韓流研究室

ARTICLE PAGE

辺野古移設抗議の韓国人キム・ドンウォン工作員逮捕

★辺野古移設抗議の韓国人男、
 警察官蹴った疑いで逮捕 
 妊娠妻の強制排除危機でもみ合い!?
 
 産経新聞 2015.9.22 13:46更新
 
http://www.sankei.com/west/news/150922/wst1509220030-n1.html
 沖縄県警名護署は22日、米軍普天間飛行場
(同県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部に
近い米軍キャンプ・シュワブのゲート前で
警察官を蹴ったとして、公務執行妨害の疑いで、
移設作業に抗議していた
韓国籍で職業不詳のキム・ドンウォン容疑者(29)
現行犯逮捕した。
同署によると、キム容疑者は否認している。

 移設反対派によると、
キム容疑者は妻と一緒に抗議活動をしていた。
妊娠中の妻が警察官に強制排除されそうになり、
キム容疑者が阻止しようとして
警察官ともみ合いになったという。

 逮捕容疑は22日午前7時すぎ、
警備活動中の警察官の足を蹴ったとしている。

(引用ここまで)

共同通信によると
 
http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015092201001177.html

> 国内外で活動する
 環境保護団体に所属している。



kim3b641760.jpg





>抗議の様子を見ていただけ
嘘吐き!






名前で調べたら
-沖縄に関心が多く
-済州海軍基地反対運動家
-糸数慶子議員と面談履歴

を持つ人発見。恐らく同一人物



崔碩栄さんによると、
逮捕されたのは、この人ではないかと・・・
済州海軍基地反対運動家のキム・ドンウォン

http://www.headlinejeju.co.kr/news/articleView.html?idxno=217284
 kim217284_115055_2324.jpg

 kim217284_115057_2324.jpg

2014年8月に韓国で開催された
”第1回済州平和キャンプ
 (平和の海 国際キャンプin 済州)”に参加した
第20回参議院議員通常選挙の沖縄県選挙区に
日本唯一の全野党共闘(沖縄社会大衆党・日本共産党・
民主党・社会民主党・みどりの会議からの推薦と、
自由連合からの支持)を得て初当選した
沖縄社会大衆党委員長の糸数慶子議員と
元”平和活動家”の韓国議員と仲間達の会談で
キム・ドンウォン容疑者は
「基地反対の立場から、沖縄と連帯しよう」
と呼びかけていますね。







★済州平和キャンプ・カンウィル司教と対談
 http://itokazu.exblog.jp/22694118/
f0150886_11532160.jpg
(引用開始)
8月3日~6日、済州平和キャンプ(平和の海 国際キャンプ
in 済州)に参加し、
5日のカンウィル司教との対談の模様が
韓国メディア(ニュースチェジュ)で紹介されています。
(略)
糸数議員は、
済州へ来て海軍基地に反対する人々を見て
 感動した。
特に、済州にいるうちに
 ホ・チャンウク議員に会ったが、同じ状況にある
 ことがわかって感銘を受けた」と話した。
彼は
「司教は宗教界で、私は政界で
 お互いに活動している活動している。
 こうした連携した運動が世を変えていく
 のではないかと思う」と語った。
 
司教は、
「第2次大戦が終わるころ沖縄は悲惨な状況だった。
 多くの住民が未だに傷ついて生きている」
済州島四・三事によって
 傷を治癒することが
 できなかった住民たちはまだ多い」
と説明した。

(中略)

■4日、済州特別自治道議会
 ホ・チャンウク議員との対談


 反基地運動、農民運動に携わり議員となった
ホ議員と、済州と沖縄の現状、故郷への想い、
議員となった経緯、平和への想いなどを
語り合っています。

 同じような経歴を持ち、故郷と子孫の平和のために
議員活動をする2人の対談は、
今回の「平和の海国際キャンプ」を主催した
平和活動家たち
の働きによって実現しました。
 沖縄と済州の活動家も同席し
これからの
平和連帯についても話し合われました。

 平和のための連帯について、ホ議員は
「その地域に住む人々との生き方の連帯であり、
 政治・文化・生活など平和に対する価値観の
 交流・広がりが大切」、
慶子さんは、
「お互いを認め合い、不足しているものを
 お互いに分かち合いながら生きること」
とお互いの考えを伝え合いました。

(引用ここまで)



下で紹介するサイトでは、
キム・ドンウォン容疑者が韓国の有名な活動家
この韓国の団体が沖縄との”連帯”だけでなく、
民主党政権での
慰安婦問題で韓国日本大使館の前で
韓国の市民団体と共に反日活動をしていた
朝鮮総連とのつながりが深い
元国家公安委員長の岡崎トミ子
 o0450029610252182398_2015092401114336a.jpg

韓国で蔓延した口蹄疫が日本に飛び火して
宮崎県で甚大な被害が拡大している最中に
何の対策も取らずに、チェ・ゲバラ大好きで
南米訪問をしていた赤松広隆
 akamatsu4-thumbnail2.jpg

北朝鮮とのつながりが深い辻元清美などの
 tumblr_inline_mjffywbDcj1qz4rgp_201509240115356fc.jpg

旧社会党議員との関連を指摘し
安保法案反対での”連帯”も暗躍していた
ことが記事に・・・


★辺野古基地抗議で
 キム・ドンウォン(김동원)工作員(29)
 @SEALDsを現行犯逮捕!

 ポチのブログ 2015年09月23日
 http://ameblo.jp/19kodo/entry-12076173365.html




上記サイトより
 o0520033913432826400.jpg
 ▲海軍基地建設反対ミサの中で
  修道女18人が警察によって連行されている。


韓国済州島のカン・ウイル司教とは・・・

★真実への旅 
 韓国チェジュ島・カン司教

 シスターのつぶやき 2014年9月14日
 http://laudate.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-c149.html
第38回正義と平和全国大会
「2014福岡大会」
が、9月13日(土)午後から、
カトリック大名町教会で開催されました。

全国からの正平協委員や司祭、信徒、修道者
をはじめ、開催教区の福岡教区の各教会からも
大勢の参加があり、参加登録者は800人に
およんでいるそうで、聖堂の2階部分にも人が入りました。

(略)
正義と平和協議会会長の勝谷司教は、ローマにいるため、
メッセージが代読されました。
続いて、韓国からお招きしたカン司教
基調講演が始まりました。

カン・ウイル司教は、チェジュ教区の司教で、
韓国司教協議会の代表でもあります。
テーマは、「東アジアの平和と福音的展望」
 -韓国国民1%のチェジュ島民と東アジアの
 平和実現を夢見ながら-」。

(略)
上智大学で学んだというカン司教は、
流暢な日本語で、複雑な問題を、
とても分かりやすく話してくださいました。

(全文はリンク先で)

★日本カトリック正義と平和協議会
 http://www.jccjp.org/jccjp/home.html


★「日本カトリック正義と平和協議会」の異様
 2002.12.10
 http://www.nomusan.com/archive2012.07.08/~essay/essay_09_seiheikyou_2002.12.html
今回の「小泉訪朝」、
そこで明らかにされた北朝鮮の非道な「拉致」
に関して、カトリックの聖職者が出した公式の声明は
二つしかない。
2002年10月17日に浦和教区信徒に向けられた
浦和教区長 谷大二司教のものと、
日本カトリック正義と平和協議会 松浦悟郎司教
のものである。これを中心に検討してみたい。
(略)
■在日朝鮮人へのいやがらせ、
 差別事件に関する呼びかけ文


日本カトリック正義と平和協議会
担当司教  松 浦 悟 郎

最近、朝鮮民主主義人民共和国(以下、共和国)
による日本人拉致事件の報道と共に、
日本に住む在日朝鮮人、特に子どもたちに対する
陰湿ないやがらせや差別事件が起こってきています。
朝鮮学校に通う子ども達が登下校の際、
心ない日本人から暴言を浴びせられ、暴行を受ける
などのことが全国各地で起こり、その結果、
先生付き添いによる電車での集団下校、
チマ・チョゴリ着用自粛など不本意な状況を
余儀なくされています。
今この日本は、子ども達が白昼でも襲われる
のではないかと恐れ、民族の誇りである
チマ・チョゴリを着ると危険であるなどの
異常な状況なのです。


(中略)
これが、「日本カトリック正義と平和協議会」
(以下、本文では「正平協」という)の、
日本人の拉致を金正日が認めた後に出された、
最初かつ唯一の公式声明文である。

ここには拉致された我が同胞への言及も同情もなく、
まして北朝鮮への一言の抗議もない。
つまり今(2002.12.07)に至るも、
「正平協」は拉致加害者並びに被害者について、
そのものへの一切の言及をしていない。
これが「正義と平和」を謳い、社会系問題を担当する
とされる組織の正常な在り様だろうか。
かつても今も、おびただしい
政治的な発言を行ってきた組織
であることを考えるとき、
ほとんど「異様な」印象を受ける。
北朝鮮がらみのニュース、拉致も核兵器も麻薬も、
正平協は一切触れていない。


人も組織も、
その発言によって本性を表すと同じく、
その語らないことによっても本性をあらわす。
自らの政治的発言を『預言者』に擬した
数人の高位聖職者も、黙して語らない。
預言者にも得意な部門とそうでない部門があるらしい。

(続きはリンク先で)



SEALDsリーダーの奥田愛基君のパパは
姜尚中の講演会もやっている 日本バプテスト連盟
東八幡キリスト教会の牧師

ホームレス支援の反天皇主義者(週刊新潮今週号)。
プロテスタント系ですが、沖縄にも赴任。





戦前・戦後とキリスト教社会主義者
様々な政治活動が気になる今日この頃・・・






SEALDsリーダーの奥田愛基君の母校
キリスト教愛真高校
日本独自の無教会主義を唱えた内村鑑三
影響を受けて創設されたらしいが・・・


★内村鑑三(27 )
 社会主義

 http://yoshiaki-watanabe.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/27-a6cc.html
(引用開始)
その翌月には、社会主義者福田英子
(ひでこ:下の写真)の聖書研究会への
出席を拒絶している。

志賀直哉の思い出によると、
ある日講義が終わって祈りを済ませたあと、
鑑三は、ふいに彼女の方を向き、小声で
「貴女はこれから来ないように」と囁いた。

そして返事も待たずに出て行った。
彼女は、ただ軽く頭を下げ、それ以後
出席しなくなったという。

しかし、福田英子は『世界婦人』に
「内村先生に上(たてまつ)る書」
(同年三月十五日、六号)を書き、
鑑三は、
キリスト教と社会主義とはあいいれぬというが、
心界のみならず物界の貧者弱者を
救済しようとする社会主義は、
神の摂理の一現象ではないのか、
いや、むしろ現状では心霊上の救済に勝って
物界の救済をはかることが、神の真意にかなう
ものではないかと述べ、
鑑三の教示を乞うている。


これに応じて直接答えた鑑三の文章は
見当たらないが、約一か月後に刊行された
『聖書之研究』(八七号)には
「社会主義」と題して次の一文がある。

「基督教に似てしかも最も非なる者を
 今日我国において唱えらるる社会主義となす。

これ聖書に所謂(いわゆ)る
 不法の隠れたる者なり。

 これに敬虔なし、恭順なし、平和なし、
 これ単に不平と頑抗と破壊の精神なり、
 これ僕 (しもべ)を主に叛かせ、弟を兄に叛かせ、
 弟子を師に叛かしむるの精神 なり。

服従を絶対的に拒絶せしむる悪魔の精神なり。
 余輩は永き忍耐の後にこの断を発せざるを得ざるに
 至りしを悲しむ
 (帖撤羅尼迦〔テサロニケ〕後書二章七節)」


鑑三のこの一文は、
かつて、社会主義者たちと親しく接していた
人間としては、例になくきびしく、また感情的である。

これが、
福田英子破門事件と密接な関係をもつものであり、
それをもとに、
鑑三にあびせられた社会主義者たちの攻撃に
応ずるものであることについては、
松尾尊(たか)ヨシ氏の見方とまったく一致する。

鑑三は、そういう出来事のなかに、
社会主義者の本性、
つまり「不法」をみ、
帝国主義者とは異なるものの
同じく戦いを好む体質
認めたのではないか。


それだけに、鑑三は、
角筈聖書研究会と『聖書之研究』の読者からなる
教友会に、真に「霊」の兄弟としての交わりを期待し、
言行ともに平和な人々の育成をはかろうとしたのだ。

(引用ここまで)



破門された福田英子とは・・・

★福田英子
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%94%B0%E8%8B%B1%E5%AD%90

 http://www.shimintimes.co.jp/yomi/aruku/58.html
はるかに年下の石川三四郎と公然愛人関係に
あった英子は、毎日のように、三四郎とつれだって
平民社に現れた。
そして、自分より若い社会主義者たちの一群から
新しい思想を熱心に吸収した。
(略)
11歳年下の石川三四郎(社会運動家、アナキスト)
に激しい恋の歌を送った
(略)
>明治18年5月の朝鮮改革運動にかかわる
 大阪事件で、資金調達や爆発物運搬の
 役目を担った。



★大阪事件
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E4%BA%8B%E4%BB%B6


★自由党解党と大阪事件
 http://www006.upp.so-net.ne.jp/tsuru-hp/toukoku/isizakadenn04.htm
ところで、自由党が解党せざるをえなかったのは、
党員と若手活動家のなかに
実力で藩閥政府を倒すべしとの急進論が生まれ、
しだいに大きな力を持ち
、ついには
一八八四(明治一七)年九月に、少人数とはいえ
武力蜂起を実行する事件(加波山事件)まで
引き起こされたからだとの指摘もある。
自由党中央の党勢に服さない急進派(自由党左派)
の力の増大が、解党の事情の背景にあったのだ、
との議論である。
(中略)
ただ、大阪事件を自由党の激化事件、
革命計画とは見なさないとする研究史上の
位置づけは、強固である。
それは、大阪事件が
単純な明治政府打倒計画ではなく、
朝鮮国内の事大党と開化派の政治的な対抗に介入し、
開化派を支援して事大党政府打倒のクーデター
決行しようとする計画でもあったからである。
武装した志士を朝鮮に送り込み、開化派支援の
蜂起をおこない朝鮮政府改革(=立憲制の採用)を
おこなえば、朝鮮の宗主国である中国との間に
政治的・軍事的緊張が高まり、
日本の人民の政治意識・愛国心も高まり、
その機に乗じて日本の国内革命も実行する
というのが、大阪事件を計画した指導部の思惑の
概要だった。
(中略)
事件は早くから密偵に探知され、
朝鮮渡航のために長崎に集結していたメンバーと
大阪に滞在していた指導部が、
一一月二三日に逮捕され、以後翌年はじめにかけて
一〇〇名以上の関係者が拘引・逮捕されていく。
朝鮮革命計画内治革命計画も、未発のまま、
構想の全体は関係者に秘匿されていく。
(中略)
村野常右衛門の大阪事件への参加は、
“国のために心を尽くした益荒男の行為で、
 その真心は私たちの道しるべとなるものだ”
と賞賛している。
ここには、
民権、あるいは立憲制実現のための
反政府的な革命運動や
朝鮮開化派への支援行動が、
何のてらいもなく肯定されている。

(引用ここまで)


★北村透谷論ノート
 ー『大矢正夫自徐博』について

 http://mitizane.ll.chiba-u.jp/metadb/up/nichibun/Gobun_10_ogawara.pdf
(引用開始)
大矢正夫と北村透谷との関係で
最も注目されるのは、透谷の政治運動
そのものから離脱する直接の契機を
大矢が作ったことにあろう。
それは後述する朝鮮革命計画(大阪事件)の
軍資金を獲得するために'大夫らによる
非常手段(強盗)
が決行されつえひた
(中略)
一八八五(明治十八)年五月'自由党左派の指導者・
大井憲太郎、小林樟雄'磯山清兵衛、新井章吾らが
謀って'磯山をリーダーとする壮士二十余名
(大矢も含む)が朝鮮にのりこみ
'親清国派である保守派事大党の大官を
爆烈弾をもって暗殺し、親日・開化派の金玉均
'朴泳孝らの独立党に政権を樹立させて
朝鮮の内政を民主化して清国から独立させる
計画を立てる
.そうなると朝鮮の宗主国である清国と
日本の対立が必至となり

この外患を機に日本人民の愛国心を喚起して
日本国内の民主主義革命を成就させようとした。
(中略)
それで朝鮮計画ともいわれる。
これまでの激化諸事件に比しては
朝鮮の革命を経てという外患を利用した点'
武器として爆烈弾を準備したり'
また女性初の国事犯の景山英の存在
(後透谷夫人となる石坂美都が景山から
爆烈弾の材料の入った鞄を預ったの直話がある)
などによって当時大評判となった事件であった。
(中略)
大矢がこの事件ではたした最大のものは
前述した通り、
この軍資金獲得のための強盗であり、
神奈川県下におけるそれは未遂を含めて
五回行なわれたといわれるが'
大矢はこのうち四回参加と最も回数が多い。
既遂は七月五日'愛甲郡上荻野村岸十郎平家で
十九円(大矢はこの回のみ不参加)'五回目十月二一
日'高座郡座間村戸長役場の租税徴収金
一〇七一円余を奪った二回である。
(中略)
軍資を得るのみならず'同志の離反を防ぐため
とか(内藤六四郎も加わった大和地方での
それは度胸だめLと主張)、
名古屋事件におけては強盗行為そのものが
自己目的化していたという

(『博徒と自由民権』長谷川昇)
(中略)
この時期、自由党と就中急進派の運動が
後退に後退を重ねているとき
'この計画は起死回生の策として遠大な構想、
スケールをもって展開されようとしたものである。
そもそも朝鮮の革命という迂路を採った
利点はどこにあるか。

義勇兵運動の延長線上にある朝鮮独立運動
という形をとれば、反政府運動と異なり
弾圧の恐れも少なく政府の目をくらますことが
できる。

これまでの西南戟皐はもちろん、激化諸事件・
秩父事件などの経験から
軍隊をまともに相手としては到底勝目はない。
そこで外患を利用して
(日清韓の葛藤を生じることにより)
軍隊の力を殺ぎ'内地挙兵を容易にすることにあった。

外患はまた日本人民の愛国心を喚起することが
できる(明治十七年十二月の甲申事変で実証済。
内地革命のための人員'資金を集めやすくなるく)

(引用ここまで)


内村鑑三による「福田英子波紋事件」は、
明治政府打倒!という国内革命の為に
朝鮮でテロを起こそうとした大阪事件で
逮捕・釈放後に起きている。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~BCM27946/hukudahideko.html
明治16年(1883)民権論者の活動家
小林樟雄と結ばれる。
「人間平等論」の演説をして
女闘志と呼ばれたりした。

 私塾の「蒸紅学舎」を設立したが、
当局の圧力で一年で閉鎖。
同18年大井憲太郎らの大阪事件に連座して
入獄、女傑として名を馳せる。

(中略)
キリスト教に入信し、
翌年角筈女子工芸学校を設立、自らと女性の
経済的自立をめざす。
このころ堺利彦、幸徳秋水と出会い、
平民社創立に参加、のちキリスト教社会主義者らの
『新紀元』発行に協力。
(引用ここまで)



何だかねぇ・・・
昔も今も、社会主義者のやる事は同じ!

日中韓の歴史摩擦を利用して、煽って
国内で革命を起こそう・・・
近衛内閣のブレーンの朝日新聞記者と
ロシアのスパイによるゾルゲ事件
日本を戦争に引き込み、愛国心を喚起させ
戦争による経済疲弊後の敗戦利権で
革命を起こそう・・・だもの。

戦後も、
過激派サヨクが、労働者革命のための
活動資金を得るために
銀行を襲撃していたしねぇ・・・

昔も今も、過激派サヨクの脳みそは
ちっとも変わらない。


★キリスト教と社会主義
 http://daruma3.cocolog-nifty.com/nh/2010/05/post-a4a0.html







内村鑑三曰く
「基督教に似て
 しかも最も非なる者を
 今日我国において唱えらるる
 社会主義となす。

これ聖書に
 所謂(いわゆ)る不法の隠れたる者なり。
 これに敬虔なし、恭順なし、平和なし、
 これ単に不平と頑抗と破壊の精神なり
 これ僕 (しもべ)を主に叛かせ、
 弟を兄に叛かせ、
 弟子を師に叛かしむるの精神なり。」


奥田愛基君、この言葉を
母校は教えなかったようだね。

キリスト教社会主義派だけでなく、
福田英子のように、若い男に溺れ、
自分の感情の赴くままに生きる事が
「女性の解放」であるかのように

夫の教え子と不倫して夫と子供を捨て
その後も壮絶な三角関係の人生を送り
51歳で仏門に入った
「恋愛は不倫が醍醐味」という瀬戸内寂生さん
俗世に未練タラタラな仏教社会主義者ですかね・・・






 辺野古で逮捕された韓国人
 (済州海軍基地反対デモで既に逮捕歴があり)。

 韓国のデモ隊はたまに海外遠征にいく。
 香港で大暴れしたのは有名。
 しかし米国では羊のように大人しくて笑われた。
 米国警察は怖いのかと。
 米国でルールを守らないデモをしたら
 どんな目にあうか彼らはよく知ってるのだ。




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply