韓流研究室

ARTICLE PAGE

東京新聞佐藤記者の私説「憲法は日本人だけのものか」

★【私説・論説室から】
 憲法は日本人だけのものか

 東京新聞 2015年9月7日
 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2015090702000133.html
 「戦争のできる国」へと憲法を変質させる
安保関連法案の廃案を求め、
群衆が国会前を埋め尽くした八月三十日。
人垣の中に民族差別に反対する市民団体
「のりこえねっと」の共同代表、
辛淑玉さんの姿があった。

両手で掲げた大きなカードにはこう書かれていた。

 「日本は、私の故郷です。
  在日として、人殺し法案に反対します!」


 在日コリアンらを標的に
「殺せ!」「日本からたたき出せ!」と口汚く
攻撃する人と闘うことと、
安保法案に反対することの根っこは同じだと
辛さんは言う。

日本が戦争に加われば、女や子ども、
高齢者・障害者ら戦力にならない人々とともに、
在日コリアンら外国人は真っ先に
邪魔もの扱いされるだろう。
「互いを殺し尽くすまでやるのが戦争。
 私たちは祖国からも日本からも殺される」。

辛さんの言葉を思い出す。
不戦を誓った憲法には
在日の人々の生存もかかっているのだ。

 法案に反対する著名人のスピーチに
気になる表現を感じたことがある。その人は
「私たち日本人の中に憲法がある」と言った。
だが在日の友人はつぶやく。
デモで「日本人」とか「国民」という
言葉を聞くと怖くなる、と。


 敏感な友人は、何げない言葉にも
ナショナリズムの芽を感じたのだろう。
言うまでもない。
憲法は、
多くの権利を在日外国人にも保障する。
日本人だけの宝ではない。
日本に生きるすべての人のためにある。 

(佐藤直子)



東京新聞社会部論説委員、
佐藤直子記者の”私説

日本国憲法は、
 日本人だけのものでは無い!
 参政権の無い外国籍である
 在日コリアンのものでもある!









★辛淑玉
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%9B%E6%B7%91%E7%8E%89


★日本人は無抵抗で虐殺されろ座談会
 
 https://www.youtube.com/watch?v=ph8pIWWDBV0


★辛淑玉
 「あなた達が強姦して産ませた子供が
  在日韓国朝鮮人」

 
 https://www.youtube.com/watch?v=gvczLDrOLSE




■辛淑玉三の過去の発言

「日本は自衛権も持つべきではない。」
「日本人は相手に殺されても
 殺さないほどの決意が必要だ。」
「憲法を守れ!9条を絶対に守れ」という
辛淑玉さんのこれまでの発言

私は改憲論者。
 第1章の天皇制はなくすべきだ。
 あれがある限り日本は自立できない。
 9条は時代を最も反映した条文だ。
 武力を放棄して口で、
 つまり外交で国を守れということだ。
 腐った男のなれの果てが家庭内暴力。
 腐った国家のなれの果てが軍事力行使。
 日本人にはこの憲法は
 もったいなすぎるかも


「最近、あちこちで(日本人に)文句を言うと、
 『出てけ』とか『帰れ』と言われる。
 そうすると、
 『はいわかりました。朝鮮人はみんな帰ります。
 天皇つれて帰ります』
 と言ってやる。(笑)。
 だけど、あいつ働かないからな(笑)」

北が日本人女性を拉致した
 というのはウソだと思う。
 工作員教育係なら在日同胞を使えばすむからだ。
 もし、仮に北が日本人を拉致したとしても
 日本人は批判できるだろうか。
 戦争中、膨大な数の朝鮮人を国家の名の下に
 拉致した歴史的な事実がある。
 いまなぜ日本に多くの朝鮮人がいるか
 考えてみてほしい。
 自国の歴史を忘れた発言が多すぎる


「私は「国家」を信じない。
 「国家」はあてにならない。
 問題は、人の命が守られているか
 どうかという点にある。
 中国が核実験をした時に
 日本人はどれだけ抗議したか。
 北朝鮮はいつ核実験をし、日本を攻撃したというのか。
 北朝鮮を訪問して子どもたちとアリランを歌ってきた
 沖縄出身の歌手・嘉納昌吉が言っていた。
 「日朝交渉で日本側が持ち出す問題は、
  なぜいつもらち疑惑と核疑惑ばかりなのか。
  隣の国で民衆が飢えているというのに、
  なぜ助けようとせず、
  相手が変わるのばかりを待っているのか」
 日本人がしなければならないことは3つある。
 ・相手に変化を求める前に自分が変わること
 ・過去の「負の遺産」の清算をきちんとすること
 ・日本で生活している「在日」の大半が日本名を名乗り、
  日本人として振る舞っている意味を
  もう一度考え直すことだ。



★辛淑玉発言集
 http://www.tamanegiya.com/kako/sinnsugo.html

★反日運動家・辛 淑玉(シン スゴ)
 http://ameblo.jp/shp/entry-10743076134.html

★日本にヒドイ事されたと
 手を取り合う人達 【痛快!おんな組】

 http://dametv.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-52fa.html

★【辛 淑玉】
 金 嬉老事件(きんきろう事件)

 http://blogs.yahoo.co.jp/himehachatora/47781978.html

★プロ朝鮮人として有名なシンスゴさん
  「愛子様も将軍様も一緒」

 http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50346019.html
「逆風満帆」
人材育成コンサルタント 辛淑玉(上)

 朝日新聞 

「自衛官に金持ちの子なんていない。
 戦争は貧乏人が弾になる」。
 改憲反対の集会で2千人を前に語る
 =05年12月横浜市で、蛭田真平撮影

■憲法は民の血の代償

 辛淑玉(47)にタブーはない。

 昨年暮れ、
 天皇誕生日の前日の札幌市内の講演会。

「『愛子さまー』も『将軍さまー』も同じ。
 人の上に人をつくるのが天皇制。
 あらゆる差別構造の象徴です。
 天皇制が大義になって、殴られてもいい人間、
 殺されてもいい人間を生んだ」

12月8日、横浜市内で開かれた
憲法・教育基本法改悪反対の集会。

(略)
戦後も日本は戦争をし続けた。
 朝鮮戦争、ベトナム戦争……。
 アメリカの公共事業である戦争に加担し、
 甘い汁をずっと吸ってきた。

 もっと甘い汁を吸うために憲法9条を改正する。
 憲法は2000万の民の血の代償として
 日本人の手に渡った。
 この憲法を破棄することは
 アジアへの宣戦布告だと思います」


(引用ここまで)


★韓国人による反日講演 
 兵庫県たつの市

 http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/04ee6471b703772a47653f68478b0707

★週刊金曜日の大研究
 http://www.geocities.jp/fghi6789/kinyoubi.html
(引用開始)
フェミニズム臭が漂う天皇制批判(辛淑玉)
 週刊金曜日2010年4月30日(797号)で
「暮らしにひそむ天皇制」という大特集が組まれた。
「個人の尊厳・両性の平等と天皇制-24条が届かない
 (齊藤 笑美子)」や
「グー・チョキ・パーのてんのう制(辛淑玉)」など
独特のフェミニズム的批評が多いが、
辛淑玉(シン・スゴ)氏による批評の一部を記す。

 育児休暇を設定しながら「とれない空気」があるため
 男性が取得できない企業。
 正社員男性の既得権を守るために
 女性や非正規労働者を調整弁にして恥じない組合。
 決断力がなく言動が一致しない政治家たち。
 この国を覆う無責任と権威主義、
 そして正義が育たない社会は、
 天皇というタブーの存在と密接な関係がある。

 
天皇制を批判するのにいちいち
「育児休業を取得できない男性」や
「女性を調整弁にして恥じない組合」を
引き合いに出す必要があるのか。
これ以外にも「DVオヤジ」という言葉も出てくるが、
なぜ天皇制を論じるのにDVオヤジが必要なのか。
 
もともと少ないと言われる天皇制反対論者の中で
更に支持者を失うような行為を敢えてする訳が謎だが、
「性差別さえなければ天皇制はあっても構わない」
のだろうか。
それなら枡添要一氏の様な保守オヤジと大差ないし、
フェミニズム的天皇批判は苦しいので勘弁願いたい。

(引用ここまで)



★別冊正論 韓国特集 
 前田日明氏
 「辛淑玉を見ると情けなくなってくる」

 http://www.asyura2.com/0601/asia4/msg/219.html




佐藤記者のお友達の在日の方。
デモでスピーチをする人が
「日本人」とか「国民」という言葉を言うと
ナショナリズムの芽を感じて怖くなる
そうですが、
ご安心ください!

そこにいる人達は、
普段は「市民」と名乗る人々です。
自分達のご都合主義で、こんな時ばかり
「日本人が~」「国民が~」と叫んでいるだけの
地球市民の皆様ですよwww

「憲法を守れ」と言う”市民”達は、
9条は『日本の宝』だから守れ!と叫ぶ。
しかし・・・
日本国憲法の第1条は、
国会で議論する事なく憲法を改正しろと主張する。


■日本国憲法第1条
 第1条(天皇の地位、国民主権)

 天皇は、日本国の象徴であり
 日本国民統合の象徴であって、
 この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く


主権の存する日本国民の総意!


日本国民【にっぽんこくみん】とは何ぞや。

★10条(国民の要件)
 日本国民たる要件は、
 法律でこれを定める。


■日本国民たる要件
 http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~kazyoshi/constitution/kaisetsu/kokuseki.html
日本国民となるための要件については、
国籍法に定められている。

 第2条 子は、次の場合には、
 日本国民とする。
 一 出生のときに父又は母が日本国民であるとき。
 二 出生前に死亡した父が死亡のときに
   日本国民であったとき。
 三 日本で生まれた場合において、
   父母がともに知れないとき、または国籍を有しないとき。

 第4条
 1.日本国民でないものは、帰化によって、
  日本の国籍を取得することができる。
 2.帰化をするには、
  法務大臣の許可を得なければならない。

(引用ここまで)

つまり、
 主権を在する日本国民とは
 日本国の国籍を有する人であると
 憲法は定めている。




日本に居住する特定の民族に対して
「殺せ」などという憎悪に満ちた言葉を吐く行為
絶対に許されるものではありませんし、
韓国国籍の在日韓国人3世である辛淑玉さんが
「第1章の天皇制はなくすべきだ。 」と発言したり、
戦後生まれの韓国人歌手であるチョー・ヨンピルさんが
「植民地時代に付けられた日本の名前持っている」
などと、とんても無い嘘を講演会で発言するのも
『表現の自由』かもしれない・・・

しかし、佐藤記者の私説のように
「憲法は日本人だけのものか」などという
感情論のみの記事は、
憲法と主権者である日本国民を無視したものだと思います!


憲法を改正するか否かは、
主権者たる日本国民が決めることであって
参政権は、
日本国民が自国の政治に参加する権利であり、
その性質上、国民にのみ認められる権利であると
憲法に明記されてされています。

永住外国人や一部の日本国民の
「憲法9条では護憲派で
 憲法1条では改憲派!」

などという主張は、矛盾に満ちたご都合主義!

日本の自称「リベラルな良識的文化人」とやらが
自分達の保身の為に表立って発言せずに
得体のしれない辛淑玉さんに過激な発言をさせ
それを得意げに「辛淑玉さんもこう言っている」と
ヨイショする卑怯な行為・・・
言いたければ、堂々と李明博やパク・クネのように
公言すればいいじゃないか!

ご自分達の思想に反する人間はすべて
「極右だ」「ネトウヨだ」とレッテル貼りせずにね。


日本国憲法は日本国民のものです!

辛淑玉さんの
反日ナショナリズムの方が怖くなる・・・












政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

弓取り

悪魔の声闘

私は辛すごを見て、論理性の欠如した言論といい、相手の言い分を聞かない姿勢といい、あまりのおぞましさにはっきり嫌韓になりました。ほんと、異常です。

辛は日本のことを微塵も愛してはいません。恩義も感じない人間です。祖国さえも愛していません。ただ自分の存在を肯定したいだけです。哀れな心の貧しい人物です。

ただただ、いちゃもんをつけつづけることで自己正当化している。他国、他人を攻撃し否定し続けることで、自分の不完全性や邪念に向き合うことから逃げていると思う。

それをメシのタネにし、ちやほやされているのだから、自己暗示さえかかって、辛は死ぬまでやめないでしょう。嘘吐き慰安婦のメンタリティや商売構造と重なる韓国人らしい人物です。
まさに地上の悪魔、それが辛すごです。これを利用している組織も、そうとうの悪魔です。

2015-09-08 (Tue) 23:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply