韓流研究室

ARTICLE PAGE

寺社など液体被害5府県16カ所

★世界遺産・東寺でも油被害 
 国宝の大師堂など5棟

 京都新聞 2015年04月09日 12時43分
 
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20150409000064
 灌頂院の東門に付いた油のようなものの跡
 (9日午前11時50分、京都市南区・東寺)

 世界遺産の東寺(教王護国寺、京都市南区)で、
国宝の御影(みえい)堂(大師堂)や重要文化財の
灌頂(かんじょう)院東門など5棟に
油のような液体がまかれていた
ことが
9日分かった。3月下旬に確認した。
同様の被害は二条城(中京区)や奈良県内の
寺院でも相次いでおり、京都府警などが関連を
調べている。

 東寺によると、3月27日朝
職員が境内の北西にある大日堂のさい銭箱付近に
液体のような染みを見つけた。
その後、奈良県で文化財に油のようなものがまかれる
事件が相次いだため、今月6日に境内全域を調べた
ところ、大日堂を含む5棟に液体がまかれているのが
分かった。

 文化財指定された建物で被害が確認されたのは、
御影堂の南側の護摩壇部分と、灌頂院東門の
正面部分や壁。他の3棟は、毘沙門堂、大黒堂、
大日堂でいずれも未指定。

 東寺は8日に南署に被害を相談した。
境内には61台の防犯カメラがあり
同署は文化財保護法違反の疑いで捜査している。

 東寺によると、御影堂は南北朝時代の
1380~90年の建築で木造の檜皮(ひわだ)ぶき。
灌頂院は1634年の建築で、毎年1月に真言宗で
最高の儀式「後七日御修法(ごしちにちみしほ)」が
営まれる。

 東寺の砂原秀輝総務部長(70)は
「応仁の乱でも焼けず、
 皆で守ってきた文化財に
 こういう行為をするのは
 非常に悲しく残念だ」
と話した。

■奈良では当麻寺、橿原神宮も

 奈良県の寺社などで油のようなものが
まかれた事件で、葛城市の当麻寺や橿原市の
橿原神宮の拝殿などでも同様の被害が
9日までに確認された。
同県で被害に遭ったのは計10カ所となった。

(引用ここまで)



★香取神宮にも油のような液体
 NHK千葉放送局 04月09日 16時16分
 http://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/1083891601.html?t=1428563776
千葉県香取市にある香取神宮で、
先月末、国の重要文化財の「楼門」など十数か所に
油のような液体がまかれていたことが分かり、
警察は、文化財保護法違反などの疑いで
捜査しています。

先月26日、香取市の香取神宮で、
建物の一部がぬれたようになっているのを
掃除をしていた職員が見つけ、その後、
油のようなものの跡だと判明したことから、
8日になって警察に通報しました。
警察が調べたところ、被害は、
国の重要文化財の「楼門」の柱や、重要文化財の
「本殿」を取り囲んでいる塀など、十数か所で
確認されたということです。
警察は、文化財保護法違反や建造物損壊の疑いで、
防犯カメラの映像を解析するなどして捜査を
進めています。
香取神宮の広報担当者は
「文化財を守る立場として
 やるせない気持ちでいっぱいだ。
 どのような理由であれ、
 このようなことはやめて、
 きちんと罪を償ってほしい」と話しています。

同じような被害は、これまで京都の二条城や、
奈良県内の寺や神社などで相次いでいるほか、
9日になって茨城県内の神社でも見つかっています。

香取神宮で広報を担当する庶務主任の佐川和浩さんは
「神社でお神酒などをまく人が時々いるため、
 当初は、宗教的な儀式をした人がいたのかな
 という認識だった。対応が遅れたことを陳謝したい。
 その後、関西などで相次いで被害が表面化したため、
 警察に相談した。
 文化財は、
 100年、200年先に残す大切なものなので、
 守っている人もたくさんいる。

 どうか大事にしてほしい」と話していました。

(引用ここまで)



★茨城・鹿島神宮に油か
 2015年 04月09日 13時24分
 提供元:共同通信
..http://news.so-net.ne.jp/article/detail/1084082/?nv=c_article_related_text
 武道の神として知られる鹿島神宮
(茨城県鹿嶋市)の社殿など9カ所に
油のような液体がまかれていたことが
9日、分かった。
鹿嶋署が器物損壊と軽犯罪法違反の疑いで
調べている。 同署などによると、
社殿や奥宮の手すりや廊下などのほか、
敷地内にある末社と呼ばれる小さな神社七つも
被害に遭った。
いずれも液体を飛び散らせたようにまかれていた。 
同日午前9時半ごろ、神宮の男性神職が発見した。
京都や奈良の社寺で油がまかれる事件が
相次いだため、見回りをしていた。
8日には異常はなかったという。 
同署は監視カメラの映像を解析するほか、
液体を鑑定して種類を特定する。

(引用ここまで)



★金刀比羅宮にも油か
 国重文の旭社で-香川

 時事通信 2015/04/09-17:39
 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015040900712&g=soc
9日午後1時ごろ、香川県琴平町の
金刀比羅宮内にある国の重要文化財「旭社」の
拝殿で、参拝者から「油がまかれている」との
連絡が社務所にあり、県警琴平署に通報した。
拝殿の床に液体の跡があり、
同署は文化財保護法違反の疑いで調べている。

 同署などによると、液体がまかれていたのは、
さい銭箱の裏にある扉付近。
約2メートルにわたり跡が残っていた。
液体からは油のようなにおいがしたという。

 1日午前11時半ごろに社務所職員が
建物内を確認した際には異常はなかったといい、
同署は液体の鑑定とともに防犯カメラの解析を
進めている
(引用ここまで)



★寺社など液体被害5府県16カ所
 文化庁、防犯強化を通知

 2015年4月9日 19:25
 http://www.nnn.co.jp/dainichi/knews/150409/20150409108.html 
 安倍文殊院の白山堂で見つかった液体の跡
 =9日午後、奈良県桜井市

奈良や京都の寺社などに油のような液体が
まかれた事件で、
奈良県桜井市の安倍文殊院でも同様の被害が
確認されたことが9日、寺への取材で分かった。
鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)、香取神宮(千葉県香取市)、
金刀比羅宮(香川県琴平町)でも確認され、
被害は5府県16カ所となった。


 文化庁は9日、都道府県教育委員会に
防犯態勢の強化を求める通知を出したと発表した。
通知は8日付。

 安倍文殊院によると、
8日夜に職員が金閣浮御堂の床に液体の跡を見つけ、
9日朝に白山堂(重要文化財)の階段でも見つけた。
住職によると、整髪料のようなにおいがしたという。

(引用ここまで)



一体、何が起きているのだろう・・・
日本の世界遺産や重要文化財を汚す行為。

便乗犯も交じっているのか、
それとも同じ思想を持った集団の行為なのか?

いずれにしろ・・・こんな事をして、
勝ち誇ったように陶酔しているとしたら
陰湿で、教養も無いアホの極みだ。



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 2

kenkankun

タイトル、タイトル

いちおうタイトルを付けてください

2015-04-10 (Fri) 13:10 | EDIT | REPLY |   

IVY

安倍晋三首相は11/18日夜のTBSの番組に出演し、
12月10日施行の特定秘密保護法について
「工作員やテロリスト、スパイが相手で、国民は全く関係ない。
例えば(表現の自由が侵害されて)映画が作れなくなったら、
私はすぐ首相を辞めてもいい。
報道が抑圧される例があったら、私は辞める」と述べた。

*首相が番組でこのように述べたらしいが、
(相次ぐ)重要文化財への悪戯、盗難については、なしのつぶて。

報道が抑圧されないと仰るなら「国民の財産」について
速やかに答えていただきたい。

2015-04-10 (Fri) 17:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply