韓流研究室

ARTICLE PAGE

石平太郎氏「中国海軍の兵員募集CM、“尖閣諸島”が映されると同時に『彼らの占領を許してはならない』 との台詞が」

★石平太郎氏
「中国海軍の兵員募集CM、
 “尖閣諸島”が映されると同時に
 『彼らの占領を許してはならない』
 との台詞が」(動画/画像)

 正義の味方 2015年08月20日19:44
 
http://www.honmotakeshi.com/archives/45990100.html
china3a92b172.jpg

中国海軍の兵員募集CM、
尖閣諸島が映されると同時に
彼らの占領を許してはならないとの
台詞が流された。
中国軍の軍事的目標は
日本領土の尖閣であることは明らかだ。

日本は軍事的脅威に晒されていること、
戦争を起こそうとする大国は隣にあること、
日本中の「平和主義者」」が分かっているのか?



石平さんの今朝のツイート
「彼らの占領を許してはならない」の
中国海軍兵員募集CMはYOUTUBEでもありました




問題の箇所は1分29~31秒

 
https://www.youtube.com/watch?v=HZfQVNSQ46Y
(続きはリンク先で)










石平太郎さん、
日本の、自称「平和主義者」
充分に承知していますよ。



その上で、毎度毎度、安保法案を潰そうとする。
安保法案が通ってしまったら困るから。
中国や北朝鮮のお仲間が!

だから・・・
必死で、捏造記事をばら撒いてでも
何が何でも引き吊り降ろしたいんだよね・・・





★【速報】
 週刊文春の『安倍首相吐血』報道に
 「事実無根の内容」 
 安倍首相事務所が抗議文 
 法的措置も検討するとしている

  2015年08月20日
 http://hosyusokuhou.jp/archives/45160415.html








日本は、”中国共産党”とは
戦争をしていないんですけれどねぇ・・・



★抗日戦争中、中国共産党は
 何をしていたか―
 覆い隠された歴史の真実

 謝 幼田 (著), 坂井 臣之助 (翻訳)
 http://www.amazon.co.jp/%E6%8A%97%E6%97%A5%E6%88%A6%E4%BA%89%E4%B8%AD%E3%80%81%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%85%B1%E7%94%A3%E5%85%9A%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%82%92%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%8B%E2%80%95%E8%A6%86%E3%81%84%E9%9A%A0%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F-%E8%AC%9D-%E5%B9%BC%E7%94%B0/dp/4794215088
(カスタマーレビュー引用開始)
日本軍と戦ったのは国民党軍(蒋介石)であり、
その間、共産党軍(毛沢東)は山に隠れて
力の温存を図ったというのが事実です。
何もしなかったというわけではなく、
のちの宣伝用のため、小規模の戦闘を
多く行うことはありました。
その後、疲弊した国民党軍を台湾へ追い出し、
共産党は政権奪取できました。
毛沢東はのちに日本人に対して
「日本のおかげで政権を取ることができた」
と言ったぐらいです。

まったくその通りで、当時の毛沢東の目的は
すべてが政権奪取であり、
戦うべき時に手を出さなかったり、
日本側に情報を流したりという売国行為もしました。
アメリカから見ても、
「中共+日本」vs「国民党」という構図になっていました。
のちに毛沢東はその売国行為の証拠になる人物を
消しさろうとしました。

(中略)
抗日・抗日とプロパガンダを繰り返していた
中国共産党と解放軍はその戦力(勢力)を温存し、
来たるべき内戦に備えていたことが良く分かる。
当時、アメリカが後押しした国民党軍が解放軍に
負けたのは、日中戦争による消耗が激しかった
ということなんだろう。
 そして現在、中国人民解放軍は
「日本と戦争だ」とか「尖閣を攻めろ」とか
強気の発言をしているが、過去の事例から
彼らの真の目的は他にあるのかもしれない。
日本国民は注意深く、彼の国の政治を見つめて
いなければならない時代に入ったと思う。


(引用ここまで)


★抗日ドラマ「でたらめだ!」 
 憤激する元中国兵ら・・・
 「日本軍は強かった」
 「敬服せざるをえない面あった」
 =中国メディア

 サーチナ 8月19日(水)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150819-00000050-scn-cn
(引用開始)
記事は続けて「抗日ドラマの見せ場」でもある、
中国人が刀で日本兵を『華麗に殺す』場面を
取り上げた。馬さんは
「大うそ。鬼子と遭遇して、あんなことをしたら、
 何度殺されていたか分からない!」と述べた。

 実際には、中国軍の軍刀や銃剣類の使い方は
日本軍から学んだもので、日本人将兵の刀剣類
の使い方の方が「最高に実際的だった」という。
また、中国には当初、歩兵の運用規則を定めた
「歩兵操典」が存在せず、後になり日本軍の
「歩兵操典」を翻訳・編集して使ったという。


 記事は最後の部分で、
「いかなる目的にせよ、歴史をねじ曲げ、
 誤った歴史を広める行為は、全民族を
 挙げた抗日戦に対する侮辱」と批判。
「歴史を直視し、(当時の中国と日本の)差を
 直視することが、抗日戦を戦った英雄に対する
 最大の尊敬だ」と主張した。
(編集担当:如月隼人)



まあ・・・なんだ、

今の日本で一番の問題は、
マスゴミが「言論の自由」という武器を持って
己の権益を守るために
世論を操り、政治を操り、
権力を行使して国家を操ろうとしている事。

中国共産党一党独裁の”ファシズム政権”
やっている事は同じ・・・

サヨクは、中国に対して
「近隣諸国への軍事挑発は止めろ!
 9条を守らせろ!」

と、何故言えないのだ?


 


政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

弓取り

平和国 売国カルト そこにいるカモ

「中共の 軍事は見えぬ 平和市民」
 いや・・・
「中共に 侵略させたい エライ人」かな。

勝ちさえすれば、日本人はなんとでもなる・・・GHQの成功例を思い出せ!
毛同志みたいに名実を得たい!今度はおれらの番だ!
って感じなのかな・・・
「お人好し 相手みなけりゃ ただのカモ」

2015-08-21 (Fri) 23:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply