韓流研究室

ARTICLE PAGE

韓国のMERS感染がさらに拡大か・・・感染者6人の可能性

★MERS発熱症状2人追加…
 感染者6人の可能性=韓国

 2015年5月26日16時12分配信 (C)WoW!Korea
 http://www.wowkorea.jp/news/korea/2015/0526/10145297.html
中東呼吸器症候群(MERS/マーズ)患者と
狭い空間で一緒に滞在し
密接接触者に分類された62人のうち2人
発熱症状で遺伝子検査を受けることになる。

 韓国保健福祉部は初のMERS患者を治療した
医療陣2人が発熱症状で現在、国指定の
入院治療病棟に運ばれており、
感染しているかどうかを確認する予定だと26日、
明らかにした。

 彼らが陽性判定を受けた場合、
MERS感染患者は合計6人に増えることになる。
患者がこれまで発熱症状を訴えた点を考慮すると
確証の可能性を排除するのは難しい。

 福祉部の関係者は
「MERSに狭い空間で一緒に過ごした
 密接接触者が感染しているだけに、
 自宅隔離中の62人のうち追加感染者が
 出る可能性を排除することはできない」
と明らかにした。

 保健当局は追加の感染者が出ただけに、
疑わしい患者に対する強化された検疫活動を
展開することにした。

 まず国指定の入院治療病棟に搬送して
遺伝子検査をおこなう判断基準を
体温を38度から37.5度に下げた。

 ただし、隔離期間中、診断検査実施時に
陰性と確認されても、すぐに隔離を解除せず、
終了予定日までモニタリングと検査を実施する予定だ。

 疾病管理本部は
「このような理由はMERS患者の症状が
 変動している患者を逃す危険性がある」とし
「診断検査の実施基準を下げる方向に決定した」
と説明した。

 保健当局は密接接触者本人の意思により、
自宅または別の施設で隔離するよう選択権を
与えることにした。
(引用ここまで)



★韓国のMERS感染がさらに拡大か、
 発症患者2人増の可能性=
 「致死率40%だそうだ」
 「当局の発表と違うぞ、
  どういうことだ!?」―韓国ネット

 レコードチャイナ 2015年5月27日(水) 12時23分
 
http://www.recordchina.co.jp/a109954.html
2015年5月26日、韓国・ニュース1は、
中東呼吸器症候群(MERS)患者と狭い空間で
接触した62人のうち2人に、新たに発熱症状が
見られ、遺伝子検査を受けることになったと報じた。

韓国保健福祉部は26日、
最初にMERS患者を診療した医療スタッフ2人
発熱を訴えており、感染の有無を確認すると
明らかにした。検査で陽性判定が出ると
MERS患者は6人に増えることになる。
福祉部の関係者は、
「MERS患者と狭い空間で一緒に過ごした
 密接接触者が感染しているだけに、
 隔離されている62人の中からもさらに
 感染者が出てくる可能性を排除できない」
と危機感を強めている。

この報道に、韓国のネットユーザーから
多くの意見が寄せられている。

「致死率40%だそうだぞ」

「まったく、いいことが一つもない」

「正式には6人だが、
 すでに感染してしまっている人は
 何十人にもなっているんじゃないか?」


「最初に発症した老人は、なぜ中東なんかに
 行ったんだ?年寄りなんだから、
 静かに休んでいれば良かったのに!」

「そもそも最初の1人を管理できなくて
 6人まで増やしてしまった。
 保健当局者は責任を取れ!」

「エボラ出血熱対策で、
 韓国はアフリカに支援に行ったが、
 国内のMERS対策には
 手も付けられない状態ではないか!」

「最初に当局は感染力が低いと言っていたが、
 まったく違うじゃないか」

「保健福祉部は、
 『国民は恐怖心を持たなくてもいい』
 と発表していたよな?どういうことだ!」


「地域全体を隔離しないといけない」

「もしかしたら、このまま爆発的な
 感染になってしまうのではないだろうな」

「生活するだけでも大変なのに、
 このようなことまで心配せねばならないとは」

(翻訳・編集/三田)



関連記事
★中東呼吸器症候群ウイルス、
 韓国で3例見つかる―中国メディア

 FOCUS-ASIA.COM 5月24日(日)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150524-00000004-xinhua-cn


★韓国 中東呼吸器症候群」
 (MERS)感染者3人に 
 危惧された感染拡大

 JC-NET 2015年5月22日
 http://n-seikei.jp/2015/05/post-29115.html
韓国の保健当局は新型ウイルス「中東呼吸器症候群」
(MERS)の感染者が3人に増えたと発表した。
3人の家族や医療陣ら計64人を隔離措置したという。
MERSは、高熱や重度の肺炎などを起こす感染病で、
感染源は不明のため、
治療法は解明されていないコロナウイルス。


仁川国際空港など中東から入国する
搭乗客への検疫を強化した。

以上、21日、聯合ニュース


先般、当紙で報じた韓国でのMERS感染者、
やはり、ほかの人に感染させていた。

韓国は、
日本より大勢の人が中東へ行き来しており、
こうした事態は想定されていた。
MERSの感染源はラクダではないかとされている。
当初の患者はカタールへ行っていた農業関係者
だと報じられている。

日本当局やマスコミは、いつものとおり
韓国を意識しすぎているのか、
もっと報道すべきだ。


聨合ニュースの発信は仁川と掲載しており、
仁川=ソウルなどが対象地域となる。
これ以上増えたら、鼠算式に増加することから、
収拾がつかなくなるおそれがある。

(これ以上患者が増加すれば、報道も大きくなり、
 頼みの綱の観光客が大幅に減るおそれがあり、
 心配される。日本も同じことが言える)





★韓国 5人目の
 中東呼吸器症候群患者を確認

  新華ニュース 2015年5月27日 13時34分
 http://news.livedoor.com/article/detail/10159802/
韓国メディアの報道によると、
韓国保健福祉部疾病管理本部は27日に
「韓国にて中東呼吸器症候群(MERS)の
 患者は5人に達している。
 5人目は50歳の医師のEで、
 今月17日に最初の患者Aを診療した」
と発表した。

報道によると、中東呼吸器症候群コロナウィルスに
感染した患者5人のうち、Aを除き、ほかの4人は
Aの二次感染である。
Aの妻のB、
Aと同じ病室だったC、
同病室で数時間過ごしたCの娘のD、
Aの診療を担当したEである。


韓国は今月20日に
最初の中東呼吸器症候群症例を確認した。
患者は68歳の男性Aで、サウジアラビアや
アラブ首長国連邦、バーレーンを訪問していた。

韓国疾病管理本部は
Aと密に接触した64人に対し、隔離観察を行った。
Eは22日から隔離され、25日に発熱や下痢などの
症状を訴え、ウィルス感染と診断された。

(翻訳 李継東)



★中東呼吸器症候群(MERS)
 国立感染症研究所 2014年6月9日
 http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/alphabet/mers/2186-idsc/2686-mers.html
2012年9月22日に英国よりWHOに対し、
中東へ渡航歴のある重症肺炎患者から
後にMiddle East Respiratory Syndrome Coronavirus
(MERSコロナウイルス)と命名される
新種のコロナウイルス(以下、MERS-CoV)が
分離されたとの報告があって以来、
中東地域に居住または渡航歴のある者、
あるいはMERS患者との接触歴のある者において、
このウイルスによる中東呼吸器症候群(MERS)の
症例が継続的に報告され、
医療施設や家族内等において限定的な
ヒト-ヒト感染が確認されている。
(引用ここまで)


★中東呼吸器症候群
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%B1%E5%91%BC%E5%90%B8%E5%99%A8%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4




宮崎の大規模な口蹄疫感染の時も、
その数か月前から韓国では大規模な感染拡大に
大騒ぎになっていても、日本のメディアはほとんど
報道しなかった。
(普段は、どうでもいい韓国ニュースを垂れ流しても)

JC-NETが指摘するように
仁川からの報道となれば、仁川空港から拡散も
充分考えられる。
韓国のMERS発症の報道をTVがもっと報道すれば
疑わしい患者が一般の病院で治療中に流行拡大なんて
韓国のような事態を未然に防げるのでは?

ちゃんと報道して欲しい!



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply