韓流研究室

ARTICLE PAGE

大阪市職員の女、姉妹で月5万円報酬で韓国人兄弟と偽装結婚

★大阪市職員ら偽装結婚容疑 
 奈良県警が6人逮捕

 産経WEST 2015.4.23 16:34
 http://www.sankei.com/west/news/150423/wst1504230055-n1.html
韓国人兄弟と日本人姉妹2組で偽装結婚した
として、奈良県警郡山署などは23日、
電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で、
大阪市水道局職員、山口真紀容疑者(38)
=大阪市東成区大今里=と
韓国籍の無職、盧淳虎(ノ・スンホ)容疑者(34)
=同市中央区瓦屋町=

ら男女6人を逮捕したと発表した。

 山口容疑者ら4人は「金もうけをしたかった」
と容疑を認めているが、仲介役の2人は
否認しているという。

 逮捕容疑は、共謀して
韓国籍の男らの長期在留資格を得るため
平成23年12月3日、同市東成区役所などに
虚偽の婚姻届を提出したなどとしている。
6人は全員顔見知りだった。
(引用ここまで)



関連記事

★大阪市職員ら
 偽装結婚容疑で6人逮捕

 サンスポ 2015.4.23 17:34
 
http://www.sanspo.com/geino/news/20150423/tro15042317340016-n1.html
奈良県警は23日までに、偽装結婚したとして、
電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで、
大阪市水道局職員山口真紀容疑者(38)と、
婚姻関係にある韓国籍の無職盧淳虎容疑者(34)ら
男女計6人を逮捕した。

 郡山署によると、
山口容疑者は「報酬目的」、
盧容疑者は「長期の在留許可を得るため」

容疑を認めている。
他に逮捕されたのは山口容疑者の姉(54)と
盧容疑者の兄(36)、仲介人とされる男女の2人。


 山口容疑者と盧容疑者の逮捕容疑は
2011年12月、結婚の意思がないのに
婚姻届を大阪市東成区役所に提出した疑い。
他の4人の逮捕容疑は11年10月、
姉と兄の婚姻届を大阪市阿倍野区役所に
提出した疑い。(共同)



★大阪市職員
 偽装結婚で逮捕

 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/dqnplus/1429816797/
 http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/2054273021.html?t=1429816270000
  ※NHKローカルニュースは
 元記事が消えるのが早いので御注意を

大阪市水道局の職員の女が、
韓国人の男の在留資格を得る目的でこの男との
うその婚姻届を区役所に提出し偽装結婚したとして、
電磁的公正証書原本不実記録などの疑いで
奈良県警察本部に逮捕されました。

逮捕されたのは、
大阪市水道局工務部給水課の職員・
山口真紀容疑者(38)と韓国人の34歳の男です。
警察によりますと、山口容疑者は
平成23年12月に韓国人の男の在留資格を
得る目的で、 この男とのうその婚姻届を
大阪市の東成区役所に提出したとして、
電磁的公正証書原本不実記録などの疑いが
持たれています。

山口容疑者は男から報酬として
毎月およそ5万円を受け取っていた
ということで、
調べに対し容疑を認めたうえで
「報酬が欲しかった」と供述しているということです。

また山口容疑者の54歳の姉も、同じように
韓国人の男の兄と偽装結婚したとして
逮捕されていて、警察が詳しいいきさつを
調べています。

職員が逮捕されたことについて大阪市水道局は、
「公務員としてあるまじき行為であり、
 市民の信頼を著しく損ね深くお詫び申し上げます。
 詳しく調査したうえで、厳正に対処してまいります」
というコメントを発表しました。
(引用ここまで)



報酬が欲しかった

偽装結婚の報酬が月5万円。
相手の盧淳虎(ノ・スンホ)容疑者は
自称無職・・・
どうやって毎月5万円の報酬を支払っていたのか?
韓国人の盧淳虎(ノ・スンホ)容疑者兄弟が
何のために長期滞在資格を得る必要があったのか・・・

怪しい商売で、金儲けをしたかったのだろうね。

大阪市の職員って不祥事だらけ・・・
★入れ墨職員が73人いる
 大阪市環境局の
 不祥事がひどすぎる
 ―殺人から麻薬の運び屋まで

 2015年04月03日
 http://matome.naver.jp/odai/2133720147488987501




偽装結婚といえば・・・

★結婚寸前の比人女性、
 強制退去は違法…高裁判断

 読売新聞 2015年04月23日 11時01分
 http://www.yomiuri.co.jp/national/20150423-OYT1T50069.html
東京入国管理局の強制退去処分は違法
だとして、東京都内のフィリピン人女性(53)が
国に処分取り消しを求めた訴訟の控訴審で、
東京高裁(山田俊雄裁判長)は22日、
請求を棄却した1審・東京地裁判決を取り消し、
国に処分取り消しを命じる判決を言い渡した。

 判決によると、女性は
1987年に他人名義の旅券で不法入国
交際中の日本人男性と2011年から同居し、
13年5月に強制退去処分を受けた直後の
同年8月に男性と結婚した。


 判決は
「(処分当時は)男性と婚姻関係の成立寸前で、
 在留特別許可が与えられなければ、
 婚姻関係の維持が著しく困難となり、
 処分は違法だ」と判断した。

 東京入管は
「判決内容を十分検討し、
 今後の対応を関係機関と協議したい」
とコメントした。

(引用ここまで)



おかしな判決です。
だって・・・他人名義で不法入国した女と
どうやって結婚届を出したの
他人名義のパスポートで結婚できたの?

13年5月に強制退去処分を受けているのに
8月に結婚届を受理した東京都の職員・・・
ちゃんとデータが共有されていれば
その結婚届を無効にできたはず!

山田俊雄裁判長の判決は、
他人名義で不法入国する犯罪行為
「婚姻」直前だったらOK?
2年間同居していたからOK?

お役所仕事って、いい加減すぎる!

日本中の不法入国者に
この判決が適用されたら・・・
入国管理って無意味になってしまうわ。

大阪水道局職員の姉妹と偽装結婚していた
韓国人兄弟は、ちゃんと強制送還して欲しい!
人口減でも、変な人は要らない。



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

774

> 大阪水道局職員の姉妹
も、公務員として不適当なので、分限免職処分で。

2015-04-25 (Sat) 03:40 | EDIT | REPLY |   

夫婦別姓は、特あ回帰

欲望と身勝手が、民族を越えて法令を越えて国境を越える。
民族無区別、法令無視、国境線の消去は、まず愚劣な欲望と身勝手を唆す。

創氏改名は、特あ諸国で男尊女卑のために差別されていた女性を助ける恩恵だったわけですね。

2015-04-25 (Sat) 12:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply