfontene/49078883.html 
(引用開始)
日本に脱北者が来るようになったのは、
北朝鮮の経済状態が悪化した1990年代以降、
北朝鮮から陸路で中国に逃げ、瀋陽の日本領事館
などに逃げ込むケースが多い。
このうち帰還事業で北朝鮮に渡った朝鮮人や
配偶者の「日本人妻」、その子孫たちについては、
日本との係累がある」として在留許可が出され、
日本へ入国、定住している。

昨年末までに約130人が定住し、今年もすでに9人が
入国している。
脱北者支援団体が今年2月、定住者のうち面会できた
82人の外国人登録を確認したところ、
日本人妻の子や孫24人が「無国籍」とされていた。
残りは、
「日本人妻」が帰化により日本国籍を再取得し、
そのほかは「朝鮮籍」(大半はその後、韓国籍に変更)
となっていた。

(引用ここまで)



★中国が「スパイ容疑」の日本人
 拷問している可能性

  高英起 2015年10月01日
 http://blogos.com/article/136886/
中国当局がスパイ容疑で日本人2人を拘束した
件を巡り、引き続き様々な情報が飛び交っている。

デイリーNKジャパンでは主要各紙の報道前から、
5月に2人拘束、6月にさらに複数が拘束されたものと
把握していた。

しかしその後、拘束されているのは
5月に捕まった男性2人に加え、もう1人の計3人である
ということで、情報が落付いてきたようだ。

気になるのは、
日本政府も中国政府も、彼らの素性を
具体的に明かそうとしないことだ。

それはつまり、彼らの素性を巡り、
これから日中間で何らかの駆け引きが
行われる可能性を示唆している。

仮に、ここで中国側に挙げ足を取られるようなら、
安倍政権は手痛いダメージを被ることになる。
あるいは、この事件にからんで政府機関内に
何らかの統制ミスがあったとすれば、
その責任の所在を巡り、政権が揺らぐ事態に
発展する可能性すらあるだろう。


いずれにせよ、報道こそしていないものの、
メディアはすでに3人の氏名を概ねつかんでいる。
私の元にも、50~60歳の3人の男性の名前が
聞こえている。

いつもなら、来週発売の週刊誌が競って
3人の素性を報じるはずだ。
もし、週刊誌がそれをしなかったり、あるいは
著しく具体性の欠ける記事でお茶を濁したり
したならば、それは政権からの働きかけによる
ものである可能性が高い。

ともあれ、現時点で気になるのは3人が
中国当局からどのような扱いを受けているかだ。
中国当局が「犯罪容疑者」らを過酷に扱い、
拷問さえ行うことは良く知られている。

しかし今のところ、日本政府やメディアは
割とのんびり構えているように見える。
中国当局も外国人に対しては、
それも日本のような米国の同盟国に対しては
丁重な扱いをすると考えているのかもしれない。

もしそうなら、それは大きな間違いだ。

わがデイリーNKジャパンとも深い関わりのある
韓国の人権活動家・金永煥氏
はかつて、
中国当局によって長期にわたり拘束され、
様々な拷問を受けた体験を語っている。

中国当局に拘束されている日本人の
身の安全が、少しでも早く確認されることを望む。

(引用ここまで)



★高英起
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E8%8B%B1%E8%B5%B7
在日コリアン2世のジャーナリスト。
デイリーNKジャパン編集長。

大阪府生まれ。
大阪朝鮮高級学校、関西大学を経て、
1998年から1999年にかけて、
中国吉林省延吉市に所在する延辺大学に
留学する。
当時は、ほとんど知られていなかった
脱北者や北朝鮮のストリートチルドレンである
コチェビ(コッチェビ)の実態を現地より発信するも、
北朝鮮の逆鱗に触れ二度の指名手配を受ける。

2010年より、北朝鮮情報専門サイトデイリーNKの
東京支局長に就任。2011年には、在日朝鮮人の
帰国者であり金正恩の実母・高英姫の出自について、
従来の定説を覆してスクープ記事を発表する。

(引用ここまで)


★アノニマスの北朝鮮公開情報に
 高英起氏「取材側として迷惑」

 2013年04月16日
 http://news.ameba.jp/20130416-516/




今秋予定されている「日中韓首脳会談」の前に
日中ほぼ同時に、この事件を政府が公表した。
拘束されている「日本人」の素性を掴んでいる
大手メディアは、毎日新聞が「脱北者」であると
報道した。

神奈川・愛知・北海道・・・
3県とも在日コリアンの多い地区だ。
拘束されている「日本人」が
朝鮮系と韓国系日本人という可能性も有る。
「日本人」スパイではあっても
デイリーNKジャパンとも深い関わりのある
中国に拘束された韓国の人権活動家・
金永煥氏のように
韓国絡みの「日本人」スパイという可能性も有る。

彼らの素性が明らかに出来ないのは
前回のスパイ容疑で拘束された日本人と違う
「日本人」だからかもしれない・・・

裏で色々な「駆け引き」があるのだろう。
昔から、スパイ活動は複雑だからねぇ・・・
共産党志位委員長の叔父さんが
職業軍人でありながらソ連のスパイだったり
民主党の結党に係り、蓮舫夫妻の仲人の
高野孟の父、高野実は中国共産党とズブズブ・・・

戦後70年、「9条のお蔭で日本は平和」なんて
嘘っぱち!



★李春光事件
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%8E%E6%98%A5%E5%85%89%E4%BA%8B%E4%BB%B6


★中国人スパイ事件の
 裏のもうひとつの疑惑

 大西宏 2012年06月01日
 http://blogos.com/article/40294/
(引用開始)
若い方はご存じないかもしれませんが、
あいつぐスパイ事件が問題になったのは、
1980年代でした。
当時は日本製品とドイツ製品が華々しく世界を
席巻していました。
それを可能にした日本の技術だけでなく、
とうぜん世界から産業や経済の動向に関した情報、
また技術情報が日本に集積されていました。
日本は当時の世界の焦点となる最先端技術の
見本市会場だったのです。
そういった情報を得るための諜報活動、
特に旧共産圏からの諜報活動が盛んで、
それを取り締まるための法律が整備されていない
こともあって日本は「スパイ天国とされていました。

そういう背景のもとに、
1985年に自民党の所属議員の議員立法として、
国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する
法律案
が提出されたのですが、
野党、マスコミ、また人権派弁護士などの反発から
廃案に追い込まれた
という経緯があって

自衛隊法、不正競争防止法などの周辺の法律で
取り締まるしかない状態のまま放置されてしまいました。
今回の事案も、外国人登録証明書の不正更新事件
でしかないのです。

(引用ここまで)



今回の、5月~6月の「日本人拘束」事件
この3月の事件と絡んでの駆け引き???


★逮捕の中国人がスパイ活動か 
 人民解放軍と定期連絡 
 日本の機械メーカー関係者にも接触

 産経新聞 2015.3.21 06:00
 http://www.sankei.com/west/news/150321/wst1503210021-n1.html
  wst1503210021-p1.jpg

長男の外国人登録を虚偽申請したとする
外国人登録法違反容疑などで大阪府警に
逮捕された
中国籍の貿易会社代表取締役の男(62)
=大阪市=が、諜報部門を傘下に持つ
中国人民解放軍総参謀部と定期的に
連絡を取っていた
ことが20日、捜査関係者への
取材で分かった。
同時に、軍事転用が可能な技術を持つ
機械工業メーカーなど複数の日本企業関係者とも
接触していたという。

警察当局は、男が情報収集活動に携わっていた
可能性もあるとみて捜査。その中で、男が
総参謀部に在籍している機関員
との情報も得たという。

 平成24年に、スパイ活動の疑惑が持たれた
在日中国大使館の1等書記官が、
警視庁公安部から出頭を求められながら
帰国してしまった事件など、合法的な身分を
隠れみのに活動する機関員は摘発が難しく、
活動実態は謎が多い。

警察当局は男の自宅や会社などから押収した資料や
パソコンを解析し、活動の実態解明に全力を挙げる。

 捜査関係者によると、
男は中国内陸部の河南省洛陽にある解放軍系の
外国語学院を1970年代に卒業した。

専門家によると、この学院は人民解放軍直属で、
男が在籍した70年代はスパイ養成学校の性格が強く、
外国の軍事情勢を偵察する任務を負う人材を
育成していたともされる。

(引用ここまで)


特定秘密保護法に執拗に反対している人達・・・





★「秘密法反対牧師の会」の皆さんと懇談
  //中国国営メディアのインタビュー//

 共産党衆議院議員 こくた恵二 
 2015年03月20日
 http://www.kokuta-keiji.jp/blog/1905/
e29d7078322246685443024105a8d7452-600x450.jpg
20日、国会内で
「特定秘密保護法に反対する牧師の会」の
方々の要請
(①「秘密保護法」撤廃 、
 ②「集団的自衛権行使容認」法整備に反対、
 ③憲法前文・第9条の平和の理念を守り・生かす)
を受け親しく懇談しました。
(略)
私の方からは、秘密保護法の廃止法案を出すべく、
他党派に呼びかけていることをはじめ、
国会の情勢や草の根での取り組みについて述べました。
牧師の会編による「なぜ『秘密法』に反対か 
開かれた平和な国のために祈りつつ」の書も
頂戴しました。

(中略)
19日、国会内で
中国中央電視台東京支局のインタビューを受けました

(引用ここまで)


★NHK内部にCCTV
 (中国中央テレビ)の日本支局

 台湾は日本の生命線! 2010/07/07/
 http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1219.html#comment




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

弓取り

スパイまで信じる者は、スパイのほう助者

ドラマで何度か、「人を信じられないなんて悲しい人ですね」というセリフを聞いたことがあります。実生活でも、ころし文句のように言われたことがあるのですが、状況を踏まえずに信じてしまう者は騙される。そんな「世の中」こそ悲しいです。

「疑ぐり深い」のと、状況を広く把握して見えないところも「洞察する」ことはぜんぜん違うはずなのに、やさしさ教は観察力や直観力や想像力を奪うときがありますね。

汚い泥棒スパイに付け込まれる国は、友好国からの信頼を裏切っている。スパイ防止法は信頼・友好の道具。

2015-10-02 (Fri) 00:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply