韓流研究室

ARTICLE PAGE

両陛下パラオご訪問、ペリリュー島で慰霊碑にご供花

★【両陛下パラオご訪問】
 ペリリュー島で慰霊碑にご供花 
 生還者の元日本兵らともご面会

 産経新聞 2015.4.9
 
http://www.sankei.com/life/news/150409/lif1504090021-n1.html
【ペリリュー島(パラオ共和国)=伊藤真呂武、今村義丈】
戦没者慰霊のためパラオ共和国を訪問中の
天皇、皇后両陛下は9日午前(日本時間同)、
激戦地だったペリリュー島で、日本政府が建立した
「西太平洋戦没者の碑」に供花して犠牲者を追悼された。
碑のそばで出迎えた同島などでの戦いの生還者の
元日本兵らとも面会し、改めて苦労をねぎらわれた。

 両陛下は、宿泊先となったコロール島沖の
海上保安庁の巡視船からヘリコプターに乗り、
ペリリュー島に移られた。
同島では先の大戦で上陸してきた米軍約5万人を
迎え撃った日本軍約1万人がほぼ全滅。
日本政府が昭和60年に米軍上陸地点に近い島南端に
碑を建て、英霊を慰めてきた。


 両陛下は、日本から持参した
白菊の花を碑に供え、深々と拝礼された。


続いて、日本軍約1200人が犠牲になった
アンガウル島に向かっても頭を下げられた。
パラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島共和国の
大統領夫妻も同行した。

 ペリリュー島の生還者で元海軍上等水兵の
土田喜代一さん(95)やアンガウル島で重傷を負った
元陸軍2等兵の倉田洋二さん(88)、
遺族や遺骨収集の関係者らの出迎えを受け、
両陛下は一人一人の話に耳を傾けられた。
米軍の慰霊碑にも供花するなどし、
同日夕に帰国の途に就かれる。

(引用ここまで)

pe8b12a4fd.jpg



★ペリリュー島
 http://sakurasakujapan.web.fc2.com/main02/palaupeleliu/area00.html

★ペリリュー島歴史館
 http://www.palaudivers.net/pdn/aph.htm


★パラオ・ペリリュー島の戦い
 http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-525.html




  peimg_2.jpg

今日、仕事の帰りに
一郎伯父さんの墓前に報告してきた。

一郎さん、両陛下が
パラオに慰霊に行ってくださいましたよと・・・

父が生きていたら、きっと泣いちゃっただろうな。
晩年は、すごく涙脆くなっていたから。
一郎さんが戦死したのはフィリピンのレイテ島だけど
きっと、両陛下の思いは一郎さんに届いていると思う。
多くの日本人に忘れられてしまっても、
陛下は、こうして慰霊の旅をお続けになってくださる。

御霊を慰め、鎮魂の願いを込める・・・

日本からお持ちになった白菊に込めた祈り。

【ペリリュー島の戦い】

・日本軍
 戦死者 10,695名
 捕虜     202名

・米軍
 戦死者 2,336名
 戦傷者 8,450名

「英霊たちが陛下に出会えて
 喜ぶことがとてもうれしい」

約1万人がほぼ全滅したペリリュー島守備隊で
生き残った34人の一人、
土田喜代一(きよかず)さん(95)は、
戦友の御霊が陛下と邂逅する場に
立ち会いたいと、
車いすの老身を押して島に来たという。

 photo_8.jpg
 「西太平洋戦没者の碑」に供花し、
 アンガウル島に向かって拝礼される
 天皇、皇后両陛下



教科書で学ぶより、9条を叫ぶより
どんなに心に響くだろう・・・。
亡くなった兵士一人一人には遺族がいて
70年の年月を忘れることなく、
我が子、我が兄弟の死を悼みながら
長い長い時を過ごしてきた。

先日の読売新聞紙面の小さな小さなコラムに
独身のまま出征し戦死した兵士は、
両親や兄弟姉妹が亡くなってしまうと
弔う家族が誰もいなくなってしまう。
彼らの生きた証を記憶する者が
此の世に存在しなくなってしまう
墓守がいなくなってしまうのではないかと・・・

憂う文章が掲載されていた。

私が子供の頃、
祖母は私をお墓の掃除に連れて行ってくれた。
花を飾り、線香を手向けた後
一郎さんの墓石に
零れんばかりの水を入れたコップを置いて
長い長い祈りを捧げていた祖母の背中を想い出す。
南方で戦死した一郎さんの喉を潤してあげたい・・・
息子を亡くした母親達の戦後を思う。

今、痛切に感じるのは
祖母は私に託したのではないかと。
自分の死後、家を継いだ父や、母が亡くなった後
叔父や叔母達がすべて亡くなってしまった後
「あやちゃん、頼むね」と・・・

私も、娘達を連れて墓参りに行く。
語り継ぐ事の大切さ、弔いの作法を教えるために。
一郎伯父さんがここで生まれ
遠い遠い南方で、故郷を日本を思いながら
22歳の生涯を戦争によって終えてしまった事を。
決して、忘れないで生きていこう・・・

両陛下の拝礼されるお姿に
戦死した多くの人々への鎮魂の思いを
決して忘れてはならないと教えて頂く・・・。



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments 1

弓取り

尊い犠牲

他の国の元首が直近の戦場地に赴くときは、軍服の者を引き連れて、ちょっとしたパレードみたいになるのではないでしょうか。
陛下はまったく違いますね。

リンク先にある
>>ある老人が若い頃日本兵と仲良くなり、戦況が日本に不利となった時「一緒に戦わせて欲しい」と日本兵隊長に進言したが「帝国軍人が貴様らなどと戦えるか!」と激昂され、~

この逸話は、他のブログでも紹介されて、博士かねずきちだったか忘れましたが、感動した覚えがあります。日本兵は最前線であれだけ苦しいときも慈愛に満ちてたのですね。

2015-04-09 (Thu) 23:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply