韓流研究室

ARTICLE PAGE

日本亡命中の中国人風刺漫画家が官邸前左翼デモを風刺

★今日、初めて
 政府門前デモ行動に参加してみた。




 a03fe6bbe-s.jpg
 中央奥で、核ミサイルを持って笑っている
 習近平や金正恩を指さして
 「ちょっと待ってください」と冷や汗を出している
 唐辛子のキャラクターが
 作者の、变态辣椒(激辛トウガラシ)さん

   03_reasonably_small.jpg
■激辛トウガラシ(王立銘

 風刺マンガ家。1973年、下放政策で
 上海から新疆ウイグル自治区に送られた
 両親の下に生まれた。
 文革終了後に上海に戻り、進学して
 デザインを学ぶ。
 09年からネットで辛辣な風刺マンガを
 発表して大人気に。
 14年8月、妻とともに商用で日本を訪れて
 いたところ共産党機関紙系メディアの批判が
 始まり、身の危険を感じて帰国を断念。
 以後、埼玉大学の研究員として
 日本に滞在している。




 a50856be8.jpg
「半円形のホールの国会周辺を
 改正を強く反対する人達と歩いたけれど
 意外にも、誰も私を襲わなかった。
 人々は漫画が面白いのか
 立ち止まって写真を撮っていた。」

中国人フォロワー
「デモに参加しているのって老人ばかりなの?」
激辛トウガラシさん
「うん!」


a198a931d.jpg
「左翼の風刺漫画は『アベはヒトラー』
 これが表現の自由だ。
 天津では最近、
 ユーザーがいたずらでヒトラーの写真を
 送信したら、彼は10日間も拘束された。」
 

■風刺画の元ネタ
  a9cf7be45.jpg

  
★中国人が大騒ぎする
 「安倍晋三の祖父の軍刀」問題

 日本版ニューズウィーク
 激辛トウガラシ 2015年04月24日(金)
 http://www.newsweekjapan.jp/rebelpepper/2015/04/post-2.php




★国会包囲で
 「戦争法案、絶対反対!」 
 安保法案反対集会に
 野党党首級も参加

 産経新聞 2015.6.14 18:10
 
http://www.sankei.com/politics/news/150614/plt1506140012-n1.html
集団的自衛権の行使容認を含む新たな
安全保障関連法案に反対する抗議行動が
14日、国会周辺で行われた。
主催した
「戦争させない・9条壊すな!
 総がかり行動実行委員会」によると、
約2万5千人が参加。

国会を取り囲み、「戦争法案、絶対反対」
「安倍政権の暴走止めよう」などと
シュプレヒコールを上げた。

 集会には、
法案に反対する野党の党首級も参加した。

民主党の長妻昭代表代行はマイクを握り
「要件が整えば集団的自衛権を際限なく
 行使できるというのは、どう考えてもおかしい」
と主張。
「政府は『歯止めはある』といっているが、
 国会質疑で確認した限り歯止めはほとんどない」
と訴えた。
辻元清美政調会長代理も参加した。
 a74c30080-s.jpg


共産党の志位和夫委員長は、
 a5102080f-s.jpg
衆院憲法審査会で自民党推薦を含め憲法の
専門家3人全員が安全保障関連法案を
「憲法違反」と断じたことに触れ、
「潮目が変わりつつある。憲法を変えるために
 作った憲法審査会が戦争法案を進める
 一番の障壁になっている。
 痛快な話だ」と述べた。

社民党の吉田忠智党首
「リスクが高まることを認めない
 不誠実な安倍政権の対応に、
 強く抗議をしなければならない」
と訴えた。

評論家の佐高信氏は、
安倍晋三首相が4月の訪米時に英語で
演説したことについて
「なぜ植民地でもないのに
 英語で演説しなければいけないのか。
 あれほど米国にこびた卑屈な日本の首相は
 今までなかった」と非難。その上で
「安倍は『日本の国民を守る』と御託を
 並べているが、本当に守る気がない
 ということをあの演説が示している」と、
首相を呼び捨てにしながら持論を展開した。

ジャーナリストの鳥越俊太郎氏
「国民が反対をしていることを無視して
 進むのは独裁以外の何者でもない。
 あのアドルフ・ヒトラーがやろうとしている
 ことと同じだ。安倍政権ではなく
 『アベドルフ政権』だ」などと
首相をののしった。

民主党のブレーンでもある
山口二郎法政大教授

「憲法を守る市民の力が日本を戦争に
 巻き込まれないようにしてきた。
 これが歴史の事実だ」と訴えた。

(引用ここまで)



今まで
「自衛隊は認めない、違憲」と言ってきた社民や
共産党傘下の【日本婦人の会】のお婆さん達が、
わざわざ自衛隊の基地見学に行って
「この、人殺しぃぃぃ!!!」などと罵倒する
嫌がらせもしてきたのに・・・
急に自衛隊の心配をするのは気持ち悪いですが
国家の安全保障問題なのに、
志位委員長の
「憲法を変えるために作った
 憲法審査会が戦争法案を進める
 一番の障壁になっている。
 痛快な話だ


この痛快という表現は、
政治家として如何でしょう???
ただただ反対し、アメリカに媚びるなというが
この現状をどのように考えているのかしら・・・

激辛トウガラシさんが指摘するように
「武力で平和はつくれない」というシュプレヒコールは
日本だけでなく、中国や北朝鮮に向けても
叫ぶべきなんじゃないの???


★中国、「対尖閣」基地計画…
 大型船やヘリ施設も

 読売新聞 6月13日(土)7時14分配信
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150613-00050002-yom-int&pos=3
【上海=鈴木隆弘】
東シナ海や南シナ海などで監視活動を行う
中国海警局が、中国沿岸部の浙江省温州市の
海岸に、大型基地を建設する計画を進めている
ことが明らかになった。

 沖縄県・尖閣諸島周辺に派遣している
公船の停泊や補修点検、乗員の訓練が
目的とみられる。
日中間では民間交流再開など緊張緩和が
進んでいるが、習近平(シージンピン)政権は
東シナ海での主権の主張は譲らず、
公船の派遣を継続、強化する構えだ。


 今月初め、温州市が中国海警局など
関係部門と開いた基地建設に関する会議の
内容が、浙江省のホームページに掲載された。
それによると、
計画中の「温州指揮総合保障基地」は
敷地面積50万平方メートル、岸壁の長さ
1200メートルで、排水量1万トン級までの
大型船など最大6隻の艦船の停泊を可能とし、
飛行機やヘリコプターの格納庫、大型の訓練施設も
建設する。

総工費は33億4000万元(約670億円)で、
中央政府が全額負担する。 


★<中国>尖閣監視へ拠点整備 
 領海侵入、恒常化

 毎日新聞 6月14日(日)8時30分配信
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150614-00000005-mai-int
 【北京・石原聖】
中国の海洋警察「中国海警局」が
沖縄県・尖閣諸島に近い浙江省温州市で
進める大型船も停泊可能な基地の建設計画は、
拠点施設の整備を充実させ、
尖閣諸島の日本の領海への侵入を
恒常的に行う体制を整える狙いがある。

海警局は日本の海上保安庁に相当する
執行機関で、大型巡視船の建造も
急ピッチで進めている。

(引用ここまで)



激辛トウガラシさんの、
辛辣な風刺画にも気が付かない様子の
「戦争させない・9条壊すな!
 総がかり行動実行委員会」
の皆様。

主催者発表の2万5千人?という数字の中には
こんな人も交じっているのですねぇ。

鳥越氏やサヨク市民は
『アベドルフ政権』だ!アベはナチスだ!
と宣伝していますが・・・
特亜以外の周辺国の見解は、

★アキノ大統領「中国はナチス」、
 怒る中国に
 フィリピン政府「幼稚だ」・・・
 双方の激突続く

 サーチナ 2015年6月12日 7時33分
 http://news.livedoor.com/article/detail/10221790/
中国メディアがフィリピンのアキノ大統領に
対する猛反発を続けている。
同大統領が訪日時に、
中国をナチス・ドイツにたとえたことで
火がついた。

8日ごろからは、アキノ大統領を批判する
外国メディアの報道を紹介するケースが増えた。

 アキノ大統領は訪日中の3日、
現在の中国をかつてのナチス・ドイツにたとえて
強い懸念を表明した。

ナチス(国家社会主義ドイツ労働党)を率いる
ヒトラーは、チェコのズデーテン地方の併合などで、
英米など欧州の大国が認めねば、戦争も辞さない
態度に出た。
当初は英米を相手に戦えるほどの軍事力は
なかったが、戦争を恐れる英米は妥協した。
ヒトラーはその後、「勝利が確実」と判断できるまで
軍備を増強してから、第二次世界大戦を引き起こした。

 中国は第二次世界大戦を
「全世界における反ファシスト戦争」であり、
 自国は「甚大な被害を出しながら
 最後まで戦い抜き、連合国の勝利に
 大きく貢献した」と位置づけている。
それだけに、「中国=ナチス」の発言には猛反発した。

 中国政府・外交部の華春瑩報道官は
「アキノ発言」に対して
「でたらめで理不尽な発言にひどく驚くとともに、
 強烈な不満と反対を表明する」など猛反発した。

 しかしフィリピンの大統領府報道官は4日になり、
中国政府の批判を「幼稚」と批判。
「中国外交部の官員は、自国民に迎合している。
 われわれは幼稚な言論で聞く者を
 満足させることはできない。
 国際司法機関のような、一段高い
 プラットフォームでこの問題を
 討論する必要がある」と表明した。

 中国メディアの「アキノ攻撃」は続いた。
中国国際放送が運営するニュースサイト
「国際在線」は4日「アキノ3世という一種の不幸」
と題する記事を掲載。同記事は
「西太平洋上の島国であるフィリピンの
 生存する道は中国と友好関係を保つことか、
 米国に南シナ海の水をかき回させて
 中国に対抗することか?」と論じ、
「フィリピンにとってこのような国家元首を
 持ったことが、国家にとって大きな不幸」
と主張した。
新華社は8日付で
「フィリピン大統領のアキノ。
 こざかしいピエロ」と非難した。

外交にいて他国と対立した際の中国における
常套手段”である
「世界的に、相手を批判する声が発生」
と紹介するメディアも目立つ。


代表例は環球網で、
「ドイツメディアが、
 人々はアキノを心から嫌がっていると報道」(5日付)、
「米国メディアは、アキノが中国を
 ナチスに例えたことを無知で愚鈍と報じた」(9日付)
などだ。

(引用ここまで)



中国の常套手段・・・
日本のメディアが批判している!」
日本の学者も非難している!
良心的日本人はアベを嫌っている!
も、常套手段www





★日本とフィリピンの関係が良すぎる!
 侵略の歴史にこだわらないフィリピンに
 「日中にも蜜月期があったが…」
 「敵の敵は友」―中国ネット

 Record China 6月12日(金)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150612-00000015-rcdc-cn
2015年6月10日、中国メディアの新浪は
なぜフィリピンは第二次大戦での
 日本軍の罪にこだわらないのか

と題する記事を掲載した。

新浪は、
「最近のフィリピンは
 日本と密接な関係にある。
 訪日したアキノ大統領は特別な歓待を受け、
 フィリピン軍は自衛隊に南シナ海での
 合同訓練を求めている。
 過去の戦争における日本軍の侵略行為に
 ついてアキノ大統領は、
 日本は歴史の傷を修復する努力を
 しているだけでなく、
 フィリピンを私心なく援助してくれており
 感謝している、と述べた」と伝えた。

このニュースが中国版ツイッター・
微博(ウェイボー)で伝えられると、
中国のネットユーザーから
さまざまなコメントが寄せられた。

東南アジア諸国は
 日本に侵略されたとは考えておらず、
 植民地支配から解放してくれた
 と思っているからだ


「恨みを忘れてこそ未来が開ける。
 日中も73年から84年は蜜月期だったが、
 今の若者には想像もできないだろう。
 憎しみは政治ゆえなんだよ」


「なぜわが国はロシアの過去に
 こだわらないのか?
 それが分かれば
 フィリピンのことも理解できるよ」


「ソ連解体前の日中関係は良かったのに、
 解体後は悪くなったのはなぜか?
 それが分かれば理解できる」

「敵の敵は友ということだろ。
 誰でも知っている論理だ」

「政治を前にしたら
 歴史などそれほど重要ではないからだ」

フィリピンには共産党がないからね

(引用ここまで)



問題:なぜフィリピンは第二次大戦での
    日本軍の罪にこだわらないのか

回答:
 フィリピンには
 共産党がないからね


日本には・・・あるからねwww

  fbf940ac-s.jpg




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 4

トマト

日本のアホ馬鹿野党は本当に馬鹿すぎて情けない 世界の情勢も読めずに戦争法案がなど無知な名前を付けて叫び続けて… 共産党なんか未だに殺人兵器なんて読んでるんですよ自衛隊のこと こうつらまとめて中国に送ってやりたいです

2015-06-15 (Mon) 12:29 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

この風刺画を書いたヤツはバカにしか見えないし、集団的自衛権を余りに都合の言い様に捉えているね。
流石中国人。暴漢が居たら?ではなく、先制攻撃して暴漢だと疑わしきヤツを攻撃するのが集団的自衛権だよ。
安倍首相の集団的自衛権に関する質問に対する答えも非戦闘地域に派兵すると言ってるからね。ようは一歩間違えると暴漢に余計に火に油注ぐ行為であり、関係無い人まで危険に晒す事になりますが?
9条の会や集団的自衛権反対を否定する奴ら1か0しか無いんだな相変わらず。
本当に自衛したいなら何故なんでわざわざ危険地域に行くのかな~。

2015-06-15 (Mon) 19:37 | EDIT | REPLY |   

DUCE

こいつらあいも変わらずおめでたい野郎どもです。我が国がさようにやばい国だと決めてかかるのならば、おまいらはよその国の人間にではなく、自国内で真っ先に始末されるでしょうに。
全体主義国では頻繁に体制に抗う者は始末されると言う事が倣いなのですよ。それがいまだない日本はのどかだなぁ。

2015-06-15 (Mon) 21:02 | EDIT | REPLY |   

弓取り

一国だけでは、平和を作れず守れず享受できない

危険地帯をつくらない、拡大させないのも自衛だと思います。平和の享受者は複数国にまたがり連環しているわけで。国境を守れない弱い国々も少なくない。紛争を起こそうとしている国なんかは、それなりに口実を設け、自己正当化の理論武装くらいはしていますから、やめろと言ってもやめやしませんね。

侵略者の先鋒や紛争突入地域を、平和を愛する国々で包囲して兵糧攻めにするのも集団的な自衛になる。複数の国々が合意して連携して、訓練された国軍が動いて初めて実施できる。
重火器をぶっぱなしながらのドンパチを想定するのは短絡ですよね。愚策の愚策。いきなりそんなことをやって、世界から理解されるはずがない。損なだけ。

自国一国だけの平和の鎖国主義で、世界からの信頼を得られるとは考えにくいです。負担もリスクも分け合うのは、世界各国の平和のための税金みたいなもの。
自衛隊を否定してきた人たちが、とってつけたようにいきなり自衛隊員の命を心配しはじめたりする。おためごかしに笑ってしまいます。
戦争ができる国にしようとしているとか連呼する人たちは、変な妄想に取りつかれていると思う。

2015-06-16 (Tue) 00:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  民主党の幼稚な国会戦術、稲田氏が議事妨害批判。【TBSニュース】
  • 民主・共産が与党の国会運営に反発して審議をボイコットなど、 先週大荒れだった国会が昨日から正常化したのは、自民党が頭を下げ、民主党が許したというニュースに違和感アリです。 民主党の国会戦術とマスコミの報じ方が腑に落ちません。 だって自民党は強行採決もしていないし、大暴れしたのは民主党だもん。 5年前
  • 2015.06.16 (Tue) 14:56 | テレビにだまされないぞぉⅡ