韓流研究室

ARTICLE PAGE

福島・辻元ら野党女性議員が女を武器に「セクハラ捏造」作戦・・・ゲスの極み

★安保法案 
 「触るな! セクハラだ!」の警告に
 鴻池委員長、入室できない状態つづく

 産経新聞 9月16日(水)21時49分配信
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150916-00000604-san-pol
 ya12fe524e-s.jpg

参院平和安全法制特別委員会は16日夜、
安全保障関連法案の締めくくり総括質疑を
行うための理事会を断続的に開いている。
しかし野党側は
女性議員を理事会室前のドアに多数配置し
排除しようとする与党議員に
「触るな!セクハラだ!」などと抵抗。

事実上、女の壁で鴻池祥肇委員長を
室内に監禁し、質疑開始を妨害している状態だ。

 理事会室前には、
社民党の福島瑞穂前党首や民主党の小宮山泰子、
辻元清美両衆院議員ら複数の野党女性議員が、
いずれもピンクのハチマキ姿で集結。

与党の男性議員が触れるたびに
「セクハラを働いた」などと騒いでいる。

 理事会室前には多くの与野党議員が密集。
ある野党の男性議員は
「自民党の石井浩郎参院議員がセクハラしました」
と大声を上げ、
押されただけの石井氏が激高するシーンもあった。

 国会関係者によると、野党側は
理事会室から隣室に通じる室内ドアも長椅子で
封鎖したという。
野党側は16日中の委員会採決を阻止し、
参院本会議での法案採決を土曜日の19日まで
遅らせる戦術とみられる。

(引用ここまで)








女性議員を利用して、
危険なもみ合いの最前線に立たせて
「女の壁」でセクハラ捏造作戦・・・


★野党の「セクハラ」作戦に反撃 
 参院議長が女性衛視投入 
 民主・小宮山泰子氏「女を利用するな!」

 産経新聞 2015.9.16 23:04更新
 http://www.sankei.com/politics/news/150916/plt1509160083-n1.html
参院平和安全法制特別委員会は16日、
断続的に理事会を開催。
理事会室前から動かない野党の女性議員の
集団を排除するため、山崎正昭参院議長が
女性の衛視を出動させたが、
野党側は
「こんな時に女を使うな」などと激しく抵抗。
鴻池祥肇委員長は室内で事実上監禁状態に置かれ
安全保障関連法案の締めくくり総括質疑が
始められない状態が続いている。

 理事会室前にいた民主党の小宮山泰子衆院議員は
女を利用するな!
 こんな時だけ女性を前に出して。
 女をこうやって使うんだな。今の政権は!

などと絶叫。
ただ野党の女性議員は、排除しようとした
与党の男性議員に
「触るな!セクハラだ!」などと抵抗し、
鴻池氏の退室を拒んでいる。

(引用ここまで)












 女を利用するな!
 こんな時だけ女性を前に出して。
 女をこうやって使うんだな。
 今の野党は!


福島瑞穂や辻元清美
民主党の小宮山泰子ら野党の女性議員が、
もみ合う現場で、体が触れただけで
セクハラと喚き「痴漢冤罪」って・・・、

こんな”女性の品位”を貶める女性議員ならば
増やす必要があるのだろうか???

ピンクの鉢巻だぁ????
これじゃあ、
かつての「中ピ連」のキチガイお婆達と同じ!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E7%B5%B6%E7%A6%81%E6%AD%A2%E6%B3%95%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E3%81%97%E3%83%94%E3%83%AB%E8%A7%A3%E7%A6%81%E3%82%92%E8%A6%81%E6%B1%82%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A5%B3%E6%80%A7%E8%A7%A3%E6%94%BE%E9%80%A3%E5%90%88

th20141114_1055626.jpg

 th1H1OVEDF.jpg

 th2011033101000512_-_-_CI0003.jpg



中ピ連、正式名称「中絶禁止法に反対し
ピル解禁を要求する女性解放連合」。

代表の榎美沙子氏は薬剤師で
中ピ連の前の1967年に村上節子
(のちに田原総一朗と結婚して田原節子)や
従軍慰安婦問題で有名な元朝日新聞の
松井やよりとともにウーマンリブ団体「ウルフの会」
の結成に参加。

中ピ連は1972年に結成され、75年に解散。
ピルよりも、ピンクのヘルメット姿
妻に訴えられた夫の職場や、
女性を蔑視しているとみなされた
団体の本部などに集団で殴り込みに行き
相手をつるし上げる手法
で嘲笑のネタになった。

中山千夏連合(中山千夏もウーマンリブ活動家)から
出馬していた「政治を変えたい女たちの会」の
俵萌子(俵孝太郎の元妻)が落選した原因として
中ピ連と混同されたことが挙げられており、
榎氏は「なぜあなたは国民の審判を受けなかったのか」
「日本女性党のおかしな運動のせいで
 私達の主張が有権者に伝わらなかった」
「女性解放運動を嘲笑の対象にした」と責められた。

まあ、日本のウーマンリブの開祖というのが・・・


http://www.warewaredan.com/blog/2006/08/18.html
”東大近くの生家の商売を手伝いながら
 ベトナム反戦などの活動に参加していた田中美津は、
 六九年の安田講堂への機動隊導入などに衝撃を受け、
 「性の解放」を唱えて全共闘運動にも影響を与えた
 精神分析学者ウィルヘルム・ライヒの著作や
 アナキズム文献に没入、
 七〇年八月、「エロス解放宣言」と題したビラを配布して
 日本ウーマンリブの開祖となる。
 特にシーンに絶大な影響を与えたのは、
 同じくこの八月末に侵略=差別と斗うアジア婦人会議
 の集会で配布した「便所からの解放」というパンフで、
 この集会の名称からもウーマンリブが
 華青闘告発直後の特殊な雰囲気の中で登場したことが
 充分に想像される。”





この系譜の女性達なのだから
発想が全く同じなのね・・・

この様な手法で「女の壁」を利用して
セクハラだと喚く行為こそ、女性蔑視
本当にセクハラで苦しんでいる女性に対しても
失礼極まりない、ゲスな行為だ。
痴漢で本当に被害を受けた人や、
痴漢冤罪で苦しんでいる人達を
傷つける行為だ!








今、国会前に集結している団塊サヨクが
若い頃から何をやらかしてきたか、
今の若者は知らないのだろうね・・・


★ぼくが見た、サヨクの本質
 http://inquiry.seesaa.net/article/154584738.html



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 5

トマト

こいつらの始末は任せたゴルゴ!って脳内妄想してます 本当に下らない 日本の政治家として何も働かない馬鹿の集まり

2015-09-17 (Thu) 06:00 | EDIT | REPLY |   

3児の母

アホ

こんな低レベルの人間たちが我が国の国会議員かと思うと、情けなくて呆れも果ても尽き果てる。
何が「セクハラ」だか。
こんなBBAども、金もらって頼まれたって触りたくないんじゃないの?

この政権の間に少しでも日本の癌を取り除いていければ…。

2015-09-17 (Thu) 09:26 | EDIT | REPLY |   

犯罪じゃないの!?。監禁事件。
あっ、よく見るとこがある。韓流のド・ラ・マ。
些細な事で怒り、嫉妬、逆恨み、邪魔、悪巧みを考えつき車に押し込み拉致、監禁。男性には暴力も。サスペンスじゃない普通のドラマで。
他にも色々やらかします。

あれ、昔はドラマの話だから~なんて思っていたけど。。。
何というか色々な事象の理解に参考になったりします。

2015-09-17 (Thu) 11:53 | EDIT | REPLY |   

弓取り

傲慢な当たり屋サヨク(妖怪変化・魑魅魍魎)

紹介のリンク先:「ぼくが見た、サヨクの本質」
いくつか他の記事も読みましたが、いいですね。時間をみてきっちり読みたい。ありがとうございます。

(引用の引用)サヨクの本質
>>1.傲慢さという心理的要因
フーテン、ヒッピーなどの、フラワーチルドレン運動に影響され
「世の中は間違っていて、自分(達)だけが正しいという信念が、すべての発想の大前提になっている」
(自分は正しいし、個性的で稀有で魅力的なのだ。みんなは、そんな私を理解できていない!という恥ずかしくも屈折した心理)

そこに、理屈づけ
>>2.レーニン主義
「大衆や労働者階級は馬鹿で信用ならないから、上から指導しないといけない」
「目的のためなら、どんな汚いことでもやってのけろ」としたレーニン主義

>>3.血債論
 (特あ人などが、かってに被害者に成りすまし、現在の日本人に血であがなえと強要する)

>>4.自虐史観
   (ご存じGHQの陰謀。それを引き継ぐサヨク売国の商売人たち)

>>5.特アからの工作
   (ハニートラップ。あの人もあの人も引っかかった)

まさしく。私たちは今、国会の内外で(反日・売国・非日本の)サヨクの素性を発見するのです。

国会の通路が、路上迷惑デモと大差ない。あるいは満員電車の痴漢詐欺の現場か(笑)
いつも、ご苦労さまです。

2015-09-17 (Thu) 20:47 | EDIT | REPLY |   

べいなす

へぇえ

女を武器に???
 
まだ「女」だったのか!

2015-09-17 (Thu) 20:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply