韓流研究室

ARTICLE PAGE

兵庫韓国人女性急死事件・・・予想通り、同居の韓国男女を逮捕

★同居2人、傷害容疑で逮捕
 韓国人女性急死-兵庫県警

 時事通信 2015/06/02-17:10
 
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015060200704
兵庫県西宮市松生町で韓国人留学生趙ウナさんが
急死した事件で、趙さんに暴行を加えたとして、
県警捜査1課などは2日、傷害容疑で
同居していた韓国人男女のキム・ヒョンジェ(30)、
キム・アルム(21)両容疑者を逮捕した。


 同課によると、キム・ヒョンジェ容疑者は
「そういうことはしていない」と容疑を否認し、
キム・アルム容疑者は黙秘している。

 2人の逮捕容疑は5月25日午後1時ごろから
翌日午前1時45分ごろまでの間、共謀の上、
趙さん宅で、趙さんを殴ったり蹴ったりし、
肋骨(ろっこつ)を折るなどのけがをさせた疑い。

(引用ここまで)



事件の経緯

★韓国人女性が急死
 暴行痕、傷害致死で捜査-兵庫県警

 時事通信 2015/05/27-19:15
 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201505/2015052700846
 26日午前1時40分ごろ、兵庫県西宮市
松生町の路上で、ぐったりした女性を見た
通行人の男性が119番した。
女性は病院へ搬送されたが、同7時ごろに
死亡が確認された。
腹や腕にあざなどの外傷があり、県警捜査1課は
以前から暴行を受けていた可能性があるとみて、
傷害致死事件として調べている。

 同課によると、
女性は韓国籍の留学生趙ウナさん(23)。
一緒にいた知人の30代の韓国人男性は
「部屋にいた趙さんが腹の痛みを訴えたため、
 背負って外に出て通行人に通報を依頼した」

と話しているという。

(引用ここまで)



★韓国人女子留学生死亡事件、
 韓国政府は厳正な捜査を要請・・
 韓国ネットは
 「日本の捜査は信じられるか?」
 「犯人が韓国人だったら…」

 FOCUS-ASIA.COM 5月28日(木)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150528-00000035-xinhua-cn
28日の韓国・聯合ニュースによると、
兵庫県西宮市で26日、韓国籍の女子大学生
趙ウナさん(23)が暴行を受けたとみられる
状態で発見され、死亡した事件で、
韓国政府は日本の捜査当局に
厳正な捜査を要請した。


韓国政府当局者は
「日本の警察当局は、被害者が暴行によって
 死亡したとみて調べている。駐神戸総領事館は、
 捜査当局に迅速かつ厳正な捜査を要請した

などと述べた。
趙さんの死因については
「腹部打撲による肝臓破裂に伴う出血性ショック」
と説明している。

駐神戸総領事館は、地元警察と接触する一方で、
現地を訪問した遺族に葬儀の手続きなどの
サポートを行っているという。

趙さんは26日未明、兵庫県西宮市の
自宅近くの路上から意識不明の状態で
病院に運ばれ、搬送後に死亡が確認された。

このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは
様々なコメントが寄せられている。

「もしも嫌韓日本人のやったことなら、
 絶対に許さない」

「きちんと捜査しろ」

「嫌韓も多く、日本に行っても
 就職に有利でもないのに、なぜ日本に行く?」

「他国で自国民が死亡したからには、
 外交部はしっかり捜査しなきゃならない」

「監視カメラはないのか?」

「日本の右翼がこのところ、韓国人女性を
 暴行しようとか煽動している。
 こういう日本は先進国の意識水準ではない。
 もしも日本で米国人や英国人女性を
 暴行しようと言ったら、逮捕されると思う」

「対馬に続き、今度は女子学生・・・
 韓国政府は何をしているんだ?」

「捜査しないと分からない。
 犯人が日本人だと断定できない。
 韓国人同士のいざこざだったかもしれない」


日本は安全な国じゃなかったのか?

「なぜ嫌韓が広まっているんだろう?」

「円安と共に市民意識も落ちたのか?」

「犯人が韓国人だったら、
 大きな恥をかくことになる」


「外交部は何をしている?
 日本の捜査は信じられるか?捜査官を派遣しろ」

「個人のご冥福をお祈りいたします。
 安らかに眠ってください」

(編集 MJ)
.


迅速かつ厳正な捜査をした結果・・・
予想通りの結末に。

ところで、
犯人のキム・ヒョンジェ(30)という男。
30歳の韓国YOUは何しに日本へ?
趙ウナさん(23)とキム・アルム(21)容疑者の
留学生仲間の住む部屋に転がり込んで
殴る蹴るの暴行をしていたらしい30歳の韓国男。
一体、
どのような資格で日本に滞在していたのだろう? 

ヒモ?



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply