韓流研究室

ARTICLE PAGE

韓国駐日大使発言、産経前支局長を返してやったから日本も何か寄こせ???

★韓国駐日大使
 「関係改善のシグナルとも読める」

 日本経済新聞 2015/4/15 19:52
 
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS15H3N_V10C15A4PP8000/
 韓国の柳興洙(ユ・フンス)駐日大使は15日、
朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を傷つける
記事を書いたとして在宅起訴された
産経新聞前ソウル支局長への出国禁止措置
の解除について

「両国の関係が良くなるシグナルの一つの
 発信とも読める」との考えを示した。
国会内での日韓議員連盟総会に出席した後、
記者団の質問に答えた。

 柳氏は
一つの国が良いことをしたら、
 相手の国が何かをするという形で、
 お互いに良いものを交換すれば
 首脳会談につながる
とも述べた。

 議連総会では
会長の額賀福志郎元財務相(自民党)が
「日韓基本条約の署名から50年に当たる
 6月22日までに首脳会談を開いて、
 地域の安定を取り戻すことが大事だ」

と強調した。

(引用ここまで)



一つの国が良いことをしたら、
 相手の国が何かをするという形で、
 お互いに良いものを交換


はあ?
何言ってんの????

パク・クネ大統領のうわさ話を記事にした朝鮮日報は
全くお咎め無しで
その記事を引用して記事を書いた産経新聞の
前ソウル支局長を8カ月も出国禁止の軟禁状態。
国境無き記者団など海外からも大批判を浴びる
人権侵害をしていたのに、出国禁止解除に見返り???
冗談じゃない!

菅官房長官が言うように
「マイナスが、ゼロになっただけ!」

さて、
日韓議員連盟会長の額賀福志郎さんよ。
あなたは日韓基本条約までの過程で
日本人の身に何が起きたか、お忘れか?

韓国との請求権交渉の背後で
日本人漁民が拉致監禁されたまま
何度も恫喝されて交渉を続けていた事を
すっかり忘れているのですか?


■竹島と李承晩ライン(1)
 http://blog.livedoor.jp/k_guncontrol/archives/50658276.html

■竹島と李承晩ライン(2)
 http://blog.livedoor.jp/k_guncontrol/tag/%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E6%9D%A1%E7%B4%84

■朝日新聞
 「日韓正常化交渉を決裂させた
  日本代表の韓国非難の公文書」

 http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-2502.html

■「『竹島密約』と河野一郎との関係」
 http://electronic-journal.seesaa.net/article/306334129.html
 河野一郎氏の率いる河野派は、対韓関係は「慎重」と
 分析されています。
 河野氏は漁業企業と関係が深く、
 日本の漁船を容赦なく拿捕する韓国のやり方に
 強い怒りをもっていたといわれます。
 これに対して池田派をはじめとする官僚派は、
 米国の意向に従順であり、
 日韓国交正常化には前向きだったのです。
 1961年11月に来日したラスク国務長官は、
 時の池田総理と会談して次のように要請しています。
 ―――――――――――――――――――――――
 南ベトナムは危険な状況にあり、
 韓国でつまづくようなことがあれば、
 アメリカの威信にかかわる。
 悪化する韓国経済の立て直しは
 第一次経済開発5ヶ年計画のなりゆきにかかっている。
 わけても対日請求権は5ヶ年計画の遂行と
 韓国経済の再建に直接関係をもっている。
 早急に決めてほしい。
 それがないと、アメリカの対韓援助も決まらない。
    
 ──ラスク国務長官

               ロー・ダニエル著「竹島密約」より
 注)
 ロー・ダニエルは、韓国生まれの韓国人です!
 ―――――――――――――――――――――――――
 当時の韓国は、 クーデターによって
 政権を取った朴正煕氏による軍事政権であり、
 朴氏は親日派として知られていたのです。
 朴軍事政権議長は、日本の対韓関係改善に積極的な
 官僚派派閥よりも、慎重姿勢を取っている党人派派閥の
 説得に重点を置いて、ロビー活動を積極化させたのです。

 1961年11月11日の羽田空港。
 それは異様な光景だったのです。
 午後の羽田空港に姿を見せたのは、池田首相、小坂外相
 石井日韓問題懇談会会長、足立正商工会議所会頭、
 岸信介元首相 など政財界の大物が
 ずらりと顔を揃えたのです。
 やがて午後4時近くになって、
 風采の上がらない黒い眼鏡を
 かけた小柄な人物がタラップを降りてきたのです。
 朴正煕韓国軍事政権議長その人です。
 彼はケネディ大統領に呼ばれて米国に行く途中で
 日本に立ち寄ったのです。
 おそらくそれも米国の指示であると思われます。

 日本での滞在時間は30時間。
 朴議長は、国賓待遇で迎えられたのです。
 そのスケジュールを見ると、
 11日の夜は総理官邸での晩餐会、
 12日朝はホテル・ニューオータニでの朝食会、
 昼は赤坂の料亭での昼食会と続いたのです。
 そのすべての宴席には、
 池田首相をはじめ、小坂外相、岸元首相、田中角栄、
 福田赳夫、 船田中、石井光次郎などの
 そうそうたる顔ぶれが顔を揃えていたのです。
 これによって、
 日韓の国交正常化は米国の強く望むこと
 であったことがわかります。
 晩餐会での朴議長の言葉です。
 ―――――――――――――――――――――
 われわれが、
 過去のよろしくない歴史を
 暴き立てることは
 賢明なことではありません。
 両国は共同の理念と目標のために
 親善を図らなければなりません。
  
              ──朴正煕韓国軍事政権議長
 ――――――――――――――――――――――――
(引用ここまで)
 


上記サイトでは、河野一郎を
>河野氏は漁業企業と関係が深く、
 日本の漁船を容赦なく拿捕する韓国のやり方に
 強い怒りをもっていたといわれます。


と記載していますが、この分析は疑問です。
河野洋平の父・河野一郎は「竹島密約」だけでなく
日ソ漁業交渉の密約にも暗躍した人物です。

■竹島と李承晩ライン(2)
 ぴゅあ☆ぴゅあ1949 
 http://blog.livedoor.jp/k_guncontrol/archives/50658839.html
吉田茂が再軍備拒否にやっきになっている
隙をついて李承晩は竹島の領土権を
火事場泥棒的に主張したのでしょうが、
鳩山としては、吉田のヘマの後始末をするのは
御免こうむりたい。
 
河野一郎、発言内容とは裏腹に、
北洋漁場は大手魚業が仕切ってるから
対ソ連交渉も何とかしなければならないが、
竹島は河野・丁密約(竹島密約)で曖昧に
誤魔化したばかりだから見て見ぬふりをして
上手くやり過ごそう、
零細漁民は犠牲になってくれ、
という姿勢が言葉の裏からにじみ出てます。


河野一郎という男はどう見ても良い人間
ではないですが、一方ソ連相手に漁業交渉を
まとめあげた辣腕の政治家でもあります。
つまり河野の力量不足で曖昧な交渉結果になった
のではなく、恣意的な何かが密約の裏に存在する

ということが容易に想像されます。

で、結局は国際司法裁判所の判断を仰ぐ
ことも無く、今日までうやむやのまま来ている
ということですか。
(引用ここまで)

■小林中 vs 河野一郎(1)
 ぴゅあ☆ぴゅあ1949 
 http://blog.livedoor.jp/k_guncontrol/archives/50841077.html
(引用開始)
小林中の発言:
あの時(7月)の総裁選挙のシコリは
非常に強く残ったんだね。(略)
(池田は)佐藤のことをしきりに悪く言うんだな。
そして自分を推してくれた河野(一郎)を持ち上げるんだよ。
僕は池田と膝をつき合わせて(略)
そんな感情で政治をやっちゃ駄目だ。(略)
もし君が河野を重用して、君の後に河野が坐るような
ことになったらどうなるんだ-と説いたんだよ。

すると池田はね、
「君は河野を誤解している。一体河野のどこが悪いんだ」
と聞くんだよ。
そこで、河野は財界から(金を)ゆするようなことを
している。だからもし河野が政権を握ったら、
徳川時代の田沼のような政権になってしまうぞ
--
と言ったら、池田は興奮してね、
「君らはすぐ河野は賄賂をとるという。(略)
 賄賂ってのはとるやつも悪いか知らんが、
 持ってくるやつの方がよっぽど悪いんだ」

と言うんだよ。
(引用ここまで)

■馬島僴
 ぴゅあ☆ぴゅあ1949
 http://blog.livedoor.jp/k_guncontrol/archives/51298972.html
『日本怪物伝』大宅壮一(昭和30年執筆、32年・刊)より
(引用開始) 
ところで、この日ソ国交回復に要するカネは
どこから出ているか。
(略)
それはいうまでもなく北洋漁業に関係のある
諸会社である。その中での一番の大物は
元の日魯漁業社長、今の大日本水産会長、
元運輸相・平塚常次郎だ。
(略)
日ソ間の外交交渉を始めるには、
どうしてもソ連に終戦宣言をやらせることが先決だと
風見は考えた。
(略)吉田内閣のもとでは見込みがない。
(略)
馬島は(昭和29年)9月には
日本の政治情勢が変わると見て、その旨を
狸穴氏(ソ連通商代表部のドムニツキー)に伝えた

(略)
もっとも日本の漁業界でも、大洋漁業などは
白洲次郎の線につながっている。
白洲は向こういきの強い男だから、すぐにでも
(終戦宣言を)出して欲しいようなことを言うが、
(略)それをアメリカ側に逆用されては
収拾がつかなくなる。
(略)
一方、鳩山の方には、平塚を通じて話を持ち込んだ。
(略)
正月が来た。
ここで馬島は、ちょっとした幕間劇を演じた。
それはソ連のモロトフ外相宛に直接(相手を
讃えるような内容の)電報を(馬島の名前で)
打ったことである。(略)
しかも非常に注意して、元日の午後一時に
先方の手に届くようにした。
(略)
馬島が狸穴へ要って見ると、門を開いて待っていた。
ドムニツキー以下、ほんとは彼以上のものもいる
のだが、が出て、彼の電報にはことごとく賛成の
旨を伝えた。

以上がこんどの日ソ交渉開始にいたるまでの
経過、「馬島工作」のあらましである。(略)
これを映画に例えていうと、企画・平塚常次郎、
原作・風見章、脚本演出家・馬島僴、主演・久原房之助
ということになる。
この中で一番大きな役割を果たしたのは、
スポンサーの平塚を除いては馬島である。
こういう仕事は、馬島にとってまったくうってつけである。
<以上引用>

日ソ国交回復鳩山一郎河野一郎
 中心に据えて描くと、この馬島という人の姿が
 ほとんど見えなくなる、というのが面白いところ。

(引用ここまで)


河野一郎&洋平父子は2代に渡って
韓国政府との「密約」に係っている・・・
これは、決して偶然ではないと思うのですよ。

中国共産党が「国交正常化交渉」で
色々と尽力してくれた田中角栄の娘だからと
田中真紀子を優遇して懐柔たように・・・
「竹島密約」で棚上げしてくれた河野一郎
息子・河野洋平だからとロビー活動して
韓国完全主導の「河野発言」をさせたと思う。

鳩山由紀夫がロシアで優遇され利用されるのも
鳩山一郎の孫だから?

まあ、あの当時
財界の「実弾」とフィクサーの「工作活動」と
それを大いに利用した中・韓・ソ連・アメリカ・・・
色々と絡み合っていて難しいのですが。

戦後70年・・・、その息子や孫達との攻防、
そしてもう一人の主役朴正煕の娘パク・クネと
役者が揃いましたが・・・

一つの国が良いことをしたら、
 相手の国が何かをするという形で、
 お互いに良いものを交換


50年以上前の朴正煕らが行った
「人質を取って、交渉を優位にする」手法を
未だに韓国政府がやっているのよ。

それに対して、
自民の主流や反主流、
そして野党やマスゴミ
プロ工作員達が暗躍する構図が
戦後と全く変わらずに
歴史は繰り返す・・・

何だかねぇ・・・

パク・クネさん、
あなたのお父さんは
「これ以上要求はしません」と言って
日本から巨額資金を手に入れた。
その後、河野談話を発表してくれれば
「もう2度と慰安婦問題は言わないよ」と
言って韓国に都合の良い談話を言わせた・・・

日本書紀の「白村江の戦い」の段に
百済滅亡後、百済復興軍は倭国に救援を要請
大和朝廷は伊豆などの水軍を出して救援。
大量の百済難民も受け入れてあげた。
その協議の中で、
百済はすぐに裏切ると反対する豪族もいた。

日本と朝鮮半島の関係って
あの頃から、ち~~っとも変っていないわ。



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply