韓流研究室

ARTICLE PAGE

中核派、学生達に「韓国・民主労総を先頭に安保国会を包囲せよ」と革命を扇動

★安保国会を包囲せよ 
 全学連が全国学生に6・15アピール

 中核派の週刊『前進』:
 2015年6月 8日 第2684号
 
http://www.zenshin.org/zh/f-kiji/2015/06/f26840501.html
全学連の斎藤郁真委員長と坂野陽平書記長が、
全国の学生に向けて6・15安保国会闘争への
総決起を訴えるアピールを発した。
これに応え、戦争法案粉砕・安倍打倒の
気概に燃えて自らのキャンパスで仲間を募り、
6月15日は首都東京、
霞が関―永田町に攻め上ろう。(編集局)

戦争とめる歴史的な日
 全学連委員長 斎藤郁真(法政大学)
 saitou.png
私たちはすべての学生のみなさんに、
安倍政権を倒し戦争をとめるために
6・15国会デモに集まろうと訴えます! 
「5・14安保法案閣議決定強行」への怒りが高まり、
沖縄では新基地建設反対の5・17県民大会
3万5千人の怒りが爆発する中、
学生の決起が待ち望まれています。
 私は6・15国会デモを、全国学生の戦争絶対阻止
の怒りを安倍政権にたたきつける行動にするとともに、
大学キャンパスの現実を変える挑戦に踏み出す
過程にしたい。戦争政治をとめる核心は、
安倍首相へのお願いではなく、自らの力で
社会を変えることです。
 みなさんの周りで、学生同士で政治について
討論することはどれくらいありますか? 
思いを行動にしたり、ビラなどでみんなに表明する
機会はどれくらいありますか? 
未来を語るべき大学の中で、「現在を問題にし
未来をイメージすること」「それを仲間と話し合うこと」
が厳しく制限されている。闘いの歴史がある大学では、
見せしめのための厳しい学生弾圧がある。
闘いが今はない大学では、学生が政治に関わる
きっかけすら奪われている。
 「銃後」の生産を担う労働者か、「前線」を担う兵士か。
いずれにせよ戦争を担わされようとしている私たち
青年・学生が、国のあり方が根底から変わろうとしている。
私たちの未来が勝手に決められようとしている。
だからこそ、私たちの選択と行動が戦争をとめる
実際の力となります。

歴史変える決起は現場から

 「6月15日」とは、学生の行動で社会が
ダイナミックに変わっていった出発点です。
 1960年6月15日、日本全土は「日米安保粉砕!」
を掲げる労働者・学生のゼネストに覆い尽くされ、
10万人の国会包囲のデモ隊の先頭で全学連の
部隊が国会構内に突入。その決死の闘いは23日、
時の岸信介(安倍の祖父)政権を打倒しました。
しかし、安保条約そのものの自然成立を許してしまう。
 当時の学生・労働者は、
「なぜ安保成立をとめられなかったか」を必死に
考えました。そして、社会そのものを変革する
組織・運動をつくる闘いへ突き進みました。
60年代後半から「反戦派労働運動」と呼ばれる
階級的労働運動が日本中の職場に生まれ、
大学では学生自治会運動が力強く発展していきました。
ペテンに満ちた国会に「救い」を求めるのではなく、
職場・キャンパスに根ざした闘いの中から、
自らの代表を自ら選ぶ。政治を根本から変える。
まさに「革命」が日本中に巻き起こりました。
社会党・共産党などが「70年安保闘争は爆発しない。
職場・大学にそんな機運はない」と民衆を見下して
いた時、歴史を変える決起は現場からつくられて
いきました。
 66年10月21日、現場からの突き上げで、当時の
日本労働運動の中心=総評が「ベトナム反戦」を掲げて
210万人の政治ゼネストを敢行。
闘いは世界へ広がり、翌年10月21日にアメリカの学生
が国防総省(ペンタゴン)に突入。闘いの焦点は、
戦争の最大実体=沖縄米軍基地をめぐる攻防へ
向かいます。
69年4月28日の沖縄デー、法政大の「沖縄奪還・
安保粉砕」を掲げる全学ストライキをも起爆剤に、
「70年安保闘争」は実力で切り開かれていきます。
71年、沖縄・全軍労牧港支部青年部を先頭に、
基地労働者が中心となった2度の全島ゼネストが
うち抜かれます。B52爆撃機は沖縄基地から
ベトナムへ向け出撃できず、アメリカの侵略戦争は
大打撃を受けます。その事実はベトナム民衆を
鼓舞し、アメリカ帝国主義をベトナム敗戦へ
追い込みました。
 しかし、72年の沖縄「復帰」はペテンでした。
基地は今も存在し、沖縄の怒りは噴出しています。
すべての基地と戦争をなくす闘いはまだ未完です。
しかし重要なのは、一人ひとりの青年・学生の決起が
突破口となって歴史は動き、社会が変わったことです。

学生の戦争動員打ち破れ

 戦争の爪あとが生々しかった60年代と21世紀の
今では、たしかに時代の条件は変わりました。
安倍政権は「大学改革」の名のもとに、「学費・就活・
奨学金の三重苦」や学生への管理強化を進め、
大学・学生を戦争に動員する政策を進めています。
法政大総長・田中優子や沖縄大学長・仲地博をはじめ、
「戦争反対」を自らのブランド商品にし、その実、
キャンパスでは学生を弾圧する連中もいます。
闘うことが困難な理由は多々ありますが、闘うことの
意義は高まっています。
 沖縄大学学生自治会は沖大当局の妨害をはね返し、
昨年の2倍をこえる得票で再建2年目の執行部選挙に
大勝利しました。団結して闘えば必ず社会は変わる! 
それを6・15国会デモから始めよう! 
韓国・民主労総を先頭に
世界で爆発する労働者・学生の決起と連帯し、
6月15日を日本から戦争をとめる歴史的な日に! 
全国の学友はストライキで授業をボイコットし、
正午からの国会デモに集まろう!




今こそ革命が必要だ!
 全学連書記長 坂野陽平(上智大学)


 今から55年前の1960年6月15日、
「安保粉砕! 岸打倒!」を掲げ10万人のデモ隊が
国会を包囲。全国でも580万人が立ち上がった。
「われとわが手で戦争をとめる、岸政権を倒す」と
誓った全学連の行動は国会構内突入の実力闘争に
発展した。それは命がけの闘いだった。
 この中で東大生・樺(かんば)美智子さんが機動隊に
虐殺された。再びの戦争への道を阻むべく、
自らの命も顧みず立ち上がる学生の姿は全民衆の
魂を揺さぶり「6・15」を前後して労働者数百万人が
参加する3波の政治ストライキが爆発する。
全学連を最後に実力闘争に駆り立てたのは、
軍事独裁政権下の韓国・イスンマン大統領打倒の
「4・19学生革命」への連帯だった。

 戦後70年、全存在をかけ戦争を阻んできた
日本労働者民衆の闘いの歴史を引き継ぎ、
全学連は6月15日に国会デモに立つ。
「今の学生は政治的行動には立ち上がらない」
――この憎むべき「神話」に終止符を打つ時は今だ!
 安倍政権は戦争法案を8月までに成立させ、
侵略戦争の正当化と総翼賛体制構築を狙う
「戦後70年談話」を発しようとしている。

「平和」の名で行う侵略戦争

 来年の参院選後から改憲国民投票を数回行い、
憲法9条の破棄を狙っている。「戦後レジームから
の脱却」と称する「新たな戦前」の到来に際し、
全学連は「護憲」や「立憲」ではなく、
革命を対置する。
 沖縄では5月17日、3万5千人が
「辺野古新基地絶対反対!」の声を上げた。
なぜ沖縄の人々は基地・戦争にかたくなに
反対するのか? それは「軍隊は住民を守らない」
「国家は国民を守らない」という真理が記憶と肉体に
刻み込まれているからだ。
「3人に1人の命が奪われた」と言われるかつての
沖縄戦の裏で、例えば財閥・三井系企業は戦争を
通して総資産を1億円(41年)から3億円(45年)に
膨らませている。
 戦争とは何か? 「国の存立を守る」とは何か? 
一握りの大資本が市場を強奪し、労働者の反乱を
圧殺することに他ならない。この真実を押し隠す
安倍は絶対に許せない。「平和安全法制整備法」
「国際平和支援法」――それは「東洋平和」を語り
侵略戦争を行ったかつての帝国主義者の姿
そのものだ。
 そもそも、戦後の「平和憲法」と沖縄米軍基地に
象徴される日米安保体制は裏表の関係だ。
朝鮮戦争、ベトナム戦争をはじめ絶えざる戦争。
「銃剣とブルドーザー」による土地収用・基地建設。
戦後日本は「平和国家」などではなく、まぎれもなく
戦前の帝国主義の延長にある。
戦後日本の出発点である、「戦争放棄」「軍備不保持」
をうたった憲法9条はアメリカ帝国主義に
「押しつけられた」ものでもなければ、
「戦後日本の無条件の平和」を約束するものでもない。
憲法9条とは、2千万のアジア人民―320万の
日本人民の命が奪われる中、「戦後革命」で刻み
込まれた日本の労働者民衆の怒りと闘いの証であり、
かつ「革命回避のための譲歩」として日米支配階級が
繰り出した苦渋の選択の産物だった。
 「戦後」とは、「戦争か革命か」の歴史選択をめぐる
一貫したせめぎ合いだ。中東、ウクライナ、東アジアの
3正面で三たびの世界戦争が始まろうとする今日、
この歴史選択が全世界60億民衆に迫られている。
 今こそ革命が必要だ。労働者と一体で
ゼネラル・ストライキに立ち上がろう。
韓国・民主労総をはじめ
「自国政府打倒」で闘う労働者の
国際連帯をつくろう。

「日本が侵略されたらどうするか」――
この排外主義宣伝をのりこえる実践が開始されている。
世界史的選択としての革命は東アジアから開始される。
「軍服を着た労働者」である兵士も決起し、
侵略の銃を捨てて「本当の敵」に立ち向かう。

ストで大学の現実変えよう

 戦争・安保国会に対し、必ず学生の根底的
決起が始まる。日本はゼネスト情勢だ。
「戦争反対」と「生きるための闘い」は一つのものだ。
 この間、東大をはじめ3大学が米軍から資金提供
を受け、軍事研究に関与していたことが判明した
(東京新聞6・3付)。学生自治会のもとに団結して
全国大学ストライキに立ち上がる中で、
大学・学問を根本的に変革しよう。
 戦争・安保国会の6〜8月の過程は、学生の
「就活」の真っ只中だ。
そこでは何が行われているか? 100社以上に
応募し、多ければ7〜8次の面接。
追い込まれるほど学生は自らを従順な「人材」
として資本に従属させなければならない。
しかも、不採用なら「お祈りメール」一通で
お払い箱だ。学生を縛る「学費・就活・奨学金」の鎖。
「生きるため」に大資本・国家に従属せざるをえない
現実。このありふれた日常にこそ、学生を戦争に
動員する論理が貫かれている。
 この6月、ギリシャの財政破綻で世界大恐慌が
深まる中、アベノミクスは一挙に崩壊する。
ギリシャのように、日本でもゼネストが本格化していく。
全国の学友のみなさん、全世界の労働者民衆の
怒りを一身に体現し、6・15国会包囲へ立ち上がろう!

(引用ここまで)









韓国・民主労総を先頭に

★全国民主労働組合総連盟
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%8A%B4%E5%83%8D%E7%B5%84%E5%90%88%E7%B7%8F%E9%80%A3%E7%9B%9F
世界的にも有数の戦闘的労働組合として
知られている。略称は民主労総。

gokusa01073457__L4Z0641.jpg

gokusahtm_201505029151530103011.jpg

gokusahtm_20150502915730103011.jpg


韓国・民主労総を先頭に

gokusa 0287_03_01a

gokusa20140114b-2.jpg

gokusamoblog_1e3901f8.jpg

gokusahqdefault.jpg

gokusaDSC09171.jpg

gokusa20150509a-1.jpg

★韓国・民主労総が日本大使館前で
 動労千葉ストに連帯行動

 日刊千葉動労 
 http://www.doro-chiba.org/nikkan_dc/n2012_07_12/n7386.htm
  gokusan7386c.jpg




サヨクの主催者発表で「〇千人が集まった」
という人数の中で、
一体・・・本物の日本人は何人なのだろう?
主催者は、国籍の内訳も発表してね!

ところで、
学生を煽っている自称:法政大学の齋藤郁真さん
あなた、とっくに学生じゃないでしょwww
お出入り禁止中・・・

★齋藤郁真
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BD%8B%E8%97%A4%E9%83%81%E7%9C%9F
日本の新左翼活動家。前法政大学文化連盟委員長。
全日本学生自治会総連合(中核派全学連)委員長。
2007年4月、法政大学法学部政治学科入学。
2008年12月、同無期停学処分。
2010年3月、同退学処分。


★今どきの学生が
 なぜ過激派に走るのか?

 【中核派の若者に直撃インタビュー】
 日刊SPA
 http://nikkan-spa.jp/757849
(引用開始)
中核派全学連委員長の齋藤郁真君。
gokusa61-e1417501701277.jpg
「革命は無血では行われません。
 労働者がストライキをやれば警察が介入し、
 暴力事件になることもあります。
 労働者が目標を貫徹するためには
 暴力のぶつかり合いは避けられません。
 だから暴力革命は必要なんです」


今回の衆院選でも中核派は候補者を
擁立しているが、
あくまで革命のための宣伝だと言い切る。
「政権が左翼になっても、
 体制が変わらなければなにも変わりませんから」

 では、革命まであと何年くらいかかるのか
という問いには
「私はあと2~3年で塗り替えてやろう
 という決意はあります」
と情熱を見せる。




この極左中核派活動家に聞いてみたいのだけど、
韓国・民主労総を先頭に
日本で革命を起こしたとして、
その後はどうなるの????

日本は混乱に陥り、資本家達は海外脱出。
大手企業は日本から撤退して
そんな混乱の日本には観光客も来ない。
外交も出来ない無政府状態の中で
国際貿易の輸出入は停止して、経済は大混乱。
そして始まる・・・ロシア革命後のような派閥争い。
内ゲバに大粛清???


一体、誰がリーダーになるのかしら????
まさか、共闘して革命を起こした
韓国・民主労総の書記長さんかしら???

革命家気取りのテロリストが
60年安保闘争を美化して、学生を扇動?
あの時、
樺美智子さんも亡くなったけれど
彼らに殺された機動隊の人もいるでしょう?

★60.6.15日
 【全学連の国会突入、
 樺美智子死亡】考

 http://www.marino.ne.jp/~rendaico/gakuseiundo/daiithijibundco/gikyoku/gikyoku_12kanbaziken.htm
樺美智子が虐殺されるや
毛沢東は彼女を
「日本人民の民族的英雄」と称えた。
毛沢東談話が為され次のように紹介された。

 概要「毛沢東首席は、
 『勝利は一歩一歩
 とらえられるものであり、大衆の自覚も
 一歩一歩と高まるものである』と指摘した。
 日本国民が反米愛国の正義の闘争の中で
 一層大きな勝利を勝ち取ることを祈った。
 樺美智子さんの英雄的な犠牲に対して、
 毛沢東首席は尊敬の意を表した。
 首席は、樺美智子さんは全世界にその名を
 知られる日本の民族的英雄となった、と述べた」。


★全共闘
 http://kenjya.org/kokunai7.html
全学共闘会議の略称。
1968~69年の大学紛争に際し
諸大学に結成された学生組織。(広辞苑より)
かつての企業爆破テロやハイジャック犯、
いい年こいて今沖縄で暴れている過激な
新左翼などは大半が全共闘の暴力学生だったのだ。

●過激派学生は、高さ40mの時計台の
 屋上から重さ12キロはある石塊を、
 機動隊を狙って投げ落としたが、
 日大闘争ではこのケースで
 機動隊員が1人死亡している。

 一方、あれほど激しかった安田講堂攻防戦でも、
 学生側に死者は出ていないし、重軽傷者も
 機動隊の方が遥かに多かった。
 文化人は学生を支持したが、
 機動隊に人権はないのか?
               

●大学紛争には文革の影響が大きかった。
 日本の左翼学生にとってもカリスマ的権威
 であった毛沢東の説く、
 「造反有理」・「革命無罪」のテーゼと
 紅衛兵のしたい放題の運動は、過激派学生を
 鼓舞した。さらにアメリカでベトナム反戦を
 主軸とした学生運動の高揚、
 文革に触発されたフランスの「学生革命」なども
 ただちに日本に伝染した。(集団暴力の革命ごっこ)      
 《稲垣武 「『悪魔祓い』の戦後史」 


★羽田事件
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%BD%E7%94%B0%E4%BA%8B%E4%BB%B6

★新左翼内ゲバ事件
 http://yabusaka.moo.jp/tyu-maru.htm




韓国・民主労総を先頭にした
反政府革命なんていらない!
革命したけりゃ、
韓国でやっていなさい!




政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 8

トマト

また韓国ですか… すぐ韓国を絡めたがって本当にウザイです どうせすぐ内ゲバを起こして破滅するだろうけど、自分たちの考えが正義だと思っていることが本当にムカつきます 昔の学生運動の影で泣いていた方々の事なんか理解しようとおもわないんでしょうね

2015-06-12 (Fri) 09:24 | EDIT | REPLY |   

-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2015-06-12 (Fri) 10:42 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

時代遅れのテロリスト達だな

2015-06-12 (Fri) 16:29 | EDIT | REPLY |   

Alicia

台湾でも…

台湾でも、南朝鮮の工場を閉鎖した台湾企業に対し海を越えて南朝鮮人が「工場を閉鎖するな!」デモを3月からたびたび台湾へやって来てやってるんですが、台湾人も巻き込んで正に同じような雰囲気のデモです。
先日はとうとう無許可デモをやって南朝鮮人が逮捕され強制送還されたら台湾の支援者が台北市政府にハンスト抗議やり出す始末で。
南朝鮮が絡むと本当に醜い争いしか起きませんね。
しかもいつも自分たちは「善」だと勘違いしているから性質が悪いです。
台湾人もおかしくなってきました。

2015-06-12 (Fri) 18:48 | EDIT | REPLY |   

弓取り

脳内革命を他人におしつけるすねかじりサヨク

労働者諸君、我々は資本主義の制度のもとで仕事にありつけています。
仕事をあたえ給与をくれているその会社に反抗しろとたきつける奴は自己矛盾もはなはだしい。

自分勝手で幼稚な反抗期がぬけないだけのくせに、日本人とは思えない根拠不明の選民意識が肥大しきったばかの言うことを真にうけてはいけませんね。
本当に反抗したければ、会社をやめてからにしましょう。内部蚕食を許してはいけません。全体が損をする。
作業環境の改善は、内部の問題、個々の会社の体質の問題。それを革命につなげる奴がいたら異常。自宅で自分の脳内だけで自分革命でもやってろ、とアドバイスしてあげよう。

学校や国家に置き換えても通じるお話し。
それらも違うとしたら、ただの犯罪者予備軍。

2015-06-12 (Fri) 21:32 | EDIT | REPLY |   

マザー

教員養成大学

法政がおかしいのは知ってたけど
都留文科大学ってどんな大学かと思って調べたら
ウィキペディアに「公立大学で唯一の教員養成系大学であり、これまで多くの教員を全国に輩出しており、卒業生の多くが教職に就いている。とりわけ創設以来、小学校教員養成には力を注いできた」だって。
「授業を休んで」って主張してるのも、そのうち教員になるのかしら?

2015-06-13 (Sat) 00:25 | EDIT | REPLY |   

マザー

出身者

輿石東は都留文科大の出身者なんですね。

2015-06-13 (Sat) 00:32 | EDIT | REPLY |   

名無しさん

(反対・賛成)の前に真実を知ろう

●日本の全ての人に見ていただきたい動画があります。

国会質疑では、(憲法違反かどうか)ということばかりに焦点が行っていて、現実問題としての尖閣・沖縄・日本の安全、そして中国の驚異について国民は知らされていません。
(反対・賛成)を言う前に、私達には知っておくべきことがあります。
 
平成27年8月13日木曜日に放送された『沖縄の声』。 8月6日に名護市民会館にて、誰よりも中国を知る評論家・中国四川省出身の石平先生(2007年に日本国籍を取得)による「沖縄に迫る中国の脅」をテーマとした講­演会が行なわれ、会場には約500人の参加者が集まりました。 その講演会の模様をご覧ください。

  動画
   ↓
チャンネル桜沖縄支局「沖縄の声」
https://www.youtube.com/watch?v=SccJBeR0iJk
[ https://www.youtube.com/watch?v=SccJBeR0iJk ]

2015-10-03 (Sat) 02:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック